イギリス留学トップ大学一覧マンチェスター大学マンチェスター大学の体験談 > マンチェスター大学IDPMで開発学を学ぶ 第5回 アコモデーション
大西 志麻里さん

大西 志麻里さん

留学先:マンチェスター大学 The University of Manchester
留学分類:大学院留学
専攻名:開発金融学 MSc Development Finance
留学期間:2010年9月〜2011年9月
卒業後の就職先:世界銀行
beoの留学サポートを利用して留学

マンチェスター大学IDPMで開発学を学ぶ 第12回(最終回) 卒業後は世界銀行に就職!

マンチェスター大学IDPMで開発学を学ぶ 第5回 アコモデーション

Categories: マンチェスター大学 / 大学院留学 / 開発学
マンチェスター大学 The University of ManchesterのThe Institute for Development Policy and Management (IDPM)は、イギリスを代表する国際開発関係の研究機関。IDPMで開発金融学 MSc Development Financeを学ばれている大西さんの現地レポートをお届けします。


住まい

私の場合は家族で渡英しましたので、単身留学生に保証される寮の確保はありませんでした。そこで、マンチェスターの大学が共同で運営する、 Manchester Student Homesというサイトを使って、大学周辺のアパート探しをし、3社のエージェントに連絡、今年2月に内覧に来てアパートを決めました。契約は大学からの オファーレターがあれば留学生でも大変スムーズです。

アパート探しで最も驚いたことは、PPPW (Per Person Per Week)という考え方です。PPPWというのは値段表示なのですが、フラットシェアの文化を反映しています。マンチェスターのアパートはレンガ造りの1 軒家を2~4つのアパートに分け貸し出すのが主ですが、その1つ1つのアパートもフラットシェアが通常です。特に2部屋以上の場合は、バスルームとキッチ ンを共有する別の住人が入居する可能性があります。都度エージェントに希望を詳細に伝え、確認する必要があります。

寮は大学に至近で、他 の留学生達と知り合える素晴らしい環境だと思います。一方アパートの方は買い物に便利な場所が多く、プライベートが確保できます。また、周囲はほとんどが 地元の住人かイギリス人学生です。意外にも賃貸料は寮費と変わりません。選択肢を広げる上で検討されてみてはどうかと思います。尚、Manchester Student Homesのサイトには、Private Hallsという、大学以外が経営する寮も数多く掲載されています。

ちなみに今年度は2月から寮の申し込みが始まったのですが、受付開始後すぐ家族寮を申請したところ、第一希望が通っていました。単身の方も家族でいらっしゃる方も、早めに申し込まれることをお勧めします。

★マンチェスター大学 日本語ホームページ
★留学に関するご相談はこちらから【無料】