イギリス留学トップ大学一覧アングリア・ラスキン大学アングリア・ラスキン大学の体験談 > アングリア・ラスキン大学で絵本アートを学ぶ 第2回 授業開始
東郷 なりささん

東郷 なりささん

留学先:アングリア・ラスキン大学 Anglia Ruskin University
留学分類:大学院留学
専攻名:チルドレンズ・ブック・イラストレーション MA Children's Book illustration
留学期間:2010年9月〜2012年1月
beoの留学サポートを利用して留学。個人ブログ「クイナ通りSoi17」では作品を随時更新中

アングリア・ラスキン大学で絵本アートを学ぶ 特別編★絵本出版

アングリア・ラスキン大学で絵本アートを学ぶ 第2回 授業開始

Categories: アングリア・ラスキン大学 / アート&デザイン / 大学院留学
優秀な人材を輩出し続けるアングリア・ラスキン大学 Anglia Ruskin Universityのチルドレンズ・ブック・イラストレーション Children's Book illustration。同コースを卒業した日本人学生の中には、ニューヨーク・タイムズが選ぶ児童文学イラストベスト10に選ばれた方もいます。同コースに留学中の東郷さんの現地レポートをお届けします。

いよいよ授業開始!

自分のスタイル、モチーフをしっかりと持っている人が多い

インターナショナルオリエンテーションがあったWelcome Weekや、コースのInduction SessionがあったFreshers Weekなど、町や学校、寮の環境になじんだり、生活用品を整えたり、友達を作ったりという、生活をはじめるための期間が終わり、とうとう今週から授業が始まった。

最初の授業は、パワーポイントによる自己紹介だった。これまでの自分の作品をまとめたスライドを作ることが、7月から課題として与えられていた。Children's Book Illustrationをフルタイムで学ぶ学生は今年度、20人強おり、留学生が半分以上を占めている。その中ではアメリカ人が5人と多勢だ。

美術学部の教室があるRuskin棟。去年、100周年を迎えた、構内で一番古い建物だ

美術学部の教室があるRuskin棟。去年、100周年を迎えた、構内で一番古い建物だ

学生のバックグラウンドは多種多様で、イラストコースの学部を出ている人がもちろん多かったが、テキスタイルデザインやファインアートを学んだ人、わたしのように美術と関係のない学科を学んだ人も数人いた。画風は水彩を用いる人が多い印象だったが、白黒の緻密なペン画の人、デジタル画をメインとする人、漫画風の人、リノリウム版画を作る人とバラエティに富んでいた。自分のスタイル、モチーフをしっかりと持っている人が多い。修士課程で留学するには、キーとなる自分の画風を持っていることは重要なのかもしれない。

アート留学実現のために欠かせないポートフォリオ審査とは?

模索しながらポートフォリオを作成

アート留学の場合、ポートフォリオ審査が入試に相当することが多い。今回は留学準備の一環として、ポートフォリオ作りについて少しお話したい。

いくつかの美術大学がbeo主催の留学フェアの場でポートフォリオを見てくれると知り、わたしは9月半ば、日本の大学での卒業論文の調査が一段落するとすぐに、ポートフォリオ作りに取り組んだ。第1回で述べたように美術大学を出たわけではないので、どのようなものを作ればよいのか全くわからず、非常に悩んだ。

もう少しよい方法があるに違いないが、最終的にわたしが作ったのは、以下のようなものだ。B4サイズのファイルを買ってきて、最初のページに簡単なプロフィールを載せ、次のページから一番見せたい作品や、今後イラストのコースでやりたいプロジェクトの内容に近い作品から順に、数行のキャプションとともに入れていった。出版物とB4に入らない大きな作品はコピーを、小さな作品は原画を入れた。

わたしが作ったポートフォリオの1ページ

わたしが作ったポートフォリオの1ページ

作成までの過程も評価の対象

イギリスの大学のポートフォリオ審査では、完成作品だけでなく、それを作るに至った過程のスケッチやメモも重要視されると聞いていたので、それぞれの完成品の横に構図を決める段階のラフイメージや、結局用いなかった案などを描いたスケッチも配置した。キャプションを事前に作っていたことで、多少なりとも当日、自分の作品を英語で説明しやすかったように思う。ある美大のオフィサーからは、後ろのほうに過去の未熟な作品を入れるのは却ってよくないと指摘された。

たまたまアングリア・ラスキン大学から来ていたインターナショナルオフィサーは、美術学部とは関係のない方だったので、再度、デジタルデータとして厳選して10枚ほど送ることになった。わたしは大学1年のころから4年ほどブログを続けており、そこにアップロードしていた絵も、審査の対象にしてくれたらしい。ネット上に作品をまとめて発表できる場所があるというのも、海外から出願する際には手軽でよいかもしれない。

★留学に関するご相談はこちらから【無料】
★【10/3・10/4】留学フェア開催!ポートフォリオ審査を行なう大学もあります!