カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

VISA延長手続きのススメ!

こんにちは。
梅雨入りしたにも関わらず、大阪ではあまり雨は降らず、今日も良いお天気ですが、蒸し暑い!

みなさんはこんな天気にへこたれずに、楽しいイギリスでの生活を思い描きながら、準備を進めていきましょう。さて今日は、入国査証(VISA)延長のお話。

VISAを延長される方には、色んな状況が考えられます。


①最初に取得した査証の期間が、コースの全期間をカバーしていなかった。

②予定していたコースを終了したが、さらにコースを続けて取ることになった。

③現地で就労する

特に2006年の5月にイギリスの法律が改定され、2006年9月以降に開始した修士コースを修了した学生は、1年間の就労機会が得られることになりました。これで、みなさんも、ぐっとインターンや就職の機会が増えるはずです。


最も多いケースは①ではないでしょうか。
みなさんの中には複数のコースに申込みをして、1つ目のコースは条件なし(Unconditional)、でも2つ目のコースは条件付(Conditional)の入学許可書をもらっている方もいるはず。その場合は、一般的に最初のコースの期間と、延長期間を考慮した査証が出るようです。

では、
「2つ目のコースへの入学も分からないし、1つ目のコースが終わってから、一旦日本に帰ってきて延長すればいいやん!」
と思っているあなた。
VISAは日本でもイギリスでも延長することできます。ただし、残念ながら、VISAを延長するためには、予め日本で申請しておく必要があるのです。

しかも一旦帰国する予定にしていても、予想外に時間が無い、航空券が手配できないといった、何らかの事情で一時帰国できないことも無くはありません。
そんな時、VISAを申請していない場合は、どうでしょう?
もちろんVISA無しでは不法入国になってしまいますので、何が何でも日本に帰ってこなければなりません。場合によっては一生イギリスに行けなくなることも...

現地でも延長できるようにしておけるように、予め日本でVISAを申請おけば、不測の事態に備えることができて安心ですよ。

では、いざ現地で延長することになったらどうすればよいのか?
まずはとにかく、早目に各学校のスタッフに相談しましょう。大学やカレッジであれば、International OfficeへGo!
VISA延長は決して珍しいことではありません。ですから、スタッフも今までの経験を元に、イギリスで延長するための方法、場所などを教えてくれます。

でもいざ現地で手続きをしようとすると、思いの外時間がかかってしまった!という悲鳴を良く耳にします。これはお国柄なのか、日本のようになんでもハイハイとコトは進まないのです。
VISAの延長手続きも、出遅れてしまえばVISAの期間が切れる寸前まで時間がかかり、やきもきするなんてことも。
だから、早目に行動をしておけば、時間にも心にも余裕が出てきますよね。
まずは、学校のスタッフに相談して、「何を」、「どこで」、「いつまでに」準備しなければいけないか、把握しましょう。

また、学校によっては、VISA延長手数料の一部を肩代わり、なんてこともあるんですよ~♪知らずに、一人で進めてしまって、後で知った!なんてことは無いように。
かなり損な気分を味わうことになります。(値切り精神の?関西人としては許せません!)


さぁ、みなさん。VISAの重要性が伝わったでしょうか。
まだVISAを取得されていない方は、これから始めなきゃと意気込んでいるはず。そんな方は、是非当オフィスの入国査証代理申請サポートにお任せ下さい。

>>>当オフィスの、入国査証代理申請サポートについては...


また、6月12日の大阪オフィスからのブログも是非ご覧下さい。関東圏外在住の学生さんのためのVISA申請についてお話しています。

今月は、渡英までの準備を一通りお話いたしました。
もうすでに大半の準備が終わりホっとしている方も、これからやることが山積みという方にも、お役に立てればとてもうれしいです。出発日になって、慌てふためくことは無いはず
当オフィスのスタッフも、皆さんが笑顔で渡英できるよう、お手伝いできることを心より嬉しく思っています☆

Newer : 【フロム大阪!】 就職について

Older  : 【フロム大阪!】 イベントレポート