カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

【重要】2011年4月21日より、ビザ申請に新ルールが適用されます(2011年3月改定)

学生ビザ取得に関する新ルール(2011年3月改定)
2011年4月21日より、Tier 4 General Students Visaの取得に新ルールが適用されます。今回の変更により、英語力の証明に大幅な変更が発生します。

【主な変更点】
最低英語レベル
ビザ申請時、指定の英語力があることを証明する必要があります。留学レベルによっては、UKBAが定める英語試験の受験が必須で課されます。

  • Higher Education Institution以外の教育機関で学士課程以上のコースに留学される方:CEFR B2*以上
  • ファウンデーション、プリセッショナル、語学コースに留学される方:CEFR B1*以上
    ※UKBAが定めるIELTSなどの英語試験(Secured English Test)の受験必須

*B2、B1の定義は公表されていませんが、一般的に、B2はIELTS 5.0~6.0 / TOEFL iBT 57以上、B1IELTS 4.0(いずれも各セクション毎に設けられたスコアをすべて超えていること)といわれています。

さらに、ビザ申請時または入国審査時に面接を受けさせられる場合があり、ここで要求される英語力を証明できない方は、ビザ発給拒否または入国拒否される可能性があります。

【今後、さらに新たな変更の可能性】
今後も何段階かに分けてルールが変更される予定です。2011年夏以降には、家族同伴の留学に制限が加えられる可能性があります。

上記の情報はbeoが2011年4月1日に調査した時点で最新のものです。ビザの情報は予告なく変更されることも多いため、申請の際はUK Border Agencyのホームページにて最新の情報をご確認ください。

このような混乱期に個人でビザ申請を進めるのは危険です。beoでは、専門スタッフによるビザ申請サポートをおこなっておりますので、特に渡航が迫っている方は、お早めにご相談ください。

★ビザ申請サポートのお申込・ご相談はこちらから

Newer : 2011年留学の方は要注意!イギリスはイースター休暇に入ります

Older  : サセックス大学の学生が東北関東大地震の義援金£10,000を集めました!