カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

▼2009年06月の記事

リーズ大学MBA ビデオコンフォレンス開催

本日、リーズ大学ビジネス・スクールのMBAアドミッション・ディレクターが、日本事務局beoのオフィスで2009年度MBA進学予定の方を対象にセミナーを行いました。

現地からは、MBAアドミッション・ディレクターのMs. Mary LandenとMBAアドミッション・シクレタリーのMs. Penny Moonの他に、現在リーズ大学でMBAを勉強中の日本人学生2名も参加しました。

leeds_30June.jpg 始めにアドミッション・ディレクターから、リーズ大学MBAのスケジュールやコース内容について説明があり、その後英語と日本語でQ&Aセッションがありました。

質問内容は、リーズ大学MBAプロジェクトのトピック、Accommodation、卒業後のキャリア、
学生のDiversity、なぜリーズを選んだか、リーズでの食事、ソサエティ(サークル)について、等幅広い内容でした。 参加した方々は、渡英時期が近いこともあり、お互いの情報交換も盛んに行われました。

>リーズ大学MBA詳細

「NO HOME YES HOPE 世界難民の日」 ~7月体験レクチャー開催!

6月20日

皆さんは何の日だと思いますか?

あれ?あの人の誕生日は忘れてないはず。
記念日でもなかったような...。

地球上に暮らす私たちみんなが関わるとても大事な日です。

「世界難民の日(World Refugee Day)」


あなたにとっての『NO ×× YES ○○ 』はなんですか?
(「NO HOME YES HOPE 世界難民の日キャンペーン」)


私たちにも何かできることはきっとあるはず。

バーミンガム大学から難民研究の権威をお招きしてレクチャーを開催!
まずは皆さんに知ってもらうことからと考えたbeoは、
来月7月2日(木)に「Long-term refugee situations: political, human rights and security challenges」と題したレクチャーをbeo東京オフィスで開催することにしました。

当日は、長きに渡り国連で活躍され、かの国連大学を率いた経験を持つ、
バーミンガム大学教授のDr Edward Newmanをレクチャー・ゲストにお迎えします。

Dr Edward Newmanは、青山学院大学での教授経験や、東京大学での調査経験など、本国イギリスはもちろん、日本における難民研究事情にも通ずるその道のスペシャリスト!

イギリスの大学院レベルの研究に触れられるチャンス
レクチャーは全編英語で行われます。
政治学・国際研究に興味のある方はもちろん、イギリスの大学・大学院レベルの研究にふれてみたい方、今の自分の英語力でどこまで理解できるのか挑戦してみたい方、、、、

あらゆる方のご参加をお待ちしております。どうぞこの機会をお見逃しなく↓

バーミンガム大学 体験レクチャー(政治学・国際研究)
'Long-term refugee situations: political, human rights and security challenges'


2009.7.02(木) 19:00-20:30
Dr Edward Newman(Senior Lecturer in International Relations)
詳細・ご予約はこちら


★beoは、海外から大学教授をお招きしてレクチャーを随時開催しています。詳細はこちら
★バーミンガム大学の詳細はこちら

投票でマインドマップのイベントを開催!中間結果発表

海外でスタンダードの思考法「マインドマップ」 あなたは知ってる??

今月5日から投票を開始した「世界のスタンダード」シリーズ
今回のテーマは「マインドマップ」です

どんなマインドマップのイベントに興味がある??投票実施中!
mindmap_event0618.jpg

あなたの投票が結果を変える!?アンケートに参加してみよう♪
マインドマップを知ってる?今すぐ投票!マインドマップとは...
あのビル・ゲイツも活用する思考ツール。
これまではコンサルタントやプランナーなど、一部の限られた人々の間で使われていたマインドマップですが、そのツールとしての有効性から、ここ日本でもビジネス書や情報誌で取り上げられる機会が何かと多くなりました。

マインドマップの特徴・利点
中心から放射状に重要な事項を書き連ねるので、可読性に優れ理解しやすい
全体を俯瞰することができるので、モレやダブりを防ぐことができる
議事録、ブレインストーミング、スケジュール管理、プレゼンテーションなど応用範囲が広い
キーワードやイメージなどで構成するので、瞬時に多くの情報を記述できる
自由な発想を促す


マインドマップは応用範囲が広く、年齢や職種、業種を問わず利用することができます。
海外では、企業研修の際にはもちろん、学校の授業の中でも広く使われているんです。もちろん、プライベートでも積極的に活用できるとても柔軟なツールです。


授業の中で活用されるマインドマップ
~beoカレッジの大学院留学準備コースの授業風景より~



あなたの投票が結果を変える!?アンケートに参加してみよう♪
マインドマップを知ってる?今すぐ投票!反響の高さによって、マインドマップに関連したイベントを開催します。
最終結果発表は6月末!お楽しみに★

★マインドマップを知っていますか?中間結果発表はこちら

ロンドン・メトロポリタン大学 新コース「Curating the Contemporary (MA)」開講!

ロンドン、イースト・エンド地域で主要なアート機関といえば、ロンドン・メトロポリタン大学とホワイトチャペル・ギャラリー(Whitechapel Gallery)。二つの機関が協力し、ロンドン・メトロポリタン大学に、2009年9月に新コース「Curating the Contemporary (MA)」が開講します。

ロンドン・メトロポリタン大学でのアカデミックな学習に加え、ホワイトチャペル・ギャラリーでキュレイター(学芸員)としての訓練が行われます。2年目はインターンシップに当てられていますので、職歴が大切なこの業界においては非常に貴重なコースではないでしょうか。

ヨーロッパの主要なギャラリーの多くは今年で開業100周年を迎え、歴史的に重要な時期にさしかかります。Curating the Contemporary (MA)コース受講者には、現在のヨーロッパのギャラリーの「現在」にかかわるめったにないチャンスが待っています!

★イギリス留学・ロンドン・メトロポリタン大学留学への無料カウンセリング予約
★ロンドン・メトロポリタン大学 日本語ウェブサイト


beoキャリアコンサルティング、イギリス大学HPに登場

ウェストミンスター大学とインペリアル・カレッジ・ロンドンのCareers Service公式ホームページに、
beoキャリアのホームページのリンクが貼られました。

ウェストミンスター大学
インペリアル・カレッジ・ロンドン

beoキャリアは毎月就職・転職セミナーを開催中!
イギリス留学中の学生にとって、留学中から就職活動の準備をすることができ、また、帰国後の就職活動を円滑に進めることができます。イギリス留学のエキスパート、beoならではのサポートを提供させて頂きます!


【イギリス大学院卒業後の転職セミナー】
【東京】
6月26日(金)19:00-20:30 >詳細・予約はこちら
7月10日 (金) 19:00-20:30 ※新卒の方向け >詳細・予約はこちら

【大阪】
7月7日 (火)  19:30-21:00 >詳細・予約はこちら
7月10日 (金)  19:00-20:30 ※新卒の方向け >詳細・予約はこちら


★バイリンガルのためのキャリア・コンサルティング!beoキャリアホームページ

ロンドン・メトロポリタン大学のFaculty of Computingがマイクロソフト IT Academyと提携を結びました。

最近、ロンドン・メトロポリタン大学のFaculty of Computingからのニュースが相次いでいます!今日はマイクロソフト IT Academy*との提携のニュースをお届けします。

この提携で、ロンドン・メトロポリタン大学のFaculty of Computingの学生はIT Academyの授業を受講することができるようになりました。IT Academyのe-learningプログラム、レッスンプラン、教育用ソフトウェアの提供などの援助を受けることが可能です。

DominicPalmer-Brown.jpg

Dominic Palmer-Brown教授(Faculty of Computing学部長)のコメント
「 Faculty of Computingは素晴らしい学部です。学生の将来のキャリアを広げるために、我々はこのような素晴らしい発展を今後も目指していきます。」

DrYanguoJing.jpg

Yanguo Jing(当学部マイクロソフトIT Academy担当)
「当学部の単位とともに、IT Academyの資格が取得できることは、とても素晴らしいことです。アカデミックな知識と、IT Academyでの実践的なスキルの両方を学ぶことは、競争の激しい職場や、就職活動で有利に働くことでしょう。」

★Faculty of Computingの2009年9月開講の新しいコースに関するブログ記事
★イギリス留学・ロンドン・メトロポリタン大学留学への無料カウンセリング予約
★ロンドン・メトロポリタン大学 日本語ウェブサイト


※マイクロソフト IT Academy プログラムとは、認可された教育機関が学生に対してマイクロソフトの最新鋭テクノロジに関する質の高い教育を提供するためのプログラムです。マイクロソフト IT Academy プログラムを通じて教育機関が提供するトレーニングを受講することにより、学生は単位の取得や各自の学習に役立てることができます。(Microsoft Corporation日本から抜粋)

マインドマップを知っていますか?中間結果発表!

海外でスタンダードの思考法「マインドマップ」 あなたは知ってる??

ここ数年、ようやく日本でも耳にするようになった「マインドマップ」
ビジネス書や情報誌で取り上げられる機会が何かと多くなりました。

あなたは知ってる??投票実施中!
マインドマップ投票結果

あなたの投票が結果を変える!?アンケートに参加してみよう♪
マインドマップを知ってる?今すぐ投票! マインドマップとは...
マインドマップとは、イギリスの教育者トニーブザンが開発した思考ツール。
その有効性から、ビルゲイツ、アルゴアをはじめ、著名なグローバルリーダーが日常的に活用しています。 海外では、企業研修の際にはもちろん、学校の授業の中でも広く使われているんです。
>マインドマップについてさらに詳しく

授業の中で活用されるマインドマップ
~beoカレッジの大学院留学準備コースの授業風景より~



あなたの投票が結果を変える!?アンケートに参加してみよう♪
マインドマップを知ってる?今すぐ投票!反響の高さによって、マインドマップに関連したイベントを開催します。最終結果発表は6月末!お楽しみに★

レディング大学に「環境管理:Environmental Management」コースが開講!

レディング大学に新コース「環境管理:MSc Environmental Management」が開講します。

レディング大学の環境学コースは、設立以来長年にわたって、その高い研究・教育水準で高い評価を受けています。今回新設される「環境管理:MSc Environmental Management」は、Science、EconomicsとPolicyコースから専門家を集め、土壌学や応用科学における可能性といった現代社会の政治的問題を深く学習するコースです。当コース卒業後は環境管理分野やコンサルタントとして就職が可能です。

★レディング大学への留学に関するお問合せはこちらから
★レディング大学についてはこちら

サセックス大学に新スクール国際研究学(Global Studies)が設立。

サセックス大学に 2009年8月、国際関係学、文化人類学、地学、などの学部を統合し、新スクール国際研究学(Global Studies)が再編・設立されます。

同時期にビジネス、経済などのスクールも再編・設立される予定のサセックス大学。研究・学習の環境が整います。

★サセックス大学・イギリス留学に関するお問合せはこちらから
★サセックス大学 日本語ウェブサイトはこちら

エジンバラ大学出発前準備セミナー開催

6月5日(金)、エジンバラ大学への本年度の留学が決まった学生向けに出発前準備セミナーを開催しました。

渡英に向けてこれからするべきこと、渡英後の大学手続きの流れをエジンバラ大学のスタッフが詳しく説明。 学生が大学スタッフに直接質問できる貴重な機会となりました。同時期に留学する学生同士の交流を持つこともでき、大変好評でした。

0608.jpg
真剣に耳を傾けるエジンバラ大学2009年留学生

edi_logo.jpg エジンバラ大学日本事務局beo

エジンバラ大学はbeo内にアジアオフィスを構え、日本担当官であるMr.Wortleyが常駐しています。エジンバラ大学の正式事務局であるbeoは、日本における一切の出願手続きをエジンバラ大学に委任されています。


★エジンバラ大学日本語ホームページはこちら

元リーズ大学チューターのbeoスタッフを紹介!

今日はbeoに新しく加わったスタッフをご紹介します。

0605.jpg










リーズ大学・大学院で哲学を学んだローランド
チューター、教師、アドミニストレーターとしてイギリスの各大学に勤めた彼は、beoで最も頼れる存在の一人。すでに全員から厚い信頼を集めています。

これまでの経歴
大学院生時代からチューターとしてクラスを持つ
私は南ウェールズのカーディフで育ったのですが、もともとの生まれは北イングランドのリーズです。北イングランドの美しい景色、少し寒くて湿気のある天気を今では時折懐かしく思うことがあります。

 リーズ大学院で哲学を専攻していた学生時代、私はチューターとして、リーズ大学の哲学のクラスや医学部の応用倫理学のクラスを受け持っていました。

気づけばリーズ大学に8年
大学卒業後は、リーズ大学の応用倫理学センター(Applied Ethics Centre for Excellence in Teaching and Learning)で働く一方、リーズ・メトロポリタン大学で講師としてスポーツ社会科学(Sociology and Philosophy on the BSc Sport and Exercise Science Programme)の教鞭をとり、シェフィールド大学の哲学科のチューターとしてキャリアを並行させました。

そしてその後、リーズ大学のリサーチ・スチューデント・アドミニストレーション、ランゲージ・センターにアドミニストレーターとして職種を変えて戻ることになります。
大学入学当初には夢にも思いませんでしたが、なんと私は8年もの時間をリーズ大学で過ごしたのです。

大学での仕事
3つの視点から大学をみる
いろいろな大学で様々な仕事をしてきましたが、どれもやりがいのありものばかりでした。 あらゆる分野の専門家と一緒に働く毎日はとても刺激に溢れています。大学の中で働くことで、大学職員がどれだけ学生のことを気にかけているのかも知ることができました。

「学生」「教師」「アドミニストレーター」と異なる視点から、リーズ大学のような大きな総合大学がいかに組織・運営されているかをみることができたのは大変有益でした。

beoでの役目
教育はイギリスの誇り
イギリスの高等教育のすばらしさをもっと多くの方に伝えたいと思いbeoに入りました。 私は長年イギリスの教育機関で働いてきましたが、イギリスの教育の質は、イギリスが世界に誇れるもののひとつだと思います。世界中から学生が集まるイギリス。これだけ多くの学生が、イギリス留学に興味を持ってくれているのはとても嬉しいことです。

 beoでの仕事内容
  • VISAレターを始め、トラブル発生時に対処(現地に連絡をとり交渉をおこないます)
  • 志望動機書(Personal Statement)の添削
  • beoを利用されている方のために、大学スタッフや教授陣との直接面接をセッティング
  • 英語力診断・英語学習アドバイス
  • 現地での生活など、留学全般のアドバイス

★beoスタッフ全員紹介!スタッフプロフィールはこちらから

ロンドン・メトロポリタン大学に新しいコースが開講します!

ロンドン・メトロポリタン大学の学部課程と大学院のFaculty of Computingに新しいコースが2009年9月に開講します。


学部課程
  • コンピューター・ネットワーキングと数学科学 BSc (Hons) Computer Networking and Mathematical Sciences
  • コンピューター・ゲームと数学 BSc (Hons) Computer Games and Mathematics
  • 通信システムと数学科学 BSc (Hons) Communications Systems and Mathematical Sciences
  • 数学とコンピューター・サイエンス BSc (Hons) Mathematics & Computer Science
  • 数学と技術応用 BSc (Hons) Mathematics & Engineering Applications
  • コンピューター・アニメーション BSc (Hons) Computer Animation
  • 電子情報の科学捜査 BSc (Hons) Computer Forensics
  • コンピューター・システム技術 BEng (Hons) Computer Systems Engineering
  • 電子とコンピューター技術 BEng (Hons) Electronic & Computer Engineering
  • 電気通信とネットワーク技術 BEng (Hons) Telecommunications & Networks Engineering
大学院
  • コンピューター・サイエンス MSc Computer Science
  • コンピューター・システム技術 MSc Computer Systems Engineering

つねに最新の技術を学べる、ロンドン・メトロポリタン大学でコンピューター・サイエンスを学んでみませんか?

★イギリス留学・ロンドン・メトロポリタン大学留学への無料カウンセリング予約はこちらから
★ロンドン・メトロポリタン大学大学日本語ウェブサイトはこちら

ヨーク大学のスタッフからメッセージが届きました

先日beoを訪れた、ヨーク大学のインターナショナル・オフィスのJenny Payneさんからのメッセージが届きました!

------------------------------------------------------------------------------

みなさん、こんにちは!

今日はヨーク大学の紹介をしたいと思います。

ヨーク大学がすばらしい理由はたくさんあります!まず、ヨーク大学はthe Times newspaperの大学ランキングで9位、the Sunday Times newspaperではトップ10に入りました。サポートもとても充実しています。卒業後のキャリアサポート、ビザ情報、奨学金や費用の相談、生活一般のサポート、そして無料で受けられる英語サポートなどがあります。

ヨーク大学のキャンパスは安全な場所にあり、設備も整っていますので勉強に励むには最適の環境です。

また、私もヨークに大学卒業後8年住んでいますが、ヨークの街はとても美しく、みなさんも気に入ると思います。キャンパスは街の中心部にほど近く、ショッピング、観劇、美術館、バー、ライブハウス、レストランなどが軒を連ねています。街のストリートでは年中フェアをやっていて、いつも活気があります。それから、ヨークはマンチェスター、リーズやロンドンにアクセスするのに便利な場所にあります。

ヨークの素晴らしさをあげたら、キリがないのですが、ヨークは本当に素晴らしい場所なので、ぜひ、いらしてください!

お会いできるのを心待ちにしてます。

ヨーク大学 インターナショナル・オフィサー
Jenny Payne

------------------------------------------------------------------------------

Jenny Payneさんは気さくで、とてもキュートな方でした☆

york.jpg

★ヨーク大学日本語ウェブサイトはこちら
★イギリス留学・ヨーク大学への無料カウンセリング予約はこちらから

現地の授業をオンラインで受講!リーズ大学 体験レクチャー 『Teaching Writing in TESOL』レポート

RichardGBadger.jpg【担当官紹介】
リチャード・バッジャー(Dr. Richard G Badger)
教育学部/MA TESOLコースディレクター

MA TESOLのコースを担当する傍ら、多くのPhD学生のスーパーバイザーを務める。 リーズ大学のほかにはスターリング大学やその他のカレッジで教育経験も長く、研究分野は、アカデミック英語の習得、クラスルーム内でのライティングのフィードバック方法等が挙げられる。

日本事務局とリーズ大学をVideo Conference System(52インチの画像と音声のオンラインシステム)で繋ぎ、教育学部MA TESOLコースディレクターのリチャード・バッジャー講師による「ライティングの教え方」のレクチャーを行いました。

レクチャーでは、「Writing」を名詞と見るか、動詞と見るか、そして、個人による行動か、社会的な行動か、に分けることよって、ライティングの教え方の特性を分析し、どのような場合にその方法が適切なのかを探りました。 英語を勉強したことのある人なら一度は経験したことのある、空欄を埋めて文章を完成させる問題は、どのような状況で効果があり、逆にどのようなことに気をつける必要があるかなどの話がありました。

 

レクチャーの後は、現地でTESOLを勉強中の日本人の先輩達とのQ&Aセッションがあり、クラスの雰囲気、留学前に準備したこと、他のイギリスのTESOLコースとの比較など、様々な質問がありました。

■参加者の声
「リーズ大学の雰囲気を感じられて良かった」、「留学したい分野は違ったが、実際のレクチャーの様子がわかって参考になった」「TESOLの授業を受けるのは初めてだったので、とても参考になった」

■カウンセラーよりメッセージ
英語教授の本場であるイギリスの大学院の授業を受講できる、大変よい機会でした。 リーズ大学教育学部は、英国内でも大きな学部で、言語教育だけでなく、市民教育、理科教育や数学教育など幅広い分野の研究・教育が行われています。 修士課程では留学生も多く、学習のサポートも充実していることが特徴的です。

 

リーズ大学のTESOLには英語を教えた経験のない方向けのコースもありますが、大学で関連分野を勉強していることなどが求められます。 詳しい入学条件は、リーズ大学日本事務局beo(ビーイーオー)までお問合せください。


★TESOL(英語教授法)とは?
★イギリス留学・リーズ大学への無料カウンセリング予約はこちらから