イギリス留学トップ大学一覧キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)の体験談 > キングス・カレッジ・ロンドンで精神保健福祉を学ぶ 第5回 アサイメントの概要
山口 創生さん

山口 創生さん

留学先:キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学) University of London, King's College London
留学分類:大学院留学
専攻名:精神保健福祉 Msc: Mental Health Services Research(MHSR), Institutue of Psychiatry(IoP)
留学期間:2009年9月〜2010年9月(2008年9月〜2009年8月はオックスフォード・ブルックス大学に在籍)
beoの留学サポートを利用して留学

キングス・カレッジ・ロンドンで精神保健福祉を学ぶ 第9回 大学院留学での苦労 ~生活編~

キングス・カレッジ・ロンドンで精神保健福祉を学ぶ 第5回 アサイメントの概要

Categories: キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学) / 医学 / 大学院留学
キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)University of London, King's College London は、医学分野における世界的な研究機関を所有。最新の研究・実践情報の発信地としてしられています。同大学で精神保健福祉 Mental Health Services Research(MHSR) を学ばれている山口さんの現地レポートをお届けします。今回はつい先日終えられたばかりのアサイメントについて詳しくレポートしていただきました。(第6回に続く)

アサイメントの概要

イギリスの大学および大学院では、アサイメントあるいはエッセイ(日本でいうところのレポート)の提出が定期的にあります。これらの課題は、直接成績に関 係します。私の大学院のセカンド・セミスターにおいては、4つのアサイメントがあります。先週、その内の2つを提出してきました。

「本当にしんどかった!」 セカンド・セミアスターのアサイメント

アサイメントの感想だけ先述べさせていただくと、「本当にしんどかったです!」。ネイティブの学生でさえ、辛いというぐらいですから、私達、留学生にとっては、アサイメントに取り組んだ1ヵ月は地獄でした。正直なところ、今回のアサイメントは、良い点を取るというよりも、なんとかパスして欲しいというのが、本音です。大学やコースによって、アサイメントの概要は大きく異なりますが、以下に、今回、私が取り組んだアサイメントの概要を記します。

1) モジュールⅠ
  1. 内容:講義で教わった内容を反映しながら、自分の関心のあるテーマについての研究計画書(プロトコル)を書く。
  2. 医療保健関係の研究計画書の様式と同じく、「背景(Background)」、「科学的根拠(Rational)」、「目的(Objectives)」、「方法(Methods)」に分けて書く。
  3. 文字制限:2500文字以下
2) モジュールⅡ
  1. 内容:課題としていただいた統計的なデータを、統計ソフトを使い実際に自分で分析し、その結果と考察を書く。
  2. 医療保健関係の論文の様式と同じく、「背景(Background)」、「目的(Objectives)」、「方法(Methods)」、「結果(Results)」、「考察(Discussion)」に分けて書く。
  3. 文字制限:1000文字以下
膨大な参考文献、テキストや講義資料の的確な理解
特にモジュールⅠは、アサイメントを書くためだけに最終的に論文を30本近くと文献を3冊ほど読む必要があり、改めてイギリスの大学院での勉強のしんどさを思い知らされました。ただし、基本的な内容は授業で学習したことの反映ですので、まずは講義と講義で使用するテキストや講義資料などからの情報を理解していないといけません。私がすべてを理解しているかは、かなり微妙なところですが・・・・・。

講義室
講義室のひとつ

IELTSのテストと実際のアサイメントとのギャップ
私のアサイメントのプロセスとしては、①最初の1週間で必要な文献を集める。②次の2週間で講義の内容の復習や集めた論文を読む、③最後の1週間で書き上げるといった感じでした。文字数については、私の場合はいつものことですが、制限以内にまとめる方が難しいです。

私の現在のコースは理系なので、だらだらとわかりにくい文は特に嫌われます。さらに、留学生が遠回しな表現をすると、本当に言いたいことがはるか遠くにいってしまいます。端的に事象を表現する必要があるのですが、これが難しいですね。自分で書くとすべて必要な情報に思えてくるので・・・。最終的に、シンプルな文を心掛け、必要最低限の情報だけを書くようにしていました。この辺は、IELTSなんかのテストと実際のアサイメントにギャップを感じたところでもあります。

★キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)の詳細はこちら