イギリス留学トップ大学一覧マンチェスター・カレッジの体験談 > イギリスのチャイルドケア ~Nursery Assistantへのキャリアチェンジ【前編】
木村 ゆき子さん

木村 ゆき子さん

留学先:マンチェスター・カレッジ Manchester College
留学分類:専門留学
専攻名:チャイルドケア Certificate in Child Care & Education L2 CACHE
留学期間:2008年9月~2009年6月
beoの留学サポートを利用して留学

イギリスのチャイルドケア ~Nursery Assistantへのキャリアチェンジ【後編】

イギリスのチャイルドケア ~Nursery Assistantへのキャリアチェンジ【前編】

Categories: beoの評判は? 留学サポート利用の感想 / チャイルドケア / マンチェスター・カレッジ / 専門留学
マンチェスター・カレッジ Manchester Collegeでチャイルド・ケア Certificate in Child Care & Educationを学ばれている木村さん。Nursery Assistantへのキャリアチャンジのため日々忙しく勉強されているようです。今回はそんな木村さんに、留学を決意したきっかけを振り返っていただきつつ、イギリスでの学生生活の様子、今後の目標について詳しくお話をお聞きしました。


留学を決めたきっかけを教えてください

社会人2年目で25歳という節目に近づいたとき、Life Planについて改めて考えてみました。今までの人生に悔いはないのですが、本当にやりたかったことが何なのかを考えたとき、イギリスでチャイルドケアを学んでNursery Assistantとして働くというCareer Planが自分の中で明確になりました。そして、今がそのチャンスだと感じました。

チャイルドケアをイギリスで学びたいと思ったのは、大学時代にロンドンへ1ヶ月間、語学留学したときにスペシャルプログラムとして現地の幼稚園へボランティアをしたのがきっかけです。そこで子供たちに対するNursery Nurseの接し方に強い印象を受けました。まず、言葉での説明がきちんとしていること。幼い子供であろうと、悪いことをしたらなぜそうしたのかを自分で説明できるようにきちんと向き合って一緒に考え、逆に良いことをしたときは思う存分褒めていました。また、一人一人の子供の成長を見守るため、大人1人に対する子供の数が少なく、きちんとケアが行き渡っているシステムにも興味を持ちました。

留学先の学校はどのように探されましたか?

やりたいことは決まっていたので、beoカウンセラーにいくつかお薦めの学校を紹介してもらいました。コース内容・費用・期間等の詳細情報を提示していただいたのは、大変助かりました。 

チャイルドケアをイギリスで学ぶために、日本でどのような準備をされましたか?

仕事を退職してから留学まで1-2ヵ月程時間があったので、日本語ですが保育士の資格参考書を1冊購入して勉強しました。専門知識を全く持っていないので現地の授業についていけるか不安だったからです。実際、学者理論は役に立っていると思います。

beoを利用したことで、よかったと思うこと/可能になったと思うことがあれば教えてください

説明や質問に対する回答がきちんとしていて、beoカウンセラーがとても安心・信頼できると思い、beoの留学サポートを決めました。

社会人の方は痛感していると思いますが、Time is Moneyです。現在仕事をされていて、海外留学を検討されているようであればbeoの有料サポートをお勧めします。一番のメリットとしては時間短縮できること。お願いした内容についてbeoが情報を提供してくれるので、安心して日中は仕事に専念できます。また、beo有料サポートに含まれている English Lessonでチャイルドケアにフォーカスした単語の勉強やミニレポートの書き方は英語準備にとても役に立ちました。留学準備がスムーズにいったのは、学校選択・願書提出から滞在先手配まで、マンツーマンでしっかりとbeoカウンセラーがサポートしてくださったおかげだと思っています。

マンチェスターでの生活の様子を教えてください

フラット・メイトはイギリス人の女の子2人、イギリス人の男の子1人、日本人の男の子が1人。キッチンをシェアして暮らしています。

"ASDA"というスーパーは良く利用しています。ほとんど何でもそろっています。オリジナルブランド商品は安いうえに品質も悪くないので経済的には助かっています。マンチェスターでは中国人が経営しているであろう日本食店もよく見かけます。回転寿司(お寿司だけでなく、焼きそばやどら焼きなども回っています。)のお店もあります。サーモンのお寿司は脂がのっていてすごくおいしいです!

また、マンチェスターは公共施設も充実しており、City Centreの近くに大きな図書館では集中して勉強できます。学生証があれば図書カードは即日発効されるのでDVDや本を借りることができます。

週末や長期休暇はどのように過ごされていますか?

平日には相当なエネルギーを使います。休日には勉強やTVを見ていることが多いですが、友達とHome PartyをしたりShoppingに出かけたりもします。Collegeの友達は16~18歳なのでみんな本当に元気です。(若い!!)Christmas HolidayはPartyやFireworkを楽しみました。今度の長期休暇にはスコットランドやイタリア旅行を計画しています。リバプールは電車で1時間もかからないので週末旅行としてもお勧めです。

2008年から2009年へ
2008年から2009年へ
International Students(中国、シンガポール、ベトナム人)とカウントダウンの花火を見に行きました

マンチェスター現地での生活で、困っていることはありますか?

困っているというよりは、痛切に実感していることとに言葉の壁があります。日本語も文法と日常会話が実際異なるのと同じように、BBC NewsやTutorの言っていることはわかるのですがクラスメイトの会話の早いこと。

Face Book (日本でいうmixi)でClassmateのコメントが理解できないことも多々あります。例えば簡単ですが、idk= I do not know. Kwl=cool. vv=very very. 短縮形(?)が多いため時々、本当にこの文章は英語なのかと思うこともあります。しかも、あたりまえですがChatも早い。気づいたら話がとても進んでいるということもよくあり、世の中がもっとスローだったらいいのにと時には思うことも。ただ、彼らも私の英語がFirst Languageでないことは百も承知なので、質問したらちゃんと説明してくれて、本当に親切です。

★留学に関するご相談はこちらから【無料】