イギリス留学トップ大学一覧キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)の体験談 > キングス・カレッジ・ロンドンで精神保健福祉を学ぶ 第8回 大学院留学での苦労 ~学業編~
山口 創生さん

山口 創生さん

留学先:キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学) University of London, King's College London
留学分類:大学院留学
専攻名:精神保健福祉 Msc: Mental Health Services Research(MHSR), Institutue of Psychiatry(IoP)
留学期間:2009年9月〜2010年9月(2008年9月〜2009年8月はオックスフォード・ブルックス大学に在籍)
beoの留学サポートを利用して留学

キングス・カレッジ・ロンドンで精神保健福祉を学ぶ 第9回 大学院留学での苦労 ~生活編~

キングス・カレッジ・ロンドンで精神保健福祉を学ぶ 第8回 大学院留学での苦労 ~学業編~

Categories: キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学) / 医学 / 大学院留学
キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)University of London, King's College London は、医学分野における世界的な研究機関を所有。最新の研究・実践情報の発信地としてしられています。同大学で精神保健福祉 Mental Health Services Research(MHSR) を学ばれている山口さんの現地レポートをお届けします。


久しぶりの更新になります。
修士論文が想像以上に大変だったこともありますが、修士論文を進めるにあたり、世界的な研究者や将来有望な若手の研究者など、様々な人と貴重な出会いそして議論するをする機会があり充実した毎日でありました。っということで、現在の大学院に来たことを改めて良かったと思える2カ月でした。

さて、現在の大学院で学んでいることには大変満足している私ですが、それでも日本でしておけば良かったと思うことや海外生活での苦労などもあります。今回は、私の経験から海外での勉強や生活について綴らせていただきます。

留学準備として、やっておけばよかったこと

1)日本での自分の分野における研究の整理

多くの日本人留学生が、修士論文において、自分の分野の日本における活動を取り上げることがしばしばあります。しかし、海外では日本の文献はほとんど手に入りません。私の現在の研究は、日本の文献も必要とするのですが、多くの場合、手に入らず、日本の大学院の同僚に連絡をして郵送してもらったりしていました。もし、留学前に自分の研究したい内容を決めている方がいましたら、留学前にある程度、日本の文献を整理しPDFにするなどしてイングランドに持ち込むことを強くお勧めします。

2)データの所持

私の現在の研究は、文献研究ですのでデータを必要としません。しかし、もしこれから留学される方で、ご自身の勤務先や研究機関などから修士論文や博士論文で取り組みたい研究のデータを持ち込むことが可能でしたら、それも強くお勧めします。なぜなら、自分だけのデータは貴重なものです。修士論文の質も独自性もあがりますし、担当教官探しも容易になります。自分のデータを持っておらず文献研究をしないとなると、担当教官からデータを分けてもらうことになりますが、この場合、自分が十分なデータ解析ができる能力を有していることを相手に伝える必要があります。

私のまわりを見ていても、担当教官探しに苦戦し、修士論文の提出期限に間に合いそうにないクラスメートは、自分のデータをもっておらず、かつ文献研究を避けている学生がほとんどです(つまり担当教官探しで苦戦したクラスメートです)。

大学院の勉強で一番大変なこと

受験生に戻ったように毎日教書と睨めっこ!
「すべてです!!!」っと言いたいところですが、私の場合はテストです。アサイメントは、他の人より時間をかけて、日本人らしく真面目に取り組めば、多くの方が乗り越えられる気がします。テストは一発勝負というプレッシャーもありますし、採点も日本の大学よりはるかに辛いです。本当にテスト勉強は大変でした。受験生に戻ったように毎日教書と睨めっこしていた気がします。 修士論文は大変ですが、自分の興味のある分野について掘り下げて勉強できるという意味で、テストよりはるかに充実感がありますし、モチベーションも維持しやすいです。

友人宅でアサイメントの打ち上げ
友人宅でアサイメントの打ち上げ

留学の厳しさ

私は講師の方やクラスメートにも恵まれていました。勉強は大変ですが、上述したテスト以外は留学について「厳しい」という感情は持っておりません。むしろ、自分が勉強したいことを勉強できる環境、そして様々な人との出会いに満足しています。日本の友人や家族が恋しくなることは多々ありますが・・・・・・。しいていうなら、本当に食べ物がまずいぐらいでしょうか!?イギリスのスーパーで買う野菜や肉などは新鮮で美味しいのに、どうして調理するとあんなに不味くなるのか不思議でしかたがありません。

インターナショナル・オフィスの使い方

日本のように待っていても誰かが1から10まで教えてくれる文化ではない
大学によって、インターナショナル・オフィスの充実度はさまざまです。私の所属する大学は留学生も多く留学生に対するサービスも充実しているらしいのですが、いかんせん私の学部のある場所からインターナショナル・オフィスが遠いのでほとんど利用したことがありませんでした。インターナショナル・オフィスに行くより、私の場合は、個人チューターやクラスメート、あるいは大学の事務の方々と良好な関係を築くことに力をいれました。アサイメントの英語のチェック、日本の大学や奨学金などに提出する必要書類の用意など、困ったことはすべて、彼らに助けてもらった気がします。

ただ、昨年のオックスフォード・ブルックス大学での経験から、ビザや他の生活の問題、アサイメントの提出の仕方、インターネットの使い方など、インターナショナル・オフィスの方は、すべて親切に教えてくれた記憶があります。イギリスは、日本のように待っていても誰かが1から10まで教えてくれる文化ではないので、使えるサービスはすべて使った方がいいと思います。

★キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)の詳細はこちら