イギリス留学トップ大学一覧エセックス大学エセックス大学の体験談 > エセックス大学でTESOLを学ぶ 第1回 出発、プリセッショナルで英語漬け
梅村 建次さん

梅村 建次さん

留学先:エセックス大学 University of Essex
留学分類:大学院留学
専攻名:英語教授法 MA Teaching English to Speakers of Other Languages
留学期間:2011年9月〜2012年9月
beoの留学サポートを利用して留学

中学校の理科教師を定年退職後、将来英語を使って社会活動をしたいとの想いから大学院留学を実現。梅村さんの挑戦する姿は新聞にも取り上げられました。
>61歳でエセックス大学 大学院に留学した梅村さんが新聞記事に!

エセックス大学でTESOLを学ぶ 第1回 出発、プリセッショナルで英語漬け

エセックス大学でTESOLを学ぶ 第1回 出発、プリセッショナルで英語漬け

Categories: エセックス大学 / 大学院留学 / 英語教授法(TESOL)
定年退職後の61歳でエセックス大学 大学院に合格し、62歳で修士号を取得。年齢に関係なく挑戦される姿は新聞にも取り上げられました。
留学中現地から、お友達やbeoの留学カウンセラー宛に送っていただいた「ESSEX通信」を元に、梅村さんの留学体験記を連載します。


コルチェスターに来てから、早くも5週間近くがたちます。

家を出たのが8月22日午後。
その後、名古屋のエスカで友人と一杯やった後、夕方新幹線で成田へ。東京からJRの特急は節電で夜は運休。仕方がないので快速で成田空港まで1時間半。東京を出てしばらくは賑やかだった列車内もだんだんと空港が近づくにつれ、乗客の数も減り、10時近くなったころには、各車両数人しか乗っていません。

外は漆黒の闇。

こんなシーンを昔一度経験している。10年も前のことだ。

高蔵寺駅の朝5時の始発に乗って名古屋駅に向かい、その後、名古屋6時発のバスで関空まで行き、そこからさらにアリタリアでミラノへ飛んだ時のことだ。
2月の早朝は真っ暗闇が広がり、吐く息も白い。高蔵寺駅から乗り込んだ人はわずか数人。神領、春日井と停車するたびに、パラパラと乗客が乗り込んでくる。車窓から外をうかがうと、闇の世界にきらきらと輝きを放つ電飾がまるで銀河のように思えたものだ。
車内は勝手知った人同士が言葉少なに挨拶を取り交わす。仕事を終えて家路につく人、朝一番で仕事に向かう人。
なのに、自分は遥かミラノまでの旅立ち。
そんな自分を銀河鉄道に乗っているみたい、と思ったりしたものだ。

その時と全く同じ気持ち。列車は人の感傷などに委細構わず進んでいく。 
バージンアトランティックの直行便は11時30分発。空港でビールを飲みながら、幾人かにメールを打つ。ロンドンまでおよそ、12時間弱。長いなあ、と嘆息する。ところがこれがあっという間。15,000円余分に払って取った、前が広々とした席、何ていうのかなあ? 隣り合わせた女性と意気投合、お喋りしていたらもうロンドン。

彼女は妙齢のバイオリニスト。公演のためロンドンで1週間だけ滞在。幸運なことに向かう方向も同じだったので、ヒースローから、リバプール・ストリート駅までご一緒しました。

umemura_kenji_01-1.jpg
さて、コルチェスター。人口10万人程度のこぢんまりとした町です。ただし、コルチェスターはイギリスの歴史上もっとも古い町として記録され、つとに有名です。ロンドンから50分でノース・ステイション着。タクシーでエセックス大学のある宿泊先に着いたのは、午後9時近く。
umemura_kenji_01-2.jpg
写真上: Colchester Castle
写真下左: コルチェスターの街並み 右: Colchester Castleの庭園

プリセッショナル・コースでは16時まで英語漬け、エッセイ書きまくりの毎日です。

umemura_kenji_01-3.jpg
翌日からは、早速Pre-Sessional Pathway*の始まりです。大学院の本格的なTERMは10月スタートです。

*大学院のコースが始まるまでに英語やアカデミック・スキルの準備を行うコース

Pre-Sessional Pathwayは、毎日5時間の英語集中。これがかなり大変!!
9時30分から11時30分まで、Sentence structure(文章構造)、Cohesion(結束性)、Collocation(連語)。
12時から13時までListening & Speaking。 1時間のランチブレークのあと、14時から16時までReading & Writing。とりわけ、Writingに重点を置いています。IELTSのバンドもWritingの価値が最も高い。Short essayの書きまくりの毎日です。半分ノイローゼ状態。 

写真: 8月から9月まで過ごした大学寮