イギリス留学トップ大学一覧リバプール大学リバプール大学の体験談 > PMP卒業生現地レポート 第3回 冬休みはスイスで "おいしい料理"!
矢島 展弘さん

矢島 展弘さん

留学先:リバプール大学 The University of Liverpool
留学分類:ビジネススクール留学
専攻名:フットボール経営学修士 Football Industries MBA
留学期間:2006年〜2007年
beoカレッジ受講コース:大学院進学準備コース(NCUK GD 旧PMP)
受講期間:2006年3月~2006年8月
卒業後の現在は、少年サッカー関連の企業の立ち上げに従事

最優秀卒業論文賞を受賞。念願のサッカー業界で起業にかかわる!

PMP卒業生現地レポート 第3回 冬休みはスイスで "おいしい料理"!

Categories: MBAフットボール / ビジネススクール留学 / リバプール大学
国内で受講できるbeoカレッジの大学院留学準備コース修了後、リバプール大学 The University of Liverpoolでフットボール経営学修士 Football Industries MBAを学ばれている矢島さんの現地レポートを届けします。

こんにちは、リバプール大学、大学院MBAフットボールインダストリー留学中の矢島です。 早いものでもう新年も1ヶ月を消化してしまいました。先月は突然のみぞれや嵐など、異常な天候に見舞われて散々でしたが、このところいつもどおりの寒く、曇り空が続くリバプールに戻ってきています。

冬休みについて

昨年、大学は12月22日から1月2日まで休みになりました。おそらく一般企業も同様の日程で休みに入ると思いますが、学生はもう少し長い休みがもらえます。私の場合は、12月16日で第1セメスターの授業が終了し、新年初の試験が1月10日だったので、実に1ヶ月近い休みとなりました。休みとはいっても、その間にこなすべき課題も出ますし、新年に待ち受けている試験の勉強もしなければいけません。私も例に漏れず、エッセイ提出が2本、3科目のテストが待ち受けていたために、1ヶ月ずっとボーっとしているわけには行きませんでした。それでも、休みの前半は体を休めながら、うち6日ほどはスイスまで足を伸ばし、知り合いの家にお世話になりながらクリスマスをすごしました。

イギリスはヨーロッパまでのアクセスが非常に良いので、オランダやフランス、スペインなどに行く人もいたようです。簡単にヨーロッパ諸国に旅行できるということも、イギリス留学のメリットですね。といいながら、今回のスイスが留学後の初海外だったりしますが・・・。

留学後、初の海外・スイス旅行

スイスでは、イタリアの国境に近い小さな村でのんびりと過ごしてきたのですが、何より天気が良いことに驚きました。毎日が快晴で、冬なので気温は低いものの、たっぷりと日差しを浴びながら、散策したり読書したり、贅沢に時間を使いました。晴天に加えて良い景色、そしてイギリスでなかなか手に入らない"おいしい料理"を堪能してきました。レストランってこういう料理出すところだったんだ、と失いかけた記憶を取り戻しました。

6日間の小旅行を終えてイギリスに戻るや否や、寒さと雨の歓迎で思わず苦笑いしてしまいました。そしてマンチェスター空港からの電車は突然の(しかし日常的に発生する)キャンセルに見舞われ、半ば強制的に現実に引き戻されたという感じでした。

イギリスに戻ったら、引きこもり?!

戻ってきてからは課題とテスト勉強で半引きこもり生活でした。テストは論述式が中心なので、あらかじめ教授からヒントを与えられている出題範囲についてノートやテキストなどを見直し、議論の要点を整理しました。意外と見直し範囲が広いことに加え、平行してエッセイのためのリーディング、ライティングを進める必要もあり、気づけば冬休みの後半はほとんど外出もせずに終わっていたのでした。

これから留学する皆さんは、こんな勿体無い使い方をしないよう、冬休みは計画的に楽しんでくださいね。

★大学院進学準備コースの詳細はこちら