カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

▼Category:イギリスで働く! > イギリスのインターンシップ事情

20131212_uk.jpg

ついに、2014年度のイギリスワーキングホリデービザ(Youth Mobility Visa)の詳細が発表されました!詳細をお知らせします!

【Youth Mobility Visaとは】

若者がイギリス国内で最長2年間、フルタイムでの就労・就学等での滞在が認められるビザ。定員は1000名で、結果はランダム抽選で決定される。

【申請条件】

  1. 日本国籍を有していること。海外在住の日本国籍者も応募可能。 
  2. 18歳以上31歳未満の者 
  3. 過去にこの制度を使ってイギリスへの渡航歴がないこと

【申請方法】

  1. E-mailをYMS2014-APPOINTMENT@vfshelpline.com宛てに一通のみ送る。メールの題名には英文にて必ず申請者の氏名(パスポートと同様の氏名)、生年月日、及びパスポート番号を明記する。

    例)Yamada Taro - 31/01/1990 - TH123456789

  2. 送付するE-mail本文には、英文にて下記の情報を必ず明記すること
    • Name(氏名)
    • Date of Birth(生年月日)
    • Passport Number(パスポート番号)
    • Country to submit the application(申請手続きを行う国)
    • Home and mobile number(電話番号・携帯番号)

【申請期間】

日本時間 2014年1月6日(月)12:00~1月8日(水)12:00
※この時間内に受信された全てのE-mailに対して、確認のメールが自動返信で送られます。

【結果通知】

ランダムの抽選で1000名が決定されます。抽選で選ばれた申請者には、2014年1月15日(水)に、申請可能通知、予約方法の詳細及びYouth Mobility Schemeビザ申請に必要な書類に関するE-mailが送られます。

【ビザ申請】

◎必要書類:

  • 写真とパスポート
  • 1800ポンドの現金預金証明書
  • 200ポンドのビザ申請費用
※ビザ申請は在住国からできますが、イギリス国内からはできません。

【備考】

  1. ほとんどの仕事には就労可能であるが、プロスポーツ選手やコーチ、研修医として働くことはできない。
  2. イギリス国内で起業し自営業として働くことは可能であるが、従業員を持たないこと、ビジネスで使う備品等の合計は5000ポンド以下であること等の規定有り。

【最後に】

イギリスのワーホリビザは、2年間就労等で滞在できるとあって、とても人気の高いビザです。
ロンドンには日本料理店や日本雑貨店等がたくさんあり、就労先を見つけることはそれほど難しいことではないと思いますが、せっかくの海外でのお仕事。色々な国の人たちと一緒に働いてみたい、挑戦してみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
そのためには何より英語力が必要。ですので、1年間は英語の勉強にフォーカス、2年目はイギリスの会社で働くなど、長期的なプランを考えると、より有意義なワーホリ生活を送ることができるでしょう!

当社ではワーキングホリデービザをお持ちの皆さまに、ご希望に沿った語学学校やコースをご案内できます。
ぜひお問い合わせください。

>イギリス留学お問い合わせはこちらから

>イギリス国境局のウェブサイトはこちら(日本語+英語)

皆さん、こんにちは大阪オフィスです。
日本でもやっと冬を感じる寒さになってきました。
留学への準備も今がピークという大切な時期なので、皆さん風邪など引かないよう十分に気をつけてくださいね!


さて、今週のブログも引き続きイギリス大学を訪問した体験談をお届けいたします。
イギリス全土の大学を回り情報を集めてまいりましたが、本日はその中でも大都市ロンドンにあるミドルセックス大学(ロンドン)について特集したいと思います。


ミドルセックス大学(ロンドン)の魅力の一つがロケーションの良さ!
キャンパス自体は中心地から少し離れた自然いっぱいの場所にあり、私が訪問した時も紅葉がとても綺麗でした。また、ロンドン中心地まで地下鉄で乗り換えなしで行くことができるので便利。

UK_VISIT_mis.JPG


静かに勉強ができる環境と、ロンドンならではのシティーライフも楽しめる環境が揃っているので、どちらも妥協したくない学生さんにはおすすめです。


訪問中、大学を紹介してくれた担当者から今人気のプログラムについて聞いてきたのでご紹介したいと思います。


ミドルセックス大学(ロンドン) 学部短期留学プログラム
http://www.middlesex.jp/courses10.html


このプログラムの内容は

• 6月~8月 アカデミック英語コース
• 9月~12月 学部授業履修
• 1月~3月 インターンシップ or 専攻分野のリサーチ・プロジェクト


6月から8月にかけて英語コースで英語力をアップさせ、9月からは現地の学生と一緒に学部レベルの授業を受けることができます。そして1月からはインターンシップを体験するか、専攻分野のリサーチ・プロジェクトを行うか選択できます。


学部の授業では4000以上のコースから選択でき、特に人気のコースとしては美術史・アート&デザイン、ビジネス関係、映画研究、心理学、教育学などがあります。


なんといってもインターンシップを体験できるのがこのプログラムの最大の魅力といえますが、ここでは実際のビジネスシーンで、英語でメールを書いたり電話対応したりなどの貴重な体験ができます。
またインターンシップの受け入れ先を探す過程では、大学から履歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けることができますので就職活動の訓練にもなります。


一年間の留学で、現地の学生と授業を受けインターンシップまで経験ができるというこの欲張りで魅力的なプログラム。
来年6月からのこのプログラムで留学を目指す学生さんはもう出願し始めています!
このプログラムについてもっと知りたい!という学生さんは大阪オフィスに足を運んでみてください。カウンセリングを通して詳しくお話いたしますね。


カウンセリングのご予約はこちらから

大阪オフィスからは2週間ぶりの更新です。先週の火曜日にブログの更新を楽しみにしていただいた方、本当にごめんなさい!


さて今日は、語学留学や大学学部短期留学(JYAやStudy Aborad Programme)をお考えの方に人気がある


「インターンシップ留学」


について。


このインターンシップ留学について、私の体験談と一緒にお話ししようと思います。


私は、とあるロンドンの大学でコミュニケーションやメディア関連の科目を履修し、その後インターンシップを体験しました。ちなみに、私は当時、日本の大学を休学し留学しており、職歴はありませんでした。


インターンシップ先は、「The Japan Society」というNGO団体。1891年に創立された歴史ある団体で、日本の文化や日本語を多くの人に知ってもらうために様々な文化交流活動を行っている機関です。


インターンシップの最大の利点ってなんだろう? 


と今振り返ってみると、第一に挙げたいのが


「ビジネス英語を正しく使う訓練ができたこと」


に他ありません。


職歴がなかった分、インターンシップでは雑用が任されることも多かったですが、上司への報告、ビジネスレターの作成、そして「恐怖」の電話対応、すべて英語です。そして、大学などで使われていたフランクな英語がビジネスシーンでは使えないこともあり、それらをいろんな失敗しながら学びました。


そんな苦労もあり、インターンシップ中は英語での業務に緊張の毎日でしたが、大学卒業後、英語でのコミュニケーションが当たり前の留学カウンセラーの仕事を始めた時には、ほとんど戸惑いはなく、スムーズに仕事をこなすことができていました。今では、腰の重いイギリスの大学スタッフを説得し、何とか動いてもらうよう電話で交渉することなんて朝飯前です(笑)


そして、


「英語による就職面接の模擬体験ができたこと」


も多きな財産となりました。


インターンシップ先を見つけるためには、通常の就職面接を受け、合格しなければなりません。書類審査を通過するようにアピール力のあるカバーレターや英文履歴書を作成し、また、面接での対応方法についても先生などの指導を受けながら何度も練習し、本番に臨みました。


留学後の就職活動では、英語の履歴書提出や面接が求められることが多かったのですが、その際にはインターンシップ時に使用したものを若干手直しするだけで対応することができましたし、何よりも英語での面接は一度経験しているだけあって、すんなりとこなすことができたことを記憶しています。


最後のポイントとしては、


「留学後の就職活動での話のネタができたこと」


国際文化交流に関わる仕事がしたいと考えていた私にとって、日本文化紹介を目的とした様々なイベントに携わることができたことが、就職活動において大きなアピールポイントになりました。


イギリス留学を希望される方を対象に、イギリスの大学のスタッフや先生を招いて、イギリスを身近に感じてもらうためのレクチャーやワークショップを定期的に開催している私の勤務先、「ブリティッシュ・エデュケーション・オフィス」への入社面接試験では、このインターンシップでの経験を、ディレクターに猛烈にアピールしたのです!


なんだか、私の想い出話しみたいになってしまいましたが、就職を意識した留学をお考えの方は、是非チャレンジされてみてはいかがでしょうか。少しでも興味のある方は、お気軽にカウンセリングにお越しください。来年度の留学をお考えの方はお急ぎくださいね!


★カウンセリング予約↓
http://www.beo.jp/enquiry/counselling.html

★インターンシップ可能な大学学部短期留学プログラム↓
http://www.middlesex.jp/

みなさん、こんにちは。
もうすぐゴールデンウィークですね!!!ゴールデンウィーク、良い響きです。みなさんは、どのようなプランをお考えですか?私は・・・家でマッタリすることにします。5月1日、2日はオフィスにおります。ゴールデンウィーク中は、カウンセリング予約の穴場という噂もあるので、お時間ある方、是非カウンセラーに会いに来てくださいね☆


さて、本題に入ります。留学の形態 第3弾!
今回は、「インターンシップ」です。


まず一般的なことをお話しすると、英国において日本人留学生は、比較的時間にも正確で勤務態度も真面目ということで、インターンシップを受け入れている会社でも評判が良いそうです。会社は様々ですが、仕事内容としては、事務やホテルなどのホスピタリティー系が多いようです。その他英語力や、お持ちの経験や知識に応じて様々な職種が可能です。


インターンシップは次のような形態で可能です。


★私立語学学校★
イギリスや英語圏で働く体験をしてみたい、という方注目!英語コースとインターン・シップを組み合わせることができます。

【1】インターンシップは基本的に無給です。
【2】インターンシップと英語コースの期間は、同等になります。例えば、4週間の英語コースに4週間のインターンシップ期間、といった感じになります。
【3】多くの学校が最短期間として4週間としています。


★学部短期留学★
大学の授業を履修し、その際に少し英語を使って仕事をしてみたい、という方向け。

>ミドルセックス大学 http://www.middlesex.jp/courses10.html 
日本で大学在学中に、学部短期留学にて留学し、帰ってきて就職活動される方は多いかとおもいます。現地で、働いた経験なども踏まえて就職活動でうまくアピールすると、大きなポイントになるかもしれませんね。なお、この学部短期留学は、大学を既に卒業した方も可能です。 


★大学学部や、HNDなどのサンドイッチ・コース★
サンドイッチとは、例えば通常英国で3年間の学部コースや2年間の専門コースに一年間の研修期間をはさんだコースです。よって、通常より一年長いコースになります。


★大学院進学準備コースと組み合わせての企業研修オプション★
大学院に進学を考えているけど、まずは英語の準備をして...でも、英語の勉強だけだとつまらない、といった方や、大学でビジネスを勉強していないが、英国のビジネスのコースの修士課程に行きたい、でも職歴がないから不安、といった方に向いているオプションです。

>シティ・カレッジ・マンチェスター 
http://www.ccmanchester.jp/programme/foundation2.html 


以上、興味のあるプログラムはありましたか?
上記のプログラムに共通するのは、必要英語力はプログラムによって様々ですが、英語初心者だとかなり難しいということです。インターンシップを考えている方、たとえば私立語学学校のものであればアカデミック英語でなくても良いと思いますが、インターンシップ先の会社の人とパブで楽しく盛り上がれるくらいの日常会話力をつけてから行くことをお薦めします。毎度のことですが、きちんと英語の準備をしてくださいね。

それでは、来週は今月最後、様々な留学形態第4弾、お楽しみに!
皆様、よい週末を☆

★イギリスの美しい夏を満喫!サマーコース2007年度の情報はこちらから
★イギリス大学留学フェア開催中!詳細・ご予約はこちらから

Ok, so it's me again :) Today I thought I would talk to you about some of the things that I think are important to think about when you are considering what uni in the UK to go to and the things that made me choose Oxford Brookes.

I think one of the first to things to thing about is the location. Do you want to be by the sea, maybe Brighton, Portsmouth or Southampton, or maybe you want to enjoy the south like Oxford, Reading, or Birmingham. Maybe you want to try the north, Glasgow or Edinburgh which are right up there, or half way between with Newcastle or Manchester. Although its not just the cities you have to consider, some universities are or have campuses out in the countryside such as Swansea, so do you want to be immersed in nature or do you mingle in the city centre.


Location is important but there are two other things which I think are equally important when choosing a uni, one is obvious, the Course but the second is less obvious but equally important, the facilities plus support networks that a university offers. Without a doubt, the course that you apply for has to be right for you, and offer everything that you want, this is simple. Although I think the strength of a course and its department should not be based just on university rankings but on what it actually offers in terms of content, facilities and the lecturers that run it, as they can "make or break" your course. The general facilities and support networks are sometimes forgotten about but are soo super important. Do they have 24hr computer rooms/late library open times or Sports facilities, if these are things you will need? Do they also have financial assistance and advisors/councilors' if things go wrong?


I chose Brookes as it allowed me to combine Languages and business but also gave me the option through the modular system to choose other classes such as Law modules. It gave me the opportunity to do work placements and exchanges abroad (3 of which I managed to fit in and loved). It also gave lots of opportunities to work, so I could fit in paid work alongside my studies. The most important thing to me though, which Brookes was able to offer me, was a great community feel campus with loads of facilities that was really close to the city but also 10-15mins away from the countryside. So I could have the best of both worlds in regards of course, facilities, campus and city as well as great travel connections so I could still travel around the country to see my friends.


★オックスフォード・ブルックス大学日本語サイトはこちらから!
★願書記入説明会/出発前留学準備セミナーなど、各種留学セミナーはこちら