イギリス留学トップ大学一覧ボーンマス大学ボーンマス大学の体験談 > ボーンマス大学でツーリズムを学ぶ 第10回 イギリスでの住まいについて[後半]
飯塚 麻衣子さん

飯塚 麻衣子さん

留学先:ボーンマス大学 Bournemouth University
留学分類:大学院留学
専攻名:ツーリズム・マネジメント Tourism Management MSc
留学期間:2012年10月〜2014年11月
beoカレッジ受講コース:大学院留学準備コース beo Graduate Certificate (GC)
beoの留学サポートを利用して留学

ボーンマス大学でツーリズムを学ぶ 第13回 ボーンマス大学を無事卒業!!

ボーンマス大学でツーリズムを学ぶ 第10回 イギリスでの住まいについて[後半]

Categories: beoで準備英語コース受講 / イベントマネジメント / ホスピタリティ・ツアリズム / ボーンマス大学 / 大学院留学
旅行会社を退職し、イギリスの有名な観光地 ボーンマスでツーリズム(観光学)を学ぶ飯塚さんの留学生活をレポートします。飯塚さんの専攻コースは、ワークプレイスメント付の2年間コース。イギリスでのワークプレイスメントの様子もレポートします!

>第9回 イギリスでの住まいについて[前半] はこちら


友達が所有をするフラットシェア

ボーンマスでは、友人の管理するフラットの1室を借りました


ロンドンからボーンマスへ戻ることになった時、ロンドンでのハウスメイトに恵まれすぎたこと、逆に不動産屋とのトラブルがあったことで、滞在先探しに大分懐疑的でした。しかし、ボーンマス大学の職員である友達がフラットを持っていて、そのフラットの1室を借りることになりました。

友達なので全くの他人でないこと、彼女が大家さんであり、フラット内でテクニカルなトラブルが出たとしてもすぐに対応をしてくれること、そして信頼感があります。4月~8月までの約5ヶ月で卒論を書きあげないといけないため、安心して過ごせるスペースは非常に大切です。


セキュリティ面は、フラットのほうが安心だと思います


また、ハウスよりも、フラットのほうがセキュリティの面でも安心かと思います。ハウスですと、家の明かりが全部消えている場合、誰も家の中にいないことが外から見て明らかです。

フラットは各フロアーに窓が何個もあり、外から見るだけでは、どのフラットに誰がいるか分かりにくい上、出入り口でも誰がどこに住んでいるのか、外から見ているだけでは分かりません。またフラット全体の、ゴミ収集場がありますので、ハウスのように毎週金曜の朝ゴミを出さないといけないわけではなく、捨てたいときにゴミ収集場に捨てれば良いです。

Maiko-IIZUKA-03.jpg

(写真:ボーンマスのフラットから見た景色)


ホームステイ

私が初めてイギリスへ来たのは、高校生の時でした。イングランド中央部に位置するシェフィールドという町に、3週間ホームステイすることになったからです。


ホストファミリーとは、ずっと仲良しです


そこで出会ったホストファミリー、同じ家に滞在していたヨーロッパやアフリカからの留学生と過ごすことで、英語のみでなく、もっと国際的な勉強(国際地域研究、国際政治学)をしたいと思いました。その分野で日本の大学へ進学し、大学3年時に交換留学生として、シェフィールド大学で1年学びました。高校時代、また大学交換留学時にもお世話になったホストファミリーは、今でもほぼ2ヶ月~3ヶ月に1回会いに行くぐらい、仲良くしてもらっています。

Maiko-IIZUKA-01.jpg

(写真:シェフィールドのホストファミリーと友達)


ホームステイのアドバンテージ:


ファミリーやその友達との会話を聞くことで、英語力がかなり上がります


イギリスの家庭にいると、家族内での会話、遊びに来たお友達と家族の会話を聞くことができるので、大分英語力が上がると思います。大学の寮や民間のハウスシェアでは、必ずしもシェアをする相手が、家族や友達のような付き合いを求めているとは限りません。一緒にシェアしている人=同居人としか思っていないことも多いため、生活のリズムにもよるかと思いますが、話をするどころか見かけないこともあります。そういった場合、せっかくのイギリス生活なのに、日本で1人暮らしをしている時と変わらないので、中には物足りない人もいると思います。


一緒に食事をしたり、テレビを見たり、週末は出かけることもあります


ホームステイの場合、たいてい朝・夕食付きで家族と一緒に食事をするため、会話が多いです。また、食後にテレビを見たり、週末一緒に出かけたりして、コミュニケーションがとりやすいと思います。


英語力以外に、文化を学べるのもホームステイの魅力です


長期の留学生を受け入れる家庭は、他の留学生が滞在していることも多いため、イギリス以外の国の文化を学ぶことが出来ます。また、クリスマスやイースターなど、イギリス一般家庭のイベントを体験することが出来ます。

部屋は1人部屋(ベッド、机、イス、タンス)が基本で、バスルームは家族とシェアをするようになると思います。ホームステイは大体、大学のアコモデーション・オフィスがホストファミリーを紹介をしてくれます。滞在費を大学に支払う間接的、もしくはホストファミリーに直接支払う方法があります。

Maiko-IIZUKA-02.jpg

(写真:ボーンマスのフラットで誕生日会)


ホームステイ問題点:

イギリスには、ホームステイ=お客様・ゲストという考え方がありません。ホストファミリーによっては、ビジネス的な付き合いしかしない家庭もあるかと思います。(食事と部屋だけの提供で、あまり家族としての付き合いはしたくないなど)これはホストファミリーによって大分異なるので、たまたま親切なホストファミリーに出会う・出会わないは、運によることを否定できません。しかしながら、ホームステイは一定期間なので、オフィスに話をして空きがあれば変更もすることが可能です。


家族と一緒に住むので、多少の制限はあります


また、あくまで家庭の中にいる居候感は常にありますので、日本と同じで家庭内の話をどこまで聞いて、どこまで尋ねていいものなのか、若干困惑することもあります。プライベート空間は1人部屋がありますが、それ以外は毎日家族と一緒ですので、家族と合わない場合は少し大変かもしれません。

当たり前ですが、家族が一緒に住んでいますので、友達を家に招待してのパーティーなどは出来ませんので、そういった意味では少し自由が限られてしまいます。短期(6ヶ月以内)であればホームステイも良い経験かと思いますが、長期(1年以上)であれば、自分の生活のリズムが出来上がっていく中で、少し家族に合わせる(食事の時間など)のが苦痛になることもあるかと思います。



>飯塚さんが通った大学院留学準備コース beo Graduate Certificate (GC)についてもっと詳しく
★留学に関するご相談はこちらから【無料】