イギリス留学トップ > イギリス留学ガイド > イギリスの都市情報 > エディンバラ 都市情報
留学プログラム紹介

エディンバラ 都市情報

世界遺産の街 スコットランドの首都、エディンバラ

世界遺産で溢れる歴史深い都市エディンバラは、スコットランドの首都。イギリス国内ではロンドンの次に観光客が多い街とされています。このエディンバラを代表する大学は、その名もエディンバラ大学
1583年に創設され、イギリスで6番目に歴史の長い大学です。ユネスコ世界遺産に登録されている、旧市街に並ぶ歴史的建造物の多くはこのエディンバラ大学の所有物でもあります。
在籍する学生は、総勢約6万人。過去に多数の著名人が輩出されており、あの有名な小説家アーサー・コナン・ドイルも卒業生の一人です。学科組織は主に科学や医学に注目が集まっています。

エディンバラ大学はスポーツも盛んで、サッカー部やラグビー部はもちろん、日本ではなかなか馴染みのないパラグライダー部というクラブもあります。その他約60のクラブが存在するため、この機会にいろいろなスポーツを体験してみるのも良いのではないでしょうか。

歴史

元は4000年前に新石器時代の狩猟民が定住していたとされる地域。ローマ時代を見てきたこの地形をケルト人が砦にしたことがエディンバラの起源と言われています。11世紀、スコットランドの王マルコム3世はその場に城を建設。15世紀に見事首都化するものの、18世紀前半には人口が増えすぎてしまい、不衛生な都市と言われるように。それから18世紀後半にかけて都市を再建。1726年には、街の名にちなんだ公爵エディンバラ公の像が創設されています。

面積と人口

首都といってもロンドン程大きい都市ではなく、エディンバラの面積は101.9平方キロメートルで、総人口は約48万人。スコットランドで2番目に大きい都市です。

気候

エディンバラは北緯55度というモスクワと同じ緯度にあたることから、年間を通じて肌寒く感じる気候と言えるでしょう。日の出や日没の時間も日本とは異なるので、慣れるまでは少し驚くかもしれません。例えば夏場は日の出が4時半で日没が22時というように、1日中明るいと感じます。ところが冬になると、日の出が8時半、日没が15時半というように、1日中暗いと感じます。どちらの時間にも慣れるまでが少し大変かもしれません。

交通

市内には路線バスや自転車タクシーなど、ちょっとした移動にも便利な交通網が充実しています。もちろん空港もありますし列車も運行しています。列車一本でロンドンまで行くこともできます。

物価

エディンバラの物価は、ロンドンより比較的安いです。学生の1か月の平均的な生活費は家賃含め約400〜500ポンドと、日本円で計算するとおよそ7〜8万円なので、日本で一人暮らしするのとさほど変わらないでしょう。

店舗・商業施設

プリンセス・ストリートにはジェナーズという創業178年の老舗デパートがあり、雑貨店や飲食店が入っています。歴史的建造物であるデパートそのものを見るために訪れる方も多いのだとか。
他には、マーク&スペンサーという、日本で例えるとイオンのような大手チェーンの大型デパートがあり、ここでは何でも揃うと地元の人や観光客から人気を集めています。

代表的な観光地

■エディンバラ城

キャッスルロックの上に建つ古代からの要塞。たくましい戦いの歴史を感じられるスポットです。実際に戦いの場として使われていたため、冒険気分を味わえそうです。13:00になると大砲が打ち上がるため、訪れるならぜひ打ち上げ時刻に合わせてみてください。エディンバラの人気観光スポットとして1位2位を争う場所のため、入場チケットを購入する際はインターネットから事前予約することをおすすめします。

■ホリールードハウス宮殿

15世紀からスコットランド国王夫妻の住居として使われてきた宮殿。夏の間にはエリザベス女王が避暑を目的として滞在します。スコットランド国王夫妻の滞在期間中は入館できませんが、期間外であれば学生は11ポンド=約1,150円で中を見学することができます。宮殿の中は撮影禁止のため、バロック様式の豪華な佇まいを脳裏に焼き付けましょう。ロイヤルファミリーがどんな生活を送っているのか、その様子を垣間見ることができるかもしれません。

■スコットランド国立博物館

半日かかっても全部は見られない、というほど展示が充実した国立博物館。 恐竜の化石やクローン羊ドリーの剥製といった展示でスコットランドの歴史が学べるほか、館内にはカフェやレストランもあります。運が良ければアコーディオンやホルンのユニットコンサートも鑑賞できるかもしれません。入館無料なので何度でも訪れられることが魅力の一つ。

■エディンバラ旧市街

まるで中世にタイムスリップしたかのような気分を味わえるエディンバラ旧市街。一歩足を踏み入れると、そこにはいかにもヨーロッパと言わんばかりの長い歴史を物語る石畳の路地や石造りの建築物が並び、映画に登場しそうな風景が広がっています。キルトを身に纏ったマーチングバンドがバグパイプで奏でるスコットランド民謡をBGMに、世界遺産の街をお散歩してみましょう。

エディンバラなどイギリスへのご留学について、お気軽にご相談ください。 大学・大学院留学は無料サポートをご利用いただけます。

東京 03-5367-3315
大阪 06-6371-1116
プロに直接相談!無料カウンセリングまずは情報収集 資料請求
  • beoを選ぶ理由
  • サポートの流れ
  • よくあるご質問
  • イベント/セミナー情報
イギリス大学院留学&MBA留学説明会
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ