イギリス留学トップ > イギリス留学ガイド > イギリスの都市情報 > ケンブリッジ 都市情報
留学プログラム紹介

ケンブリッジ 都市情報

農業が盛んで川も流れるのどかな学園都市、ケンブリッジ

日本人には「大学」の印象だけが強いケンブリッジは、ロンドンから北へ電車で約1時間走ったところにあるケンブリッジシャー州の州都です。そのため、州庁舎も擁しています。州都と聞くと巨大な町を想像してしまいますが、こぢんまりとしており、中心部から車でわずか10分も走ると牧場や果樹園が広がっているような田舎町です。実際、小麦などの穀物を栽培する農家が多いのも特徴です。中世から人々の暮らしを支えてきたケム川が市街中心部を流れ、町の景観をいっそうのどかに演出しています。
町の中心には、世界的に有名なケンブリッジ大学があり、大学のカレッジの数は31あります。カレッジというのは単科大学ではなく、学生たちが寝食する拠点である学寮を意味します。ケンブリッジ大学の学生は、専攻とは別に、必ずどこかのカレッジに入らなくてはなりません。音楽ホールを持つカレッジがあったり、伝統ルールが細かく定められているカレッジがあったりと、それぞれ個性的なのがおもしろいところです。このカレッジ群を総称して、ケンブリッジ大学と呼んでいます。
ケンブリッジの中心部にはメインストリートが数本あり、名所やグルメスポットなどが集中しています。1日、2日も滞在すれば、町の雰囲気が大方わかるでしょう。

歴史

ケンブリッジの歴史は、大学よりまえに始まっています。ローマ人やノルマン人など、さまざまな人が住み着き、町は少しずつ発展していきました。大学の歴史が始まるのは13世紀のことです。1209年にオックスフォードから流れてきた学生たちが住み着いたのがきっかけとされています。1284年にイーリー司教が創立したピーターハウスが最初のカレッジで、以降、学生や学者が集まり、次々とカレッジが産声をあげました。 16~19世紀にかけては衰退の危機もありましたが、19世紀後半に入ると再び活気を帯び、新しいカレッジが設立されるようになります。その後、鉄道が町に敷かれ、さらなる発展を遂げました。

面積と人口

115.6 平方キロメートルという面積は、マンチェスターの面積とほぼ同じです。東京の大田区と世田谷区を足した規模となります。2014年現在、人口は約12万8,000人で、そのおよそ15%にあたる約19,000人がケンブリッジ大学の学生とされています(大学院生含む)。

気候

真冬を除いては、年間を通じて温暖なケンブリッジですが、1日の気温差が大きいのが特徴です。日中暑いからと薄手の服で外出すると、夜に驚くほど寒くなることがあります。また、イングランドの常として雨が多く、急な雨も頻繁にありますので、折り畳み傘は必携といえるでしょう。夏は涼しく過ごしやすいため、アクティビティも盛んになります。

交通

市内はバスか自転車での移動が基本です。バスは1ヵ月乗り放題のチケットを購入すれば、安くなるだけではなく乗り降りの際に楽になります。車社会ではありますが、学生は車の使用を制限されており、町では自転車に乗った学生の集団を見ることができます。

物価

ケンブリッジは総じて物価が高いといわれ、大都市ロンドンから1時間離れた場所にありながら、物価はロンドン並みと揶揄されることがあります。ただし、市内のショップでは学生向けの割引が一般的に行われており、学生には優しい町といえます。

店舗・商業施設

英国パブの「イーグル」はケンブリッジで一番古いパブで、ここのフィッシュ&チップスは病みつきになるといいます。本場のエールビールも絶品です。学生に人気なのが「マーケットヒル」という、テントが所狭しと並ぶ広場で、新鮮な野菜や果物といった食材から、洋服やCDなど何でもそろいます。個性的な手作りクラフトの雑貨店もたくさんあり、ぶらぶらするだけでも楽しめます。

代表的な観光地

■グレートセントメアリー教会

ケンブリッジ大学全体のオフィシャル教会が、グレートセントメアリー教会です。狭くて薄暗い螺旋階段を上って塔の上に出ると、ケンブリッジの町が一望できます。中世の面影が強く残る街並みに見とれてしまうでしょう。なお、この教会の鐘の音は、ロンドンにあるビッグベンの音のオリジナルとされています。

■キングス・カレッジ

1441年創立のキングス・カレッジは、まさにケンブリッジ大学の象徴で、良家の頭脳明晰な学生が集うカレッジです。特に、荘厳なチャペルは有名で、ケンブリッジ大学のイメージ写真としても使用されています。毎年クリスマスイブになるとキングス・カレッジ合唱団がコンサートを開催し、町は幻想的な雰囲気に包まれます。

■ケム川

そもそもケンブリッジは「ケム川に架かる橋」という意味です。「パント」と呼ばれるボートで下るパンティングが盛んなケム川は、観光地としても賑わっています。船を漕ぎながらガイドをしてくれるスタッフ付きのパントはもちろん、自分でパントを借りて漕ぐことができる「セルフハイヤー」も楽しめます。

■ザ・オーチャード・ティー・ガーデン

ケンブリッジ中心部から車で10分のところにある小さな村、グランチェスターにあるティーガーデンです。ケンブリッジ大学の学生の出入りが多く、過去にはチャールズ皇太子が訪れたこともあります。林檎の木が並ぶガーデンで本場英国のお茶を楽しめますので、よく晴れた午後を狙いましょう。

ケンブリッジなどイギリスへのご留学について、お気軽にご相談ください。 大学・大学院留学は無料サポートをご利用いただけます。

東京 03-5367-3315
大阪 06-6371-1116
プロに直接相談!無料カウンセリングまずは情報収集 資料請求
  • beoを選ぶ理由
  • サポートの流れ
  • よくあるご質問
  • イベント/セミナー情報
夏休み留学特集 2019
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの留学情報は、留学コンシェルジュ beo(ビーイーオー)
ページ先頭へ