イギリス留学トップ大学一覧シティ大学シティ大学の体験談 > シティ大学INTOセンターで大学院への進学準備 第2回 ロンドン生活最初の1か月
中川 大輔さん

中川 大輔さん

留学先:シティ大学INTOセンター INTO City University London / シティ大学 City University London
留学分類:大学院進学準備 / 大学院留学
専攻名:English for University Study / Graduate Diploma in Law
留学期間:2012年9月〜
beoの留学サポートを利用して留学。準備コース修了後は、シティ大学で法学を専攻予定。

シティ大学INTOセンターで大学院への進学準備 第3回 英語コース試験終了!

シティ大学INTOセンターで大学院への進学準備 第2回 ロンドン生活最初の1か月

Categories: LLM・法 / beoで準備英語コース受講 / シティ大学 / 大学院進学準備
大学院で法律学を専攻することを目標に、シティ大学INTOセンターの大学院進学準備コースに留学された中川さん。勉強、観光、サッカー、友達作り・・・と充実のロンドン生活1ヶ月目についてお聞きしました。

勉強面

ロンドンに来て1か月が経ちました。
今は、来たばかり、授業が始まったばかりと比べるとだいぶ慣れてきたという実感があります。
最初の1週間は自分の英語力の低さに唖然としてやっていけるのかと不安でした。
今は1年後の自分を信じて毎日コツコツ勉強しています。

特に思ったことは、日本人と他のノンネイティブの人との違いです。
日本人は文法や発音が得意な方だと感じました。
逆に他の国(特にアジア系)の人たちの文法はめちゃくちゃだけど、話せるんです。
こっちでは後者の方が明らかに評価されます。自分の考えをもっと表現しないと授業に参加してないのと同じだと感じました。

今は自分の得意不得意が明確となり、毎日ひたすら勉強しています。
授業はだいたい、1日2コマ(2H/1コマ)ですね!!内容はアカデミック英語です。

僕の場合、大学院進学準備コースなので、大学院で必要なスキルを学んでいます。
宿題や課題は多いです。宿題は毎日あり、やって行かないと授業についていけません。
また、今はエッセイの課題が出ています。教育についての内容で、僕の専門とは違うので大変ですが、国際問題の1つについて考えることが出来て、とてもためになっています。
あと、求められるスキルはやはりcritical thinking(クリティカル・シンキング)です!
これはディスカッションする中でも本当に大切なことだと思います!!

★クリティカル・シンキングとは?beoカレッジでクリティカル・シンキングを学べるコース


生活面

生活面でいうとロンドンは全く困ったことはありません。
日本人のスーパーやレストランが数多くあります。
少し物価は高いので、常に節約を考えながら今は不自由なく生活しています。

僕の寮は500人くらいの学生が住んでいて、とてもインターナショナルな雰囲気の建物です。
基本的に金曜日の夜は騒いでいる人がいます(1週間乗り切った喜びは僕にもわかります)。

さて、日本人の数についてですが、ロンドンは多いと思います。
学校には少ないのですが、月に1回Japanese Studentの会みたいなのがPUBで開催されていて、そこに行くだけでたくさんの日本人に出会えます!!
また先日、広場でJapan Matsuri(日本祭り)が開催され、とても盛り上がっていました。
Japan matsuri.jpg
(写真)Japan Matsuri

休日の過ごし方

休日はだいたい出かけています。
ロンドンの観光地を全部回るには1年や2年では難しいってくらい、ロンドンには魅力的な場所や博物館などがたくさんあります。
中でも夜のタワーブリッジはとても感動しました!
towerbridge.jpg
(写真)夜のタワーブリッジ

また、土日の午前中はサッカーをしています。
土曜日は学校のサッカーチームに入り、色々な国の人とサッカー。
日曜日は日本人のサッカーチームに入り、たくさんの人との繋がりを作っています!
幼稚園のグラウンドを借りているのですが、野球場2つ分くらい広いです。
ground.jpg
(写真)サッカーグラウンド

とても充実した休日を送っていると思います(その分宿題が終わらなくて日曜日の夜は大変ですが・・・)。

以上、1か月目の報告です。
2か月目も頑張りたいと思います!

★留学に関するご相談はこちらから【無料】