カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

▼Category:イギリス留学までの道のり! > イギリス留学奨学金

留学奨学金情報ページに、新しく「公益信託グラクソ・スミスクライン国際奨学基金」の情報を掲載しました。

医学・薬学・化学・生化学などの勉学・研究をしている40歳以下の方で、イギリスの大学院留学が対象の奨学金です。
年間360万円を2年間支給。2014年度の応募締め切りは5月20日です。


こうした留学支援の奨学金は、全国のさまざまな団体によって提供されています。beoの留学奨学金情報ページでは、こうした奨学金を多数ご紹介しています。ぜひご活用ください。



大和日英基金がブリティッシュ・カウンシルと提携して設立した東日本大震災被災地域の学生支援のための奨学金です。

奨学生の対象は、英国の教育機関で一定期間学ぶことを希望する高卒以上の方で、東日本大震災において被災された方、特に、岩手、福島、宮城の3県の、被害の大きかった地域の方からの応募を奨励しています。なお、現在英国で学んでいる被災地出身の方で、英国で学業を継続するために資金面での支援を必要とする方からの応募も受け付けます。

奨学金が支給されるのは2012年、2013年に開講される以下のコースです。

• 全教科における、大学学部または大学院レベルの学位取得目的のコース(大学進学準備コースや修士号準備コースなどを含む)
• 博士課程または博士号取得後の研究プログラム
• 大学や専門学校における職業訓練コース
• 英語コース(例:学業開始前の英語準備コースや語学学校の夏期コースなど)

大和日英基金東北スコラーシップ(2012/2013)の詳細

イギリス留学奨学金情報

奨学金・留学全般のお問合せはこちらから
beo/ロンドン・メトロポリタン大学共同奨学金
プリセッショナル(学期前集中英語) コース+アコモデーション費全額免除


奨学金への多数のご応募誠にありがとうございました。厳選な審査の結果、2011年度の受賞者が決定しましたのでお知らせいたします。

★奨学金受賞者インタビューはこちら


●beo / 大学共同奨学金とは・・・?

留学を目指す方のために、beoは大学と共同して奨学金制度の整備に取り組んでいます。
これまでに、オックスフォード・ブルック大学、スウォンジー大学、ヨーク大学、ロンドン・メトロポリタン大学をはじめとする複数の大学と奨学金制度を立ち上げてきました。
beo / 大学共同奨学金は、長年にわたりbeo経由で留学された学生が現地で高く評価されたことで実現した極めて特例の奨学金制度です。

★★最新の奨学金情報はこちら
2011年留学を目指されている方、すでに合格通知は受け取られていますか?

各大学、留学生も対象になる奨学金を各種用意していますが、この時期、2011年9月開始のコースを対象とした奨学金は応募締切りになる頃です。

奨学金によっては、エッセーの提出が必要なものもあります。
応募を検討されている方は、応募条件をよく確認し、万全の準備で必要書類を提出してください。

<応募締切が迫っている奨学金(一例)>
  • ブルネル大学(Brunel University)
    締切:2011年5月25日

  • ヨーク大学マネジメントスクール(The York Management School)
    締切:2011年5月27日

  • ボーンマス大学(Bournemouth University)
    締切:2011年5月31日

  • リージェンツ・カレッジ・ロンドン(Regent's College London) - European Business School London (EBS)
    締切:2011年5月31日

  • ニューカッスル大学(Newcastle University)
    締切:2011年6月30日

  • バーミンガム大学ロースクール(Birmingham Law School)
    締切:2011年6月24日
★奨学金応募に関することでご不明な点などありましたら、お気軽にbeoまでお問い合わせください
ロンドン・メトロポリタン大学と日本正式出願窓口beoは、本年度も、大学・大学院コースへ留学される方のために、プリセッショナルコースとアコモデーションの費用が全額免除される奨学生を募集することを決定しました。これは長年にわたりbeo経由で留学された学生が現地で高く評価されたことで実現した、極めて特例の奨学金制度です。
>昨年度の受賞者インタビューの模様はこちら

<条件その他>
●対象者
以下の条件を満たしている方
1.日本出願窓口beo(ビーイー オー)から出願している方
2.2011年9月開講の大学・大学院コースでunconditional offer(無条件合格)を受け取っているか、1ヶ月のプリセッショナルコース受講を条件とした条件付き入学許可書を受け取っている方(ファウンデーションコースや学部短期留学は対象外)
3.ロンドン・メトロポリタン大学およびbeoの広報活動に協力が可能な方

●支給額・内容
プリセッショナル(学期前集中英語)コース*授業料全額
上記コース開講期間中のアコモデーション費
*開講期間は2011/8/22~2011/9/16

★お問合せは今すぐロンドン・メトロポリタン大学日本出願窓口beoまで
ブルネル大学の留学生向け奨学金の受付が開始しました。

この奨学金は2011年9月からフルタイムで授業をとる学生対象で、奨学金授与者には以下の金額が支給される予定です。

■Regional awards(地域賞):£3000
■Alumni Awards(卒業生賞):£2000

締切りは2011年5月25日です。

ご希望の方は、お気軽にbeo(ビーイーオー)までお問合せください。

>奨学金・留学に関するお問合せはこちら
beo/ロンドン・メトロポリタン大学共同奨学金
プリセッショナル(学期前集中英語) コース+アコモデーション費全額免除


奨学金への多数のご応募誠にありがとうございました。厳選な審査の結果、2010年度の受賞者が決定しましたのでお知らせいたします。

★奨学金受賞者インタビューはこちら


●beo / 大学共同奨学金とは・・・?

留学を目指す方のために、beoは大学と共同して奨学金制度の整備に取り組んでいます。
これまでに、オックスフォード・ブルック大学、スウォンジー大学、ヨーク大学、ロンドン・メトロポリタン大学をはじめとする複数の大学と奨学金制度を立ち上げてきました。
beo / 大学共同奨学金は、長年にわたりbeo経由で留学された学生が現地で高く評価されたことで実現した極めて特例の奨学金制度です。

>奨学金情報詳細(2010-2011年度)
日本英語検定協会/ニュージーランド航空 /海外教育研究所が協同してIELTS受験生を応援しています!IELTSを受験し、スコア4.0をクリアした応募者の中から抽選で下記が当たるキャンペーン開催しています。
  • 英語学習給付金(毎月1万円を1年間、計12万円)
  • ニュージーランド高級往復航空券
  • 海外主要大学の入学金
【対象者】
- 現在日本国籍を有し、日本国内の短大、大学、大学院に在籍している方
- 海外の大学・大学院・大学付属の語学研修期間での2週間以上の留学を希望する方
- 締切日までにIELTS4.0以上を取得、または過去に取得経験のある方

【応募締切】2010年10月15日(金)

>詳しい応募条件・方法はこちら
過去にIELTSを受験した方でも応募できるそうですよ!

★留学費用、奨学金に関するご質問はこちら
「第2回 beo 10周年記念奨学金」の説明会を開催します。

大学院留学の情報収集としてもお気軽にご参加下さい。

◆2011 年大学院留学攻略セミナー&beo GC 奨学金説明会

<日程>
(1) 7月30日(金)19:30~21:00
(2) 8月18日(水)19:30~21:00

<会場>
beo 大阪オフィス

<内容>
・大学院留学を成功させるために必要な準備
・希望の大学院から合格をもらうための秘訣
・大学院での成績が重視される留学後の就職活動について
beo 10周年記念奨学金制度と、対象コース「大学院留学準備コース beo GC」について

<参加方法>
Web    :http://daigakuin-ryugaku.jp/course/graduate-certificate.html#seminar
電話    :beo 大阪 06-6371-1116

2010年度のファウンデーション・コース奨学金申込受付中!
支給額:1195ポンド(授業料の10%に相当)。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

>奨学金、留学 全般のお問合せはこちらから


Compact Course と Intensive English Courseでお得なキャンペーン実施中!
2010年6月30日までにコースへ申込みされた方に限られますので、お急ぎ下さい。

4週間以上申込で1週間サービス !
8週間以上申込で2週間サービス !
24週間以上申込で3週間サービス !
30週間以上申込で4週間サービス !

お金をかけずに長い期間語学留学できるチャンスです。この機会をお見逃し無く!

>語学留学に関するご相 談はこちらから【無料】
>夏の特別コース「サマースクール」申込受付中

★キングス・カレッジズのホームページはこちら(英語)
ノッティンガム・トレント大学と日本正式出願窓口beo(ビーイーオー)は、大学・大学院コースへ留学される方のために、1000ポンドの奨学金を 授与することを決定しました。これは長年にわたりbeo経由で留学された学生が現地で高く評価されたことで実現した、極めて特例の奨学金制度です。

募集要項

対象者:
下記の条件を満たしている方
  1. 日本出願窓口beo(ビーイーオー)を通して出願すること
  2. 2010年9月開講の大学・大学院コースに合格し、入学の意志を伝 えていること
  3. 奨学金授与が決定してから3週間以内に学費を支払えること
支給額・内容:
1,000ポンド

応募方法・問い合わせ先:
ノッティンガム・トレント大学日本出願窓口 beo(ビーイーオー)

ノッティンガム・トレント大学
実践的な教育を提供するノッティンガム・トレント大学は、イギリスで最も高い就職率を誇る総合大学です。6,000を超える企業と緊密な関係を維持しており、卒業生の多くが競争力ある人材として世界で活躍しています。

【注目のコース】ビジネス、人文学、理学、アート、シアター・デザイン、ガーデニングなど

奨学金、留学全般のお問合せはこちら
ノッティンガム・トレント大学日本語ホームページはこちら
スウォンジー大学と日本正式出願窓口beo(ビーイーオー)は、2010年度の人文・文化学部(Arts and Humanities)のプログラムへ留学される方のために、2,000ポンドの奨学金を授与することを決定しました。これは長年にわたりbeo経由で留学された学生が現地で高く評価されたことで実現した、極めて特例の奨学金制度です。

beoから出願してスウォンジー大学の人文・文化学部のプログラムへ留学される全ての方が同奨学金を受け取ることができます。

募集要項

対象者:
下記の条件を満たしている方
  1. 日本出願窓口beo(ビーイー オー)を通して2010年7月1日までに出願すること
  2. スウォンジー大学人文・文化学部(Arts and Humanities)へ2010年に留学される方
支給額・内容:
授業料9,500ポンドのうち、2,000ポンドが免除されます

応募方法・問い合わせ先:
スウォンジー大学日本出願窓口beo(ビーイーオー)

スウォンジー大学 人文・文化学部(Arts and Humanities)

1920年の設立以来、スウォンジー大学は学術的にも優れた研究大学として知られています。大学の規模は、500以上の学士コースと130もの修士コースを用意しており、総学生数は1万2000人を数える大規模校です。

人文・文化学部のプログラム一例:
開発と人権 Development and Human Rights
国際コミュニケーションと開発 International Communication and Development
国際関係 International Relations
翻訳と言語科学 Translation with Language Technology
政治学  Politics
英語教授法 TEFL
公共政策 Public Policy

上記の他にも、様々なコースが開講されています。

★コースの詳細についてさらに詳しく(スウォンジー大学サイト)
出願は7月1日締切りですのでおいそぎください!
海外の教育機関との提携・協力によって運営されているbeo(ビーイーオー)。beoでは常に最新の奨学金情報を提供しています。

【注目の奨学金はこちら】










通称UEAとして知られるイースト・アングリア大学(University of East Anglia)。特に開発学部(School of International Development)は、イギリス国内の開発学の有数の教育機関であり、研究機関としてのみならず専門家へのトレーニングも行っています。

このたび、イースト・アングリア大学開発学部にて、新たに日本人向けの奨学金が創設されることが決定しました。

◆ 学士課程: 毎年500ポンド、2010年2月末までに入学が決定した方
◆ 修士課程: 留学生向け奨学金1000ポンドに加え新たに500ポンド、2010年2月末までに入学が決定した方

イースト・アングリア大学開発学部日本人向け奨学金の締切は、2月末
イギリス開発学留学をご希望の方、留学奨学金授与をご希望の方は、お早めにご相談ください。




先日、Financial Times Global MBA Ranking 2010の発表をお知らせいたしましたが、今回はそのフィナンシャル・タイムズ(FT)による世界MBA大学ランキングトップ100にも堂々ランクインしたアストン大学ビジネススクールの特待研究生募集についてお知らせいたします。 

 ----------------------------------------
2010年度フィナンシャル・タイムズによる世界MBA大学ランキングで、見事トップ100にランクインを果たしたイギリスの名門ビジネススクール。
 イギリスに数多くの名門ビジネススクールがあるにもかかわらず、世界ランキングになると、ランクインしたのはわずか16校のみ。アストン大学ビジネススクールは、近年のめざましい経済貢献が評価され、2010年度見事トップ100に選抜。
 ----------------------------------------

アストン大学ビジネススクールは、このたび、2010年10月より8名の特待研究生こと、Graduate Teaching Assistant (GTA)を採用することを決定しました。 
Graduate Teaching Assistantとは、いわゆる大学院助手・TAのこと。
 より優れた研究者を生み出すべく、アストン大学ビジネススクールでは、新たに採用されたGTAに対し、年間£20,000(約300万相当)の研究費用を3年間にわたり授与します。 

さらに、アストン大学ビジネススクールの博士課程(フルタイム)に進学予定の学生なら、誰でも応募することが可能!

 このGTA応募締切は、4/30...ということは、それまでにアストン大学ビジネススクール博士課程の合格を勝ち取るには、あとわずか3ヶ月弱大学の指定するIELTSスコアを獲得して英文履歴書を作成して志望動機書を書いて願書を記入して...など、イギリス留学には準備がたくさん。
  

★ イギリス留学合格の秘密--------------- 
いわゆる入試のないイギリス大学院留学は、ライバルの少ない時期に出願したほうが合格率が高くなります。 
2010年9月入学を目指した出願者の次のピークは、3月。 
早期出願にて希望校合格を目指しましょう。 
---------------------------------------- 


イギリス大学院留学の中でも人気留学先のエジンバラ大学2010年度版ガーディアン大学ランキングでも、堂々の第7位にランクインするほど、質の高い教育で知られています。

Sir_Edin.jpg
-----------------------------
-----------------------------


【写真右→】
エジンバラ大学学長
Professor Sir Timothy O'Shea とともに。




2010年留学、2011年留学をご検討の皆さんに朗報です!
このたび、エジンバラ大学では、博士課程(PhD)にて留学する学生の皆さんへの、奨学金給付が決定しました。

◆ 奨学金の種類は約60種類!
◆ 奨学金給付人数は100人以上!
◆ 奨学金総額600万ポンド(約9億相当!)

奨学金の使い道や、給付金額は、奨学金の種類によって様々。基本的には、エジンバラ大学の博士課程で学ぶ学生が、さらに研究を進めるための費用や、将来起業するための資金などに充てられます。

なお、エジンバラ大学博士課程以外にも、学士課程・修士課程を修了すると、イギリスで最大2年間の就労が可能!エジンバラ大学奨学金は、イギリス留学を通じて、グローバルに活躍する絶好の機会です!




皆様、明けましておめでとうございます。
本年もbeo(ビーイーオー)を宜しくお願いいたします。

2010年、beoは10周年を迎えます!

日本初のイギリス正規留学無料サポート機関として2000年にスタートしたbeo。
これまで支えてくださった皆様への感謝と、次なる10年に向けての一歩として、
今年一年、様々な企画や記念イベントを実施!
beo10周年スペシャルウェブサイトから常に最新の情報をチェック!

今回、ブログをお読みくださった皆様に
beo10周年記念スペシャルイベント第1弾を一部公開!


詳細はbeo10周年スペシャルウェブサイトにて随時発表予定!

2010年に創立10周年を迎えるbeoを何卒宜しくお願いいたします。


INTOクイーンズ大学ベルファストの学部進学準備コースの授業料の£4,500が免除されます。
また、準備コース修了後、クイーンズ大学ベルファスト大学学部に入学すると、一年目の授業料から£4,500が免除されます。

合計で£9,000の奨学金のチャンスです!
詳細・応募方法は、出願窓口のbeo(ビーイーオー)まで、お早めにお問合せください。

★ 奨学金応募について・留学の無料カウンセリング予約はこちら
★ クイーンズ大学ベルファストの大学学部進学準備コースの詳細はこちら
リージェンツ・カレッジ・ロンドン(Regent's College London)では、 BA (Hons) International BusinessかBA (Hons) International Events Management degreeで学ぶ学生を対象に、全額授業料の奨学金を用意しています。

リージェンツ・カレッジは、世界的に評価の高い5つのスクールから成る学際的なキャンパス・コミュニティーです。特にビジネススクールは、卒業後のキャリアを重要視した専門的なカリキュラムが組まれ、就職活動の手伝いを積極的に行っているのが魅力です。

リージェンツ・カレッジ・ロンドンのビジネススクールへ留学し、国際的なキャリアを目指す絶好のチャンスです!

★リージェンツ・カレッジ・ロンドン奨学金への応募はこちら!
★リージェンツ・カレッジ・ロンドン日本語ウェブサイトはこちら
今日はオフィスから少し出て、ブリティッシュ・カウンシルでイベントを行いました。

マンチェスター大学バーミンガム大学ダラム大学ランカスター大学オックスフォードブルックス大学からの委任により、大学を代表して各コースの特徴について詳しく説明を行いました。

ブリティッシュ・カウンシル
留学準備の1年の流れは?           各大学の特徴について詳しく説明

beoはイギリス教育機関の日本正式出願窓口として、
各大学について理解を深めていただくための活動を行っています。

今日のようなイベントももちろんそのひとつ!
留学に関するイベントも含め、いろいろなイベントを開催しています。
無料でご参加いただけますので、留学に少しでもご興味をお持ちの方はお気軽にご参加ください!

【英国大学説明会 at ブリティッシュ・カウンシル】
★6月2日(火)18:00-20:00 英国5大学説明会
バーミンガム大学、ブリストル大学、キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)、マンチェスター大学、サセックス大学
詳細・ご予約はこちら
★6月16日(火)18:00-20:00 英国5大学説明会
エジンバラ大学、ロンドン・メトロポリタン大学、オックスフォード・ブルックス大学、ロンドン大学クイーン・メアリー
詳細・ご予約はこちら

いよいよ4月ですね☆ 桜も咲き、このブログをご覧いただいている方の中には、新しい環境でスタートされている方も少なくないのでは!


さて、実は私、先日引越しをしました。家具も買い替えたので、銀行口座が冬の状態です。皆様の中には、将来のイギリス留学を考えながら銀行口座をいかに春にしておくか、を考えている方、多いのではないでしょうか。留学にかかる費用は、大きいですものね。


しかしっ!考えようによっては、先行投資! イギリス大学選びと一緒に奨学金も考えてみてはいかがでしょう。チャンスさえあれば、ぜひつかんでいただきたいものです。


といわけで、今回は、奨学金のなかでも留学生に奨学金を与えている学校をいくつかご紹介いたしましょう。


★リーズ大学★ 
学部ごとに、様々な奨学金を出していますので、そのうちのいくつかをご紹介いたします。

1:POLIS Taught Postgraduate Scholarship (International Students) 
人気のPOLISの修士コースへの進学者(留学生)に3000ポンドの奨学金です!

2:School of Sociology & Social Policy - Full Fee Bursaries for International Students 
社会学・社会政策学部への留学生に全額免除のチャンス! 

3:School of Education - MA Study Scholarships
教育学部が出している修士コース入学の留学生に1500ポンドのバーサリー! 


★イースト・アングリア大学★ 
留学生のために、毎年合計で50万ポンド以上の奨学金を用意しており、出願書類の審査の結果により、授業料の10パーセントから50パーセントの奨学金をEU圏外からの留学生に与えています。しかも、面倒な奨学金申請の書類も必要なし!願書の所定の欄にチェックを入れるだけで、奨学金の審査をおこなってくれます。とってもありがたいですね~!

>>>詳しくはコチラ
http://www.international.uea.ac.uk/Scholarship/ScholarshipJapan.htm
 

★オックスフォード・ブルックス大学★
学校側が出している、ファウンデーション・コース入学者を対象とした奨学金はなかなかありません。しかし!オックスフォード・ブルックス大学では、International Foundation Diploma (IFD) とFoundation Diploma in Liberal Arts (FDLA) に入学する学生の中から無条件の入学許可を得ている学生を対象に、4名をエッセーにより選出し、授業料の半額までの奨学金を与えています。 

>>>詳しくはコチラ
http://www.brookes.ac.uk/icels/icels_ancillary/found_acc/icels-scholarships.html

上記以外でも、様々な大学や大学の学部が留学生を対象とした奨学金を提供しています。学費の全額免除はなかなか難しいのが現実ですが、1000ポンドくらいの奨学金であれば、当オフィスでサポートさせていただいた学生のなかでも貰っている人は少なくありません。みなさんも是非、奨学金(キーワードは、Scholarship、 bursary)をうまく活用していってくださいね。


なお、上記で紹介させていただいた奨学金を与えるための審査材料としては、出願書類(成績証明書、推薦状、自己推薦文)と英語のスコアから選ぶ学校が多いようです。
それでは、来週も引き続き留学形態についてお話いたします。お楽しみに☆


★イギリス大学奨学金情報のページはこちらから
★2時募集受付中!アカデミック英語コースはこちら
★「大学院進学準備コース説明会&テスト!」4月21日(土)東京で開催のイベント 詳細・ご予約はこちら

6月も中旬に入ってきましたね。気温と一緒に湿度も上がってきましたよねぇ。
私は衣替えと一緒にファンデーションも夏用に変えて、なんだか過ごしやすくなった気がします。


生活するって色々買うものが絶えなくて、お金がかかりますよねぇ・・・とまだまだ月の真ん中で嘆いている場合ではないのに、ぼんやり考えてしまう池田なのでした。


・・・というわけで、今週は留学準備の現実問題、お金の話をしようかなと思います(←個人的発想?)みんな気になっていますよね?


これまでこのBlogでは、いろんな留学準備失敗談をお披露目してきた私ですが、実は最大の失敗談・・・というか悲劇をまだお話していませんでした。


私が留学した年、1998年(あ~年齢がバレる!?)は、アジアの通貨危機で、なんと為替レートが1ポンド=258円というあり得ない数字を叩き出した年だったのです。それまで、円も調子が良かったので、私の留学予算は1ポンド=180円で計算されており、当然のことながら私の計画は大幅に狂ってしまったのです。


私の両親だって泣きましたよ~。
そして1年の留学生活を終えて、私が帰国するときのレートはなんと1ポンド=165円!1ポンドあたり90円も損をしたのでした(号泣)!なので皆さんには、1ポンド=220円くらいの予算を組んでおいていただくと、より安全なのでは?とアドバイスしたいと思います。


イギリスに1年間正規留学をした場合、おおおそ350~400万円くらいの予算が一般的です。(MBAなどのコースは当然例外)大学で開講されているコースなら、ファンデーション・学部・大学院、いずれも年間7500ポンド前後~(約165万円前後)というのがよく見る数字でしょう。で、生活費は寮費・ホームステイと食費など含めて、学費と同じくらいあると良いといわれていますから(ロンドンは除く)、やっぱり330万円は最低ラインとして考えるのが良いでしょうね。


学生さんの中には、アルバイトでの補助を考える方もいらっしゃるようですが、正直言ってこれはお勧めできません。学校の授業が精一杯で、アルバイトなんて全くできないと思います。少なくとも最初の一年は。複数年滞在する方の場合、夏休みなどの長期休暇を利用することは可能かもしれません。だから、仕事があったらラッキー!くらいの心持ちで行きましょう。アルバイトや現地での収入を当てにして経済面の計画を立てると、VISAが降りないことだって考えられます。


そこで皆さんには計画的な貯金はもちろん、日本で手配していける奨学金を探しておくことをお勧めします。私の経験から言って、もともとイギリスの大学が出してくれる奨学金は、開発途上国の学生やEUの学生が対象になっているものが多く、日本人が応募できるものはとても少ないのです。


また、奨学金の可能性が高まるのは研究過程なので、学部や大学院修士課程では多くを期待できないものです。ですから、まずは計画を立てる初期段階で、自費でどこまで準備できるかを冷静に見極めなくてはなりません。

ただし、ブリティッシュ・エデュケーション・オフィスでは奨学金の情報もしっかり集めております。

こちらをご覧あれ☆

http://www.beo.jp/faq/scholarship.html


お金はね、大切です。(どこかの保険会社のCMでアヒルも歌ってますもんね。。。)
私が留学中にお金を余分に準備しておいてよかったな、と思ったのはいつも本屋さんのレジの前。イギリスってね、本が高いんです。特に学術書でハードカバーとかだったら、涙が出ちゃうほど高い(学内の本屋さんなら10%くらいオフになるかも。)!でも、本当に良い本なら、図書館で借りたり・返したりを繰り返すより、手元においておきたいと思うものです。私は結構な量の本を買ったので、今思うと苦しいながらも「ゆとり」を持っておいて良かったと本当に思います。


というわけで、今回はちょっとシビアなお金のお話でした。。。
計画的な準備は、英語力もお金もね!
あ!イギリス留学は高い!って思っちゃいました?


でもね、それだけの投資の甲斐はありますよ。だって本当に高水準の教育が受けられますから☆これは私のお墨付き♪です。

>大好評!無料留学セミナー「ゼロから始める大学院留学準備」日程はこちらから
>留学Q&A 費用についてはこちらから

>日本でできる準備コースはこちらから