カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

【イギリス出張レポート 第二回】リーズ城はリーズにあらず‐イングランド、ケント州メイドストーン

こんにちは。カウンセラーの中島です。
今回は【イギリス出張レポート 第一回】 フライト遅延で深夜に到着!- イングランド・ケント州カンタベリーの続き、ケント大学への出張レポート第二回目です。

line6.gif

ホテルでの朝食

ケント訪問二日目の日曜日、早朝散歩に出かけましたが、同じように散歩をしている人はいるけれどお店はカフェ(イギリスではスターバックスと並んで、イタリアン・コーヒー・バーのCOSTAとCaffè Neroが主流)以外はどこもオープンしていません。カンタベリーでは日曜はどのお店も開店は11時(そして閉店は5時...)。日曜は一週間の休日、という欧米文化がそのまま現れているところに、なんとなく「余裕」「豊かさ」を感じたのは私だけでしょうか...

ホテルの朝食は"Continental Breakfast"(シリアル、トースト、フルーツ、ヨーグルト、チーズなど)で、自分の好きなだけ食べられる(笑)。

breakpast1.jpg
breakfast2.jpg

イギリスではトーストを半分 に切って写真のようなホルダーに乗せてテーブルまで運びます。

"Continental"とは「大陸の」という意味で、その名の通り大陸ヨーロッパスタイルの朝食メニューが並びます。これに対して"English Breakfast"はトーストのほかにソーセージ、スクランブルエッグ、マッシュルームソテー、焼きトマト、ベイクドビーンズ、ベーコンなど料理されたメニューが勢ぞろいなのが特徴。ホテルやB&Bによっては毎朝English Breakfastがつくところもありますし、町のカフェなどでも大抵の場所で食べられます。








リーズ城にて

さて、日曜にも関わらずケント大学のインターナショナルオフィスのスタッフが近郊の観光名所として有名なLeeds城へ連れて行ってくれました。リーズ城?リーズ(イングランド北部、西ヨークシャーの都市)まで行くの?と一瞬戸惑いましたが、リーズ城とはケント州のメイドストーン(カンタベリーから電車で約40分)という場所にある10世紀からの歴史を持つお城です。

リーズ城の入り口から実際にお城までは果てしなく広い庭(公園)が広がっている。な、なんとゴルフ場までありました!
golf.jpgリーズ城のある場所ははその昔「Esledes荘園」(発音:エズリーズ、古代の英語で丘という意味)という名前で、リーズという名前はエズリーズがから来ているとの事。征服王ウィリアム(ウイリアム一世)の時代に築かれてから、エドワード一世の妻エレナ、王室の別荘、そして近年までベイリー婦人という人物の所有地として長い歴史があります。イギリスのお城で有名な「ウインザー城」や「エディンバラ城」と並んでとても見ごたえのあるお城でした。

leads_castle2.jpg
リーズ城、橋の回廊。旅行ガイドにもリーズ城はあまり大きく取り上げられていないからか、
カンタベリー方面、ロンドン方面から非常に多くの観光客が集まっているにも関わらず、
日本人、アジア人の観光客が少ない!


leads_castle1.jpg
噴水のある中庭。1280年代に(公園のような)庭の湧き水をひいて作られた。

leads_castle3.jpg ヘンリー五世の宴会場。
1520年5月22日にヘンリー五世とアラゴンのキャサリン(ヘンリー五世の最初の妻)が
ドーバー海峡を越えてフランスへ向かう途中に訪れた再に完成した。
当時の人たちの宴会メニューってどんなものだったのでしょうか。


イギリスの伝統的な迷路

leads_castle4.jpg
リーズ城の名物はお城だけでなく、鳥類パーク(様々な種類の鳥が飼われている)、イングリッシュガーデン(色とりどりのお花が咲き乱れています)、レストラ ン(フィッシュ&チップスやベイクドビーンズのような伝統的なメニューが食べられる)、そしてこの迷路!最初は面白半分で入ったのですが、歩くも歩くも ゴールが見つからない!同じスポットを何度も通り過ぎ、見覚えのある人と何度もすれ違い(おそらく同じように迷った人)、途中から笑えなくなってしまいま した!最後は一度ゴールして戻ってきたという人の後をこっそりつけてゴールまで...
リーズ城を後にしたのはなんと5時過ぎ。お城を見るだけで一日も必要なのか?と勘ぐっていたのですが、とにかく色々な場所があってとにかく広いので、観光に行く場合は一日はみておいた方が良いでしょう(そして、迷路攻略に予想以上に時間がかかるので...)。

夕飯はフィッシュ&チップス

fishandchips.jpg
一日歩き続けたせいで足も体もぐったりでしたが、それでも夜はカンタベリーの街に繰り出しイギリス名物フィッシュ&チップスを食べました。フィッシュ&チップスはイギリスの国民食とも言える料理で街のそこら中で手に入りますが、テイクアウトで食べるよりも少し素敵なバーやレストランで食べるものだったらまずハズレがありません。チップスとは日本で言うフライドポテトのこと(ポテトチップスはイギリスでは"Crisps"と言います)。伝統的なフィッシュ&チップスにはレモンとグリーンピース(写真のようにマッシュされている場合もある)がつきます。地元の人はケチャップやタルタルソースよりも塩とモルト酢で食べるのが好きなんだとか!








次回はいよいよケント大学キャンパス訪問のレポートを開始します!

ケント大学出張レポート目次
【イギリス出張レポート 最終回】  ロンドン ~三つ葉入りラーメンの衝撃~
【イギリス出張レポート 第五回】 ケント大学ブリュッセルキャンパス~EUの中心を訪れる~
【イギリス出張レポート 第四回】 ケント大学キャンパスツアー2日目 - 徹底した学生サポートに感動!カンタベリーキャンパス施設とヒルダーストーンカレッジ訪問
【イギリス出張レポート 第三回】 ケント大学キャンパスツアー1日目 - 緑豊かなキャンパスで落ち着いた学習環境を提供
【イギリス出張レポート 第二回】リーズ城はリーズにあらず‐イングランド、ケント州メイドストーン
【イギリス出張レポート 第一回】 フライト遅延で深夜に到着!- イングランド・ケント州カンタベリー

★ケント大学の詳細はこちら
★イギリス留学・ケント大学への無料カウンセリング予約はこちらから

Newer : 【グラスゴー大学】修士課程「Organisational Leadership」が開講

Older  : 【イギリス出張レポート 第一回】 フライト遅延で深夜に到着!- イングランド・ケント州カンタベリー