カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

リーズ大学 英語教授経験なしでもOKのTESOLコース

TESOL(英語教授法)の大学院留学は、実際の教育現場での教授経験が求められることが多いですが、教授経験なしで留学できるTESOLコースがリーズ大学 Leeds Universityにあります。

MA TESOL Studies

リーズ大学教育学部の英語教授経験のない方向けのコースです(このコース以外のTESOLコースには、数年の教授経験が必要)。
TESOLの分野の第1ステップとして最適なコースで、実際の教育現場で必要な知識とスキルを習得することができます。
履修できる授業は(入学するのに教授経験が必要な)TESOLコースと同じものもあり、大変内容の濃いコースです。

コースは、語学教授において核となる2つの要素を深く掘り下げていくところからスタートします。
  • 言語そのもの
  • Speaking、Listening、Reading、Writingの4技能を含む、言語を学ぶこと、教えることのプロセス
また授業をどう進めていくか、という実践的な面についても学習します。
TESOLの特定分野(文法・語彙教授法、教材分析、言語分析など)を専門的に勉強することもできます。

リーズ大学日本事務局 水森さん

aiko.jpg
教育学部は留学生が多く集まる学部で、例年約20か国から学生が集まります。
学部内に学生サポートチームがあり、1年を通して他のクラスメイトや留学生と仲良くなるきっかけを与えてくれるアクティビティが用意されています。
たとえば湖水地方やピークディストリクトでハイキング、カヤック、マウンテンバイクなどなど!
それもあって、他のコースの学生さんより教育学部の学生さんは留学生同士が仲が良いと言われています。

MAプログラム(修士課程)では、小学校などでの教育実習はないのですが、クラスメイトや講師を生徒に見立てて授業を行い、コメントをもらうコースが後期にあります。

リーズ大学のTESOLコースに興味のある方、
もしくは自分が勉強したい分野がリーズ大学にあるのか知りたい!
という方はお気軽に私までお問い合わせください!

>お問合せはリーズ大学日本事務局(beo)までどうぞ


リーズ大学は10月に開催するbeo大学・大学院留学フェアに参加します!
海外から約100の大学・大学院が来日するこのイベントで、留学のナマの情報を入手しましょう!

大学・大学院留学フェア

Newer : 世界中の学生と交流できる 留学生向けイベントとは?

Older  : 2013年度 The Complete University Guide 大学ランキング発表