カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

▼2011年12月の記事

【キングス・カレッジ・ロンドン出張レポート】 第5回 最終回 

皆様こんにちは。beo山嵜です。

ニューイヤーまでいよいよカウントダウンとなりましたが、出願準備はいかがですか?
無条件合格を既に持っている方は油断をせずEAP(English for Academic Purposes)
条件付合格を持っている方は最後のIELTS対策をしっかりとして、春からはEAP対策に移行できるように頑張りましょう。

さて、先日beo東京オフィスにキングス・カレッジ・ロンドンからMs. Robyn Evansがお越しになりました。私もAgent Conferenceでお世話になりましたが、こうして学校からもbeoオフィスに定期的にお越しいただいております。キングス・カレッジ・ロンドンも日本からの優秀且つ意欲のある皆様に是非来て頂ければということで、beoスタッフへのスタディーセッションをして頂きました。

既にキングス・カレッジ・ロンドンから合否結果が出ている方も今年は多いので、これからの方々お急ぎください。

Ms.Robyn.jpg

今回エージェントカンファレンスに参加することでそれぞれ国によって感じている疑問点の相違が見えたのはとても興味深かったです。

特にGPAの換算についてはいずれの国も持っている不安点。キングス・カレッジ・ロンドンへ出願する際には各国の出願窓口を通して出願しますと、通常の出願後にこちらより、それぞれの学校の換算方法などの説明もすることが出来ます。

是非こういった点でもお困りの皆様のお手伝いをさせていただきたいと思います。

二年に一度のエージェントカンファレンス、次回は2013年を予定しております。
またこうした現地からの情報を皆様にお届けできるようにbeoは教育機関の出願窓口として皆様のお手伝いが出来ればと思います。

blog_1.jpg

それでは皆さん、メリークリスマスandハッピーニューイヤー

キングス・カレッジ・ロンドン出張レポー ト目次

【キングス・カレッジ・ロンドン出張レポート】 第5回 最終回
【キングス・カレッジ・ロンドン出張レポート】 第4回 ロンドンでの生活について
【キングス・カレッジ・ロンドン出張レポート】 第3回 学生寮を訪問
【キングス・カレッジ・ロンドン出張レポート】 第2回 キャンパスを訪問
【キングス・カレッジ・ロンドン出張レポート】 第1回 エージェントカンファレンス

イギリス大学、大学院への留学をお考えなら、beoまでお気軽にご相談/お問合せください。
>お問い合わせはこちらから






【キングス・カレッジ・ロンドン出張レポート】 第4回 ロンドンでの生活について

いよいよ冬本番、寒い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。beo留学カウンセラーの山嵜です。

先日は寮について少しお話させていただきましたが、今回は少しロンドンでの生活についてお話をしたいと思います。
"ロンドン"というと物価が高い、生活費も非常にお金がかかるのでは?と思っていらっしゃる方も多いと思います。しかし、知っていると役に立つことやショッピングの仕方でもかなり節約が出来るんです。

今回の出張中、私が若かりし頃イギリス留学で切磋琢磨しあった日本人の女友達が現在ロンドンに住んでいるということで会いにいくことに。主婦でもある日本人の彼女から学んだ生活の知恵を少しシェアしたいと思います。

[衣]

円高万歳
ロンドンはご存知のとおりショッピングには困らない大都市。ハイブランドからファストブランドまで様々です。
H&MやZARA、それから日本のユニクロなどもロンドンでは大人気です。またOUTLETなども気軽に行けるので、洋服は日本から何箱も送るより現地で調達したほうが今は得!
長期留学の場合、帰りは荷物も多くなるはず。行きはかなり厳選した衣類を持っていくことをお勧めいたします。

[食]

週末マーケットはお得
今回、私が週末に訪れたBorough Market。ロンドン各地でこういった地域の人たちがお店をだして週末マーケットを開いています。鮮魚からお肉、野菜そしてあま~いスイーツまで一通り手に入るマーケット。特にフルーツはとってもお安く新鮮です。マーケットではワイン・オリーブ・チーズ・サラミ等も試食試飲したり出来ます。お店によっては色々おまけもしてくれたりと粋がいいです。
こういったところでまとめて1週間の材料を買うととっても安くてフレッシュな品物が手に入りますよ。

Market1234.jpg
ロンドン市内のマーケット是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。
Brick Lane Market (多国籍の屋台が多く食べ歩きも出来ます)
Portobello Market (アンティーク雑貨が多いことで有名なマーケット)
Spitalfield Market(曜日によって出ている露天が変わります、若手デザイナーの作品も出ています)

[住]

留学形態によっても変わってくるかと思いますが、ホームステイ・学生寮・シェアハウスなどさまざまです。
金額からするとホームステイは食事もついて一般的には一番お安いかと思います。また現地家庭に入って日常的に英語に触れるということも出来ます。
もし長期で行くのであれば最初は学校が管理をしている学生寮やアレンジをしてくれるホームステイなどお勧め。シェアハウスは現地で友達などが出来てから実際に物件をみて決めると良いかと思います。ただいくら週レートが安いとしても場合によっては立地や設備など整っていない物件もあるので気をつけましょう。ロンドンでは日系向けの不動産紹介をしているところもあるようなので是非相談してみてはいかがですか?

ロンドンには沢山のエンターテイメントやおいしいレストランなど誘惑は多いと思いますがセーブしながら、勉強も私生活も楽しめるとよいですね。

次回はキングス・カレッジ・ロンドンレポートもラスト
皆様2011年も残りわずか、風邪には気をつけて良い年末を迎えましょう。

キングス・カレッジ・ロンドン出張レポー ト目次
【キングス・カレッジ・ロンドン出張レポート】 第4回 ロンドンでの生活について
【キングス・カレッジ・ロンドン出張レポート】 第3回 学生寮を訪問
【キングス・カレッジ・ロンドン出張レポート】 第2回 キャンパスを訪問
【キングス・カレッジ・ロンドン出張レポート】 第1回 エージェントカンファレンス

イギリス大学、大学院への留学をお考えなら、beoまでお気軽にご相談/お問合せください。
>お問い合わせはこちらから




【Bellerbys UK】授業料1学期につき£700免除

ベラビーズ・カレッジ(Bellerbys College)の2012年4月16日以降に始まるコースに出願、入学する学生は、1学期につき£700免除されます。3週間以上のコースに出願することが条件となります。英語コース、準備コースなどの短期コースには適用されません。

>ベラビーズ・カレッジ授業料免除についてのお問合せ、留学一般についてのお問合せはこちらから
>ベラビーズ・カレッジ(Bellerbys College)日本語ウェブサイトについてはこちらから

【キングス・カレッジ・ロンドン出張レポート】 第3回 学生寮を訪問

こんにちは。beo留学カウンセラーの山嵜です。

今日は皆さんも気になっているロンドンの滞在先事情に関して少しお話いたします。
ロンドンは物価や滞在費が高い・・・と思っている方も多いですが、やはり学校の寮はお得。家賃の他光熱費・通信費等も含まれての値段ですしキャンパスから近いのも魅力ですよね。その時点で交通費も浮きます。キングス・カレッジ・ロンドンも学校指定の寮もありますし、民間の学生寮からも通いやすいです。

wolfson1.jpg
私も今回、ガイズキャンパスより徒歩5分程度にあるWolfson Houseを見てきました。約250名前後の学生が住んでおり、バスルーム・キッチンを共同で利用しています。


wolfson2.jpg
お部屋はこんな感じ、手前には小さなシンクと、クローゼットがあります。
現地の学生は、勉強は学校・図書館でするもの!という意識があるのかお部屋は結構こじんまりとしています

wolfson3.jpg
ロンドンは自炊推奨!丁度キッチンを見せてもらった際には男の子が手際よくランチの準備をしていました。キッチンの大きさは寮によって様々です。シェアする人数も違うので事前によく確認してみましょう。20人でシェアだと食事時間帯はかなり混み合ってしまいそうです

キングス・カレッジ・ロンドン指定寮は現在7つ
Brian Creamer House
Great Dover Street Apartments
Hampstead Residence
King's College Hall
Stamford Street Apartments
The Rectory
Wolfson House

※ロンドン大学全てのカレッジ生へ提供されている寮もあります:Intercollegiate Hall

あとは、学校が運営する寮ではなく、民間の学生寮も様々あるのがロンドンでしょうか。キングス・カレッジ・ロンドンのウェブサイトでも民間寮のUNITEが紹介されています。実は、私も学生時代のUNITEユーザー。広いリビングとお部屋にバスルームが完備されているEn-Suite希望のため利用しました。学校も違う、国籍も違うフラットメートと出会えるのは民間寮の良いところですね!

UNITEのウェブサイトから、キングス・カレッジ・ロンドンに近い寮が検索できます。
留学生だとしても、ロンドンに関しては学校指定寮が確実に保証されるわけではないので、早めのアレンジをお薦めします。

次回はちょっと休憩、ロンドンの町についてお話します。
キングス・カレッジ・ロンドン出張レポー ト目次
【キングス・カレッジ・ロンドン出張レポート】 第4回 ロンドンでの生活について
【キングス・カレッジ・ロンドン出張レポート】 第3回 学生寮を訪問
【キングス・カレッジ・ロンドン出張レポート】 第2回 キャンパスを訪問
【キングス・カレッジ・ロンドン出張レポート】 第1回 エージェントカンファレンス

イギリス大学、大学院への留学をお考えなら、beoまでお気軽にご相談/お問合せください。
>お問い合わせはこちらから