イギリス留学トップ大学一覧ブリストル大学ブリストル大学の体験談 > ブリストル大学院 開発学留学 ~開発学の専門知識を身に付けるために~ 最終回 1年間の修士課程留学を終えて
佐々木 千春さん

佐々木 千春さん

留学先:ブリストル大学 University of Bristol
留学分類:大学院留学
専攻名:MSc International Development
留学期間:2018年9月~2019年9月
beoの留学サポートを利用して留学

ブリストル大学院 開発学留学 ~開発学の専門知識を身に付けるために~ 最終回 1年間の修士課程留学を終えて

ブリストル大学院 開発学留学 ~開発学の専門知識を身に付けるために~ 最終回 1年間の修士課程留学を終えて

Categories: ブリストル大学 / 大学院留学 / 開発学
昨年、2018年の9月より、イギリス、ブリストル大学 University of Bristol へご留学した佐々木さんから、最後の留学体験談レポートが届きました!修士論文の提出が終わり、1年間のご留学を終えた佐々木さんが、今回の留学を振り返って感じることを書いていただきました。ぜひ最後までご覧ください。


- 7月のセントポールカーニバル
- 母がイギリスに!
- 学生寮退去
- 修士論文提出完了!
- これからアルバイトと就職活動

9月5日修士論文を提出し、ついにブリストル大学院生としての全過程を修了しました!

ひとつひとつの出来事を思い出すととても長い1年でしたが、この1年の全体像を思うと本当に一瞬で過ぎ去った1年でした。

7月のセントポールカーニバル

今から数か月前のことになりますが、7月にブリストルの St.Paul というエリアで『セントポールカーニバル』というお祭り騒ぎがありました。

img-bristol-sasaki30.jpg
ブリストルでは1年を通して様々なイベントがありますが、セントポールカーニバルは特に町をあげて主に若者たちが大騒ぎする2日間です。

写真は、カーニバル期間中に St.Paul の中心地で、道端の鉄のボックスの上で大騒ぎする若者たちです(ちなみに私もこの後参戦しました)。

イメージとしては、ハロウィンの渋谷の道中あちこちに音楽を加えた感じでしょうか。




img-bristol-sasaki31.jpg
一方、こちらは私の住んでいた学生寮ハーバーコートの部屋の窓からの景色です。

8月あたりからよくそこら中で気球が飛んでいて、しょっちゅうぼーっと窓の外を数十分間眺めたりしていました。

写真からもわかるように、ブリストルの中心地は、エリアによって街並みがまったく違うので住んでいて飽きることがありません。



母がイギリスに!

8月の半ばに母と母の友人がイギリスにやってきました!!!

約1年ぶりに母に会い、母の滞在中、私は四六時中はしゃぎまわっていました。

写真は母と母の友人を私のフラットに連れてきた時のものです。

あああ、早く家族に会いたい!


学生寮退去

ハーバーコートとの契約は、2018年8月15日から2019年8月30日だったので、ついに1年間住み慣れた家から追い出されてしまいました...。

img-bristol-sasaki33.jpg
港からも大学からも近く清潔でセキュリティもしっかりしていて、何よりもこれから生涯付き合っていくであろう仲間たちに出会った思い出いっぱいの場所なので、引っ越し前の1週間ほどはとても郷愁的な気持ちで過ごしていました。

写真は近所のブルーネルハウス(別のブリストル学生寮)の中庭にて、引っ越し前の最後の金曜日にパーティーをしていた時に撮ったものです。




修士論文提出完了!

修士論文の内容としては、ケニアのFGM(女性正規切除)の悪習とその慣習廃止における構造的障害について研究をし、論文を書きました。
大学1年生の時にFGMについて知り、そこから現在の私の国際開発やジェンダー平等に対する関心につながっていったので、ここまでの人生の学問的集大成としてブリストル大学でFGMについて修士論文を書くことができ、良い形でブリストル大学院生活を終えたなと我ながら思います。

現在住んでいる家は、大学から少し遠く、さらに集中して論文に取り組める環境が整っていないので、修士論文提出前夜の9月4日は大学の近くの YHA というホステルに泊まりました。
YHA のホステルは建物の内側からカフェと繋がっていて、24時間利用できるラウンジのようになっているので、そこで朝まで論文の最後の仕上げに取り組みました。

img-bristol-sasaki34.jpg
写真はラウンジの一角の様子です。
落ち着いていて清潔感もあり価格も安いので、大学近辺のホステルとしておすすめです!










img-bristol-sasaki35.jpg
修士論文最後の追い込み期間も、なるべく人との交流は欠かしませんでした。
写真は9月1日にアルバイト先のホテルの仲間たちとBBQをした時のものです。







これから

beo留学体験談レポート最終回で、就職活動が成功したお話ができればと思っていたのですが、人生なかなか全てが予定通りにいくわけではなく、現在もアルバイトをしながらイギリスにて就職活動を行っています。

しかし、すべてが予定通りに進んでいたら経験できなかったこと・知り得なかったことや出会えなかった人々のことを考えると、予定通りにいかないことも捨てたもんじゃないなと思います。
また、こうして時間をかけて様々なことに挑戦できるのも、本当に両親と家族の支えがあってこそだなあと最近改めて考えています。結論として、家族が大好きで早く皆に会いたいです。

話は少しそれましたが、これまで私の体験談をbeoホームページに掲載してくださり、また読んでくださり、ありがとうございました。

ブリストル大学/大学院そしてイギリスに留学を考えている方々に向けて少しでも参考になればと思います。

それでは、また会う日まで!



beoは、皆様の目標達成、夢の実現に向けた留学のお手伝いをしております。留学にご興味をお持ちの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

★ブリストル大学 日本語サイト