カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

▼Category:イギリス留学人気コース! > 通訳・翻訳留学

通訳コースは最も人気のあるコースのひとつ。beoの東京・大阪オフィスでは、8/30(火)に英国大学の通訳コースの授業を体験できるイベントを開催します!

レクチャーを担当していただくのは、ロンドン・メトロポリタン大学通訳コース のコースリーダーのMs Danielle D'Hayer。実践的な通訳スキルを身につけることができるよう、数々のコース開発に携わられています。

通訳、翻訳、言語学に興味をお持ちの方はもちろん、
大学・大学院の授業を体験してみたい方、
今の英語力で現地の授業をどこまで理解することができるか試してみたい方まで、
どうぞお気軽にご参加ください。

実際の大学・大学院レベルの授業を体験することで、今の英語力でどこまで理解できるのか?留学までにどんな英語学習が必要なのか?"気付き"を得られる良い機会です!!モチベーションアップにもなりますよ♪

ロンドン・メトロポリタン大学 体験レクチャー(通訳)

日時:8月30日(火) 19:30-21:00
場 所:東京・大阪オフィス

★東京オフィスへの参加をご希望の方はこちら
★大阪オフィスへの参加 をご希望の方はこちら

ご参加お待ちしています!!

>ロンドン・メトロポリタン大学日本語ホームページ
今週7月23日(金)に、beo東京・大阪オフィスでマッコーリー大学の体験レクチャー(通訳・翻訳)を開催します!

マッコーリー大学の通訳・翻訳プログラムはNAATIの認定プログラム。
卒業生の多くはプロ通訳・翻訳者として様々な分野で活躍しています。

通訳・翻訳コースの多くが入学条件にIELTS7.0レベルの英語力を課しています。

できるだけたくさんの時間を英語学習に充てられるよう、
計画的な出願を心がけたいものです。

体験レクチャーやセミナー参加は、今後の計画を立てる上でとても役立ちます。
2011年留学を考えている方は特にこの機会をお見逃しなく!

マッコーリー大学 体験レクチャー(通訳・翻訳)

日時:7月23日(金) 19:30-21:00
場 所:beo東京・大阪オフィス
通称EUこと、欧州連合(European Union)の政策執行機関欧州委員会、EC(European Commission)。通訳・翻訳家のみならず、留学経験者・留学を志す方なら誰もが1度はあこがれる、グローバルな活躍の場では?

イギリスの数ある通訳翻訳学科の中でも、通訳学科の卒業生にECの職員採用のお誘いがくるのは、リーズ大学のみ。実際にECの採用担当者が授業見学に大学を訪問しに来るともしばしば。

そんな人気のリーズ大学通訳翻訳学科ですが、やはり出願には高い英語力が必要...。今までは、入学条件を満たした英語力がないと、出願をしても却下される可能性が高いコースでした。

ですが、このたびリーズ大学日本事務局のbeo(ビーイーオー)では、コースディレクターとの直接交渉により、2010年4月末までに出願する場合、入学条件にIELTSで0.5足りない場合でも出願を受け付けることになりました。

◆ 大学課程での成績もよく、優秀と思われる方
◆ IELTS 7.0相当の英語力があると思われる方



leeds_t&i_1.JPG
【写真上↑】
リーズ大学通訳翻訳学科の授業の様子

また、リーズ大学日本事務局(beo)にはリーズ大学の日本担当官が常駐!イギリス通訳・翻訳留学について、いつでもお気軽に日本語でご相談いただけます。


リーズ大学で通訳・翻訳関連のコースに出願したいけれど、まだIELTS/TOEFLの結果が出ていない方は、まずはリーズ大学日本事務局(beo)までご相談ください

通訳翻訳留学を目指す方に朗報です。

2010年度のリーズ大学通訳翻訳学科への出願は、入学条件にIELTSで0.5足りない場合でも出願を受け付けます!

本来リーズ大学通訳翻訳学科は、入学条件を満たした英語力がないと出願をしても却下される可能性が高かったのですが、この度コースディレクターとの交渉により、2010年4月末までに出願する場合、入学条件にIELTSで0.5足りない場合でも出願を受け付けることになりました。

各コースへの入学条件と出願に必要な英語力は下記の通りです↓

<リーズ大学通訳翻訳学科 入学条件・出願に必要な英語力>

- MA Applied Translation Studies
- MA Screen Translation Studiesbr /> - PG Diploma Applied Translation Studies
入学条件:Score 6.5 (all components must have a score of at least 6.0)
→これらのコースへは、IELTS score of 6.0 overall and at least 5.5 in each component以上あれば出願できます。

- MA Translation Studies and Interpreting
入学条件:Score 6.5 (at least 6.5 in speaking and 6.0 in other components)
→このコースへは、IELTS score of 6.0 and at least 6.0 in speaking and 5.5 in other components以上あれば出願できます。

2010年度出願用の翻訳課題はこちらからダウンロードできます。

★リーズ大学日本担当が在駐
beoには、リーズ大学の日本担当が常駐しています。
個別のご相談にも応じておりますので、詳しくは日本担当にお問合せください。

>リーズ大学留学へのご相談・お問合せはこちらから(カウンセリング予約)
>リーズ大学日本語ホームページ
先日、「クリスマス・キャロルの頃には・・・」にて数あるポーツマス大学の魅力のひとつをお伝えいたしましたが、本日も引き続きポーツマス大学の更なる魅力についてもう少しお話いたします。

ポーツマス大学では、

「全部英語で行われる大学の講義やゼミについていけるか心配」
「英語でのレポート等課題提出、英語でのプレゼンが心配」

と、英語力にやや不安があるものの、

「でもやっぱりイギリス留学の夢をあきらめたくない」
「せっかくだから留学して英語力を磨きたい」

という方にオススメの『英語プラス』というコースを開講しています。

大学で1・2年目を修了し、イギリス大学留学を志す方にまさにぴったりのコースです。
コース内容は、主にビジネス・マーケティング・スポーツマネージメント・貿易・法学・コミュニケーション・言語学などの専門科目が70%、ビジネス英語またはアカデミック英語学習が30%で構成され、英語力や今までの学習状況に応じて、通常1年から3年で卒業することができます。

ポーツマス大学の学士課程『英語プラス』って面白そうと思った方に朗報です。
beo(ビーイーオー)では、11/25(水) では大阪オフィスにて、11/27(金)では東京オフィスにて、ポーツマス大学より大学スタッフをお招きして、個別相談会を開催いたします。『英語プラス』を含め、イギリス最古のMBAのひとつであるビジネス関連科目や、翻訳・環境学などにご興味のある方は、是非この機会に大学スタッフと直接お話になって、成功するイギリス留学を目指しましょう。

11/25(水)18:00 - 20:00 ポーツマス大学個別相談会
11/27(金)18:30 - 20:30 ポーツマス大学個別相談会

ポーツマス大学についてはこちらから
イギリス留学に関するお問い合わせはこちらから

みなさん、こんにちは!大阪オフィスです。


先週のブログで予告させていただいた通り、本日は今大注目であるリーズ大学の通訳・翻訳コースについてお伝えしたいと思います。


英語を生かせる仕事につきたい!と思う方は多いと思いますが、その中でも通訳や翻訳家として働く方々はまさに語学のプロフェッショナル。
そんな通訳や翻訳の専門家を育成する教育機関として、世界の最先端をいくのが今回ご紹介したいリーズ大学の通訳・翻訳修士コースです。


通訳・翻訳を学べる教育機関は他にもありますが、リーズ大学の通訳・翻訳修士コースで特に注目すべき魅力はなんといっても、


☆ヨーロッパ最高基準の最新専門設備☆


コンピューターを使った実践的な翻訳トレーニングに力を入れているので、PCルームには高額な翻訳ソフトウェアが導入され、生徒はそれぞれサポーターからの指導を少人数制で受けることができます。

また通訳トレーニングには本格的な通訳ブースが設備として備わっており、テレビによりリンクされた2つの通訳ブースを使うので通訳現場そのままの環境で学ぶことができます。卒業後のキャリアを強く意識したリーズ大学ならではですね。


更に特徴を挙げていくと...


☆コースの豊富さ☆

一般的な通訳・翻訳を勉強できるコースの他にも、字幕・映像翻訳コースや会議通訳コースなど、自分のやりたいことに特化してコースを選べるのでより専門的なスキルを身につけることができます。


☆国際的な環境での勉強☆

授業の多くは他の言語の通訳・翻訳を学んでいる学生と一緒になるので、イギリス人や世界の色んな国から来た人たちがクラスメートとなり、知識も深めながら更にコミュニケーション能力も高めることができます。


授業の様子やコースの詳細などを綴ったリーズ大学の翻訳コースの体験談もあるので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね!とても参考になります。


また、大阪では10月17日にリーズ大学通訳・翻訳修士コースの学科長をお招きして個別相談会とワークショップを行います!今回のワークショップのテーマは、


"プロ通訳・翻訳家への道"


プロの通訳・翻訳家を目指す方々にはとても興味深い内容となること間違いなしです。


イベントの詳細とご予約はこちらへ↓
http://www.beo.jp/event/beo_osaka.html#1019


今回のイベントには参加できないけど通訳・翻訳を学びに留学したいと考えている方がいれば、ぜひ一度カウンセリングに来てくだい♪この秋から留学に向けての一歩を踏み出しましょう!

カウンセリング予約はこちらへ↓
http://www.beo.jp/enquiry/counselling.html