イギリス留学トップ大学一覧リバプール大学リバプール大学の体験談 > リバプールから現地レポートをお届け! 第2回 イギリスで友人づくり
矢口 麻衣子さん

矢口 麻衣子さん

留学先:リバプール・インターナショナル・カレッジ Liverpool International College
留学分類:大学進学準備
専攻名:ファウンデーション Foundation Certificate in Business, Law and Social Science
留学期間:2008年9月~2012年6月
beoカレッジ受講コース:留学準備英語コース
beoの留学サポートを利用してリバプール・インターナショナル・カレッジ へ留学。修了後はリバプール大学へ進学予定

リバプールから現地レポートをお届け! 第2回 イギリスで友人づくり

リバプールから現地レポートをお届け! 第2回 イギリスで友人づくり

Categories: ファウンデーション / リバプール大学 / 大学進学準備
イギリスの大学で心理学を学ぶために、リバプール・インターナショナル・カレッジ Liverpool International Collegeで大学進学準備コース(ファンデーション・コース)に通われている矢口さんの現地レポートをお届けします。

西洋人との付き合い方

こんにちは。リヴァプール留学生の矢口です。今回はまず、ヨーロッパ文化圏の人との付き合い方について書きたいと思います。

西洋人同士、例えばイギリス人の付き合いを見ていると、彼らには彼らの規格(ルール)があることに気づきます(当たり前ですが)。読むべき空気というのはきちんと存在していますし、話題選びにも話し方にも、グループごとに見えないコードがある。「日本人より付き合いやすいな」と思うのは、日本人はイギリス人にとって「ガイジン」なので、イギリスの規格から多少はみ出ても、大目に見てもらえるからなのかなと思います。

これは、自分の立場を、日本に来た留学生に当てはめて考えてみると、分かりやすいかもしれません。

例えば、私は勝手にリヴァプールをイギリスの「新潟」だと捉えています。北西に位置し、人口がだいたい同じ。そして私は、新潟大学に留学してきたばかりのブリジットちゃん(仮名)。彼女が、「新潟方言、ムツカシイー」とか、「私は日本の文化が好きデス。私は若いころから、クロサワのファンだったモノデス」と言っているのを見たら、冷たく当たる日本人はそういないでしょう。この段階のブリジットちゃんには、たいていのことが許されるのです。

翻って自分を振り返ると、私にとって初めての外国はアイルランドでしたが、知識はアイルランド→ケルトくらいしかなく、さらに、いざとなったらにっこり笑って、「ワタシ、英語ワカリマセン」で乗り切っていました。アイルランド初心者のガイジンということで大目に見てもらえたのでしょう。今更ですが、アイルランドの方々には大感謝の気持ちでいっぱいです。

「ガイジン」から「一緒にいると面白い友達」に

しばらくして生活に慣れてくると、今度はお客さんとして扱われる表面上の付き合いから、友達付き合いの輪に入れてもらうにはどうすれば良いのか、と考えるわけですが、その価値観は人それぞれかもしれません。みなさんならどうしますか?自分がどこまで向こうのコードを取り入れるのか。まずは言葉ですが、たどたどしくても、趣味や考え方が似ているところに属する人。それとは反対に、英語も社会辞令もマスターして、色々な場面で色々な話をまんべんなくできるようになる人。たまに、待つタイプの人もいます。向こうが親切に、こちらに合わせて話しかけてくれるまで待つ・・・。待っていると、サムライとかスシとか、嬉しそうに話しかけてくる人がいるでしょう。日本人がイギリス人を見つけて、ジェントルマンとかアフターヌーンティと言っているようなものでしょうか。

私は個人的には、待ちの体制でいるとあっという間に留学期間が過ぎてしまうので、面白そうなところには自分から積極的に顔を出すようにしています!

少々出しゃばり気味でも気にしない。みんなが話題にしていることや、身振り手振り、話し方を大研究中です。それで、最終的にすっかりイギリス色に染まってしまいたいのかと言ったら、そうでもありません。「ガイジン」として譲れない部分は大切に守りつつ、それでいて、「一緒にいると面白いお友達」の地位を獲得したいと私は考えています。

ファウンデーション・プログラム

さて、実はこれからがレポートの本題です。1月の後半に、ファウンデーション・プログラムが始まりました。リヴァプール・インターナショナル・カレッジには、理系と文系の二つのコースがあり、心理学を専攻したい私が属しているのは文系です。冬に開講するコースの良いところは、クラスのサイズが小規模なこと。だいたい20人以下で、すぐに顔見知りができます。しかも、授業はみんなが、発言したり先生に質問したりしながら進むので、とても仲良くなれます。

クラスメイトは、ほとんどが大学でビジネスを専攻する予定の人たちで、国籍は多い順に、中国、カタール、ナイジェリア、バングラデシュ。全員18歳か19歳の子たちです。周りの熱心に勉強するさまに、毎日良い刺激を受けています。自分も勉強しないと、と思うのですが、これがなかなか大変。日本との教育の違いにも驚いています!

独立して勉強するための環境

まず驚いたのが、一日に平均4時間の授業の後、宿題が滅多に出ないことです。それぞれの科目で大きなエッセイが課されるのですが、提出は学期末。当面は、うっかり家に昼寝しに帰ったり、ふらふらと映画を観に行ったりし放題。エッセイの締切りに苦しむのがわかっていつつ、差し迫った課題がないと、ハラハラしながらもつい怠けてしまいます。クラスメイトには、落第して同じ科目を再履修している仲間もちらほら。この、大学課程に入ったら、まず間違いなく進級できない行動パターンはどのように改善すれば良いでしょうか。

ここが準備コースの素晴らしいところなのですが、カレッジでは、そんな学生でも独立して勉強ができるようになるために、様々な手を差し伸べてくれます。2週間に一度のチューター制度で、勉強の進展具合を気にかけてくれ、先生たちは、「時間を無駄にしないように」と口を揃えて教えて下さいます。イントラネットにアクセスすると、そこはアドバイスと練習課題の宝庫。至れり尽くせりのサポート、直接大学に入らずに、ファウンデーション・コースを経由することにして、本当に助かっています。

カウンセラー 藤井カウンセラー 藤井が矢口さんにインタビュー

Q. 日本の何が恋しいですか?
A.カラオケボックス、パルコ、吉祥寺サンロード商店街 (カラオケパブはありますが、ボックスではなくて、全員の前で歌わないといけないところがほとんどです。)

Q.リヴァプールの最近の気候はどうですか?
A.今日は珍しく雪が降っています。最近は、昼の日差しが暖かい日があったり、水仙が咲いたりと、春の訪れもすぐそこです。

Q.リヴァプールのトレンドは?
A.スーパーに行くと、縄跳び、ジャージ、トランポリンが陳列され、公園ではジョガーが急増中。(イギリスでも健康志向が強まっているのは日本と同じ・・・?)
★留学に関するご相談は こちらから【無料】