カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

【リーズ大学出張レポート】人気6学部に潜入調査!

今回の出張で訪問したのはウォーリック大学、バーミンガム大学、リーズ大学の3校です。

最終日はリーズ大学。
2013aaleeds_01.png私は日本で人気の学部の担当者と、コースや入学条件などに関してのミーティングをもってきましたので、ここでは特にコース案内に相当する部分をご案内していきたいと思います。

私の直後に別の留学カウンセラーが、各国からエージェントを招いて行う大学紹介カンファレンスに行っておりますので、そちらの様子も是非ご覧ください。

>【リーズ大学出張レポート】留学生に人気、実践的でレベルの高い通訳翻訳コースを視察

┃POLIS(Politics and International Studies) 政治・国際関係学部

国連やJICAでのインターンシップも

以前は別々だった、国際関係学、開発学、政治学の学部が一緒になり、日本でも人気の社会科学系コースを豊富に開講している学部です。

特にアフリカ、教育、ジェンダー、国際政治経済、世界資源の政治経済(Political Economy of International Resources)のような分野を、専門性をもって受講することができるMA Global Development (国際開発学修士課程)が人気ですが、ほかの学部と共同開講している下記のようなコースもなかなか面白いですよ。

  • MA Theatre and Global Development
    (School of Englishと共同で開講。社会とのかかわりや開発という文脈で、演劇を学ぶことができます)
  • MA Religious Studies and Global Development
  • MA Disability and Global Development

POLISは、専任のキャリアアドバイザーをもち、学生が国連や JICAなどにインターンシップをしている実績もあります。興味をお持ちの方は、是非お問い合わせください。

┃MSc Management 経営学修士課程

次にビジネススクールと、今後の展望などについてミーティングをもちましたが、今ここで特にご紹介したいコースはMSc Managementです。

リーズ大学のこのコースは、他の大学と少し異なり、よく見ていただくと2つのパスウェイ(ルート)に分かれています。

【1】General Management Pathway: 一般ビジネスルート
【2】Specialist Management Pathway: 専門特化型ルート

1と2の違いは、1はビジネスを勉強したことがない方向け、2はビジネスを大学で勉強したことがあり、より専門性の高い勉強をしたい方向けです。

┃Institute of Communications Studies コミュニケーション学部

映画、写真、メディア、広報などコミュニケーションを学ぶ英国トップクラスの学部

通称ICSというこの機関は、リーズ大学のコミュニケーション学部です。リーズ大学はコミュニケーション学では英国でもトップクラスの評価を得ています。

開講されているコースは、ジャーナリズム、コミュニケーション研究、文化、メディアに関係し、理論と実践の両面からのアプローチで勉強していきます。

  • The MA Cinema and Photography
  • The MA Communications Studies
  • The MA International Communications
  • The MA International Journalism
  • The MA Media Industries
  • The MA Political Communication
  • The MA Public Relations and Society
  • MA New Media
なお、リーズ大学にはPublic Relations(広報)のコースがビジネススクールにもあります。
そのコースとの違いを聞いたところ、ビジネススクールはかなりビジネス寄りだということ。

対してICSのコースは、広報やPR業界の活動を根本から理解し、その社会的、文化的、経済的役割を深く学びます。さまざまな論点から地域、国家、そして世界規模のPR活動を検証していく、ということです。

そのため学部を卒業したばかりの方だけではなく、既にPublic Relationsの職業経験がある方で、一度原点に戻って理論から見直したい、という方にも向いているかと思うとのことでした。

このコミュニケーション学部、英語の入学条件はIELTS7.0ですが、是非頑張って合格を勝ち取っていただきたく思います。

┃School of Earth and Environment 環境学部

文系でも学べるのが特徴

このスクールにはMSc Sustainability(サステイナビリティ/ 持続可能性研究)という、いくつかの専門性に枝分かれしているコースがあります。

  • MSc Sustainability (Business, Environment and Corporate Responsibility)
  • MSc Sustainability (Environmental Consultancy and Project Management)
  • MSc Sustainability (Environment & Development)
  • MSc Sustainability (Ecological Economics)
  • MSc Sustainability (Environmental Politics & Policy)
  • MSc Sustainability (Transport)
  • MSc Sustainability (Climate Change)

上記のコースは一見専門性の高い理系コースにも見えますが、実際に興味をもってお問い合わせいただく方は、社会科学系、文系を含む様々なバックグラウンドをお持ちの方が多いです。

詳しく入学条件等を確認するためにミーティングをもってきました。

このコース、実際には社会科学寄りの環境系コースで、なんと社会科学、文系バックグラウンドの方も問題なくご出願いただけます。
このようなコースの場合、英国の多くの大学では理系バックグラウンドを要するはずですので、是非ご興味のある方はぜひチェックしていただきたく思います。

┃Institute for Transport Studies 交通学部

交通学になるのでしょうか。。。
交通経済やプランニングなど、なかなかピンポイントな希望を持つ方は多くはないかと思いますが、1960年代に設立された英国でも指折りの交通学部です。 交通学での留学にご興味のある方は是非ご出願ください。

下記のようなコースが開講されています。

  • MA Transport Economics
  • MSc Sustainability (Transport)
  • MSc Transport Planning
  • MSc Transport Planning and the Environment
  • MSc(Eng) Transport Planning and Engineering

┃School of Design デザイン学部

最後にデザイン学部。 Fine Artなどの芸術学部ではなく、あくまで"デザイン"学部で、ファッションデザイン、繊維デザイン、グラフィックデザインなど多様な科目が学べます。下記のようなコースが開講されています。

  • MA Design
  • MSc Design
  • MA Advertising and Design (ビジネススクールとの共同開講コースです)
  • MA Textile Innovation and Branding(こちらもビジネススクールとの共同開講コースです)
  • MSc Advanced Textiles and Performance Clothing
  • MSc Digital Mobile and Social Media in future

上記のMA Advertising and Designに留学された、AYAKOさんの現地レポートを下記からご覧いただけます。
★リーズ大学 広告デザイン現地レポート

また上記最後のMSc Digital Mobile and Social Media in futureは出来立てほやほやで、まだウェブサイトにも出ていませんが、2014度にむけ開講予定のコースです。

気になる方は是非リーズ大学日本担当の水森さんまでお問い合わせください。
★リーズ大学日本事務局お問合せ

【その他の出張レポート】

★イギリス大学、大学院への留学をお考えなら、beoまでお気軽にご相談/お問合せください。
>お問い合わせはこちらから

Newer : イギリス 2014年度ワーホリビザの詳細発表(Youth Mobility Visa 2014)

Older  : 【バーミンガム大学出張レポート】シェークスピア・インスティテュート