カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

▼Category:イギリスで暮らす! > イギリスの治安

お正月気分もすっかり抜け、寒さも真冬のものになってきましたね。皆さん留学の準備はどうですか?
今月はイギリス大学レポートを凄腕カメラマンのカウンセラーがばっちり収めてきた写真と共にお送りしております。キャンパスツアーを体感しながら読んでみてくださいね。
今回は、このブログでもお馴染み、「オックスフォード・ブルックス大学」をピックアップ!

オックスフォード・ブルックス大学はロンドンから電車でわずか1時間、バスで1時間30分という距離にもかかわらず、ロンドンとは全く違った景色が広がっています。歴史的な建物が多く、町並みも美しく、またアカデミックな雰囲気が漂っています。留学場所としては最適な環境と言えるでしょう。
DSC_0227.JPG

今回訪れたメインキャンパスである、ヘディントンキャンパスは、図書館、PCルームなど勉強をする環境が整っています。それだけではなく、キャンパス内にパブがあったり、ショップやカフェテリアも充実しているのでキャンパス内だけでも生活ができそうな感じです。また2000人を収容できるイベントホールもあります。
DSC_0242-a.JPG
明るいカフェテリアはいつも大賑わい

DSC_0247.JPG
こちらは学生が運営しているレストラン。ホスピタリティなどを学ぶ学生が将来マネジメントレベルで働けるようにここでトレーニングが出来るようにしています。

大学には日本や日本語に興味のある学生も多く、"日本間"がキャンパス内にあるほどです。留学生の中には現地で友達ができるだろうか?と心配されていらっしゃる方も多いと思いますが、こうした日本に興味がある学生が多いことは、現地学生と交流を持つよいきっかけになると思います。今回キャンパス内を案内してくれた学生も1年間日本へ留学経験のなるイギリス人学生でした。
DSC_0276.JPG
茶の間で"Wa"についてイギリス人の友人と語り合うのもここでしか出来ない経験でしょう。


また、ソーシャルクラブなどに参加するのもお勧めです。スポーツ好きならフットボール、バスケ、ロック・クライミングなどいろいろなクラブがあり、キャンパス内のジムも充実しているので、学内で汗を流しながら他の学生と交流を深めることができます。
DSC_0284.JPG
ロック・クライミングクラブの様子。楽しそう!

OBUは英語学習の環境でも非常に評価が高く、人気があります。今回、何名かの英語コース担当スタッフや教師人にもあったのですが、どのスタッフ・教師からも教えることに対する情熱を感じました。日本人学生に人気の学部短期留学*では、きちんと学部の授業についていけるような実践的な英語力を身に付けられるカリキュラムが充実しています。同時に授業以外でも各種イベントもたくさん開催されており、訪問したときにはクリスマスパーティが企画されていました。
DSC_0232.JPG
英語コースセンター。

*学部短期留学(スタディ・アブロード・プログラム)は、4月から参加可能です。英語コース+学部コースを履修することが出来ます。


留学をお考えの皆さんの中で、ご両親が留学を心配されているケースもあるかと思います。オックスフォードは非常にアカデミックな雰囲気の場所で学習環境も整っており、また治安もよい場所です。また、ボランティアで学生をオックスフォード内の場所から家まで送り届けてくれるサービスもあります。(1ポンド)。例えば友達とパブに繰り出し、自分だけ先に帰りたくなった場合など、夜遅くても電話をすれば迎えに来てくれます。
DSC_0285.JPG
大学内にある寮。ensuite(シャワー・トイレ付き)タイプの部屋になります。

今回のキャンパスツアーいかがでしたか?オックスフォード・ブルックス大学の魅力を十分に感じてもらえたでしょうか。大学についてもっと良く知りたい、留学をしたい!と思った方は
当オフィスまでご連絡下さい。
資料請求はこちら

みなさん、こんにちは。大阪オフィスです。
いよいよ、関西は昨日から入梅です。
イギリスは雨が多いと言われますが、日本のように湿度は高く無く、またShowerと呼ばれる日本でいう小雨のような種類が多いので、雨の日でも比較的過ごしやすいんですよ。
しかも、これから9月中頃まではイギリスでも最も良い気候なので、一年の内でも比較的雨が少ない!
爽やかなイギリスの気候がとっても懐かしくなる今日この頃です。


さて、そんな天気も文化も違うイギリスでの生活に備えて、どんな準備をしていくか、疑問も多いのではないでしょうか。
今回は、現地に行って困らないための、イギリス生活へのお役立ち情報をお届けしましょう。


*お金
金銭面のことってヒトには聞きづらいですよね~。
しかも、お国柄が違えば、お金に関する考え方も違うはず。
イギリスは日本と違って、クレジットカード社会です。どんなに小さな買い物でもクレジットカードで済ませてしまうのです。
例えば、スーパーマーケットでの食料品、生活用品の購入もすべてクレジットカード。現金は持ち歩かないなんて人もいるくらいです。

日本人の感覚なら、カードを持ち歩くのは怖いと思いがちですが、現金だけを持って生活していて急に一文無しになってしまった場合に備え、カード一枚あれば安心ですよね。
クレジットカードも含め色んな方法に分けて準備をしていくことがオススメです。
未成年の方でも、学生でも持てるカードがあるので、1つは準備して行きましょう。


*持ち物
人の住んでいる、そして先進国としては当たり前のことなのですが、基本的にイギリスでも日常生活に事足りる買い物ができると考えておきましょう。
でも、日本でしか手に入らないもの、または自分に合うものでなければならないモノってあると思います。

例えば、ちょっとした風邪薬や胃痛、腹痛に備えて、常備薬は日本人の体質に合うもの物を持っていくことがオススメ。
特に体調が思わしくないと、普段なんでもなくても不安に陥りやすいもの。そんな時に、薬局に行って自分に合う薬を探すことは難しいと、私も苦い経験が何度かありました。


次に最も多い質問の1つが、パソコン。
長期留学をされる方は、持って行く方も多いと思います。
インターネットや、日本語でのEメールができれば、日本にいる家族やお友達とも時間を気にせず連絡ができます。
でもネットに接続できるかどうかは、寮やホームステイ先の状況によるので、ご注意を。

それ以上に、自分のパソコンを持っていくメリットは、勉強に使えるということ。

イギリスの大学や大学院での勉強は、毎日とてもハード。自室に帰ってからもエッセイを書き続け、気がついた時にはもう朝、何てこともしばしば。
自分の好きな時に集中して勉強するためには、必需品です。
では、「日本のメーカーでも使えるん?」
答えは、Yes!
イギリスの電圧は220Vですが、大手メーカーのものであれば対応しています。

ただし!ここで忘れてならないものは、プラグの変換器。
いくら電圧が対応していても、イギリスのプラグの形状に合っていなければ、電源が入りません。
忘れずにプラグの変換器を購入していきましょう。


ちなみに、次に多い質問は、「炊飯器は持って行った方がいいんかなぁ・・・?」
お米が主食の日本人ならでは心配ですよね。
でも答えは、No!
私が留学していた時も、友人が炊飯器を持ってきていましたが、何とまぁ、よく壊れること。
というのも、炊飯器は変圧器が必要なものも多いのですが、変圧器を利用しても変圧が安定しないため、ご飯は焦げるは、機械は壊れるは・・・。
散々な目に遭っていました。

皆さんも、幼い頃に飯盒炊飯をした覚えがあるように、ご飯はお鍋でも簡単に、美味しく炊くことができます。
お料理が苦手な人も少しお勉強して、日本人の生命線であるお米くらいは炊けるようになっておきましょう!


ブログだけではすべての渡英準備に関してすべてを語ることはできないのが、残念。
今までのブログや、当オフィスから留学された学生さんの体験ブログもとっても参考になるので、是非読み返して、イギリス留学への思いを馳せてみてください。
>>イギリス留学体験ブログへはこちらから...


2008年以降の留学を目指しているみなさんは、是非6月30日(土)に大阪オフィスで行われる「大学・大学院 2008年受験セミナー」にお越し下さい。
ここでも、イギリス大学院留学の経験者であるカウンセラーが、イギリスでの生活の体験談をお話いたします。
>>「大学・大学院 2008年受験セミナー」の予約はこちらから...

来週はいよいよ、今月最後のブログです。
大阪オフィスの「フロム大阪!」ブログでも今週はVISAについてお話しましたが、VISA(入国査証)を延長する方も多いはず。その点に関してお話したいとお思います。

どうぞ来週もお付き合い下さいね。
See you next week!