イギリス留学トップ大学一覧キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)の体験談 > キングス・カレッジ・ロンドンで精神保健福祉を学ぶ 第6回 アサイメントに役立つ知識&スキル
山口 創生さん

山口 創生さん

留学先:キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学) University of London, King's College London
留学分類:大学院留学
専攻名:精神保健福祉 Msc: Mental Health Services Research(MHSR), Institutue of Psychiatry(IoP)
留学期間:2009年9月〜2010年9月(2008年9月〜2009年8月はオックスフォード・ブルックス大学に在籍)
beoの留学サポートを利用して留学

キングス・カレッジ・ロンドンで精神保健福祉を学ぶ 第9回 大学院留学での苦労 ~生活編~

キングス・カレッジ・ロンドンで精神保健福祉を学ぶ 第6回 アサイメントに役立つ知識&スキル

Categories: キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学) / 医学 / 大学院留学
キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)University of London, King's College London は、医学分野における世界的な研究機関を所有。最新の研究・実践情報の発信地としてしられています。同大学で精神保健福祉 Mental Health Services Research(MHSR) を学ばれている山口さんの現地レポートをお届けします。今回はつい先日終えられたばかりのアサイメントについて詳しくレポートしていただきました。


アサインメントに役立つ知識&スキル

昨年のPre-masterの経験も含めて、以下に、アサイメントの執筆あたって役に立つと思われる情報をお知らせしたいと思います。

1)アサイメントの課題の把握

「何を書かかなくてはいけないか」を把握する
イギリスの大学院では、アサイメントで取り組むべき課題や内容と、得点配分が明確に示されますので、まずはそこから、アサイメントで「何を書かかなくてはいけないか」を正確に把握する必要があります。

私は日本の大学院のアバウトな感じのレポート課題に慣れていたので、昨年アサイメントをイギリスで初めて書いたときに、私の書いた内容が講師の方の意図しているところとかなり違うと指摘されたことがあります。幸いその時はドラフト(仮提出)だったので良かったのですが、何も知らずに最終提出をしていたら間違いなく単位を落としていたと思います。

アサイメントに関する厳しい規定
また、文字制限や提出期限なども、必ず課題の記された書類かコースのハンドブックに書いていますので、それも必ずチェックする必要があります。私の現在の大学院は、わりとそのあたりのルールが緩いのですが、大学によっては、たった1文字を超過しただけで、10%のマイナスになったりもしますし、提出期限の時間を過ぎたと同時にアサイメントを提出するボックスが撤去されたりなんてこともあるようです。また、私の大学院ではありませんが、特に留学生の多い大学院では、ドラフトを提出できるところも多いと思います。そのあたりの情報も把握しておくと、非常に役立つと思います。

2)クラスメイト

リスニング力の非常に高い一部の方を除いて、留学生にとっては講義をすべて理解するのは困難を極めると思います。そこで重要なのがクラスメイトです。今回のアサイメントにあたり、私はクラスメイトと3回ほど、勉強会を開きました。その中で、私が講義で理解しきれなかったことなどを確認したり、重要なポイントを教えてもらったりもしました。

また、今回のアサイメントにおいては、クラスメイトに私の悲しいぐらい幼稚な英文を、これでもかというぐらいに赤ペン先生していただきました。修正されるのは慣れていますので、まったく落ち込みません。むしろ、他のクラスメイトも自分のアサイメントで忙しいにも関わらず、丁寧に私の文を修正してくれたことに心から感謝しています。

昼休みや何回かあった飲み会などで、相手(特にネイティブの若い学生)の言っていることの半分もわからなくても、積極的にクラスメイトとコミュニケーションを取ることを心掛けておいて、本当に良かったと思います。

アサイメント打ち上げパーティ
アサイメント打ち上げパーティ

★キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)の詳細はこちら