カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

▼Category:イギリスで遊ぶ! > その他イギリスで遊ぶ!

カウンセラーの中島です。私にとっては東京より住み慣れた(?)第二の故郷、イギリスへ約2年ぶりに出張で行って参りました!

当オフィスでは毎日のように海外からスタッフが来日し、個別相談会留学準備セミナー・説明会・体験レッスンなどのイベントを開催していますが、我々カウンセラーも定期的にイギリスに出張し、さまざまな教育機関を訪問して情報収集をしています。今回の訪問はケント大学の招待で、同大学のカンタベリーキャンパス、ブリュッセルキャンパスの様子を見学し、その様子を日本の皆さんにお伝えすることが目的でした。ケント大学自体についてはもちろん、生活の場となる町の様子なども詳しくレポートしたいと思います。




飛行機が遅れて大変なことに・・・!

出発当日、10:50発のブリティッシュ・エアウェイズ(BA006)ロンドン直行便で英国時間午後に到着する予定が、なんと6時間フライトが遅れて成田にて約9時間を過ごす事に!到着後、ヒースローからタクシーでカンタベリーまで向かいましたが、もしタクシーの手配をしてもらえていなかったらどうなっていたか... 皆さん、到着時のタクシー送迎、万が一のことを考えてあらかじめ予約しておくのが賢明ですよ!

ホテルはカンタベリー大聖堂の敷地内

カンタベリーへはタクシーで約2時間。深夜に到着したホテルはなんと1000年の歴史を持つカンタベリー大聖堂の敷地内!通常は大聖堂訪問に入場料がかかるため、ホテル宿泊者には特別なパスが配られます。ホテルの部屋には遅い到着を心配し、Kent大学スタッフが手配してくれたサンドイッチとりんごが置かれていて、到着するなりホッと「我が家」に帰ってきたような安心感を覚えました。

canterbury_cathedral.jpg
カンタベリー大聖堂。毎朝鐘の音で目が覚めます。

カンタベリーの街

カンタベリーは古くからヨーロッパ有数の巡礼地として親しまれ、まさしく皆が想像する「イギリスの街」。中世の面影残る街並みに思わずシャッターが止まりません。俳優オーランド・ブルームや、beo講師ライアン・ハートレーの出身地でもあり、昼間は観光客が、夕方からは地元の若者で街が賑わいます。観光客はイギリス国内やヨーロッパ圏の方の方が多く、意外にも日本人は私たち以外にはあまり見かけませんでした。

canterbury_market.jpg
土曜、日曜を中心に街はマーケットで賑わいます。
オリーブや手作りのケーキやキャンディ、パン、チーズ、フルーツなど新鮮な食材が並びます。

canterbury_river.jpg
カンタベリー市内をゆったりと流れる川。
イギリスでは想像しなかった風景にうっとり。
canterbury_boat.jpg

ケント大学インターナショナルオフィスのジョアンとボートツアー体験をしました(一人£7.0)。 ボートはカンタベリーの街を抜け、白鳥やアヒルの泳ぐ川を下ります。柳を通して差す太陽がなんとも心地よい土曜の午後でした。

カンタベリーの街でショッピング

伝統的なカンタベリーの街ですが、3つの大学(ケント大学、カンタベリー・クライストチャーチ大学・UCL芸術大学)の学生は全くショッピングに困りません。ハイ・ストリートにはFrench Connection,上りきったところにはTOPSHOP, H&M, ZARAなど大都市と変わらない顔ぶれが揃っています。

canterbury_city.jpg 初日の感想

前日の到着が深夜だったのでどうなることかと思いましたが、カンタベリーの街で半日も過ごすと時間の流れが非常にゆったりと感じられ、旅の疲れもすっかり回復しました!この日、午後に2時間ほど急な雨が降ったのですが、その後はすっかり晴れ、その後の滞在中も一度も雨には降られませんでした。イギリスは曇っている!寒い!と思い込んでいる方、次回からの写真でその固定概念は撤回していただくことになります!

次回はケント大学スタッフと訪れた「リーズ城」(こんな名前ですがリーズにあるのではなく、ケントにあります)での一日やイギリスでの食事をレポートします。

ケント大学出張レポート目次
【イギリス出張レポート 最終回】  ロンドン ~三つ葉入りラーメンの衝撃~
【イギリス出張レポート 第五回】 ケント大学ブリュッセルキャンパス~EUの中心を訪れる~
【イギリス出張レポート 第四回】 ケント大学キャンパスツアー2日目 - 徹底した学生サポートに感動!カンタベリーキャンパス施設とヒルダーストーンカレッジ訪問
【イギリス出張レポート 第三回】 ケント大学キャンパスツアー1日目 - 緑豊かなキャンパスで落ち着いた学習環境を提供
【イギリス出張レポート 第二回】リーズ城はリーズにあらず‐イングランド、ケント州メイドストーン
【イギリス出張レポート 第一回】 フライト遅延で深夜に到着!- イングランド・ケント州カンタベリー

★ケント大学の詳細はこちら
★イギリス留学・ケント大学への無料カウンセリング予約はこちらから

皆さん、こんにちは。

真夏日が続いており睡眠不足に陥っている方もいるのではないでしょうか?
健康管理には十分注意して、留学準備を進めて行って下さいね!

さて、今週は室内での遊び方に関してお話しようと思います。

室内で出来る事と言えばやはりスクラブル(=単語を作成して得点を競うボードゲーム)!
または、テレビを見ることですよね(えっ、他にもありますか?・・・)。
私は、留学期間中に英語の勉強にもなると思い、よくテレビを見ていましたが、皆さんは海外に行かれた時に、その国の文化を知る為にもテレビをご覧になりますか?

今回は、イギリスのTV番組に関して私が感じた事や、お薦め番組に関してお話しますね。

1 .Soap Operaの俳優は美女・美男子が少ない:
日本では、俳優は顔が整っている事が大前提だと思いますが、イギリスの番組を見ているとこの俳優は演技力を買われて出演しているのだろうなと、いつも思います。
是非、現地に行かれたら、Londonが舞台となっている"East Enders"や、マンチェスターが舞台となっている"Coronation Street"等をご覧になって下さい。尚、イギリスでは、オーストラリアの番組"Home and Away"や、"Neighbours"も放送されていますが、これらの番組の出演者と視覚的に比べてみると、イギリスの番組には美女・美男子が少ない事が非常に分かり易いと思います。

2."Antiques Roadshow":
古いものを大事にするイギリスならではの長寿長番組です。
簡単に言うと、日本の「開運なんでも鑑定団」のような番組ですが、Antiques Roadshowでは、専門家がイギリスの各地に赴き、その土地の人々がご自身のお宝を持ち寄り鑑定してもらう番組となっています。会場はTVスタジオではなく、のみの市のような感じなので、大勢の人が訪れ鑑定者も数名います。
この番組を見ていると、日本が起源の品物が度々出てきます。美術史を勉強される方にとってはなかなか面白い番組だと思いますので、機会があれば是非見てみて下さい。

3.Ready Steady Cook:
平日16:30からBBC2で放送されている料理番組です。
2人のシェフが異なる素材を使い、時間制限のある中で料理を創作していきます。イギリスで寮生活において自炊をしなければならない方々、毎日のレシピはこの番組が参考になると思いますよ。

さて、実際に上記番組をご覧頂く為には、皆さんの留学準備を確実にし、渡英する事が必要ですよね。

まだ、何から手を付けていいか分からない方、またおおよそ分かるけれども、まだまだ準備に不安がある方、当オフィスにて8月23日に下記のセミナーが開催されます。

> 大学院(PG)留学出願準備セミナー

> イベント一覧はこちらから!

是非お気軽にご参加下さいませ!