イギリス留学トップ大学一覧リバプール大学リバプール大学の体験談 > リバプールから現地レポートをお届け! 第1回 初めての海外フラット探し
矢口 麻衣子さん

矢口 麻衣子さん

留学先:リバプール・インターナショナル・カレッジ Liverpool International College
留学分類:大学進学準備
専攻名:ファウンデーション Foundation Certificate in Business, Law and Social Science
留学期間:2008年9月~2012年6月
beoカレッジ受講コース:留学準備英語コース
beoの留学サポートを利用してリバプール・インターナショナル・カレッジ へ留学。修了後はリバプール大学へ進学予定

リバプールから現地レポートをお届け! 第2回 イギリスで友人づくり

リバプールから現地レポートをお届け! 第1回 初めての海外フラット探し

Categories: ファウンデーション / リバプール大学 / 大学進学準備
イギリスの大学で心理学を学ぶために、リバプール・インターナショナル・カレッジ Liverpool International Collegeで大学進学準備コース(ファンデーション・コース)に通われている矢口さんの現地レポートをお届けします。

現地レポートはじめます!

高校卒業以後、思い立って、去年の9月に渡英。リヴァプール・インターナショナル・カレッジで2学期間基礎コースを履修後、続いてリヴァプール大学で3年間心理学を学ぶ予定です。無事に卒業できるのかしら!?スリル満点です。皆さんに、楽しい留学生活の様子をお伝えできれば幸いです。

寮についたその日に引越!?

ほとんどの留学生がイギリスに到着して最初に住む場所は、寮。寮は学生同士でシェアするので、学校のことを始め、日々の様々なことを助け合える安心感があります。学生寮なら警備が整っているし、寮費の中に、水道・ガス・電気・インターネットが含まれているのも、手続きが煩雑でなくて留学生には助かります。私も、まずは日本から学生寮を手配して渡英しました。着いてみると、ベッドも机もランプも、シャワールームもある。必要なものは揃っているけど、他の日本人の友人たちに寮生活の感想を聞いたところ、みんな満足していたけれど、私の場合は20代後半。他の若く賑やかな学生と暮らすのは少ししんどいという事情もあり、また、一人暮らしが長いことと、以前イギリスに住んでいたことからくる自信もありました。場所を選んで戸締りさえしっかりすれば、安全はある程度確保できる。各種料金の支払いも日本とそう違わないはず。そういうわけで、着いたその日に引っ越すことに決めました。

リヴァプール・インターナショナル・カレッジ
私の通っているリヴァプール・インターナショナル・カレッジ

まず、寮と交わした契約書によくよく目を通します。すると、全額寮費返還を希望の場合には、5日以内に退寮されよとあります。まだ右も左もわからない街で、5日以内にお引越しなんてできるのでしょうか。日本だと、即日入居可の物件があるからと言ったって、引っ越し屋さんの手配をしたり、家具を買い揃えたり、5日というのは無理があります。一方、イギリスの場合は、ほとんどの物件が家具付きなので手間がなく、こちらもスーツケースひとつで身軽です。可能と言えば可能なのです。

イギリスでいちからフラット探し

私が住みたかったのは、大学まで徒歩50分圏内で、緑が多くてきれいな場所でした。イギリス北部は物価が安いので、相場にならってお家賃は£60(約¥8,400:'09年1月レートによる)/週で抑えておきたいところ。地元の人は勿論一人も知らないので、苦肉の策、街の喫茶店に飛び込んで、自分の希望する物件が果たしてこの街にあるのか聞いてみました。イギリスの人は、こういうことになると、概ねすごく親切で色々と教えてくれます。こんなことがきっかけとなり、お友達になったりするときもあります。

さて、住むのに良さそうなエリアとストリートを教えてもらったら、次は、大学のSTUDENT  HOUSINGを訪ねます。ここには、様々な機関から寄せられた学生向けの物件情報が集中していて、私も、希望に見合う情報をすぐに検索できました。念のため、物件情報の出ている地元紙を買って、さらに地元の不動産屋さんからもいくつか良さそうなお家の紹介をしてもらいます。寮に帰ったら、苦手な英語で電話をかけ所見の予約。翌日からは地図を片手に片っ端から物件を見て廻りました。ご参考まで、地図は、W H Smithsなどの雑誌店で入手するか、ロンドンやブリストルにお住まいなら、STANFORDSという地図専門店に行くのがお薦めです。

こんな風にイギリスでフラットを探したのは初めてでしたが、結局、すばらしく大きな公園の近くに、週£45(約¥6,300)の一軒家が見つかって、4日以内に引っ越すことができました。フラットメイトは、自分であちこちに貼紙をして、気の合いそうな人を募集して、今では5人のフラットメイトと住んでいます。

フラット探し
家の前の通り                       引っ越したばかりの私のお部屋!

日本と同じくらい満足な生活?

寮を4日で出てしまい、寮仲間というものを作れませんでしたので、街で知り合いや友達を作ることにしました。そのとき、はて日本では、どうやって友達をつくって、どうやって気晴らしをしていたものかと考えました。日本で生活していると、普通に行きたい場所もやりたいこともたくさんあって、仲間もいるから、意識的に考えたことなんてありませんでした。こちらでたまに、「寮と大学と図書館の往復しかしていないの」とか、「お友達ができない」、「ほとんど日本人としか話さない」という留学生に会います。勉強で忙しいからなのでしょうが、あまりにももったいないような。日本にいたならば、仕事のない日には趣味や友人との会話に費やしていたであろう時間を、イギリスでも同じように使うことができたなら、留学生活をより充実させることができるのでないと私は思います。

フラットメイト
とっても愉快なフラットメイト

趣味を通じて新しい友人づくり

それではどうやって、という話になりますが、大学圏外に何があるのか知らないと、行きたい場所が具体的に思いつかない=行く気が起こらないかも知れません。カウンシルの図書館や、インフォメーションセンターで、街に何があるのか色々教えてくれるので、まずはそこから始めてはいかがでしょうか。そして地図を頼りに歩いていくと、だんだんと街の様子がわかってきて、好きな場所ができたり、知らない場所や歴史に好奇心が湧いてきたりするはずです。

私が日本でどう過ごしていたのか考えてみると、バイトでとても忙しかったけれど、ホットヨガにはまっていました。あとは、映画を観たり、美術館に行ったり、読書をしたり。イギリスでもそのまま実行しやすい、まったりした趣味ばかりです。ホットヨガはあいにくマンチェスターにしかないので、月に1回しか通えないのですが、その代わり、普通のヨガを街の教室で習っています。習い事は、習い事仲間ができるのでお薦めです。あと、映画館・美術館も催しものが頻繁にあって、ちょくちょく顔を出していると自然と話す人ができたりします。ちょっと出歩くと面白いことがたくさんあるし、孤独を感じずに済むのですが・・・が、しかし!それでもやはり、日本と同じくらい満足というわけにはいかないと感じることもあります。いや、実際は、日本よりもうんと楽しいくらいなのですが何かが足りない。欠けている。

言葉の壁

それは、おそらく、言葉の壁のせいなのでないかと。お友達がせっかくできても、日本語を操る感覚でお話できない不全感があります。異文化の不思議を感じたのなら、それを解消するのも、最終的には知識と言葉なのです。それで、本を読もうと思って本屋さんを覗いても、わからないことだらけ。日本だと、どんなことが今論じられていて、その周辺にいるのがどんな評論家で、そして小説はどの作家が流行っていて、その人たちはどの人の影響を受けていて、というのが、何となくでもわかるものですが、不勉強の私は、イギリスのことはよく知りません。とりあえず、書評集を買ってお勉強中ですが、その書評を読むのだって辞書がないと読めない。うーん、一にも二にも言葉と知識。公園でひどく流暢に英語を話す3才の子に出会ったりすると、がっかりするやら、うらやましいやらという気持ちになります。でも、言葉の壁を越えるのは、できないことではないのです。日本でも、日本人より日本語ができる外国の人はたくさんいます。とりあえず目標は高く、生活は楽しく、イギリスで暮らしていけたらいいものだと考えています。

★留学に関するご相談は こちらから【無料】