カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

▼2010年12月の記事

2011年の大学・大学院留学、出願は年明けがピーク!

人気コースの出願締切情報も届き始めています!


すでに合格を勝ち取った方から喜びの声も続々と届いています。
>【速報!】2011年 合格実績

イギリスの大学・大学院留学においては、1月が出願のピークです。
1日も早く出願できるよう、進めましょう。
これから出願される方は、日本正式出願窓口beoの無料留学サポートをご利用下さい。
★2011年大学・大学院留学 今すぐ出願!

beoのサポートを利用せずに出願手続きされた方で、書類に不備がなかったか心配な方、
その後の連絡がなく不安な方は、beoから学校側に問い合わせることも可能です。
★お問い合わせフォーム

お問い合わせはお電話でもお気軽にどうぞ。
【東京】03-5367-3315 【大阪】06-6371-1116
※年末年始のお休みは12月31日~1月3日までです。


2011年 夏の語学留学~来年こそは!という方もぜひご相談下さい~

今日はクリスマス・イヴですが、海外の教育機関からは
すでに来年の夏の語学留学/サマースクールの情報も届いています。

リーズ大学 University of Leeds
2011年もリーズ大学の語学センターでは、夏ターム(2011/7/4~9/9)は最短3週間から入学が可能です。
月曜日スタートで、毎週単独のコース内容になっています。

2010年も好評で、早いうちに定員に達し締め切りになってしまいましたので、興味がある方はお早めにお問い合わせ下さい!

★お問い合わせ⇒リーズ大学日本語Web

中学生・高校生の語学留学におすすめ!
フランシス・キング・スクール・オブ・イングリッシュ Frances King School of English
2011年夏は、中学生・高校生(13~17歳)を対象にした全寮制英語研修プログラムを開講します!
ロンドン大学のキャンパス施設を借り切って行います。
寮はすべてシングルルーム、3食付で放課後のアクティビティーなどがパッケージになっています。
学校の夏休みに合わせて、2週間から受講できます。


その他にも、各大学が毎年行っているサマースクールや、アクティビティ付きの英語コースの情報がたくさん届いていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

★お問い合わせ⇒イギリス留学のお問い合わせフォーム


~大学スタッフから直接聞ける!~ サセックス大学説明会

サセックス大学 University of Sussex のインターナショナル・オフィサーが、同大学への留学準備を進めている方のために、出願対策を指導しました。合格率を高めるための情報を得て、質問できる貴重な機会となりました。

当日の内容:
  • サセックス大学の修士課程コースの魅力
  • 各学部の特徴の説明
  • 英国のMBAの魅力
  • サセックス大学のビジネススクールで学べること(ファイナンス、マーケティング、起業、技術革新マネージメントなど)
  • 志望動機書作成のポイント ─ 良い例悪い例
  • 修士課程コースで合格を得るためのTips
  • 質疑応答

また、サセックス大学インターナショナルオフィススタッフが、急遽卒業生をゲストとして招いてくれたため、体験談を聞ける貴重な場となりました。

>サセックス大学日本語ウェブサイト

※セミナーは最先端技術ビデオコンファレンスシステムを使用して行われました。

英国ボーディングスクールのスタッフがbeoを訪れました。

先日、ブリティッシュ・インディペンデント・ボーディング・スクールズ(BIBS) British Independent Boarding Schools(BIBS)より、Education ConsultantのMr. Peter J Horrisがオフィスにお越しくださりました。

Mr. Peter J Horrisにに英国のボーディングスクールの様子について詳しくお話しをお聞きしました。

英国トップ大学に入るためには、優秀な学業成績を修めることはもちろん、スポーツや芸術、課外活動など、人間性を高めるための経験を積み、バランス良く物事を学んでいる必要があります。英国ボーディングスクールなら、放課後の時間も様々なアクティビティが選べ学べる環境にあり、規律やタイムマネージメントも学ぶことができます。特に医学部や法学部への大学進学は難しいため、少人数で手厚いサポートが受けられるボーディングスクールは最良の選択肢とのこと。

英国のボーディングスクールは設備が素晴らしく、パーソナル・チューターが学業の進捗、パーソナルな問題など相談にのっています。また、各寮にはスタッフがいるので安心です。

ボーディングスクールについてさらに詳しく知りたい方は、お気軽にbeoへお問合せください。

★小学校・中学校・高校留学(ボーディングスクール)の【ご相談】はこちらから

サリー大学のスタッフがbeoを訪れました。

先日、beoを訪れたサリー大学のProfessor Marion Wynne-Daviesにサリー大学についてお話をお伺いしました。

>サリー大学の詳細はこちら

surry.jpg

【サリー大学の特徴】
サリー大学はロンドンの中心から電車で約40分のギルフォードにあります。都心に近く、また緑も豊かで、 治安のよいサリー州の中心であるギルフォード郊外にあるサリー大学キャンパスでは、110カ国以上から2000人を超える留学生が学んでいます。 サリー大学高品質の教育・研究と、実践を兼ねたプログラム内容は、ニューユニバーシティならではの内容で、就職率は抜群です。 ロンドンに近く、またヒースロー空港やガトウィック空港にも近く、とても便利な場所にあります。

【お勧めのコース】
English Literatureはイギリス国内でも評価が高いコースです。

MA Intercultural Communication with International Businessはカルチャー、ビジネス、言語を総合的に学びたい学生向けのコースです。

Communication and International Marketingはカルチャー、マーケティング、言語を総合的に学びたい学生向け

【新しいプログラム&コース】
MA Publishing
MA International Intervention

ベル・ベッジベリー・インターナショナルスクール閉校のお知らせ

英国ボーディングスクールへの進学準備コースを提供してきたベル・ベッジベリー・インターナショナルスクール Bell Bedgebury International School (BBIS)は、2010年度をもって閉校することが決まりました。なお、小中高生、大人向けの語学コースを提供しているベル・ベッジベリー・ランゲージ・センター Bell Bedgebury Language Centreは、引き続き運営しています。詳細についてはbeoにお問合せください。

beoでは、小中高留学のサポートを行なっています。学位取得を目指す正規留学から、短期の留学まで扱っていますので、お気軽にご相談ください。

★小中高(ボーディングスクール)留学のお問合せはこちらから

速報!2011年度の合格実績を公開!

いよいよ2011年の出願が本格化!

beoには、すでに合格を勝ち取った方から喜びの声が続々と届いています。 


※合格実績は、これからも随時更新していきます。


2011年留学をめざす方は、今すぐ書類を作成して、出願してください!
来年(2011年)1月は、まさに「出願のピーク」。1月になると合格率が一気に下がり、合否の結果がわかるまでにも時間がかかるようになります。イギリスの大学・大学院は、早期出願が合格の鍵。世界各国のライバルたちから届く出願書類より、一歩先に、パーフェクトな出願をすることで、合格率をアップさせましょう!

↓↓もっと詳しく知りたい方は↓↓
bnr_2011_170.jpg

オックスフォード・ブルックス大学(Oxford Brookes University)日本語ウェブサイトのご紹介

beoが運営・管理するオックスフォード・ブルックス大学(Oxford Brookes University)日本語ウェブサイトをご紹介!

>オックスフォード・ブルックス大学(Oxford Brookes University)日本語ウェブサイトはこちらから!!

オックスフォード・ブルックス大学(Oxford Brookes University)は、イギリスで最も成功をおさめている新設の大学です。 街そのものが学問・教育の都市として有名なオックスフォードに位置し、教育の質の高さ、学術研究の評価でも注目を集めています。

> オックスフォード・ブルックス大学(Oxford Brookes University)へ留学された方の体験談はこちらから!

イギリスのビザと英語の条件

イギリスのビザ申請で受け付けられる英語のテストは、コースによっても異なり、複雑です。

beoでは、各大学の担当者と連絡をとり、ビザ申請に必要な英語力の証明についても情報共有しています。


例えば、ある大学では・・・

  1. 英語コースのみを受講し、学生ビザがいらない場合

    大学が用意するプレースメントテストを使用可能。

  2. 英語コースのみを受講し、学生ビザがいる場合

    国際的に認められているテスト(*注1)を受けなければならない。

  3. IFP(大学進学準備コース)もしくは Junior Year Abroad(学部短期留学)を受講し、学生ビザがいる場合

    UKBAが定めるテストを受け、それぞれの最低スコアを満たさなければならない。この条件を満たすまでPre-sessionalも受講はできない。

  4. 学部や大学院のプログラム等(Degree Level or above)を受講し、学生ビザがいる場合

    国際的に認められているテスト(*注1)を受けることができるが、できるだけIELTSを受けて欲しい。

(*注1) TOEIC、英検、TOEFLIELTS、ケンブリッジ英検の他、UKBAの定めていないテストでも海外で通用しているテストならOK


・・・複雑ですね。
学校・コースが決まっていても、ビザ申請のことで困ったことがあればご相談ください。
直前でのトラブルなどではサポートが難しくなるケースもあるので、早め早めの準備をおすすめします。

尚、年内にビザを取得するためには、12月14日(火)ごろまでには申請が必要です。


★beoのビザ(VISA)申請サポート

beoでは、ビザ(VISA)申請サポートも行っています。
渡英予定日の3ヶ月前からビザ申請が可能です。お早めにお申し込み下さい。

<ビザ申請サポート内容例>

  • 財政証明のご準備のアドバイス
  • 申請書類の記載に関するアドバイス
  • 必要書類のご確認、アドバイス など
>ビザ(VISA)申請サポート詳細、お申し込み先はこちらから


カンタベリー・クライスト・チャーチ大学日本語ウェブサイトのご紹介

beoが運営・管理するカンタベリー・クライスト・チャーチ大学日本語ウェブサイトをご紹介!

>カンタベリー・クライスト・チャーチ大学日本語ウェブサイトはこちらから!!

イギリス南部カンタベリーにあるカンタベリー・クライスト・チャーチ大学は、大聖堂から数分の歴史的な街の中心に位置し、 イギリス留学ならではの教育環境を提供しています。特に英語教授の分野では世界的に定評があり、世界各国からの留学生を魅了しています。 現在は留学生含め約14000人の学生が、英語の他、 アート&人文科学、ビジネス&科学、教育、保健の分野を学んでいます。

> 【世界遺産の街】カンタベリーで語学留学をなさった佐藤 梨冴さんの体験談はこちらから!