カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

▼Category:イギリスで暮らす! > イギリスのインターネット

みなさん、こんにちは。大阪オフィスです。
いよいよ、関西は昨日から入梅です。
イギリスは雨が多いと言われますが、日本のように湿度は高く無く、またShowerと呼ばれる日本でいう小雨のような種類が多いので、雨の日でも比較的過ごしやすいんですよ。
しかも、これから9月中頃まではイギリスでも最も良い気候なので、一年の内でも比較的雨が少ない!
爽やかなイギリスの気候がとっても懐かしくなる今日この頃です。


さて、そんな天気も文化も違うイギリスでの生活に備えて、どんな準備をしていくか、疑問も多いのではないでしょうか。
今回は、現地に行って困らないための、イギリス生活へのお役立ち情報をお届けしましょう。


*お金
金銭面のことってヒトには聞きづらいですよね~。
しかも、お国柄が違えば、お金に関する考え方も違うはず。
イギリスは日本と違って、クレジットカード社会です。どんなに小さな買い物でもクレジットカードで済ませてしまうのです。
例えば、スーパーマーケットでの食料品、生活用品の購入もすべてクレジットカード。現金は持ち歩かないなんて人もいるくらいです。

日本人の感覚なら、カードを持ち歩くのは怖いと思いがちですが、現金だけを持って生活していて急に一文無しになってしまった場合に備え、カード一枚あれば安心ですよね。
クレジットカードも含め色んな方法に分けて準備をしていくことがオススメです。
未成年の方でも、学生でも持てるカードがあるので、1つは準備して行きましょう。


*持ち物
人の住んでいる、そして先進国としては当たり前のことなのですが、基本的にイギリスでも日常生活に事足りる買い物ができると考えておきましょう。
でも、日本でしか手に入らないもの、または自分に合うものでなければならないモノってあると思います。

例えば、ちょっとした風邪薬や胃痛、腹痛に備えて、常備薬は日本人の体質に合うもの物を持っていくことがオススメ。
特に体調が思わしくないと、普段なんでもなくても不安に陥りやすいもの。そんな時に、薬局に行って自分に合う薬を探すことは難しいと、私も苦い経験が何度かありました。


次に最も多い質問の1つが、パソコン。
長期留学をされる方は、持って行く方も多いと思います。
インターネットや、日本語でのEメールができれば、日本にいる家族やお友達とも時間を気にせず連絡ができます。
でもネットに接続できるかどうかは、寮やホームステイ先の状況によるので、ご注意を。

それ以上に、自分のパソコンを持っていくメリットは、勉強に使えるということ。

イギリスの大学や大学院での勉強は、毎日とてもハード。自室に帰ってからもエッセイを書き続け、気がついた時にはもう朝、何てこともしばしば。
自分の好きな時に集中して勉強するためには、必需品です。
では、「日本のメーカーでも使えるん?」
答えは、Yes!
イギリスの電圧は220Vですが、大手メーカーのものであれば対応しています。

ただし!ここで忘れてならないものは、プラグの変換器。
いくら電圧が対応していても、イギリスのプラグの形状に合っていなければ、電源が入りません。
忘れずにプラグの変換器を購入していきましょう。


ちなみに、次に多い質問は、「炊飯器は持って行った方がいいんかなぁ・・・?」
お米が主食の日本人ならでは心配ですよね。
でも答えは、No!
私が留学していた時も、友人が炊飯器を持ってきていましたが、何とまぁ、よく壊れること。
というのも、炊飯器は変圧器が必要なものも多いのですが、変圧器を利用しても変圧が安定しないため、ご飯は焦げるは、機械は壊れるは・・・。
散々な目に遭っていました。

皆さんも、幼い頃に飯盒炊飯をした覚えがあるように、ご飯はお鍋でも簡単に、美味しく炊くことができます。
お料理が苦手な人も少しお勉強して、日本人の生命線であるお米くらいは炊けるようになっておきましょう!


ブログだけではすべての渡英準備に関してすべてを語ることはできないのが、残念。
今までのブログや、当オフィスから留学された学生さんの体験ブログもとっても参考になるので、是非読み返して、イギリス留学への思いを馳せてみてください。
>>イギリス留学体験ブログへはこちらから...


2008年以降の留学を目指しているみなさんは、是非6月30日(土)に大阪オフィスで行われる「大学・大学院 2008年受験セミナー」にお越し下さい。
ここでも、イギリス大学院留学の経験者であるカウンセラーが、イギリスでの生活の体験談をお話いたします。
>>「大学・大学院 2008年受験セミナー」の予約はこちらから...

来週はいよいよ、今月最後のブログです。
大阪オフィスの「フロム大阪!」ブログでも今週はVISAについてお話しましたが、VISA(入国査証)を延長する方も多いはず。その点に関してお話したいとお思います。

どうぞ来週もお付き合い下さいね。
See you next week!

さて、ストレスフリーな渡英準備の最終回は、持ち物編。もっていける荷物は、量的にも限界がありますから慎重に選んでいく必要がありますよね。その限られた荷造りの過程で、選ばれるべきものは当然イギリスでの皆さんの生活をストレスフリーにしてくれるものたち☆であるべきです。


①持病の薬やその処方箋・コンタクトレンズのストックなど
やっぱり心身ともに健康でなければ留学生活を楽しむことはできません。そして、何よりなるべく病院にはお世話になりたくないですよね。なので、日ごろからこだわって飲んでいるお薬などがあるなら、少し予備を持っていくとよいでしょう。また、コンタクトレンズは使い捨てを少しストックしているとよいかもしれませんね。


②日本語での利用頻度が高いもの(電子辞書や日本語でしかかかれていない文献など)
イギリスに行ってから、日本語で使うものを購入するのは結構大変。手に入ったとしても、割高だったり。なので、特に授業ですぐに使うような電子辞書や文献などは、厳選して持っていってもよいかもしれません。


③生活のエッセンスとして加えると心が温まるこだわりの品々
私はポケットアルバムに2冊ほど、家族や友人の写真を厳選して持っていきました。それから、イギリス留学を祝して友人が贈ってくれた目覚まし時計。最後に、私の大好きな谷川俊太郎の詩集。小さなことですが、結構大きな威力を発揮してくれたように思います。意外と辛かったり、寂しかったりするときがありますから、そんな時に支えてくれるアイテムが少~しあると、がんばれますよ!


というわけで、荷物は少なめに厳選して持っていきましょう。イギリスだって先進国。なんだって手に入りますからご安心を!皆さんが現地に到着するころ、寮を出る学生もいますから、そういう方に食器や生活用品を譲り受けるというのも手ですよね♪

★携行品の盗難や破損に備えて保険に加入しましょう!


みなさん、気をつけていってらっしゃい&成功秘話お待ちしております。
あ。最後に、皆さんを送り出したご家族もストレスフリーでいられるように、到着後は必ず「無事に着いたよ!」の連絡を入れてあげてくださいね!


さて、、、こっちはこれから出願準備だよ~。という方には、ストレスフリーな出願準備のご提案の第一弾として「出願準備セミナー」と「自己推薦文の書き方講座」をご紹介。5月を最後にお休みをしていたセミナーがいよいよ復活☆あっという間に定員になってしまうので、お早めにお申し込みください。

★出願準備セミナーの詳細・お申込みはこちら
★自己推薦文の書き方講座の詳細・お申込みはこちら