カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

▼2011年04月の記事

2年に1度開催!キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)のエージェント・カンファレンスにbeoが招かれました。

2年に一度開催される、キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)のエージェント・カンファレンスにbeoが招かれました。

このカンファレンス期間中は、キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)のプロフェッショナルなスタッフや教授陣と会い、キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)のすばらしいプログラムや大学施設を視察する予定です。

コンファレンスに参加するエージェントは、日本からはなんとbeoだけ!キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)に留学をお考えの方へ、大学の有益な情報と生の声をお届けできる、貴重な機会です。

kings.jpg

>キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)についてはこちらから
>キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)への留学についてのお問合せはこちらから

日本で開講!サセックス大学の国際開発学コース

開発学研究のトップ大学「サセックス大学」が、
国際開発学コースを日本で開講します!!


コース修了生には、サセックス大学よりCertificate(修了証)を授与
サセックス大学への出願の際には、同大学の講師が推薦人を引き受けます

人気大学による日本で初めてのオフィシャルコース。
定員20名の限定コースですので、お問合せ・お申込みはお早めにお願いします。
昨日から受付を開始して、すでに数名の方のお申込みを受け付けています!

bnr_ir_330.jpg

◆こんな方におすすめ

●開発学の専攻を希望しているものの、同分野のバックグラウンドがない方
⇒足りない知識や経験を補うために、同コースを受講したと志望動機書でアピールすることが可能です。エッセイ提出者には講師のフィードバックも。

●海外の大学の授業を体験してみたい方
⇒今の英語力でどこまで現地の授業を理解できるか挑戦。足りないスキルを明確にして英語準備に役立ててください。チュートリアルも含めて体験できます。

●国際開発学に興味をお持ちの方、国際機関で働くことを希望している方
⇒コースでは、開発学の理論からアプローチ方法、貧困・ヘルス・教育・移住・ジェンダーと開発など、様々な側面から開発について考えます。

★詳細・お申込み・お問い合わせ
サセックス大学 国際開発学コース 日本で開講!~Certificate(修了証)授与~


◆コース概要

【期間】 2011年6月22日(水)~ 8月3日(水)[毎週水曜日・全7回] >スケジュール詳細
【講師】 サセックス大学国際学研究科(School of Global Studies)教授陣 >講師詳細
【場所】 beo東京オフィス(新宿) >地図
【定員】 20名

【初回限定モニター価格】
授業料: 優待価格(*1):78,000円(税込)、一般価格:105,000円(税込)
教材費: 約15,000円
※コース修了後、アンケートにご協力いただける方を対象としたモニター価格です。

<(*1) 優待価格対象者>
beoの留学サポートをお申込みの方、または、beoカレッジで英語コースを受講したことがある方
※現在、優待価格対象者でない方でも、beoの留学サポートまたは英語コースをお申込みいただくと、優待価格が適用されます。27,000円もお得になりますので、留学サポートって?という方も、お気軽に下記よりお問い合わせ下さい。

【申込受付】 優待価格対象者:4月20日(水)~、一般価格対象者:5月1日(日)~

★詳細・お申込み・お問い合わせ
サセックス大学 国際開発学コース 日本で開講!~Certificate(修了証)授与~




2011年留学の方は要注意!イギリスはイースター休暇に入ります

日本ではまだ馴染みのないイースターですが、イギリスではとっても大切な日。イースター前後はお休みになるところが多いのですが、もちろんイギリス教育機関も例外ではありません。

今年は、Royal WeddingとBank Holidayが重なり、4/20~5/2頃まで教育機関は断続的にお休みになります。この時期に電話やメールをしてもつながりません。

●2011年留学を希望している方で、合否の結果をまだ受け取っていない方!
イースター明けは教育機関は繁忙期に入るため、ご自身で問い合わせても相手にしてもらえないことが少なくありません。お困りのことがあれば、お気軽にbeoにお問い合わせください。

●2011年留学を希望している方で、まだ出願が完了していない方!
この1週間は、出願書類の作成に集中してください!!
beoでは、願書や志望動機書作成のアドバイス、提出書類に不備がないかチェックを行っています。
志望校から合格を勝ち取るためには、1日も早い出願が鍵を握りますので、一刻も早くご相談ください。

2011年留学、ここからは時間との勝負です!!

>出願に関するお問い合わせはこちらから

【重要】2011年4月21日より、ビザ申請に新ルールが適用されます(2011年3月改定)

学生ビザ取得に関する新ルール(2011年3月改定)
2011年4月21日より、Tier 4 General Students Visaの取得に新ルールが適用されます。今回の変更により、英語力の証明に大幅な変更が発生します。

【主な変更点】
最低英語レベル
ビザ申請時、指定の英語力があることを証明する必要があります。留学レベルによっては、UKBAが定める英語試験の受験が必須で課されます。

  • Higher Education Institution以外の教育機関で学士課程以上のコースに留学される方:CEFR B2*以上
  • ファウンデーション、プリセッショナル、語学コースに留学される方:CEFR B1*以上
    ※UKBAが定めるIELTSなどの英語試験(Secured English Test)の受験必須

*B2、B1の定義は公表されていませんが、一般的に、B2はIELTS 5.0~6.0 / TOEFL iBT 57以上、B1IELTS 4.0(いずれも各セクション毎に設けられたスコアをすべて超えていること)といわれています。

さらに、ビザ申請時または入国審査時に面接を受けさせられる場合があり、ここで要求される英語力を証明できない方は、ビザ発給拒否または入国拒否される可能性があります。

【今後、さらに新たな変更の可能性】
今後も何段階かに分けてルールが変更される予定です。2011年夏以降には、家族同伴の留学に制限が加えられる可能性があります。

上記の情報はbeoが2011年4月1日に調査した時点で最新のものです。ビザの情報は予告なく変更されることも多いため、申請の際はUK Border Agencyのホームページにて最新の情報をご確認ください。

このような混乱期に個人でビザ申請を進めるのは危険です。beoでは、専門スタッフによるビザ申請サポートをおこなっておりますので、特に渡航が迫っている方は、お早めにご相談ください。

★ビザ申請サポートのお申込・ご相談はこちらから