イギリス留学トップ大学一覧キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)の体験談 > キングス・カレッジ・ロンドンで戦争学を学ぶ 第2回 キングス・カレッジ・ロンドン1ヶ月経過!
眞庭 香納さん

眞庭 香納さん

留学先:キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学) University of London, King's College London
留学分類:大学留学
専攻名:戦争学 War Studies
留学期間:2011年9月~2014年9月(2010年4月~2011年6月はベラビーズ・カレッジ Bellerbys Collegeの奨学金を受けAレベルに在籍)
beoの留学サポートを利用して留学

キングス・カレッジ・ロンドンで戦争学を学ぶ 第2回 キングス・カレッジ・ロンドン1ヶ月経過!

キングス・カレッジ・ロンドンで戦争学を学ぶ 第2回 キングス・カレッジ・ロンドン1ヶ月経過!

Categories: キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学) / 大学留学 / 平和学・紛争解決学
キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)University of London, King's College Londonは国際紛争研究や、紛争、安全保障と開発におけるコースを開講。ベラビーズ・カレッジ Bellerbys College Aレベル終了後、キングス・カレッジ・ロンドン大学学部課程へ進学された眞庭さんの現地レポートをお届けします。

みなさん、初めまして。この場をお借りして、大学生活の様子を報告させていただきたいと思います。今回は、簡単な学校紹介と学校内外での生活について書かせていただきます。

私の通うキングス・カレッジ・ロンドンはイギリスの中でも古い大学の1つで、ロンドンの中心地に位置し、医学・政治・生物学などで有名です。私自身は、戦争学(War Studies)という日本ではあまりなじみのない学部で学んでいます。入学から1ヶ月を経て、やっと大学生活に慣れてきました!

1週間のタイムテーブル

理系の科目に比べて、授業数は圧倒的に少ないです。しかし、やはり社会科学系として読む本の量は半端ありません。

月曜日: 12:00~13:00 AKC (全校生徒の受けられる、宗教学・哲学を中心としたオープンレクチャー), 13:00~14:00 The Art of War Seminar,  16:00 ~ 18:00 The Conduct of War lecture
火曜日: 14:00 ~ 16:00 The Causes of War Lecture,  17:00 ~ 18:00 The Conduct of War Semiar
水曜日: 9:00~11:00 The Experience of War Lecture,  13:00~14:00 The Causes of War Seminar
木曜日: 17:00~18:00 The Experience of War Seminar
金曜日:  11:00~13:00 The Art of War Lecture

*Lecture ・・・大勢で行われるレクチャー(講義)のこと
*Seminar・・・少人数で行われるゼミ形式の授業のこと


課題

一週間に平均して1つエッセイを書きます。また、一学期に4つ、長い論文をそれぞれの授業にそって提出しなければなりません。レクチャーやセミナーに備えて、本を読んだり、事前調査をすることも必要なので、けっこう忙しいです。

クラスメイトの様子

戦争学は、キングスの中でも最も人種的に多様性のある学部と言われています。イギリス人はもちろんですが、ヨーロッパ各地・アジア・アフリカ・中東・アメリカからと、様々なバックグラウンドを持った生徒が集まっています。また、アメリカやヨーロッパからは、"Study Abroad Program"ということで、1学期~1年間だけキングスで勉強している生徒もいます。写真に載せましたが、仲良くなった友達はイギリス人・ロシア人・ハンガリー人・シンガポール人と様々です。数少ない日本人の生徒さんにも会いました。

war_studies_group.jpg
                      war studiesの仲間と

授業で求められる力

キングスの中でも、難しい科目と言われていますので、求められる語学力と学力は高い方だと思います。昨年Aレベルでエッセイスキルなど、必要なスキルは身につけたと自負していますが、やはり大学となると更に一段高いものを要求されます。なので、毎日本や論文と格闘中です。

学校外での過ごし方

私は、学校から地下鉄で約20分のところにある寮で生活をしています。一人部屋でトイレとシャワー付き、キッチンは8人でシェアする、アパートメントスタイルです。 幸い、フラットメイトはみんな良い人たちで、一緒に夕飯を作ったり、キッチンで話したりなどフレンドリーに過ごしています。9月の私の誕生日には、キッチンでミニパーティーを開いてくれました!

maniwa_oct4.jpg
                               誕生日パーティ

maniwa_oct2.jpg
                                キッチンにて

もともと、課外活動に参加するのが好きなので、今学期は主に3つの活動に参加しています。一番力を入れているのが、KMT(King's Musical Theatre Society)で、9月のオーディションを突破した約30人のキャストと一緒に、12月の舞台に向けて練習に励んでいます。今学期はSweet Charity (スイート・チャリティー)をやる予定です。週3回とハードな練習スケジュールですが、好きなことなので楽しんでやってます。これを通して、違う学部の友達もたくさん増えました。

2つめは、King's Dance Society(ダンスクラブ)です。キングスの中で、一番大きい団体と言われ、1000人以上のメンバーを抱えています。 毎週学校外から先生を呼んで、大学内でレッスンを行っています。レッスンの種類も豊富で、バレエからヒップホップ、サルサからヒップホップ、ジャズからburlesque(パロディダンス)といろいろあります。私は、毎週月曜日にジャズとコンテンポラリー、水曜日にヒップホップとバレエに参加しています。ダンスのレッスンから離れて久しいので、今は感覚をもとに戻すのに必死です。

3つめは、King's Model United Nations (模擬国連)です。定期的な、他の大学での模擬国連イベントに参加するだけでなく、毎週ショートセッションというかたちで、一人一人国を割り当てられて国連総会・安全保障理事会・UNESCOなどのシュミレーションディスカッションを行います。正式で複雑な課程を踏んで行われますので、楽しむだけでなくフォーマルディスカッションの練習にもなります。議題は常に、ホットで最新のものを選びますので、前回は「イスラエル・パレスチナ問題 ~ガザ地区の保護とパレスチナの独立国としての承認~」について議論しました。ハイレベルな議論から学ぶことも多いですし、私自身模擬国連参加の経験もありますので、日々学んでいます。また、この団体では、このようなイベントのほかに、何人か生徒を選んで、実際の企業の開催するイベントに参加させたりします。それを通して、先週Bain&Companyという世界有数のコンサルタントの会社のイベントに、ほかの2人の生徒とともに参加しました。将来をみすえて、という意味でも、またインターンシップなど在学中にやりたいので、このようなすばらしい機会に参加できて良かったです。


最後に

大学では、待っている姿勢で構えていても何もできません。自分からやりたいことをみつけ、それに向けて努力することが必要なのだと、オリエンテーションで言われました。課外活動もそうですが、授業も含め、自分から欲し、自分で判断し、努力を惜しまない、それを自分のモットーとして日々精進いたします。

maniwa_oct3.jpg
ベラビーズの時の仲間とロンドンで再会

★ベラビーズ・カレッジ日本語ホームページ
★その他奨学金情報の詳細はこちら