カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

ロンドン・メトロポリタン大学アート留学セミナー開催報告

3月9日、beo東京オフィスイギリスアート留学人気の留学先ロンドン・メトロポリタン大学の教授が来日し、アート留学セミナーを開催いたしました。

イギリスアート留学では、一般的に作品(ポートフォリオ)の提出が求められます。他の専攻では、学力と英語力が主な審査基準ですが、アートの場合、作品も合否を大きく左右します。

今回は、お越しになれなかったみなさんのためにロンドン・メトロポリタン大学アート・メディア・デザイン学部教授直伝のアート留学の必要条件をブログにてお伝えいたします。

審査官が語る!アート留学の合格審査の本音

重要度★★★★★ ポートフォリオ(作品提出)
重要度★★★★ 推薦状(reference)
重要度★★★ 自己推薦文(志望動機・personal statement)
重要度★★ GPA(高校・大学時の成績・平均評定値)

特に、ポートフォリオ提出に関して、作品の最後の部分だけを見せるのではなく、作業工程もわかるようなポートフォリオの提出するのが好ましいとのこと。いかに、オリジナリティがあふれるアイデアであるか、人の考えないようなアイデアを絞り込むことが重要です。Paul Smithはストライプだけで有名になったことも知られています。

しかし!
アート留学はアイデア力以外に非常に重要なものがもう1つあります。それは、英語での円滑なコミュニケーション能力。作品について他の学生と意見交換をするのに、受身の姿勢では大学は卒業できません。いかに英語でも不便なく、意思疎通を図れるかが、実はアート留学の要になってきます。


このたび、アート留学セミナーにお越しになれなかった方もご安心を!
 
beofair.JPG

上記の日程、開催される大学・大学院留学フェアでは、ロンドン・メトロポリタン大学はじめ、イギリスアート留学人気大学が多数来日します。その場でポートフォリオ審査を受け、合格を勝ち取る方もいらっしゃる人気の留学イベントです。是非、それまでに出願書類や、ポートフォリオ作成を済ませ、その場で合格を決めましょう!



Newer : QS世界大学ランキング発表!

Older  : トップ大学スタッフ&教授来日決定!