イギリス留学トップ大学一覧レディング大学レディング大学の体験談 > レディング大学で英語教授法を学ぶ
島﨑 瑶子さん

島﨑 瑶子さん

留学先:レディング大学 University of Reading
留学分類:大学院留学
専攻名:英語教授法 MA in English Language Teaching
留学期間:2011年1月~2012年9月
beoの留学サポートを利用して留学

レディング大学で英語教授法を学ぶ

レディング大学で英語教授法を学ぶ

Categories: beoの評判は? 留学サポート利用の感想 / レディング大学 / 大学院進学準備 / 英語教授法(TESOL)
ロンドンまで電車で25分のレディングにキャンパスを構えるレディング大学 University of Reading。質の高い教育環境を提供しており、過去に同分野で第1位に選ばれたこともあるほどです。レディング大学で英語教授法 MA in English Language Teaching を学ばれる島﨑さんに、留学準備の様子について詳しくお聞きしました。

留学にいたるまでのご経歴を簡単に教えてください

大学4年時に出願、職には就かず卒業後そのまま留学。

留学を決めたきっかけを教えてください

英語の教員を目指すにあたり、英語/英語教育に関する知識・能力の向上と海外生活の経験が必要だと感じたため。

beoを利用したことで、よかったと思うこと/可能になったと思うことがあれば教えてください

とにかく安心して留学準備を進められ、特にPersonal Statementの添削、代替出願、VISA申請に必要な書類のcheckは本当にありがたいと思いました。また、早め早めに行動できるよう促してくれ、メールや電話での応答も丁寧で徹底されていたのですぐに疑問等を解決できました。

留学準備で大変だったことがあれば教えてください

英語能力の条件を満たすこと。

最終的にレディング大学に決めた理由を教えてください

言語学に強く、英語教育も言語学departmentで学べるため、教員経験の無い学生も広く受け入れていたため。また、日本人が多くなく、Londonに比較的近いという利点も快適な留学生活を送る上で大事だと思いました。

留学先での目標、今後の目標について教えてください

他の国にボランティアなどで英語教育・日本語教育に少しでも携われるような経験をした後、日本に帰り中学校の英語教員を目指します。留学で得た知識・経験を活かし、少しでも魅力的な教員になれればと思います。

★留学に関するご相談はこちらから【無料】