カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

▼Category:イギリス留学までの道のり! > イギリス留学無料サポート

UCAS出願締切り6月30日はです!2013年度のイギリス大学留学を目指す方はご注意下さい!
beoは、UCASの出願受付窓口(英国入試機構登録番号 S48880 )です。出願締切まであと1ヶ月。お電話・オフィスで出願サポートを行なっていますので、まだ手続きがお済みでない方は一刻も早くご連絡ください。

【東京オフィス】03-5367-3315 【大阪オフィス】06-6371-1116

>UCAS出願の流れ、出願サポートの詳細

★5コース出願済み、でも合格をもらえなかった・・という方はエクストラで合格をねらう
2月末~6月末までの期間は、エクストラという手続きで追加出願できる期間です。まだ2013年留学を諦める必要はありません。beoにご連絡ください。

人気コースの出願締切情報も届き始めています!


すでに合格を勝ち取った方から喜びの声も続々と届いています。
>【速報!】2011年 合格実績

イギリスの大学・大学院留学においては、1月が出願のピークです。
1日も早く出願できるよう、進めましょう。
これから出願される方は、日本正式出願窓口beoの無料留学サポートをご利用下さい。
★2011年大学・大学院留学 今すぐ出願!

beoのサポートを利用せずに出願手続きされた方で、書類に不備がなかったか心配な方、
その後の連絡がなく不安な方は、beoから学校側に問い合わせることも可能です。
★お問い合わせフォーム

お問い合わせはお電話でもお気軽にどうぞ。
【東京】03-5367-3315 【大阪】06-6371-1116
※年末年始のお休みは12月31日~1月3日までです。


今回は、イギリス大学院留学の人気留学先2校の出願状況についてお知らせいたします。


上記2校では、出願するコースによっても異なりますが、出願してから大学から合格等の回答を得るまでに3ヶ月近くかかっている状況です。よって、以下の状況が考えられます。

【ケース1】
2月:出願
↓<勉強...アカデミックスキル習得>
5月:合格
9月:渡英

【ケース2】
2月:出願
↓<勉強...アカデミックスキル習得>
5月:条件付合格  ★条件付合格とは?
↓<IELTS再受験...現在月に1~2回受験可能>
...
8月:渡英...pre-sessional 受講

【ケース3】
2月:出願
↓<勉強...アカデミックスキル習得>
5月:不合格
↓<合格/条件付合格>
8月:渡英...pre-sessional 受講

【ケース1】ならまだしも、【ケース2】または【ケース3】の場合、正直2010年留学が間に合うか、ギリギリです。
というのも、現在は、世界中からの願書が大学に届くピークの時期。今後、他校にもこのような事態が起こることが予測されます。
特に、大学が休暇に入ってしまうイースターあたりは、手続きがさらにストップすることが予測されます。

★ イギリス留学合格の秘密--------------- 
いわゆる入試のないイギリス留学は、ライバルの少ない時期に出願したほうが合格率が高くなります。 
2010年9月入学を目指した出願者の次のピークは、3月。 
早期出願にて希望校合格を目指しましょう。 
---------------------------------------- 


1/26(火)、4月から新設される
大学院留学準備コース beo Graduate Certificate (GC)
第1回コース説明会を開催しました。
たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。

説明会終了後のアンケートでは、全員の方から
「今後の留学の参考になった」
との回答をいただきました!

IELTS対策の授業については、みなさん非常に真剣な態度で聞いていらっしゃいました。
でも、実際に留学に必要なのはIELTS対策だけではない! という点で、
多くの方から「目からウロコだった!」との反響をいただきました。

◆参加された方々の学びたい分野
・開発学・平和学・紛争解決学
・国際経済学
・スポーツビジネス
・IT&ビジネス
・マーケティング
・ホスピタリティ
・通訳・翻訳
・デザイン・芸術
などなど・・・。

今回は大学院留学希望の方がほとんどでしたが、
1学期の「IELTS対策+アカデミック英語」は、大学留学希望の方も受講いただけます。
お気軽にご参加ください。

◆今後の説明会開催スケジュール
今回お越しになれなかった方のために、引き続き説明会を開催予定です。
コース内容だけでなく「海外大学院留学に必要なスキル」についてもご説明しますので、
ぜひ今後の留学に役立ててください。参加は無料です。

2/7(日)15:00-16:00 大学院留学準備コース beo Graduate Certificate(GC) 説明会
2/16(火)19:00-20:30《デモレッスン付き》大学院留学準備コース beo Graduate Certificate(GC) 説明会
ご予約は ⇒ 大学院留学準備コース beo Graduate Certificate (GC) 説明会のご案内


★ 大学院留学準備コース beo Graduate Certificate (GC)とは?
国内で受講できる、大学院留学のための準備コースのひとつとして、2010年4月に開講!

詳細は ⇒ 大学院留学準備コース beo Graduate Certificate (GC) コース概要

★この大学院留学準備コース beo Graduate Certificate(GC) の奨学生募集中!
授業料全額免除の奨学生を募集しています。詳細は ⇒ beo10周年記念奨学金


2010年は記念すべきbeo10周年。

先日もお知らせいたしましたが、beo10周年のRe-start!プロジェクトとして、10年の成長をともにした高田馬場から、新宿へオフィスを移転することが決定いたしました!

新beo東京オフィスは、JR新宿駅、東京メトロ新宿3丁目駅に程近く、より多くの皆様にアクセスしやすい、身近なオフィスになるようスタッフ一丸、努めてまいります。



2/20(土)まで・・・高田馬場にて営業いたします。
2/22(月)から・・・新宿にて営業を開始いたします。
★ お間違えの無いよう、お気をつけ下さいませ。

移転に伴いまして、電話番号も変更いたします。

2/20(土)まで・・・03-5925-0336 begin_of_the_skype_highlighting              03-5925-0336      end_of_the_skype_highlightingにてお電話を承ります。
2/22(月)より・・・03-5367-3315 begin_of_the_skype_highlighting              03-5367-3315      end_of_the_skype_highlightingにてお電話を承ります。
★ おかけ間違いの無いよう、お気をつけ下さいませ。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

2/22(月)より、パワーアップした新beo東京オフィスでみなさまにお会いできることを楽しみにしております!


このたび、英国大使館より、2010年度のYouth Mobility Schemeへの申請が定員に達したため、申請を締め切るとの発表がありました。2010年度の追加発行は一切行わないとのことです。

----------------------------------------------------
★ Youth Mobility Schemeとは?
イギリスのワーホリビザとして、日本パスポート保持者先着1000名に
イギリス国内での2年間の就労を許可するビザ。
ユース・モビリィティ・スキーム、YMSなどと呼ばれ、就労以外にも、
2年間にわたって、勉強・旅行などのイギリス滞在を可能にする
いわば、ワーキングホリデー・ビザとして人気を博しています。
----------------------------------------------------

しかし、イギリスでの就労には他にも様々な方法があります。
そのひとつとして、挙げられるのが、イギリスの教育機関での学業修了後に認可されるPost-study workers。
イギリスの教育機関を無事卒業すると、ポスト・スタディ・ワーカーズと呼ばれる、就労ビザに申請することができます。
この就労ビザでは、最大2年間のイギリスでの就労を許可されます。

----------------------------------------------------
★ Post-study workersとは?
イギリスにて、
 Science and Engineering Graduates Scheme (SEGS)
 International Graduates Scheme (IGS)
 Fresh Talent: Working in Scotland Scheme (FT:WISS)
 一般学生・看護学生・試験を受講した学生・卒業論文を執筆した学生
が、コース修了後申請できるイギリスの就労ビザ。
最大2年間にわたるイギリスでの就業を可能にします。
----------------------------------------------------

Posr-study workersビザによる就労は、イギリス大学留学や、イギリス大学院留学で培った知識を、現場に応用する絶好の機会です。




2010年がスタートしてからはや20日が経ちますが、みなさまいかがお過ごしですか。

2010年はbeo(ビーイーオー)にとって記念すべき10周年。
2000年の設立から10周年を迎える今年、beoは次の新たな10年への布石としてRe-start!プロジェクトを始動いたします。

先日、beo大阪オフィスが移転しましたが、来たる2010年2月中旬beo東京オフィスの移転も決定いたしました!

10年の成長をともにした高田馬場から、次の新たな10年を刻む新宿へオフィスを移転いたします。
より多くの皆様に身近に感じていただけるよう、あらゆる環境を整備したいと思います。

新宿駅南口より、駅歩約8分の好ロケーションに、ますますパワーアップしたサポートで、みなさまの成功する留学を応援いたします。
H&Mから程近く、ショッピング癖を憂うスタッフもおりますが(笑)、志すはひとつ、to be the best you can be。
スタッフ一丸となって、世界中の人々が自分自身の最高を目指せる環境を創出するべく、今後さらに邁進していきます。

今後ともbeoを何卒よろしくお願いいたします。




今年もそろそろ、イギリス在住者のUCAS出願の締切が迫ってきました。

-----------------------------------------------------------------
   UCAS: Universities and Colleges Admissions Service
   イギリス大学留学には、各大学へ直接出願するのではなく、
  UCASを通じて出願することが必要になります。
------------------------------------------------------------------

留学生のUCAS出願締切は、6月末です。
UCAS出願後は、希望コース・所有資格・志望動機書(Personal Statement)や推薦状(Reference)等の変更は一切できません。

また、4月以降は出願者も増え、大学も繁忙期に入るため、合否の確定および確認にも時間がかかります。
そのため、希望校合格には、早めに出願することが、入学試験のないイギリス大学留学成功の鍵となります。
早めに出願して、準備コースや渡航準備を行いましょう。

-----------------------------------------------------------------
  イギリスでは、出願締切が明確に設定されていない場合が少なくありません。 
  締切があっても6月末と書いてあったりしますが、これを文字通り捉えると痛い目に!?
-----------------------------------------------------------------



ついに新オフィスでの営業を開始した大阪オフィス

2006年の大阪オフィス開設以来、
留学サポート、英語コース共に大変多くのお客様にご利用いただきました。

新オフィスはスペースも広く、皆様のご来訪にも十分対応できるものと存じます。

今後もさらに、設備もサポートも充実させ、
皆様のご期待に添うべく、より一層の努力をしていく所存でございます。
今後ともご支援賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

>大阪オフィス新住所・連絡先詳細はこちら

osaka_newoffice02.jpg
受付で担当カウンセラーをお呼び出しください
 
osaka_newoffice01.jpg
資料もさらに充実!ゆっくりご覧ください

osaka_newoffice03.jpg
教室もさらに広くなりました!英語の勉強に集中できる環境です

★大阪オフィスで開催中のイベントはこちら
新たに2名のbeoカウンセラーがブリティッシュ・カウンシル公式資格を取得しました。

0701.jpg
今回資格を取得したカウンセラー
スタッフの詳細はこちら

Certificate programme in Promoting UK Education and Training
リティッシュ・カウンシル公式資格)

世界基準のカウンセラー養成プログラム
このプログラムを修了したカウンセラーは、イギリス政府機関から、「豊富な留学知識を持ち、クオリティの高いカウンセリングをプロフェッショナルに利用者に提供することができるカウンセラー」であると公式に認められます。

Paul Tayler(当オフィスディレクター)がプログラム立ち上げメンバー
Paul Taylorは、ブリティッシュ・カウンシル勤務時代、教育ディレクターとして、このカウンセラー養成プログラムの開発に携わりました。マレーシア、シンガポール、オーストラリア、日本などで多くの留学希望者へのサポートを経験し、前駐日英国大使、海外大学・大学院、その他教育機関担当者など多くの教育関係者と現在でも深い親交を保っています。

ブリティッシュ・カウンシル公式資格ホルダー最多
beoは、留学生サポート機関として最多のブリティッシュ・カウンシル公式資格ホルダーを抱えています。カウンセラーの質には特に定評があり、サポートに満足いただいただいた多くのご利用者様から、ご友人・ご家族をご紹介いただいています。


>ブリティッシュ・カウンシル公式資格取得プログラムの詳細

今日はオフィスから少し出て、ブリティッシュ・カウンシルでイベントを行いました。

マンチェスター大学バーミンガム大学ダラム大学ランカスター大学オックスフォードブルックス大学からの委任により、大学を代表して各コースの特徴について詳しく説明を行いました。

ブリティッシュ・カウンシル
留学準備の1年の流れは?           各大学の特徴について詳しく説明

beoはイギリス教育機関の日本正式出願窓口として、
各大学について理解を深めていただくための活動を行っています。

今日のようなイベントももちろんそのひとつ!
留学に関するイベントも含め、いろいろなイベントを開催しています。
無料でご参加いただけますので、留学に少しでもご興味をお持ちの方はお気軽にご参加ください!

【英国大学説明会 at ブリティッシュ・カウンシル】
★6月2日(火)18:00-20:00 英国5大学説明会
バーミンガム大学、ブリストル大学、キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)、マンチェスター大学、サセックス大学
詳細・ご予約はこちら
★6月16日(火)18:00-20:00 英国5大学説明会
エジンバラ大学、ロンドン・メトロポリタン大学、オックスフォード・ブルックス大学、ロンドン大学クイーン・メアリー
詳細・ご予約はこちら
今年もとうとうイギリス大学ランキング発表の季節がやってまいりました!イギリス国内でもっとも読まれている新聞のひとつ、「ガーディアン」の発表したランキングは以下のようになりました。

1.  University of Oxford オックスフォード大学
2.  University of Cambridge ケンブリッジ大学
3.  University of St Andrews セント・アンドリューズ大学
4.  University of Warwick ウォーリック大学
5.  University of London, London School of Economics and Political Science (LSE)
  ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス(ロンドン大学)
6.  University of London, University College London (UCL)
  ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)(ロンドン大学)
7.  University of Edinburgh エディンバラ大学
8.  University of London, Imperial College London 
  インペリアル・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)
9.  Bath University バース大学
10. Loughborough University ラフバラー大学

以下117位までが掲載されています。

イギリス大学ランキングとはいっても、実はなかなかの曲者。イギリスのように将来の職業を見据えて、専門分野にかなり特化した学問をコースに持っている場合、各分野別の大学ランキングを見ると、全体のランキングと比べ、がらっと変わってくることが稀ではありません。どう見たらいいのかわからない、どの大学のどのコースがいいのかわからない、そんな方も少なくはないはずですよね?ご安心ください!beoはあなたにピッタリな大学でベストなコースを学べるよう、あなたのイギリス大学選びからご就職まで留学をフルサポートします。ガーディアンの大学ランキングとは言えど、ランキングはやはり指針に過ぎません。大切なのはあなたに合うこと。beoはあなたのイギリス留学への想いを大切にします。

イギリス留学無料サポートご希望の方はこちらから。
イギリス留学準備ご相談はこちらから。

▼▼ イギリスのマスコミ----------------------------------------------------------------------++guardian1.jpg
イギリスには「Times」と「Guardian」と呼ばれる新聞紙があり、どちらもイギリス国内 シェアのほとんどを占める二大紙と言えます。前者はやや右派、後者はやや左派と一般的には考えられており、まだ記憶に新しい中川前財務相のG7の記者会見に関する記事からも各新聞の方向性が伺えます。前者は中川氏の酩酊状態に対し、麻生首相擁護の立場をとりましたが、後者は日本の立場を踏まえた上で、世界経済への影響を言及し、自民全体をこき下ろしました。とはいえ、イギリスのジャーナリズムはアメリカのそれとは一線を画するもので、メディアの持ちうる権力性について重々承知した、一歩引いた姿勢を基本的には取っています。イギリス人気質といえる「皮肉」が上手くジャーナリズムに結びついているのかもしれませんね!イギリスジャーナリズム留学についてのご相談はこちらから。
++---------------------------------------------------------------------------------------++
beoのカウンセラーは女性が多いです。
ですから、もちろんオフィスにはお菓子コーナーがあります。
加湿器もあります。(乾燥は女性の大敵ですので...)

いつも和気あいあいとしていてとても楽しいのですが、
イベントや留学フェアの準備となると本当に困るのです。

来月beoで開かれるイギリス大学留学フェア。
特にこの年2回のイベントでは、男性スタッフが少ないことを思い知らされます。

イギリスの大学から連日のようにブローシャー。(本当に重いんです!)
会場設営のための机や棚の移動。
東京から大阪への会場移動のための物の運び出し。

などなど、
スタッフ総出でおこなうのですが、やはり女性、力に限界があります。
へたをすると腰を痛めそうになります...

そんなところへ男性カウンセラーが新たに加わったのですから、私たちの期待は大です。

留学カウンセラー
スタッフ紹介ページの撮影中。実は、カメラを向けた反対側には他のスタッフが沢山います。
採用された写真はこちら!スタッフ紹介ページへ

彼は、ロンドン大学クイーン・メアリーの大学院留学準備コースを経てキングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)を入学・卒業。現在は留学カウンセラーとして、これから留学される方のお悩みにおこたえしています。

beoには、毎日のように海外の大学スタッフが訪れています。beoのカウンセラーは全員留学経験者ですので、そこで昔の恩師に再会するということも少なくありません。彼もつい先日、ロンドン大学クイーン・メアリー在学時TutorだったSiomn氏と久しぶりの再会を果たしていました。

イギリス生活も長く、力こぶ!な彼の活躍が楽しみです。

★留学カウンセラーは全員留学経験者!beoのスタッフ紹介をはこちら
最近、益々学び欲が高まっているのを感じます。

シブヤ大学は開校依頼、今だに申込者多数のためにコースの受講が難しい状況ですし、
BRUTUSやEsquireといった有名雑誌では学びに関する特集が組まれ続けています。

beoにいらっしゃる方はそれこそ学び欲が大変高い方ばかりですが、
新しいことにチャレンジする勇気と、それを全うするための強い意志を持った方ばかりな気がします。。。

決意を新たにするこの時期、
sakura.jpg留学したいと思っていらっしゃる方がいましたら、今ならまだ2009年度の留学に間に合います。
正確な段取りを踏めば、今年の秋に留学に向けて渡航することができます。

何かを学びたいという気持ちがあるのであれば、是非その一歩を踏み出して下さい。
beoスタッフが全力で応援します!

★2009年度の留学を目指す方はこちら


体のどの組織にもなれる万能細胞で、再生医療や新薬研究の切り札としてその役割が期待される「iPS細胞」─

世界各国で研究が進むなか、エジンバラ大学の日本人グループリーダーが癌化の恐れのあるウィルスを使わずに胎児の細胞からiPS細胞を作ることに成功しました。京都大学が昨年10月、マウスの細胞でウイルスを使わずにiPS細胞を作りましたが、ヒトでは今回が初めてです。
>記事全文へ(nature.com)

エジンバラ大学はイギリス屈指の名門大学。
たくさんの研究分野で高評価を得ていますが、そのうちのひとつとして理系や医学系もとても強い分野といえます。

University of Edinburgh
イギリス屈指の名門エジンバラ大学


edinburgh
"北のアテネ"の異名を持つエジンバラ。中世の古い石畳が残る歴史ある旧市街と優美なネオクラシック様式が建ち並ぶ新市街という2つの対照的な街並みが印象的です。

そして、エジンバラ大学のアジアオフィスはbeo(ビーイーオー)にあります!
日本担当スタッフがbeoに常駐*しているのです。
>Mr. Matthew Wortley(日本担当官)

*大学スタッフが常駐しているのはbeoが日本で唯一。世界的にみても大変珍しいことです。

当大学へのコース、出願に関するお問い合わせはお気軽にbeoまで。
※エジンバラ大学の日本担当スタッフへ留学相談のご予約も可能です。

★留学の無料カウンセリング予約はこちら
★エジンバラ大学日本語ホームページ

イギリスでトップ10にランクされるニューカッスル大学の建築学部への入学保証付準備コースが開講決定!

今年9月入学のこのコースは、1年間の準備コース(Foundation Course)を経て、ニューカッスル大学建築学部(3年間)への入学を保証するというもの。合計4年間でイギリスの大学、しかも人気の建築学部の卒業が可能です!

0227_02.jpg
趣のある素敵なキャンパス

0227_01.jpg
デパートのような近代的な造りですがこれもニューカッスル大学のキャンパス!

0227_03.jpg
ニューカッスル駅

出願の締め切りは3月・5月・7月に設定されており、ポートフォリオ審査も必要です。
>ポートフォリオ審査とは

コースの詳細や出願方法、ポートフォリオに関するご相談はお気軽にbeo(ビーイーオー)まで↓
★お問合せはこちらから

ウォン安の影響から、韓国旅行で買い物を楽しむ日本人がニュースとなっている昨今ですが、

L6_1.jpg

 

今年1月20日に、1973年の変動相場制移行後、ポンドが最安値を更新しました。

1ポンド=125円台 です。

2007年の8月頃は、250円台を記録していましたから、その差額は、なんと

125円!!半額です。

 

1年間のイギリス大学院学費(約£8,000~£10,000 )で換算してみると・・・
2007年8月 約 2,000,000円~25,000,000円(1ポンド=250円)が、今なら・・・・
1,000,000円~12,500,000(1ポンド=125円)

余裕のできた留学資金を、留学中の旅行や、日本での準備(英語力のさらなるアップなど)に使えますね。

このポンド安を最大限に活用するためのポイントは・・・・

 1. 不況の今だからこそ、キャリアアップのための自分磨き!
 2. なるべく早く出願し、進学先を決める! (2月4日現在、ポンドは上昇傾向です)
 3. 余剰資金を留学を成功させるための投資に使う! (アカデミック・スキルの向上、事前英語コース受講など)


beoでは、イギリス大学・大学院の正式日本出願窓口として、まだまだ2009年入学の願書を受付中です。
また、日本/英国での英語準備コース、キャリア・コンサルティング(就職・転職サポート)も、ご提供しています。

ポンド安の今こそ、イギリス留学のチャンスです!

「私でも入れるコースはある?」
「こんな留学ができる?」
「キャリアアップできる留学は?」
「今から間に合う2009年の大学・大学院コースは?」

など、どんな疑問・質問もまずは、お気軽に下記までお問合せください。

★ 留学カウンリング予約はこちら
★ キャリアカウンセリング予約はこちら(就職・転職サポート)

関西の皆様、大阪オフィスが移転したニュースはもうご存知ですよね?
BEO大阪オフィス、新しい季節に心機一転!関西に新しい風を吹かすべくオフィスを移転しました。
と言っても、最寄り駅は変わっておりません。
以前と同様、大阪の中心から皆様のサポートをさせて頂きます。
今回は新しいオフィスの様子をばっちり写真に撮ってきたので、
「まだカウンセリングにも行ったことがない・・」
「行きたいと思いつつ道に迷ってしまう」
「新オフィスへの行き方をばっちり確認してから行きたい」そんな方々は必見です。

IMG_0210.JPG

最寄駅は北新地駅です。(大阪駅・阪急梅田駅からも徒歩圏内)
9番出口を出て頂いて、少し歩くと「エム・タナカ梅田ビル」が。
IMG_0207.JPG


エレベーターで9階まで上がりましょう。

これが新しいオフィスの入り口ですね。
自動ドア!
IMG_0212.JPG


そして教室!
IMG_0213.JPG

関西でもBEOカレッジ開講です。
4月からは皆さんここで英語力を上げていきましょうね!
IMG_0215.JPG

カウンセリングブースも広くなりました。
出願校についてや、留学前に不安な事はここで解決!
IMG_0222.JPG


イベントも今まで以上に開催します。
「渡英準備セミナー」「留学を成功させる英語学習法」は参加されたことのある方も多いのでは?
IMG_0234.JPG


新しくオープンした大阪オフィス、東京オフィスの私は少し羨ましい・・・
ですがこれまで以上多くの方に当オフィスを利用してもらい、
みなさんと一緒に留学を成功させる喜びは大阪スタッフと同じです。
また、大阪オフィス移転と同時に開催される、
3月31日のイギリス大学留学フェア、こちらも皆さんにとって留学をスタートさせる良いきっかけになるはずですから、是非お越し下さいね。既に多くのご予約を頂いているので、私も大阪フェアの応援に駆けつける予定でございます。
まだ予約をしていなーい!という方、今すぐお電話を。

カウンセリング予約、お問い合わせはこちら

いよいよ今年最後のブログとなってしまいました。
私はデスク周りの掃除も終わり、しみじみとしながらブログを書いています。
今年1年みなさんにとってどんな年でしたか?留学の準備を始めている方の多くは
本当にあっという間に感じていらっしゃると思います。
年が明けるともっと時間の流れを早く感じるはずです。

「留学の準備って、そんなにすることないんじゃないの~」と余裕の方も段々と目の色が変わってきます。
渡英が近づくと、「今の英語力で、向こうに行って大丈夫かな?」「ビザの申請ってどうするの?」
「まだ出願も終わってない!志望動機書って何書いたらいいんだろう・・・」

そんな時こそ、我々ブリティッシュ・エデュケーション・オフィスの出番です。
年明けから皆様と一緒にスタートダッシュ出来るように様々なイベントを開催します。
5日のイギリス留学個別相談会
を皮切りに、
9日の願書記入相談会
10日のイギリス大学院留学セミナーと続きます。

2007年は残念ながら当オフィスについて知らなかった、知っていたけど足を運ぶ時間が無かった、
偶然ブログを見つけちゃった!
そんな方たちに是非身近に我々を感じて頂きたいと思っております。
1月は4日より営業しておりますので、お気軽にご連絡くださいね。
(年末は29日までですのでこちらもお忘れなく!)

そしてイギリスの教育機関も年明けから続々オフィスに来てくれます。
1月8日ロンドン・メトロポリタン大学
アート&デザイン留学をお考えの方は見逃せません!

1月10日シェフィールド大学
シェフィールド大学への留学を考えている方は担当者と話が出来るチャンスです

是非こちらのイベントへのご予約、お待ちしております。

最後になりましたが、今年1年大変お世話になりました。至らない点もあったかと思いますが
当オフィス一同、来年も全力で皆様の留学をサポートして参りますので、どうぞよろしくお願いします。
それでは皆様、
Happy New Year!

皆さん、お元気ですか?大阪オフィスです♪
11月も終盤に差し掛かり、最近では外が暗くなるのも本当に早くなりましたね。
大阪オフィスでも出願ピークで忙しくしている中、4時過ぎにふとオフィスの外を見てみると真っ暗でびっくりなんてことも。

さて、今回の大阪ブログは前回お話できなかったブラッドフォード大学のもう一つの人気学部、ブラッドフォード大学のMBAコースについて現地からの最新情報と共にお届けしたいと思います!


前回のブログでこの大学の人気プログラムPeace Studiesについて特集いたしましたが、ブラッドフォード大学のビジネススクールはそれに負けず劣らず世界的に評価が高い学部です。

沢山の学部があるメイン・キャンパスから車で10分ほどの場所にビジネススクールはあります。
とても美しい公園の中に豪華にそびえたつ建物がビジネススクールの校舎で、昔は豪邸として所有されていたそうです。建物の中はまるで高級ホテルのようなゴージャスさ。

多彩なビジネスコースが開講されているビジネススクールですが、この大学のMBAコースはMBAコース専用の建物があり、勉強に集中するのに最適な環境が整えられていました。

また、ここだけの話、なんとMBAコース生には無料で使えるプリンターがあったりして、大学がMBAコースにすごく力を入れていることがうかがえました。

それでは具体的にどういった魅力がこのコースに隠されているのでしょうか?
世界的に有名なブラッドフォード大学のMBAコースについて担当者の方に聞いてみました!


・ イギリスのMBAコースでTop10入り(Financial Times)
・ EQUISとAMBA認定
・ イギリスの大手スーパーマーケット管理職のトレーニングセッション開講


EQUISとAMBAは、世界のMBAプログラムの水準を評価する団体で、この二つの団体から認定されてるMBAコースは数少なく、ブラッドフォード大学のMBAプログラムはその中のひとつです!

またこの大学のビジネススクールは、イギリスに行った方なら誰でも知っている某大手スーパーマーケットの管理職の方々の研修センターとしても選ばれコースを開講しています。
このような例からもわかるように、このMBAコースはかなり実践的です。
なるほど、世界的に評価が高いのも納得できますよね。


世界中から願書が集まるこのプログラムで留学を成功させるには、はやり早くからの入念な準備が避けられません。
早期出願がとても重要ですが、また他にもイギリスのMBAコースに合格するには色んな準備や心構えが必要になってきます。


BEO大阪オフィスではそんな方々に何から準備を始めるといいのか、またMBA留学を成功させるためのアドバイスを行っています。
イギリス留学を考え始めた方は是非、まず一度オフィスに足を運んでみてください。
カウンセリングを通して、きっと留学への第一歩を踏み出せると思います♪


* 尚、ただ今出願ピークにつきカウンセリングが大変混み合っています。カウンセリングは予約制になっておりますので予めご了承ください。

☆無料カウンセリングのご予約はこちらから☆

みなさん、こんにちは!大阪オフィスです。

今週も、先週に引き続き、私の体験を交えながら、オックスフォード・ブルックス大学での留学について引き続きお話したいと思います。


私の留学先、オックスフォード・ブルックス大学では、その教育水準の高さでイギリス国内で評価の高い大学です。特に、ビジネス、ホスピタリティー、観光学、ホテルマネージメント、国際関係、メディア、コミュニケーション、アート史、言語学といった分野の教育水準が良いと言われてます。


しかし、この大学の凄いところは、その高い教育水準だけではありません!


私は自分の留学生活を通して、この大学は留学生サポートにも、本当に力を入れているということを実感しました。


例えば新学期には、イギリスで大学生として生活する上での疑問を解決するオリエンテーションやセミナーが行われます。その内容は様々で、大学施設の利用法であったり、健康的な生活を送るための方法であったり、お金の管理の仕方であったり....。


また心理カウンセリングや悩み相談などは年中行っており、何か問題があればすぐに誰かのサポートを得られる体制が整っていました。


他にも特におすすめしたいのが、留学生のために開催してくれるも様々な企画です。


私が体験して特に良かったのが、


Welcome Meal


と呼ばれるもので、一日イギリス人の家庭にお邪魔してイギリスの伝統家庭料理をご馳走になるというものでした。他にもクリスマスやイースター休暇を利用して、一週間ほどイギリス人の家庭でホーム・スティができるプログラムなどがあるんです。


こういったプログラムは無料で参加でき、また普段の学生生活の中ではなかなか体験できないイギリスのローカル・カルチャーを知る上でとても有意義なものでした。


他にはアルバイトを探している留学生のサポートもあり、Visaの条件や仕事の探し方を相談できたり、学校にくるアルバイトの求人を紹介してくれます。私もこのサポートを利用して、オックスフォードでアルバイト先を見つけました。


やはり、楽しみながら、安心してイギリスで大学生活を送ることができたのも、このような留学生サポートが万全なオックスフォード・ブルックス大学だったからだなあと、つくづく思います。


私の体験談も今日でいったん終了です。来年の留学を考えている方にとって少しでも参考になりましたでしょうか?


来年4月から留学したいと思っている方、是非、早いうちにカウンセリングにお越しくださいね。来年4月からの留学を希望している場合は、遅くとも11月中には出願書類を提出する必要があります。


☆カウンセリング予約はこちらから☆
http://www.beo.jp/enquiry/counselling.html


また、4月、8月、9月からの大学学部短期留学(JYA)を提供している、ブラッドフォード大学のスタッフが11月8日(水)に大阪オフィスで個別相談会を行います!


平和学、開発学、国際関係、ビジネス、ジェンダーなどの分野で強い大学です。大学のスタッフと一対一でお話していただける個別相談会を開催しますので、ご興味のある方は大阪オフィスまでお電話ください。(TEL 06-6341-1668)


☆その他のイベントはこちらから☆
http://www.beo.jp/event/index.html

みなさん、こんにちは。
十五夜も過ぎたというのに、まだまだ、暑い日が続きますね。
このまま夏が続くのではないか・・・と、ちょっとオソロシイ気もしてきます。


さて、今週の大阪ブログはもう、ご覧いただけましたか。
日本でもインターンシップは注目を集めていますが、イギリスで英語を伸ばし、さらに職務体験までしてしまおう!なんて、とってもオイシイ話ですよね。

きっと、「よし!就職に行かせる留学をしよう!!」と意気込んでいる方も多いはず。
専門性の高い留学をしようと考えると、そのコースへの申し込みには、様々な提出書類が要求されます。


先週までは、いかに早期出願が大切かに重点を置いてお話しました。
そこで、今週はその出願に必要な書類について、お話したいと思います。

出願書類の中でも特に重要性があるのが、

推薦状


イギリス留学では、入学審査のウェイトを占め、それでいて、なかなかの曲者。
というのも、日本では、推薦状ってあまり必要になることないですよね。

オフィスに相談にいらっしゃる方からも、「推薦状ってどんな人に、何を書いてもらえばいいんでしょうか?」と、質問を受けます。


推薦状は、

ご自身のことを良く知っている方に、
勉強面や性格なども含めた視点から、
志望コースへの適性を
勧めてもらう

ものです。

従って、薄っぺら~い、うわべだけの推薦状は魅力がありません。そのため、作成してもらうには、結構な時間と労力がいるものなのです。

なので、推薦状をお願いする時も、早目に一言挨拶をしておくと,推薦人の方も快く引き受けて下さるはず。
じゃぁ、どんな推薦人が良いか?
それは、皆さんそれぞれの状況によって、変わってきます。
ですので、是非一度、当オフィスに相談に来てくださいね。

当オフィスのイベントは、イギリスの大学スタッフによるレクチャーや個別相談会だけではありません。
オフィスのスタッフによるセミナー、イギリス留学・個別相談会、願書記入相談会など、皆さんのお役に立てるイベント満載です。


皆さんの魅力を最大限にアピールできる、出願書類作成のお役に立て、志望校から合格を勝ち取ってもらえれば、カウンセラー冥利に尽きるというものです♪


それでは、来週も出願にまつわるお話を、お楽しみに☆

☆皆さんの留学を応援するイベント情報は、こちらから。

   → イベント情報一覧:http://www.beo.jp/event/

☆10月15日~17日の3日間、計28大学が参加する「2007イギリス大学留学フェア」を東京・高田馬場のオフィスで開催します。大学スタッフと直接話せる個別相談会はもちろん、イギリスの大学のレクチャーを体験できるワークショップも行います。日本にいながらにして、ご自身の志望校を見つけるチャンスです。

まだ、留学を迷っているような方も、是非お気軽にご参加下さい。

   → イギリス大学フェア詳細: http://www.beo.jp/fair/

気がつけば、9月も半ば。夏の終わりまで、みっちりと留学準備をしてきたPMP(大学院進学準備コース)の学生さんたちも、もう殆どの方々が今週末までに渡英。留学サポートに携わる私たちにとって、初秋は「旅立ち」をお見送りするシーズンでもあるのです・・・。(無事にPMPコースを終了し、体験談まで書いてくださった皆さま、ありがとうございました!いってらっしゃい!)

しみじみ・・・。

と、浸っている間もなく、もう既に、来年度入学へ向けての新たな1年がスタートしています!受け入れ側であるイギリスの教育機関も、2007年度受け入れに対して着々と準備を進め、来月の「イギリス大学留学フェア」には、やる気満々のスタッフたちが次々に来日します。


最近、オフィスへのお問い合わせの中にも、具体的な願書の記入方法や提出方法についてなど、2007年入学への出願に関する質問が増えてきました。中でも、よくお問い合わせであるのが「いつまでに出願すればよいのですか」という質問。理想を言えば、2007年秋進学の場合は、この秋に出願をして、年内には合否が決定していることが望ましいですね。でも、出願先の学校・コース、個人個人の出願書類の準備状況や、英語のスコアによっても異なりますので、詳しいご相談は、ぜひカウンセリングへ。英国留学のエキスパートであるカウンセラーが、お一人お一人のご希望や状況に合わせてアドバイスを差し上げています。


しかしながら、出願に関して1つ言えることは、「成功する留学の第一歩は早期出願にあり」ということでしょうか。だって、来年度の入学に対して、約1年前から出願を受け付けてくれるんですよ。

しかも、
‐出願順に審査に入って、
‐合否決定まで早くもらえる。

何てふところの広いこと!このシステムを利用しない手はないと思いませんか?

さらに、
‐早期出願すると合格もしやすい
のです。その他、早期出願者にはお得なことがいっぱい。詳しい内容はこちら→「早期出願のすすめ」


これを読んで焦ってきたそこのアナタ!ブリティッシュ・エデュケーション・オフィスでは、カウンセリングを通しての出願アドバイスのほか、併設カレッジにて出願対策講座を開講しています。まずはお電話を。

★カウンセリングのご予約はこちらから

さあ、善は急げ! Don't hesitate to take positive actions!!

Q: メールでの願書添削等のサポートは行っていますか?

A: はい。行っています。

忙しい方、遠方にお住まいの方の多くは、カウンセラーへの相談をメールにて行っています。相談、出願の手続き等、全てはメール連絡で進めることができますので、お気軽にご利用ください。また、大阪オフィスでも、タイプ別留学セミナー&イベントや、イギリス大学スタッフ来日個別相談会を行っております。関西方面にお住まいの方は、こういった機会もぜひご利用さい。 >イベント詳細はこちら

昨日イギリスから友人がやってきて、久々のフラットシェアにわくわくしている池田です。

お土産に私の大好きなWalkersのクリスプ(ポテトチップスのこと)をたくさん買ってきてくれました。フレーバーはもちろん、Salt & Vinegarで!イギリスに留学してこの味にはまらなかった人はいません(私の周りでは)。まだトライしたことない人は、絶対に絶対に試してください。

来日・・・といえば、1月はイギリスからのスタッフ来日ラッシュなのはご存知ですか。

新年明けすぐの、リーズ大学の特別レクチャーを皮切りに、全5大学が来日。すべての大学が個別相談を実施します。

なんだかエキサイティングな一年になる予感です。 >詳しくはイベントページへ
ところが、私はこの個別相談を皆さんがフル活用しきれていないのではないかと心配しています。

学生さんとお話すると「英語力に自信がないから」とか、「聞きたい質問がまとまっていないから」とかいう声を耳にしますが、まさにそういう心配を払拭するために参加して欲しいと思うのです。そこで今回は、今日明日と2日にわたって、活用法を伝授します。


1. 無料で生きたアドバイスをもらってしまう!

個別相談会はアドバイスをもらう機会であり、合否を決定づけるものではありません。
事実、イギリスのスタッフ自らが「たくさん質問をぶつけて欲しい。全部に答えられるかわからないが最善を尽くしたい。」と言っているくらいです。

万が一当日の担当者が答えられなくても、適切な回答をくれる担当者を紹介してくれます。プロスペクタス(学校案内)に書いてないけど、知りたいことたくさんありませんか?

2. 新たな「出会い」の機会にする!

自分の興味ある大学が明確な方は良いのですが、まだ迷っている方は是非あらゆる大学の個別相談に参加しましょう。大学のプロスペクタスを読んでいくよりも、ずっと正確で新しい情報が目の前でもらえるのです。

自分の情報収集の範囲をいとも簡単に超えて、新しい選択肢を増やすことができるこんなチャンスを見逃さないで!

どうでしょう?なかなか魅力的なイベントですよね?

・・・・続きはまた明日☆

Q: 留学について詳しく知りたいです。説明会はありますか?


A: あります。 

ブリティッシュ・エデュケーション・オフィスでは、留学セミナー、UKスタッフによる体験レクチャー、個別相談会など、毎月様々なイベントを行っています。大学・コースの選び方、出願方法、 海外スタッフ来日イベントによる留学体験レクチャーまで参加費はすべて無料です。お気軽にお申し込み下さい。

イギリスの大学/大学院はコースによって入学条件が異なります。そのため、効率的な留学準備をするには、早い段階でコースと学校を決定し、その出願方法や入学条件を確認しておく必要があります。 無駄な準備をしないためにも、各種留学準備セミナー/イベントをぜひご利用ください。

最新のイベント情報・ご予約はこちらから↓

イギリス留学セミナー&イベント情報