イギリス留学トップ > お知らせ一覧 > お知らせ詳細
お知らせ

お知らせ

2017.04.27

[Today's Visitor] 留学フェア開催に合わせて訪問した大学スタッフを一挙ご紹介!(2)

2017年3月23日大阪、25日東京で開催されたbeo 大学・大学院留学フェア。
その開催に合わせ、今年もたくさんの大学スタッフが beo オフィスを訪問しました。
beo 留学カウンセラーと共有した、リアルな大学の最新情報を2回に渡り、
一挙にご紹介いたします!



ケント大学 University of Kent
国際開発部ディレクターの Mr Joanne Gardenton-Smith、ケント大学ランゲージセンター所長である Dr Vikki Janke、同大学で応用言語学の講師を務める Dr Gloria Chamorro が訪問しました。

【最新情報】
■今回は、日本人に非常に人気のある英語教授法(TESOL)と、応用言語学(Linguistics)について最新情報を共有しました。
  • 出願条件は、「1年間以上の英語教授経験」とありますが、場合によってはフルタイムの経験でなくても良く、また、教授するのは英語だけとは限らず考慮するとのこと。
  • 卒業生の進路は、先生・ジャーナリスト・研究生・言語療法士など。
  • コースは主にアメリカ、ヨーロッパ人が過半数だそうです。

スタッフォードシャー大学 Staffordshire University
留学生課の所長である Dr Lisa Blenkinsop、国際課の Mr Nigel Lee が今回初めて beo を訪問しました。

【最新情報】
■学校情報
  • 総学生数は約20,000人。そのうち留学生は約600人強で半数がヨーロッパからの学生です。
  • 大学内に電車の駅があり、ロンドンへはキャンパスから1時間半程度。マンチェスター、バーミンガムへは約1時間。
  • 就職率が良く、大手企業(BMW、TOYOTA、BBCなど)とリンクがあります。
  • 学費がリーズナブル。
■Two Year (Fast Track) UG Course
夏休みなどの長期休暇も出席して、2年間で学士課程を修了させるコースです。
学費や授業内容は3年間のコースと同じ。夏休み期間中の授業以外は通常コースの生徒と一緒に受講します。

ロンドン芸術大学 University of the Arts London
昨年よりパートナー校として提携を結んだロンドン芸術大学。留学生課のディレクターである Ms Wendy Anderson が訪問し、UAL内6つのカレッジのうちカンバーウェル・カレッジ・オブ・アーツ、チェルシー・カレッジ・オブ・アーツ、ウィンブルドン・カレッジ・オブ・アーツに関しての情報を共有しました。

アングリア・ラスキン大学 Anglia Ruskin University
国際課のスタッフである Ms Modesta Rahmanが訪問しました。修士課程の各学部(特にMusic Therapy MA, Drama Therapy MA, Nursing BSc)や、準備コース(Pre-Sessional)について情報を共有しました。

クイーン・メアリー(ロンドン大学) Queen Mary University of London
国際地域担当マネージャーである Mr Jake Duffin が訪問しました。

【最新情報】
■ JYA(学部短期留学)に関して
  • クイーン・メアリーの学部短期留学は、一般的に学生と呼ばれる年齢を超えた方(mature students)でも入学が可能です。
  • 申込時に申請したモジュールは、現地に到着した後でも変更できる場合があります。※その場合は学校側のカウンセラーへ相談もできますが、自身でもリサーチを充分に行う必要があります。

ノーサンブリア大学 Northumbria University
同大学のスタッフである Ms Carrie Yang が訪問しました。

【最新情報】
■修士(Post Graduate)コースについて
  • アート&デザイン(Art & Design)、マーケティング(Marketing)、金融(Finance)のコースについては2年間のコースがあり、1年目は座学、2年目はインターンシップ(3ヶ月、6ヶ月、8ヶ月と期間を選択できる)の実施経験を積むことができます。
  • 必要なIELTSスコアは6.5(各5.5)
■準備コース(Pre-Sessional)について
  • 6週間のコース・・・必要なIELTSスコアは6.0/7月はじまり
  • 12週間のコース・・・必要なIELTSスコアは5.5/6月はじまり
■奨学金について
毎年1000~5000ポンドの奨学金があります。

サセックス大学 University of Sussex
国際課のスタッフである Ms Cathy Drew が訪問しました。

【最新情報】
■MBAコースについて
2016年より開講したサセックス大学のMBAフルタイムコースについて、その後の最新の状況をお聞きしました。
  • 小グループ(10~15人程度)
  • 地元企業とのリンク、繋がりが強い
  • 他の大学のMBAコースに比べると授業料が安い
  • ロンドン、また他のヨーロッパの国々に場所が近い

ウォーリック大学 The University of Warwick
visitor-warwick-Ms- Tania- Zahorskaya.jpg
同学学生課の Ms Tania Zahorskaya が訪問しました。

【最新情報】
■2017年度から開設の新コースについて
ウォーリック大学の修士課程では、2017年度より新しく国際教育と国際開発学コース(MA in Global Education and International Development)を開設します。
  • 教育関連の実務経験所有者
  • 必要なIELTSスコアは6.5

バークベック(ロンドン大学) Birkbeck, University of London
visitor-birkbeck-Mr -Mark -Johnson.JPG
同学のアジア地域マーケティングスタッフである Mr Mark Johnson が訪問しました。

【最新情報】
■修士課程への進学準備コース(Foudation for Master)は、日中でも開講。昼間に仕事をする機会を探すことができ、大学側もその作業をサポートしてくれます。
※上記以外は学士課程(Undergraduate)含め、すべてのコースが夜間授業です。

サウサンプトン大学 University of Southampton
同学の地域開発マネージャーである Ms Marika Stone、インターナショナルセンターのプログラムディレクターである Ms Rosalind Davies、国際問題・社会・人間・数理学部のディレクターである Mr Mark Granshaw が訪問しました。

【最新情報】
■修士課程:グローバルヘルス学部(MSc Global Health)
  • 社会科学(Social Science)系のバックグラウンドがなくても入学できます。
  • コースリーダーは中国で人口や開発について研究していた経歴があり、施策の制定にも携わっていた経歴があります。
■修士課程:犯罪学(MSc Chriminology)
  • 社会科学(Social Science)系のバックグラウンドがなくても入学できます。
  • 職歴を考慮し、審査が行われます。

サルフォード大学 University of Salford
visitor-salford-Ms -Eileen-Roddy.jpg
同学のスタッフである Ms Eileen Roddyが訪問しました。

今回は大学全般、また、学士・修士課程のコースや進学準備コースに関してbeo カウンセラーと最新情報を共有しました。







beo では、フェアの期間中だけでなく、年間を通して、情報共有のために来日した大学や語学学校などの様々な教育機関のスタッフたちとミーティングを行い、最新情報を入手しています。
Today's Visitor として、その様子をこれからも随時掲載していくので、気になる大学のリアルな情報をぜひ見つけてみてください。

戻る
東京 03-5367-3315
大阪 06-6371-1116
プロに直接相談!無料カウンセリングまずは情報収集 資料請求
  • beoを選ぶ理由
  • サポートの流れ
  • よくあるご質問
  • イベント/セミナー情報
大学・大学院留学フェア
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ