イギリス留学トップ大学一覧リーズ大学リーズ大学の体験談 > リーズ大学で映像翻訳を学ぶ<前半>
永田 衣緒菜さん

永田 衣緒菜さん

留学先:リーズ大学 University of Leeds
留学分類:大学院留学
専攻名:映像翻訳 MA Audiovisual Translation
留学期間:2010年9月~2011年9月
beoの留学サポートを利用して留学

リーズ大学で映像翻訳を学ぶ<後半>

リーズ大学で映像翻訳を学ぶ<前半>

Categories: リーズ大学 / 大学院留学 / 通訳・翻訳
イングランド北部に位置する歴史ある伝統校リーズ大学 University of Leedsは、質の高い教育・研究で国際的に高い評価を受けています。同大学で映像翻訳を学ばれた永田さんに、留学準備の様子から実際の留学生活の様子まで詳しくお聞きしました。

留学にいたるまでのご経歴を簡単に教えてください

2006年~2010年:国際基督教大学 教養学部
2008年~2009年London Metropolitan University (Junior Year Abroad)

留学を決めたきっかけを教えてください

元々は字幕翻訳に興味があり、大学一年生の時にリサーチをしていた時に、たまたまリーズ大学の翻訳コースを見つけました。翻訳は日本でも勉強することはできますが、自分の英語力に自信がなかったのと、実際に英語の環境に身を置いて英語という言語が使われているバックグラウンドを知ることは翻訳する際にとても重要なことだと思い、留学することに決めました。

留学先を決めるにあたって、どのようにして情報を集めましたか?

大学在学中にロンドンに一年間留学していたので、その間に興味のある大学に連絡をとって実際に見学に行き、施設を見せていただいたり教授にお話を伺いました。また、大学の先輩に大学院留学をされた方も多いので、アドバイスをいただきました。

nagata_zenhan.jpg


最終的にリーズ大学に決めた理由を教えてください

イギリスの大学院で英日の翻訳、しかも映像翻訳となると限られた数しかないので、あまり迷うことはありませんでしたが、リーズ大学は大学の雰囲気や、見学した際の教授やスタッフの対応が良かったこと、さらにコースの内容も理論と実践の両方をまとめて勉強できるというところが仕事に役立つと思い、決め手になりました。

uni.jpg

留学準備で大変だったことがあれば教えてください

特に思い浮かびませんが、一番厄介だと思ったのはビザの手続きです。

留学準備でこれはやっておけばよかったなと思うことは何ですか?

とくにありませんでしたが、こちらに到着してすぐ必要なもの(布団など)がどこに、どれくらいの値段で売ってるかなどを調べておけばよかったと思います。到着したその日に、街のお店を手当たり次第探すのは大変でした。