イギリス留学トップ大学一覧ブリストル大学ブリストル大学の体験談 > ブリストル大学院 開発学留学 ~開発学の専門知識を身に付けるために~ 第3回 ブリストルでの留学生活
佐々木 千春さん

佐々木 千春さん

留学先:ブリストル大学 University of Bristol
留学分類:大学院留学
専攻名:MSc International Development
留学期間:2018年9月~2019年9月
beoの留学サポートを利用して留学

ブリストル大学院 開発学留学 ~開発学の専門知識を身に付けるために~ 第8回 授業終了後の生活レポート

ブリストル大学院 開発学留学 ~開発学の専門知識を身に付けるために~ 第3回 ブリストルでの留学生活

Categories: ブリストル大学 / 大学院留学 / 開発学
今年の9月より、イギリス、ブリストル大学 University of Bristol へご留学した佐々木さん。渡英後、ブリストルで過ごした始めの3か月間の様子をレポートしていただきました。積極的に講演会などのイベントや、現地のボランティア活動にもご参加されているとのこと!ブリストル大学の授業で出る課題や時間割も書いていただきました。ぜひご覧ください。



img-bristol-sasaki02.jpg
ブリストルに来てから約3ヶ月が経過し、ついに来週はTeaching Block 1(秋学期)最後の授業です。

その後にはクリスマス休暇が待っているものの、1月には4000ワードのエッセイを3つ提出しなければならないのでまったく気持ちが休まりません...。

(写真は、ブリストルの運河沿いに散歩をした時の景色です)



この3ヶ月のブリストルでの私の生活を要約すると、こんな感じです。

<今学期の授業>
  • International Political Economy - 2時間 / 週
  • Theories of Development - 2時間 / 週
  • Conflict, Security and Development - 2時間 / 週
<それぞれの授業について>
  • 約100ページほどのリーディング課題 - 毎週
  • ディスカッションの準備 - 毎週
  • プレゼンテーションの準備 - 学期に1度
  • 4000ワードのエッセイ - 学期末
プレゼンテーションでは、「世界銀行と国際通貨基金の機関内意思決定の問題点・途上国発展への貢献度」・「ジェンダー論から考える開発における説明責任・包括・非差別とは」・「紛争における貪欲と不満」について発表しました。

学外では...

◆友達とディナー!
いくら課題で忙しいとはいえ、友達とディナーに行く時間くらいは作れます。家で自炊をすることが多いですが、週に1度ほど友達とラテン料理やらチキンウィングスやらを食べに行きます。2、3週間に一度は週末みんなで遊びにでかけたりもします。

◆ Oxfam でボランティア!

img-bristol-sasaki03.jpg
11月から Oxfam という NGO でファンドレイジングのボランティアを始めました。

2ヶ月に1度程度のミーティングと、ファンドレイジング活動を月に2度ほど行います。

世界の貧困撲滅のために、大学院に通いながら少しでも貢献したい...!

(写真は、Oxfam メンバーとして、スーパーの入り口で募金活動する私です)



◆水泳!
週に1~3回ほど泳いでいます。大学にプールがあり、授業が無い日の朝に行ったりしています。毎日ずっと座ってリーディングなどをしていると不健康なので、週に数時間の運動はマストだと思います。

◆イベント!

img-bristol-sasaki04.jpg
(Celebrating women at the University of Bristol - イギリスでのフェミニズムを考えるイベントにて)










「イギリスで女性が選挙権を得てから100周年を記念するシンポジウム」
「様々な分野で活躍する黒人のイギリス人女性のトークイベント」
「政策に関わる仕事についてのレクチャー」
「第3セクターで働くとは」
「アフリカンヒューマニズム」
...などなどブリストル大学が主催する授業外レクチャーなどのイベントがたくさんあります。また Oxfam の活動報告会やチャリティーイベントなど、日本での生活よりも学びを広げる様々な機会がとても多くあるように感じます。

もちろん、こうした明るい場面ばかりではなく、家族がとても恋しくなったり、来年のことを考えて不安になったり、うまく勉強が進まず悔しかったり、様々な思いにもまれながら日々過ごしておりますが、なんとかこうしてイギリスのブリストルで元気に暮らしています!



ブリストル大学でいよいよ留学生活が始まった佐々木さんですが、授業もこなしながら水泳や、イベント、ボランティアへの参加など、ご自身の生活スタイルをしっかりと築いていっていらっしゃるようです。佐々木さんのように、現地で自身ができることを積極的に探して参加する、やってみる、というのは、「留学する」ということに加え、唯一無二の大きな財産をつくることに繋がります。

これからもお忙しい日々が続いていくであろう佐々木さん。イギリスはかなり寒くなってきていると思うので、体調に気を付けてがんばってください!

beoは、皆様の目標達成、夢の実現に向けた留学のお手伝いをしております。留学にご興味をお持ちの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

★ブリストル大学について詳しく