イギリス留学トップ大学一覧エセックス大学エセックス大学の体験談 > エセックス大学で国際経済学を学ぶ 第2回 授業の様子
吉成 道世さん

吉成 道世さん

留学先:エセックス大学 University of Essex
留学分類:大学院留学
専攻名:国際経済学 MSc in International Economics
留学期間:2010年10月〜2011年10月
beoの留学サポート利用して、エセックス大学へ留学。留学前の英語準備にあたっては大学院留学準備コース(beo GC)を受講 ※beo10周年記念奨学生

エセックス大学で国際経済学を学ぶ 第6回 日本のために、自分ができること

エセックス大学で国際経済学を学ぶ 第2回 授業の様子

Categories: beoの評判は? 留学サポート利用の感想 / エセックス大学 / 大学院留学 / 経済学
イングランド中東部エセックス地方の町Colchesterに広大なキャンパスを持つエセックス大学。教授の質、教育・研究の質で特に高い評価を受けています。エセックス大学への留学を実現された吉成さんの現地レポートをお届けします。

はじめまして。今年の10月からエセックス大学大学院に留学した吉成道世と申します。以前beo GCを受講した際にブログも書いていたのではじめましてではない方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、これからも毎月一回私の留学体験談を投稿する予定ですので、留学を考えている方の参考になれば嬉しいです。

私がなぜエセックス大学MSc International Economicsに進学することにしたのかは以前ブログで触れたかと思いますので、もしご興味のある方がいらっしゃればそちらをご覧いただくことにして、今回は初回ですがEssexのEconomicsついて少し具体的に書かせて頂きたいと思います。

イギリスの大学の授業形態

イギリスの大学では、一般的に講義と演習がセットになっており、Essex のEconomicsでは基本的に2時間のレクチャーと1時間のクラス(演習問題の解説)が行われています。今私が履修している科目は受講者数が比較的多く、レクチャーには50人前後来ているのではないかと思います。一方のクラスは10人前後の少人数で構成され、先生とのinteractionも多くなります。そのほかに数学の補講クラスなども開講されるため、時間割もほかの学部に比べるとタイトなものになっています。  

私は前期に3科目、後期に4科目履修するため、前期の課題はテストが3つとエッセイ(小論文)は1つですが、中には前期にテスト4つエッセイ3つという学生もいます。6月にはすべての教科の学年末試験もあるので、テスト三昧の一年になりそうです。

学生の多様性

Economicsはエセックスの中でも特に国際色豊かな学部で、私が知り合った学生だけでもイギリス、トルコ、香港、中国、カザフスタン...と、かなりvarietyに富んでいます。各国の経済事情も個人の興味関心もそれぞれ異なるため、一度ディスカッションが始まると加熱してなかなか終わらない...ということもしばしばです。

ユーモラスな教授陣

エセックスのEconomicsの教授陣は、ひとりひとりユニークでいて、指導熱心な印象があります。もちろん教授によってレクチャーの進め方は異なりますが、どの先生からも"教える"ことに関して意識が高いことは伝わってきます。(そうしないとすぐに学生からクレームがついてしまうということも事実ではありますが...)

それでは今回はこれぐらいにして、また次回...

吉成さんの留学前の英語学習の様子はこちら
beo GC受講体験談

★留学に関するご相談はこちらから【無料】