イギリス留学トップ > イギリス留学ガイド > イギリスの都市情報 > カンタベリー 都市情報
留学プログラム紹介

カンタベリー 都市情報

イングランド国教会総本山の宗教都市、カンタベリー

カンタベリーはイングランド南東部ケント州の都市で、イギリス国教会の総本山であるカンタベリー大聖堂がある宗教都市としても世界的に有名な場所です。

そんなカンタベリーで人気の留学先がカンタベリー・クライスト・チャーチ大学(Canterbury Christ Church University)です。
1962年に設立されたこの大学には14,000名以上が在籍し、100か国以上から約1,300名が留学しています。教育学分野に強みのある大学で、TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)コースの人気が高いほか、医療・ソーシャルケア、ツーリズム、環境マネジメント、音楽・アートなどの個性的な分野も世界的に評価される実績を持っています。

留学生向けにスタッフのサポート体制が整えられているほか、メールやソーシャルメディアを活用した情報発信も積極的に行い留学の手助けをしています。また、学生寮は大学1年生と大学院生は申し込み期限さえ守れば確実に部屋が保証されるので安心です。

この地域の語学学校で人気があるのがスタッフォードハウスオブイングリッシュ(Stafford House of English)です。60年の歴史を持つこの語学学校は比較的小規模で、1クラス10名程度で勉強ができるため非常に人気があります。コースも一般コースのほか、IELTS対策、ケンブリッジ英検対策、マンツーマンのコースなどに細分化されており、目的やレベルに合わせて受講しやすいことも良いポイントの1つです。

歴史

かつてはケルト人の首都がありましたが、その後ローマ帝国の支配下となりました。 5世紀ごろアングロ・サクソン人がこの地を制圧し、6世紀の終わりごろには諸王国が生まれました。 そんな歴史的背景のなか、597年には教皇グレゴリウス1世の命を受け、修道士アウグスティヌスを中心にカンタベリーが布教活動の拠点となり、アウグスティヌスがカンタベリー大司教になりました。 以降この地がイングランドにおけるキリスト教の中心地として、歴史を積み重ねています。


面積と人口

カンタベリー市域全体では、面積は308.84 平方キロメートル、人口は2014年時点で157,649人。 中心部に限ると人口は約4万人です。

気候

カンタベリーの属するケント州では7月・8月でも平均最高気温は21度にとどまるため、夏でも薄手の羽織ものが必須です。
冬は日本と同じくらい冷え込むため、厚手のコートやマフラーなどしっかりとした冬支度が必要です。

また、総降雨量自体は少ないものの、天気が変化しやすいため、折りたたみ傘などの準備があると安心です。

交通

日本からのカンタベリーへのアクセスは、ヒースロー空港を経由するのが一般的です。空港からは電車を利用しKing’s Cross(キングス クロス)駅へ。 King’s Cross駅から徒歩3分のSt Pancras(セント パンクラス)駅へ移動し国鉄に乗り換え、Canterbury West(カンタベリー ウェスト)駅まで乗車します。時間は2時間ほどです。

多くの留学先がシティセンターに位置するため、市内の交通手段はバスがメインです。

物価

食品などを含む買い物代、家賃、レストランの価格など、ロンドンと比較すると生活に関わるあらゆる費用が安いと言われています。

店舗・商業施設

シティセンターを中心に数多くのお店があるため生活に困ることはありません。若者向けのファッションブランドやファストフード店などを含む大型のショッピングセンターはもちろんのこと、市内各所に小売店やさまざまなレストランがあり休日も十分に楽しむことができます。

代表的な観光地

■カンタベリー大聖堂(Canterbury Cathedral)

カンタベリーにある観光名所の代名詞とも言えるこのカンタベリー大聖堂は英国国教会の総本山で1988年に世界遺産に登録されました。

この大聖堂は、ノルマン朝のウィリアム1世がアングロ・サクソン式の聖堂を嫌ったことからロマネスク様式で建設され、1130年に完成しました。ステンドグラスやゴシック様式の地下聖堂、本堂中央のベルハリータワーなど数多くの見所があり、歴史ある教会だからこそ楽しめる時代ごとの変遷を肌で感じられます。

■聖オーガスティン修道院(St. Augustine’s Abbey)

カンタベリー大聖堂と同じく、1988年に世界遺産登録されたベネディクト会修道院。 現在は廃墟となっているものの、人気ある観光地の1つです。 6世紀にローマ教皇のグレゴリウス1世からキリスト教布教を目的に派遣されたアウグスティヌスによって建立されました。展示コーナーではこの敷地で発掘された品々の展示や、サクソン人やノルマン人、修道院の歴史を知ることができます。

■聖マーティン教会(St. Martin's Church)

現在使用されているイギリス最古の教会として有名です。 1988年にカンタベリー大聖堂、聖オーガスティン修道院とともに世界遺産登録されました。 アングロ・サクソン人が入植した4世紀半ばごろに建立されたと考えられており、古代ローマ時代のレンガが使われているなど、特徴ある石造りの教会建築を堪能することができます。

 

カンタベリーなどイギリスへのご留学について、お気軽にご相談ください。 大学・大学院留学は無料サポートをご利用いただけます。

東京 03-5367-3315
大阪 06-6371-1116
プロに直接相談!無料カウンセリングまずは情報収集 資料請求
  • beoを選ぶ理由
  • サポートの流れ
  • よくあるご質問
  • イベント/セミナー情報
夏休み留学特集 2019
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ