カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

▼Category:イギリスで遊ぶ! > イギリスの音楽

イギリスのオーディション番組『Britain's Got Talent』に出演後、
世界中で大反響を巻き起こしているスコットランド在住のスーザン・ボイルさん(47)。

番組出演時、目を輝かせて「歌手になりたい」「エレン・ペイジのようになりたい」と語って、
会場から完全に冷ややかな視線を浴びてしまいます。(実際、私も苦笑いしてしまいました)
しかし、ミュージカル「レ・ミゼラブル」の名曲「夢破れて」を歌い始めると
会場の雰囲気は一変、観客は総立ちに!

まずは見てください↓↓
Full Version. Win Susan Win. Susan Boyle - Britains Got Talent.(You Tube)

歌声はもちろんですが、何よりも選曲が素晴らしかったと思います。
彼女がこの曲を歌ったからこそ、これだけ多くの人に感動を与えているのだと思います。

この『Britain's Got Talent』という番組。
あのポール・ポッツを発掘した番組でもあるのですが、
こうして見てみると、あらためてイギリスのエンターテイメントの質の高さに驚かされされます。

こんにちは!

さてさて、1月留学特集で今月はお送りしておりますが、
「イギリスの1月ってどんな感じなの?」
と興味を持たれている方もいらっしゃるはず。

イギリスの1月は・・・

寒いです。

日本は青空が多いですが、イギリスは曇、曇、曇。
だから、日本の冬よりも寒く感じるのかもしれません。
しかしながら、その分ホットになることも沢山あるんですよ。

今回は「寒い冬でもホットなactivity」をご紹介したいと思います。


1:セールに行ってみましょう

1月は "January Sale"と呼ばれる位、色々なお店でセールをしています。

買い物に行かないわけにはいきません。12月まで定価だったものが突然半額、それ以上になります。店頭には3 for 2とかBuy 1 Get 1 Free!などの文字が躍りますから、気持ちもわくわくしてきます。雑誌に載っているような商品でも格安になっていたり・・・
あまり買いすぎてしまうとお財布が寒くなりますから、そこは注意しましょう(経験者は語ります)。


2:マーケットに足を運んでみましょう

マーケットに繰り出してみましょう。
土日に開いているところが多いので、学校もお休みですし早起きをして行ってみることをお勧めします。

ロンドンは有名で大きなマーケット(例えばポートベロー、カムデン、スピタルフィールズなど)がありますから、どれに行こうか迷ってしまうはず。私は田舎の方に住んでいたので、National Express(長距離バス)の朝一番早い便でロンドンに行き、マーケットに繰り出していました。また、小さな町でもCar boots Sale(車のトランクに要らなくなった物を詰めて売るフリーマーケットのようなもの)を開いているところもあります。

こういったマーケットの良い所は、普通のお店では売っていない物が手に入るというのも勿論ですが、その土地の人々と会話を交わせることが何よりの魅力です。ディスカウントもしてくれますし、気前良く試食をさせてくれるお店もあります。

マーケットに行けば、曇り空なんて忘れてしまう位活気ある空気に触れることが出来るはず!


3:ライブやクラブを楽しみましょう

私は留学する前、日本でクラブに行ったことがなかったので、イギリスではclubbing(クラブに行く)がごく日常的なことだと知った時驚きました。掛かっている音楽もポップ、ロック、60sなどなど様々で、誰でも楽しめる雰囲気です。大学内で週末にクラブイベントを開いているところもありますから、何となく気分が憂鬱な時には足を運んでみると良いかもしれません。また、イギリスは音楽が盛んですし、生のBrit Musicに是非触れてみてください。

決して有名なバンドではなくても良い音楽を楽しむことが出来るはずです。

何気なく入ったライブハウスで見たバンドが、数年後、もしくは数ヶ月後にはチャート・インしているなんてこともあるかもしれません。

ロックバンドのライブの場合、汚れても大丈夫な格好で行くことをお勧めします。
盛り上がって、汗だくになること必須ですから・・・

いかがでしょうか?

外に出てみることで大学での勉強の息抜きにもなりますし、
寒い冬も乗り切れるはずです!

留学された際には是非、
みなさんなりの「ホットな冬の過ごし方」を教えてくださいね。

ブリティッシュ・エデュケーション・オフィスでは、
みなさんの留学を応援する様々なイベントを開催しています。
>イベント情報はこちらから!

みなさん、こんにちは!

リーズ大学日本担当の水森 愛子です。

今月のブログはリーズ大学特集ということで、
今回は、「あなたの知らない、リーズの魅力」をお伝えしたいと思います。

「リーズって名前は知ってるけど、実際どんな所だかよくわからな~い!」
っていう方って意外と多いのではないでしょうか?

リーズって、ガイドブックにも載っていないし、
サッカーチームも(どこかのチームと違って)いまいち華がないですし、 
実際、情報少ないですよね。

リーズは、こう見えて、イングランドで3番目に大きな都市と言われています。
実はロンドンの次に大きな金融都市でもあり、
人口70万人以上の内、なんと20万人以上が学生なんだとか! 

交通の便はとても良く、
市内から車で20分程の所にリーズ・ブラッドフォード空港がありますし、
ロンドンやエジンバラまでなら電車で2時間半で行けるんですよ。


現在も、経済成長を続けているリーズは、物価が安く、バイト代が良いということから、
今年、イギリスで、最も学生にとって割りの良い街(サイフに優しい街)に選ばれているんです! 
(>詳しくはこちら http://reporter.leeds.ac.uk/press_releases/current/rbs.htm

1年以下の留学でアルバイトはなかなか難しいですが、
安い生活費はどんな留学生にとっても魅力的ですよね。
浮いたお金で何をするかはあなた次第!
リーズには様々なエンターテイメントも充実しています。

リーズは学生が多いだけに、パブ、ナイト・クラブやレストラン、
そしてライブハウスがたくさ~~~んあります。
イギリス国内でもリーズのナイト・ライフは定評があり、
わざわざロンドンやマンチェスターから週末を過ごしに
リーズにやってくる人も少なくありません。

実際、リーズはバンド好きにはたまらない場所なんです。
リーズ出身のバンドは数多く、最近では、The Music、
Kaiser Chiefs、The Pigeon Detectives・・・
そして時代をたどれば、The Mekons やGang of Four、The Wedding Present、
Soft Cell、The Sisters of Mercy、Chumbawamba(!)など。
(こうやって並べてみると、どれも個性的ですね・・・)
今も、明日のスターを夢見るローカル・バンドが後を絶ちません。

もちろん、クラシックやオペラのコンサート・ホール、
劇場、映画館も充実していますので、ご安心を!

リーズは、国立の自然公園も、バスや電車ですぐのところにあるので、
天気がよければ、プラっとハイキングもお奨めです。
旅行好きなら、リーズ・ブラッドフォード国際空港から
激安航空券で、週末にヨーロッパ旅行をするのも良いですね!


と、ついつい書きすぎてしまうくらい、リーズって結構楽しいんです。
もっとリーズについて知りたい方は、私まで連絡くださいね♪

そして、来週には、ブリティッシュ・エデュケーション・オフィスに
リーズ大学のスタッフがやってきます!
大学や街について、いっぱい質問できるチャンスです。

東京 イギリス大学留学フェア (通訳・翻訳ワークショップもあり!)
http://www.beo.jp/fair/index.html

大阪 リーズ大学 個別相談会
http://www.beo.jp/event/beo_osaka.html#1018_1

大阪 リーズ大学 通訳・翻訳ワークショップ
「プロ通訳・翻訳家への道 "Becoming a Professional Translator or Interpreter"
http://www.beo.jp/event/beo_osaka.html#1019

東京、大阪で、みなさんにお会いできるのを楽しみにしていま~す!!

今日は火曜日?

いえいえ今日は水曜日ですが、関西近辺にお住まいの皆様に、大阪オフィスよりお知らせしたいことがあり、ブログを書いています。

8月6日(土)に、音楽の分野で世界的に有名なイギリスのハダースフィールド大学の合唱団が来日してコンサートを行います。ハダースフィールドでは、毎年、国際音楽祭が開催されるなど、音楽学部への留学を目指されている方にとって、ハダースフィールド大学は注目すべき大学です。


★日時: 8月4日(土)16:00-
★場所: フェスティバルホール
★演奏会内容: ブリテン「戦争レクィエム」湯浅卓雄指揮(大阪シンフォニッククヮイア/ハダスフィールド合唱協会 合同演奏会) 
★ハダースフィールド合唱協会詳細:
http://www.huddersfieldchoral.com/


この演奏会にご興味のある方は、osaka@beo.jpまで、参加希望の旨お知らせ下さい。その際、以下の情報を併せてお知らせいただきますようお願いします。先着順となりますが、特別無料ご招待をさせていただきます。

★お名前フルネーム
★ご住所
★お電話番号
★ハダースフィールド大学への出願希望の有無


なお、数に限りがありますのでお早めにお知らせ下さい。また、最終締め切りは今週の金曜日、6月29日となります。

ブリティッシュ・エデュケーション・オフィスでは、随時、音楽留学をはじめとするイギリス留学に関するカウンセリングを受け付けています。カウンセリングをご希望される方は以下よりご予約下さい。

カウンセリング予約↓
http://www.beo.jp/enquiry/counselling.html


多くの方からのご応募お待ちしています!