カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

▼Category:イギリスで遊ぶ! > イギリス旅行

寒い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしですか。

beo(ビーイーオー)ではbeo London OfficeよりAdvent Calenderのクリスマス・カードが届いて、クリスマスを指折りに待っているところ。
 ★   Advent Calenderとは!?
 ★ クリスマス・カードの書き方!?12/15(火)beoクリスマスパーティー開催予定!


今日はそんなイギリスのクリスマスについて、お話します。

寒い木枯らしが舞う季節になると、イギリスの街はガラりと模様替えをします。先日、表参道の何年ぶりかのイルミネーションが大々的に取り上げられましたが、キラキラのデコレーションはイギリスの街も同じ。

私がついイギリスらしいと感じてしまうのは、クリスマス・マーケットに、スケートリンク、観覧車やメリーゴーランド。しかもこれまた豪速・・・笑 寒さがMAXなところで、mulled wineで温まるのは、なんとも乙なものです。(お正月に甘酒を飲む気分とかぶるような。。)
 ★   mulled wineとは!?
 ★ 馬場がイギリスに染まる日!12/15(火)beoクリスマスパーティー開催予定!


glasgow winter 1.jpg
glasgow winter 3.jpgglasgow winter 2.jpg
glasgow xmas market.jpgglasgow winter 4.jpg
1. 英語でトナカイは!?
2. スケートの際は防寒で!
3. 豪速・・・
4. これまた豪速・・・
5. いろんな国のお菓子や雑貨が
  立ち並びます。





以上、写真も含め、私の学部短期留学の思い出。グラスゴー・エジンバラ・バーミンガム・ロンドンのイギリス各都市のクリスマスマーケットはもちろん、ドイツ・ベルギー・フランス・イタリアなど、ヨーロッパのクリスマス・マーケットも周りました。(現地の友達を訪ねて旅行しまくりました。バイト代もすっからかん。)

今となってみれば、日本からの甚大なるサポートと、時間が許すからできたこと。
幸いに良い友達にもいっぱい恵まれました。
同時に課題や試験、就活に単位互換、卒論など辛い思いもいっぱいしました。

beo(ビーイーオー)では、来る12/11(金)に「大学生のための1年間休学留学セミナー」を開催いたします。

◆ 後悔先に立たず!?
◆ 今、就活で「学生時代1番頑張ったこと」を聞かれたらギクリ!?
◆ 将来仕事で英語力やコミュニケーション力を活かしたい!
◆ 国際的な視野を養いたい!
◆ 海外と日本の架け橋になりたい!
◆ 専攻分野をもっと深めたい!
◆ 異文化交流したい!
◆ 日本の大学に取得単位を互換して卒業したい!【単位認定留学】
◆ やっぱり自分の好きな大学に行きたい!【私費留学】

などなど、上記に1つでも当てはまることがある場合には、是非お気軽にお越しください。
1年間の最も効果的な過ごし方とその準備方法をお伝えします。

また、リーズ大学への学部短期留学経験者が現地での体験談をお話いたします。

★ 北の最強学生街!リーズ大学についてはこちらから。

リーズ大学とは学部短期留学とは、どんどんご質問ください。
同じ経験者だからこそ語れる生の声は必聴です!
2010年4月あるいは9月から休学留学を検討中の大学生、
迷っているなら、まずは話を聞いてみるだけでも、ビジョンが固まってきますよ。

「大学生のための1年間休学留学セミナー」ご予約はこちらから。

ちょっといろいろ迷っている・・・
じっくりしっかり留学相談はこちらから。


日本人としては嬉しいことに、この度日本人観光客がBest Touristsに選ばれました!

Japanese tourists - seen as clean and tidy, polite, quiet and uncomplaining - came top for the third year running. ─BBC NEWS

部屋を綺麗に使う、などは、世界標準で見ても日本人はきちんとしているし、これは喜ばしいところ。

但し、クレームを立てないから印象が良いというのはホテル側の言い分であり、留学中であれば何かあったらはっきりと発言できるガッツもまた生活していく上では求められてくるのかもしれませんね。


出発前準備セミナーでは、イギリス生活の心得などもご説明します!
2009年留学の渡英を控えた方は、どうぞこの機会をお見逃しなく!お気軽にご参加ください↓↓

出発前準備講座・ビザ申請対策セミナー同時開催

2009.07.17(金) 19:00-20:30 (受付:18:45~)
詳細・ご予約はこちら

ビザ(VISA)発給の遅れから、航空券の購入時期を迷われている方に朗報です↓↓

STA Travel(エスティーエートラベル)は、
beoをご利用の方限定で、航空券の発券前までの変更料を無料にします。
通常、ご出発の30日前(ピーク時期は45日前)よりかかる変更料が航空券発券前までなんと無料になります!

航空券の手配・STA Travelの詳細はこちら
連日、来日イベントが続いているbeoですが、
今日は語学学校のサウスボーン・スクール・オブ・イングリッシュのスタッフがbeoに来てくれました。

サウスボーン・スクール・オブ・イングリッシュ
とにかく大きい!Mr.Shaun Durkin(Marketing Assistant/Summer Schools Manager)

温暖な気候で知られるボーンマスの郊外に校舎を構えるサウスボーン・スクール・オブ・イングリッシュ。
建物の周りは美しい緑で囲まれ、ほんの数分足を伸ばせば美しいビーチが広がります。
日中は多くの人で賑わう砂浜も、夜になると砂浜沿いにそって美しい夜景が臨めます。

そんなサウスボーン・スクール・オブ・イングリッシュのおすすめコースはなんといってもサマースクール!
ロンドンやオックスフォード、バースへの小旅行。サッカーやバレーボール、クリケット体験。ディスコやボーリング、パブでの語らい。アクティビティはあげればきりがありません。

ネイティブスピーカーから本場の英語を学ぶとともに、旅行では得ることができない濃密な人との交わり、イギリス文化の奥深さを体感してみてはいかがでしょう??

夏はイギリスが最も輝く季節!その他の学校でも魅力的なサマースクールが開講されていますので、是非チェックしてみてくださいね!

★やっぱりイングリッシュ・プラスが人気!?サマースクール2009の詳細はこちら
★サウスボーン・スクール・オブ・イングリッシュの詳細はこちら

皆さん、こんにちは。毎日暑いですね。こんな暑さを吹き飛ばす為には、やはり怪談話が一番だと思いますが、いかがでしょう(><)? ちょっと大げさに書いてしまいましたが、そんなに怖い話をする予定ではないので、是非最後まで読んで下さいね。

イギリスはご存知の通り、日本同様長い歴史を持った国です。地震が起こる事は稀な為、歴史的遺産や、建造物がたくさん残っています。お城や、そのような場所を巡るのが大好きな私にとっては、それだけで楽しめ、有名な所から無名な所まで実に様々な所へ行きました。その中でも、「ホラー編」にマッチした(?!)場所をご紹介しましょう。

* Tower of London: ここは、歴史的に名高い人物、Queen Anne Boleyn(エリザベス1世の母)、Lady Jane Grey(在位は非常に短かったが、チューダー朝にQueenとなった)、Guy Fawkes(国会議事堂を爆破しようとした謀反人)等がゴーストとして出没する事で有名です。皆さんも訪れた事があると思いますので、この話はあまりに有名だと思いますが、おどろおどろしい雰囲気も楽しめますので、行った事がない方は、是非行ってみて下さい。ちなみに、入場料は現在16ポンドと、年々値上がりしていてびっくりです。

* Hampton Court Palace: エリザベス1世の父、ヘンリー8世のお膝元で観光地でも有名な場所です。2003年にCCTVカメラに、幽霊らしき人物が写っており、そのニュースが大々的に写真と共に発表されたのですが、皆さんは写真をご覧になりましたか。実際に幽霊を見たことのない私には、本物かどうか判断が出来かねますが、写真を見たときには、驚きました。

* Warwick Castle: こちらのお城は、1,100年ほどの歴史があり、現在は人気のある観光地です。お城は、非常に美しく訪れる価値は十分にあります。このお城の中のWatergate Tower, 別名 Ghost Towerに、1628年に殺害されたSir Fulke Grevilleという方が現れると言われております。このお城は、その美しさもさる事ながら、Dungeon(地下牢)もありますので、是非訪ねてみて下さい!

上記は、主な場所をご紹介しましたが、私が以前住んでいたウェールズの田舎の小さな町にも、現地人しか訪れないような寂れた豪邸がありました。一般に公開していたので、一度行ってみましたが、ガイドさんは、平然と普通に「ここの廊下でよく幽霊が出るんですよ」と話していました。それ以来、イギリスでは古い場所には、幽霊がつき物のような気がしています。ゴースト・スポットと意識せずに観光地として訪れてみても、どこかで何かを見かけるかも知れませんね。

ブリティシュ・エデュケーション・オフィスでは、みなさまの留学をお手伝いする、相談会・セミナーをご用意しています。是非、ご活用ください!

★「イギリス留学・個別相談会」
>東京 9月13日(木) 詳細・ご予約はこちら

★「願書記入相談会」
>東京 9月22日(土) 詳細・ご予約はこちら

★「イギリス大学院留学準備セミナー」
>東京 9月27日(土) 詳細・ご予約はこちら

>イベント情報の一覧はこちらから

Ok, so it's me again :) Today I thought I would talk to you about some of the things that I think are important to think about when you are considering what uni in the UK to go to and the things that made me choose Oxford Brookes.

I think one of the first to things to thing about is the location. Do you want to be by the sea, maybe Brighton, Portsmouth or Southampton, or maybe you want to enjoy the south like Oxford, Reading, or Birmingham. Maybe you want to try the north, Glasgow or Edinburgh which are right up there, or half way between with Newcastle or Manchester. Although its not just the cities you have to consider, some universities are or have campuses out in the countryside such as Swansea, so do you want to be immersed in nature or do you mingle in the city centre.


Location is important but there are two other things which I think are equally important when choosing a uni, one is obvious, the Course but the second is less obvious but equally important, the facilities plus support networks that a university offers. Without a doubt, the course that you apply for has to be right for you, and offer everything that you want, this is simple. Although I think the strength of a course and its department should not be based just on university rankings but on what it actually offers in terms of content, facilities and the lecturers that run it, as they can "make or break" your course. The general facilities and support networks are sometimes forgotten about but are soo super important. Do they have 24hr computer rooms/late library open times or Sports facilities, if these are things you will need? Do they also have financial assistance and advisors/councilors' if things go wrong?


I chose Brookes as it allowed me to combine Languages and business but also gave me the option through the modular system to choose other classes such as Law modules. It gave me the opportunity to do work placements and exchanges abroad (3 of which I managed to fit in and loved). It also gave lots of opportunities to work, so I could fit in paid work alongside my studies. The most important thing to me though, which Brookes was able to offer me, was a great community feel campus with loads of facilities that was really close to the city but also 10-15mins away from the countryside. So I could have the best of both worlds in regards of course, facilities, campus and city as well as great travel connections so I could still travel around the country to see my friends.


★オックスフォード・ブルックス大学日本語サイトはこちらから!
★願書記入説明会/出発前留学準備セミナーなど、各種留学セミナーはこちら

こんにちは。私事ですが昨日は誕生日だったのでBlog 記事を書くの、怠けてしまいました。た~くさんの人たちにお祝いしていただき、かなり幸福な誕生日を過ごすことができました。いくつになったかはナイショです。うふふ☆


それにしても7月になったということは、いよいよ夏も本番。これからの眩しい季節をどう過ごそうか・・・って色々迷いませんか?今回は夏のプログラムでこれから参加が可能で、なおかつ単なる英語コースに留まらない優れものをご紹介!



(写真:REGENT ケンブリッジ校)


現在私が注目しているのは、REGENTという英語学校。この学校、南はMargateから北はEdinburghまで英国各地にスクールを構えています。しかも提供するプログラムのバラエティは本当に凄い幅広さなんです。一般的な英語コースだって、週当たりの学習時間が選べるし、ビジネス、アカデミックと目的別のコースもあれば、エグゼクティブや英語教師のためのプログラム・・・と多彩なラインナップ。その中でも特に注目したいのが「English and Leisure」!!


REGENTのEnglish and Leisureは、その名の通り英語学習にプラスして、「英国を楽しむ」プログラムです。でも、イギリスの魅力って本当にたくさんあって「どこを楽しむか?」は人の好みによって様々・・・


そこで、簡単にご紹介すると・・・


① 自分のやりたいことを自由に堪能したいあなたに

REGENT のEnglish Plus は自分の趣味を自由に楽しみたい人に向いています。あなたのやりたいことにマッチする趣味を持つ先生と学ぶことができるのです。たとえば、イギリスの家庭料理を習いたい!ガーデニングを体験したい!という人にお勧めです。


★詳しくはこちらのページをご覧ください。http://www.regenthometuition.com/english-courses/ep-course.html 


② イギリスといえばゴルフ!・・・というあなたに

最短一週間から学べる英語とゴルフ。午前中は英語の授業で、午後はゴルフのレッスンが毎日二時間。ゴルフの聖地スコットランドにあこがれているなら、是非エジンバラ校で!


★詳しくはこちらのページをご覧ください。http://www.regent.org.uk/english/courses/ll-golf.htm 


③ お祭り好き☆のあなたに

イギリスの夏はお祭りがたくさん!エジンバラ校限定のコースで、Edinburgh International FestivalやFringe Festivalに合わせてコースが開講し、世界的に有名なフェスティバルを堪能できるプログラム。午後は毎日フリーなのであらゆるアクティビティに参加できるほか、同時に開催されているInternational Book FestivalやInternational Film Festivalも楽しめそう。2週間のお休みが取れるなら是非!


★詳しくはこちらのページをご覧ください。 http://www.regent.org.uk/english/courses/ll-fest.htm 



(写真:REGENTブライトン校)


④ 地方別!イギリスの夏を堪能したいあなたに

English and Activityというコースでは、英語の授業以外に、各都市ならではの名所を訪問するプログラムが組まれています。お気に入りの地方都市でその土地の魅力に触れたいならこのプログラム。

単なる旅行に留まらない素敵な夏を過ごしましょう!


★詳しくはこちらのページをご覧ください。 http://www.regent.org.uk/english/courses/ll-act.htm 


なんだか、私が行きたくなってきたなぁ。
夏のイギリス良いなぁ。


・・というわけで「駆け込み寺」と呼ぶにはあまりにも素敵なプログラムがまだまだ沢山あります。今からの申し込みでも大丈夫!皆さんの夏がより素敵なものとなりますように☆

上記コースへのお問い合わせ・お申し込みはブリティッシュ・エデュケーション・オフィスまで♪ 

皆さん、こんにちは。
いつも池田のカウンセラーブログをお読みいただきありがとうございます!突然ですが、今回はちょっと池田にはお休みいただいて、イギリス・サマースクール体験者の私から、皆さまにイギリスの夏の素晴らしさ、サマースクールの楽しさをお伝えしようと思います。


ご挨拶が遅れましたが、私はブリティッシュ・エデュケーション・オフィスのアオヤギと申します。サマースクールに興味のある方はぜひお読みくださいね。

さて、私がイギリス、オックスフォード・ブルックス大学のサマースクールに参加したのは、去年(2005年)の8月です。蒸し暑い日本を出発して到着したのは、青空や木々の緑もまぶしい、朝晩はすでに涼しいくらいの、まさにちょうどよい気候のオックスフォードでした。

サマースクール参加者が全員滞在することのできる大学寮に着いて、まず驚愕!レンガ造りのまだ新しいきれいな建物が並び、まるで小さな町のようです。フレンドリーなスタッフに案内された部屋には、トイレ・シャワー完備、バスタオルまで用意してありました。

サマースクール中は生活に必要なものがだいたい用意されてあります。キッチンは6人くらいで共有し、クラスメイトの他にもフラットメイトができる仕組み。初日の夜早速イタリア人の女の子と仲良くなりましたよ!


授業も世界各国の学生と肩を並べて勉強します。そして、先生はあくまで授業をサポートする役割で、学生たちが主体となって進めていきます。「この単語が分からないんだけど?」と一言発すれば、周りの学生がよってたかって教えてくれます。これは日本ではなかなか経験できない授業スタイルなので、とても新鮮です。


プライベートもオックスフォードなら飽きることはありません。放課後のソーシャル・プログラムは毎日何かしら企画されているし、週末にはロンドン小旅行のプログラムもあります。もちろん、ロンドンまでは近くて交通費も安いので、自分たちだけで行くにも困ることはありませんよ。


そして、サマースクールならではの楽しみとしては、やはりそこで出会う仲間たちとの交流でしょう。その点オックスフォード・ブルックス大学なら、皆同じ寮に滞在するのでキッチン・パーティーが頻繁に開かれるなど、いろいろな人たちとフレンドリーになれる環境が整っているといえます。


オックスフォードの豊かな美しい自然の中でゆったりと夏を感じながら英語を学ぶ。
にぎやかなロンドンもいいけれど、こんな夏も充実していると思いませんか?


ボーナスの使い道を迷っている方、夏の予定が立っていない方、まだ申し込みは間に合います!今すぐカウンセラーにご相談ください!

>さらに体験記を読む
>まだまだ間に合う!オックスフォード・ブルックス大学のサマースクール
>カウンセリング予約はこちら