カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

▼Category:イギリス留学までの道のり! > イギリス留学面接突破法

今日はbeoに新しく加わったスタッフをご紹介します。

0605.jpg










リーズ大学・大学院で哲学を学んだローランド
チューター、教師、アドミニストレーターとしてイギリスの各大学に勤めた彼は、beoで最も頼れる存在の一人。すでに全員から厚い信頼を集めています。

これまでの経歴
大学院生時代からチューターとしてクラスを持つ
私は南ウェールズのカーディフで育ったのですが、もともとの生まれは北イングランドのリーズです。北イングランドの美しい景色、少し寒くて湿気のある天気を今では時折懐かしく思うことがあります。

 リーズ大学院で哲学を専攻していた学生時代、私はチューターとして、リーズ大学の哲学のクラスや医学部の応用倫理学のクラスを受け持っていました。

気づけばリーズ大学に8年
大学卒業後は、リーズ大学の応用倫理学センター(Applied Ethics Centre for Excellence in Teaching and Learning)で働く一方、リーズ・メトロポリタン大学で講師としてスポーツ社会科学(Sociology and Philosophy on the BSc Sport and Exercise Science Programme)の教鞭をとり、シェフィールド大学の哲学科のチューターとしてキャリアを並行させました。

そしてその後、リーズ大学のリサーチ・スチューデント・アドミニストレーション、ランゲージ・センターにアドミニストレーターとして職種を変えて戻ることになります。
大学入学当初には夢にも思いませんでしたが、なんと私は8年もの時間をリーズ大学で過ごしたのです。

大学での仕事
3つの視点から大学をみる
いろいろな大学で様々な仕事をしてきましたが、どれもやりがいのありものばかりでした。 あらゆる分野の専門家と一緒に働く毎日はとても刺激に溢れています。大学の中で働くことで、大学職員がどれだけ学生のことを気にかけているのかも知ることができました。

「学生」「教師」「アドミニストレーター」と異なる視点から、リーズ大学のような大きな総合大学がいかに組織・運営されているかをみることができたのは大変有益でした。

beoでの役目
教育はイギリスの誇り
イギリスの高等教育のすばらしさをもっと多くの方に伝えたいと思いbeoに入りました。 私は長年イギリスの教育機関で働いてきましたが、イギリスの教育の質は、イギリスが世界に誇れるもののひとつだと思います。世界中から学生が集まるイギリス。これだけ多くの学生が、イギリス留学に興味を持ってくれているのはとても嬉しいことです。

 beoでの仕事内容
  • VISAレターを始め、トラブル発生時に対処(現地に連絡をとり交渉をおこないます)
  • 志望動機書(Personal Statement)の添削
  • beoを利用されている方のために、大学スタッフや教授陣との直接面接をセッティング
  • 英語力診断・英語学習アドバイス
  • 現地での生活など、留学全般のアドバイス

★beoスタッフ全員紹介!スタッフプロフィールはこちらから
今日はオフィスから少し出て、ブリティッシュ・カウンシルでイベントを行いました。

マンチェスター大学バーミンガム大学ダラム大学ランカスター大学オックスフォードブルックス大学からの委任により、大学を代表して各コースの特徴について詳しく説明を行いました。

ブリティッシュ・カウンシル
留学準備の1年の流れは?           各大学の特徴について詳しく説明

beoはイギリス教育機関の日本正式出願窓口として、
各大学について理解を深めていただくための活動を行っています。

今日のようなイベントももちろんそのひとつ!
留学に関するイベントも含め、いろいろなイベントを開催しています。
無料でご参加いただけますので、留学に少しでもご興味をお持ちの方はお気軽にご参加ください!

【英国大学説明会 at ブリティッシュ・カウンシル】
★6月2日(火)18:00-20:00 英国5大学説明会
バーミンガム大学、ブリストル大学、キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)、マンチェスター大学、サセックス大学
詳細・ご予約はこちら
★6月16日(火)18:00-20:00 英国5大学説明会
エジンバラ大学、ロンドン・メトロポリタン大学、オックスフォード・ブルックス大学、ロンドン大学クイーン・メアリー
詳細・ご予約はこちら
beoに新しく入ったもの...これです!
遠隔地にいる者同士がお互いに顔を見ながら話しをすることができるビデオコンファレンスシステム★

ビデオコンファレンスシステム
画面のサイズは52インチ!

海外の大学の面接を受けたり、教授にコース詳細について質問をしたり、ポートフォリオのアドバイスをもらったり...

日本にいながらにして海外と直でつながることができるのです!

このビデオコンファレンスシステム、画質はもちろんのこと音質もすばらしいのです。(ノートをめくる音まで拾ってしまうほどなんです)

気になる大学や面接を受けたい大学がありましたら、お気軽にカウンセラーにご相談ください!

★カウンセリング予約はこちら

さて、個別相談会の良さはまだまだあります。
昨日の続きのアドバイス。今日は、多くの学生が見落としている知られざる個別相談の素晴らしさについて語ります。


3. 直接願書を手渡してアピールできる!

エジンバラ大学個別相談会多くの大学が、個別相談会の席で願書を受け取ってくれます。ですから、現地の担当者にアピールするチャンスとして活用しない手はありません。

大学には山のように積もった願書が。その中で出願者の顔が見えるなんて、担当者にとっても印象的なことに違いありません。それに、日本と違って不安定な郵便事情に悩むことなく、しっかり願書が届くのが見えるなんて、安心ですよね。
(写真:エジンバラ大学インタビューの様子)

4.大学の見えない「良さ」を知る!

私がこれまで出会ってきた留学成功者の中には、自分の当初の希望大学とは別の大学に進学した人が少なくありません。

この人たちは、たいてい個別相談会などで現地のスタッフの暖かさや熱心さに打たれて大学を決めています。でも、それってとても重要。だって、目の前で確かに見たスタッフの暖かさは大学全体を象徴するものだから。

だから、個別相談であったスタッフに魅了されて選んだ大学で、想像以上に素晴らしい体験をして帰ってくる人がいるというのは納得なのです。

紙の資料やWebではわからない大学の良さを見に来ませんか?

5. 自分の真の英語力に向き合う!

個別相談会には通常通訳がつきます。でも、私は是非学生の皆さんに、「自分の言葉」で話してもらいたいのです。

そこにはあなたの個性が表れて、あなたの強みが大学にとって「欲しい!」と思ってもらえるからです。それに、現在の英語力を現地の担当者に素直に見せてしまうことで、「心象が悪いのでは?」と心配する人もいるようですが、

それは逆です。逆!

現地の担当者は今のあなたに必要なアドバイスをしっかり教えてくれます。どうやったら、「大学へ入れるか」という可能性を膨らませるアドバイスのために、個別相談会があるのですから。ちなみに、専門用語など「大学で生きる」英語を身につけたいなら、レクチャーやワークショップへの参加も有効です。

なんだか年内最後と思うと力が入って・・・書きすぎてしまいました。

でも、お役に立ったらうれしいです。

2006年は犬年・・・負け犬街道まっしぐらの私も、素敵な一年にしたいと思いますので、
ブリティッシュ・エデュケーション・オフィスともども来年もよろしくお願いいたします。

良いお年を☆

昨日イギリスから友人がやってきて、久々のフラットシェアにわくわくしている池田です。

お土産に私の大好きなWalkersのクリスプ(ポテトチップスのこと)をたくさん買ってきてくれました。フレーバーはもちろん、Salt & Vinegarで!イギリスに留学してこの味にはまらなかった人はいません(私の周りでは)。まだトライしたことない人は、絶対に絶対に試してください。

来日・・・といえば、1月はイギリスからのスタッフ来日ラッシュなのはご存知ですか。

新年明けすぐの、リーズ大学の特別レクチャーを皮切りに、全5大学が来日。すべての大学が個別相談を実施します。

なんだかエキサイティングな一年になる予感です。 >詳しくはイベントページへ
ところが、私はこの個別相談を皆さんがフル活用しきれていないのではないかと心配しています。

学生さんとお話すると「英語力に自信がないから」とか、「聞きたい質問がまとまっていないから」とかいう声を耳にしますが、まさにそういう心配を払拭するために参加して欲しいと思うのです。そこで今回は、今日明日と2日にわたって、活用法を伝授します。


1. 無料で生きたアドバイスをもらってしまう!

個別相談会はアドバイスをもらう機会であり、合否を決定づけるものではありません。
事実、イギリスのスタッフ自らが「たくさん質問をぶつけて欲しい。全部に答えられるかわからないが最善を尽くしたい。」と言っているくらいです。

万が一当日の担当者が答えられなくても、適切な回答をくれる担当者を紹介してくれます。プロスペクタス(学校案内)に書いてないけど、知りたいことたくさんありませんか?

2. 新たな「出会い」の機会にする!

自分の興味ある大学が明確な方は良いのですが、まだ迷っている方は是非あらゆる大学の個別相談に参加しましょう。大学のプロスペクタスを読んでいくよりも、ずっと正確で新しい情報が目の前でもらえるのです。

自分の情報収集の範囲をいとも簡単に超えて、新しい選択肢を増やすことができるこんなチャンスを見逃さないで!

どうでしょう?なかなか魅力的なイベントですよね?

・・・・続きはまた明日☆