カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

留学保険でストレスフリーな留学生活を送ろう!

今日はどんよりですが、雨が降っていないので良いですね。でも、太陽が恋しいよぅ。早くお日様でないかなぁ。週末、ウィンブルドンの男子シングルス決勝を見ていたら、向こうは凄く良いお天気でびっくりしました。ものすごい青い空が広がっていて、今年のイギリスの夏はことさら美しいようですね。


さて、ここのところ学生さんからの「行ってきます」メールが増加しました。寂しくなります。人によっては一年以上のお付き合いの方もいるわけで、留学実現に「おめでとう!」という気持ちと寂しさとが入り混じって、少し複雑な気持ちになります。皆さんは順調に出発前の準備、進んでいますか?荷物は少なめに!というのは頭で分かっていても、いざパッキングが始まると、あれもこれも・・・となってしまいませんか?私なんて、何を隠そう出発時の荷物が23kgオーバーで、超過料金95000円を請求された人ですから・・・みなさんどうぞお気をつけて。


ところで、留学保険に加入したほうが良いのでしょうか。というご意見たくさんいただきます。加入を迷う学生さん多くは、クレジットカードに付帯の保険があるということと、イギリスでは国民健康保険に入ると医療費が無料になるという情報があるから、のようです。でもね、皆さん、「留学保険」と銘打っているからには、他ではカバーできないことがあったりするわけです。だから「留学」するなら「留学保険」。これはシンプルに加入を考えたほうが良いでしょう。


なぜなら・・・


①カード付帯の保険では限界がある


イギリスはカード社会なので、クレジットカードは持っていたほうが良いです。持っていない方は是非作って!でも、カード付帯の保険って、どこまでカバーされますか?補償の対象をしっかりと見極めておくのがとても大切だと思います。留学保険は、死亡・後遺障害の補償が充実しているのはもちろんですが、盗難・破損・疾病など日常で起こりがちな問題に対する補償もばっちりです。また、(あんまり考えたくはないですが・・・)重病や大事故などで日本からご家族を呼び寄せたり、ご自身が緊急で帰国する必要などが出てきた場合の旅費なども補償されます。とにかく、現地での生活がスムーズに行くようなサポートをしてくれて、万が一の時にも力強い味方になってくれる、そんな保険であることを確認して、保険を選びましょう。


②国民健康保険(NHS)は医療費をカバー


イギリスにフルタイムの学生で半年以上滞在する方は、イギリスの国民健康保険NHS(National Health Service)に加入することができます。これに加入するとほとんどの医療費が無料になります。ですから、その点では安心ですが、NHSは文字通り医療に関するサポートですから、前述のとおりもしも対物に関する補償が必要なときには利用することができません。また、緊急の際の各種サポートも同様です。それから、NHSでカバーできない歯科疾病に関しても、留学保険では力になってくれたりします。


海外での生活は予想以上にストレスフル。しかも、日本だったら平気なことが、海外だととても大変だったりします。ですから、サポートの綱は強くてしっかりしたものを、用意しておきましょう。


保険へのご加入は、オフィスにお越しいただいても、オンラインでも可能です。お手続きはとっても簡単ですから、是非加入していきましょう!ちなみに、成田空港で加入しようと思っていらっしゃる方は要注意!カウンターで取り扱っている保険は、旅行向けのものが多いですから、留学保険のような包括的なものをご希望の場合は、是非事前に申し込みをしましょう。何しろ、保険は自宅を出た瞬間からかかるわけですから、成田空港までに何かあったら大変!是非出発前の準備の一環として早めに準備をしてしまいましょう!

>留学保険についてのページはこちら

Newer : 出発前準備のクライマックス!? - 入国査証(VISA)をゲットしよう

Older  : 満員御礼!? 人気大学のPre-Sessionalが定員になってきました・・・