イギリス留学トップ大学一覧キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)の体験談 > キングス・カレッジ・ロンドンで精神保健福祉を学ぶ 第4回 日英間の違い ~大学の教育環境~
山口 創生さん

山口 創生さん

留学先:キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学) University of London, King's College London
留学分類:大学院留学
専攻名:精神保健福祉 Msc: Mental Health Services Research(MHSR), Institutue of Psychiatry(IoP)
留学期間:2009年9月〜2010年9月(2008年9月〜2009年8月はオックスフォード・ブルックス大学に在籍)
beoの留学サポートを利用して留学

キングス・カレッジ・ロンドンで精神保健福祉を学ぶ 第9回 大学院留学での苦労 ~生活編~

キングス・カレッジ・ロンドンで精神保健福祉を学ぶ 第4回 日英間の違い ~大学の教育環境~

Categories: キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学) / 医学 / 大学院留学
キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)University of London, King's College London は、医学分野における世界的な研究機関を所有。最新の研究・実践情報の発信地としてしられています。同大学で精神保健福祉 Mental Health Services Research(MHSR) を学ばれている山口さんの現地レポートをお届けします。今回は日英間の違いを大学の教育環境の面からレポートしていただきました。


日英の大学教育環境の違い

1) 講師の方の質・量

私の所属するコースは、正確には精神保健福祉の専攻ではなく、より医学に近い分野で、特に疫学的研究手法を学ぶコースです。しかし、講師の方は、医学・看護系専門雑誌、心理系専門雑誌、社会科学系の専門雑誌で、名前を見たこと聞いたことのある方有名な方ばかりで、そのバックグランドも様々です。

日本の大学院では、主に所属する学部の学問背景を持った教員陣から学ぶのに対し、私のコースでは、幅広い見聞を得ることができます(私のコースは総合的なコースなため少し特殊かもしれませんが・・・)。確かなことは、世界的かつ最先端の研究をする講師の方々から提供される、最新の情報と確かな知識をいただける現在の環境は、英国留学なしでは絶対にありえないことです。

2) 文献の量
昨年学んだオックスフォード・ブルックス大学でも感じましたが、英国大学の文献の量は本当に感動に値します。特に、私の所属するKing's College, Institute of Psychiatryは、私の分野に関係する文献を、欧州で最も多く所蔵する大学です。また、日本の大学と比較して、文献の閲覧システムや文献データベースあるいは文献整頓ソフトなどもかなり充実しています。さらに、それぞれの使い方について、図書館スタッフによる説明会もあり、学生が自由にそれらを使えるように指導・助言をしてくれます。

大学の図書館
大学の図書館

その結果、現在の私は、日本ではめずらしくなかった「何で、この文献手にはいらんねん!!!」っという感情はほとんど持つことがありません。ということで、今から帰国した時のことを考え、月に1・2回は大学に行って片っ端から文献を集めていたりもします。

3) コース・カリキュラム
数年前の文科省からの通達以来、日本の大学院においても、教育カリキュラムの徹底が図られるようになりまたので、現在の日本のマスター(博士前期課程)のシステムについてはしっかりと把握していませんが、大学院によっては、コースの中で、未だにそれぞれの履修科目において個々の教員の裁量が大きいかもしれません。一方で、イギリスの大学院は、コースで学生に何を理解してもらうかという目標とその達成に向けたカリキュラムが、明確に設定されています。  

私の日本の大学院(マスター)は文系で卒業が5年前、そして現在のコースがほぼ理系であることから、単純な比較は困難ですし、どちらがいいとも言えませんが、現在のコースでは、私を含めた学生自身が何を学ぶかを明確に理解しています。そして学生にとっては、将来のプランが立てやすいかもしれません。

★キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)の詳細はこちら