カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

▼2009年05月の記事

人気のロンドン芸術大学サマーコース残席速報!

ディオールのデザイナーも務めるジョン・ガリアーノやシュー・デザイナーのジミー・チュウを輩出した、ロンドン芸術大学。アートにおいては右に出るもののいない、ヨーロッパ屈指の芸術大学です。そんなロンドン芸術大学が今年も人気のサマーコースを開講します!しかし、こちらの英語+アートコース、毎年応募者が殺到し、うっかりしていると定員になり、受付終了...なんてことにも。が、今年は好評につき、コースによっては追加開講も決定しました!この後も次々と追加開講の可能性あり★アートのメッカ、ロンドンでアートを学びたい人は急げ~!

line6.gif
 英語+アート&デザイン English Plus Art & Design
  2009/6/8 開講: 残席あり
  2009/7/6 開講: 残席あり - 好評につき、追加開講決定!
 
2009/8/3 開講: 残席あり
  2009/9/1 開講: 残席あり
  2009/9/28 開講: 残席あり
  2009/10/26 開講: 残席あり
  2009/11/23 開講: 残席あり

 英語+アクセサリー・デザイン 【English Plus Accessory Design】
  2009/7/6 開講: 残席あり(3席以下)

 英語+デジタル・フォト 【English Plus Digital Photography】
  2009/9/1 開講: 残席あり

 英語+ファッション&メイク・アップ 【English Plus Fashion and Beauty Make-up】
  2009/8/3 開講: 残席あり

 英語+ファッション・ビジネス 【English Plus Fashion Business】
  2009/7/6 開講: 残席あり
  2009/9/1 開講: 残席あり

 英語+ファッション・デザイン 【English Plus Fashion Design】
  2009/8/3 開講: 残席あり

 英語+ファイン・アート 【English Plus Fine Art】
  2009/8/3 開講: 残席あり

 英語+グラフィック・デザイン 【English Plus Graphic Design】
  2009/8/3 開講: 残席あり

 英語+インテリア・デザイン 【English Plus Interior Design】
  2009/7/6 開講: 残席あり(6席以下)
 
2009/8/3 開講: 残席あり

  英語+マーケティング&コミュニケーション 【English Plus Marketing and Communication】
  2009/7/6 開講: 残席あり - 好評につき、追加開講決定!
 
2009/9/1 開講: 残席あり
line6.gif

london.jpg



ロンドン芸術大学ってどんな大学?
無料カウンセリングでサマースクールのコース選び!
サマースクール特設サイトはこちら!

ロンドンから時代を揺るがす!

―そのスクープが、時代を揺るがす―

ジャーナリストを志す方なら、誰しもが一度は経験してみたいことではありませんか?
スマートで力強い、そしてカミソリのような鋭さを持つインテリジェントなスリラー『消されたヘッドライン』では、ジャーナリズムの本質と醍醐味に迫ります。5/22(金)に公開されたこの映画、今回はハリウッド資本ですが、実はイギリスBBCのドラマ『State of Play-陰謀の構図』が下敷きになっています。
巨大資本または国家権力VSジャーナリズムという図式を貫き通すこの作品、かのロンドン大学ゴールド・スミスカレッジで教鞭を握る、メディア界の権威として知られる教授も「ジャーナリズムのあるべき姿だ」と大絶賛!ちなみに教授は日本の有名大学でも記念講義を行ったり、世界中で本を出版したりと、著名人ですが、とても優しい、古典的なかっこいいジェントルマンです!

goldsmiths.jpg


イギリス留学の新しい玄関口となるヒースロー空港ターミナル5に展示されたゴールド・スミスカレッジ生のアート作品。モードファッションを牽引し続けるVivienne Westwoodの卒業校でもあるゴールド・スミスカレッジのアート、ファッション、メディア等全コースにさすがの斬新さがうかがえます。





不当経費による英下院議長辞任や盧武鉉・韓国前大統領の自殺など、連日「政治とカネ」の断てぬ現実を露呈するような報道が行われています。今こそジャーナリズムのあり方を見直す良い機会ではないでしょうか。先日、「2010年度版ガーディアン大学ランキング発表!」でもご紹介したとおり、イギリスはジャーナリズムに対する意識が非常に高く、ジャーナリズムを学ぶ最高の土壌を有しています。是非、イギリスマスコミ留学を通じて、時代を揺るがせてみませんか。ジャーナリストとしてのあなたのキャリアをイギリス留学からスタートさせてみませんか。

ロンドン大学ゴールド・スミスカレッジにてマスコミ留学をご希望する方はこちらから。
その他様々なイギリスマスコミ留学ご希望する方はこちらから。

beoはあなたにピッタリのご留学をフルサポートいたします。

イギリス留学無料サポートご希望の方はこちらから。
イギリス留学準備ご相談はこちらから。

6月は大学別出発前準備セミナーがいっぱい!

いよいよ2009年留学の方は渡英が迫ってきましたね。
ビザの手配は順調ですか?英語準備は万全ですか?
航空券、保険、、、いろいろとやらなくてはならないことがありますよね。

渡英にあたって必要な手続きは全て大切なもの。抜け落としがあっては大変!

そこでbeoは、6月に大学から担当者を招いて出発前準備セミナーを開催します。
渡英前に知っておくべきこと、現地事情の把握、忘れていることはないか最終チェックをして安心して渡英をしましょう。

20080624.jpg同じ大学へ留学する方同士で仲良くなれるのも魅力♪毎年好評いただいています。

【対象】 今年各大学に入学が決まっている方/合格が決まっている方/出願中の方
           ※beoを通して出願していない方もご参加いただけます。

下記以外の大学も今後実施予定です。当オフィスウェブサイトで随時発表します。

<東京オフィス>
6月5日(金)エジンバラ大学

6月8日(月)バーミンガム大学

6月12日(金)リーズ大学

6月16日(火)ロンドン・メトロポリタン大学


<大阪オフィス>
6月11日(木)エジンバラ大学

6月16日(火)リーズ大学

2009年夏!大学キャンパスでサマースクール短期留学説明会

サマースクールご好評頂いている日曜イベントですが、サマースクールのお問合せが増える時期ということもあり、昨日5月24日(日)は、「2009年夏!大学キャンパスでサマースクール短期留学」と題し、説明会を行いました。

サマースクールイ ングランドはオックスフォード・ブルックス大学、スコットランドはエジンバラ大学を例に挙げ、サマースクール留学体験の経験があるスタッフから、イギリス のサマースクールの詳細、コース受講期間中のお楽しみ、そしてホームステイと学生寮のそれぞれのメリット・・・などについて、話をしました。

勉強だけでなくヨーロッパにも旅行に行きたい、正規留学の前にイギリス留学を体験したい、学生時代の思い出を作りたい、、、参加者の皆さんそれぞれに、短期留学を通して叶えたい夢や目標があることを実感。

それぞれの方々の希望を踏まえて、留学カウンセラーからは、お勧めの留学時期や大学、コース内容などについてアドバイスがありました。

サマースクールサマースクールの手続き、直接自分で申込むとなると、英語でのメールや電話での問合せ、支払い方法やキャンセル料の確認など、何かとややこしかったり、時差もあったりで、思うように進まずやきもきしている方もいるのでは?

beoの語学留学サポートでは、学校への問合せを含む、複雑な手続きも、経験豊富なカウンセラーが丁寧にサポートします!

★サマースクールで気軽に留学!のお問合せはこちらから
★サマースクール特設サイトはこちら

ブリティッシュ・カウンシルでイベントを行いました

今日はオフィスから少し出て、ブリティッシュ・カウンシルでイベントを行いました。

マンチェスター大学バーミンガム大学ダラム大学ランカスター大学オックスフォードブルックス大学からの委任により、大学を代表して各コースの特徴について詳しく説明を行いました。

ブリティッシュ・カウンシル
留学準備の1年の流れは?           各大学の特徴について詳しく説明

beoはイギリス教育機関の日本正式出願窓口として、
各大学について理解を深めていただくための活動を行っています。

今日のようなイベントももちろんそのひとつ!
留学に関するイベントも含め、いろいろなイベントを開催しています。
無料でご参加いただけますので、留学に少しでもご興味をお持ちの方はお気軽にご参加ください!

【英国大学説明会 at ブリティッシュ・カウンシル】
★6月2日(火)18:00-20:00 英国5大学説明会
バーミンガム大学、ブリストル大学、キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)、マンチェスター大学、サセックス大学
詳細・ご予約はこちら
★6月16日(火)18:00-20:00 英国5大学説明会
エジンバラ大学、ロンドン・メトロポリタン大学、オックスフォード・ブルックス大学、ロンドン大学クイーン・メアリー
詳細・ご予約はこちら

INTOのスタッフが来日しました

beoではすっかりお馴染みのINTOのMr.Scott Hammond が来日しました。
今回で何回目の来日になるのでしょう?!

INTO

INTOはManchester, UEA, Exeter, Newcastle, Glasgow Caledonian各大学にキャンパスを構え、各大学付属の語学学校、大学入学準備および大学院入学準備のファウンデーションコースなど多彩なプログラ ムを大学と共同で運営しています。

英国の一流大学の強力な資源と、学習施設、宿泊施設への民間の投資を結合させることにより、教育スタッフとサポートスタッフによる最強タッグチームによる留学生の皆さんへの最上級レベルのサポート!世界各国からの留学生を大学・大学院進学へと導いているんです。

準備コースをお探し中の方に是非お勧めしたい学校です。

★INTOの日本語ホームページはこちら

2010年度版ガーディアン大学ランキング発表!

今年もとうとうイギリス大学ランキング発表の季節がやってまいりました!イギリス国内でもっとも読まれている新聞のひとつ、「ガーディアン」の発表したランキングは以下のようになりました。

1.  University of Oxford オックスフォード大学
2.  University of Cambridge ケンブリッジ大学
3.  University of St Andrews セント・アンドリューズ大学
4.  University of Warwick ウォーリック大学
5.  University of London, London School of Economics and Political Science (LSE)
  ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス(ロンドン大学)
6.  University of London, University College London (UCL)
  ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)(ロンドン大学)
7.  University of Edinburgh エディンバラ大学
8.  University of London, Imperial College London 
  インペリアル・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)
9.  Bath University バース大学
10. Loughborough University ラフバラー大学

以下117位までが掲載されています。

イギリス大学ランキングとはいっても、実はなかなかの曲者。イギリスのように将来の職業を見据えて、専門分野にかなり特化した学問をコースに持っている場合、各分野別の大学ランキングを見ると、全体のランキングと比べ、がらっと変わってくることが稀ではありません。どう見たらいいのかわからない、どの大学のどのコースがいいのかわからない、そんな方も少なくはないはずですよね?ご安心ください!beoはあなたにピッタリな大学でベストなコースを学べるよう、あなたのイギリス大学選びからご就職まで留学をフルサポートします。ガーディアンの大学ランキングとは言えど、ランキングはやはり指針に過ぎません。大切なのはあなたに合うこと。beoはあなたのイギリス留学への想いを大切にします。

イギリス留学無料サポートご希望の方はこちらから。
イギリス留学準備ご相談はこちらから。

▼▼ イギリスのマスコミ----------------------------------------------------------------------++guardian1.jpg
イギリスには「Times」と「Guardian」と呼ばれる新聞紙があり、どちらもイギリス国内 シェアのほとんどを占める二大紙と言えます。前者はやや右派、後者はやや左派と一般的には考えられており、まだ記憶に新しい中川前財務相のG7の記者会見に関する記事からも各新聞の方向性が伺えます。前者は中川氏の酩酊状態に対し、麻生首相擁護の立場をとりましたが、後者は日本の立場を踏まえた上で、世界経済への影響を言及し、自民全体をこき下ろしました。とはいえ、イギリスのジャーナリズムはアメリカのそれとは一線を画するもので、メディアの持ちうる権力性について重々承知した、一歩引いた姿勢を基本的には取っています。イギリス人気質といえる「皮肉」が上手くジャーナリズムに結びついているのかもしれませんね!イギリスジャーナリズム留学についてのご相談はこちらから。
++---------------------------------------------------------------------------------------++

ブルネル大学のスタッフが来日

ブルネル大学はロンドンの郊外にあるキャンパス大学で、ヒースロー空港からタクシーで15分、ロンドン中心地までは地下鉄で45分で、とても便利な場所にあります。

ブルネル大学は、もともとエンジニアリング・スクールだったので、エンジニアリングでとても有名な大学です。

莫大な設備投資を行い、24時間使えるコンピューター施設や改築した図書館があります。課題に追われる毎日でも、時間を気にすることなく施設を使えるのは、魅力的ですね。大学寮は4,500以上あり、カップル・家族向け(!)もあるそう!週末には定期的にキャンパス内で'Fresh Food Market'や'Oriental Food Market'というイベントが行われていて、キャンパスはいつも活気に満ちています。

また、留学生向けのRecruitment Fairもあり、卒業後の進路の相談にのってくれるので、安心して学生生活をおくれます。

campus-2007.jpg
緑豊かなブルネル大学のキャンパス


★ブルネル大学の詳細はこちら
★留学するならまずは無料カウンセリングから!ご予約はこちら

グラスゴー大学に新しいエンジニアリングコース(MSc)が新設!

グラスゴー大学のエンジニアリングコースは150年以上にわたって、レベルの高い最新のエンジニアリング教育を提供しています。企業と一緒に研究する機会もあるので、エンジニアリングを学ぶ学生にとってとても魅力的なのではないでしょうか。

2009年には新しいコースが開講されます!歴史のあるグラスゴーの街で、最新のエンジニアリングを学んでみませんか?

■New 2009 Engineering MSc opportunities
・Aeronautical Engineering
・Computer Systems Engineering
・Geotechnics
・Global Water Sustainability
・Signal Processing, Electronic and Computational Techniques for
・Researching and Understanding Music (SPECTRUM)

>グラスゴー大学についてはこちらから
>留学に関するご相談はこちらから!無料カウンセリングご予約はこちら

サセックス大学が大学ガイドの23位にランキング!!

2010年度版the Independentの大学ランキングガイドが発表されました。サセックス大学は今年は113校中25位。昨年よりもランクアップしています。

■ビジネスランキングで23位!!
サセックス大学には世界最先端の研究機関、SPRU(Science and Technology Policy Research)があります。理想的な環境で、研究に励めます。

■ビジネス・マネージメント・経済スクール(School of Business, Management and Economics)がオープン!!
サセックス大学に新しいスクールが今年オープンします。当スクールには現在の経済学部とSPRU(Science and Technology Policy Research)が統合されますので、コースや教授陣も充実します!

★サセックス大学留学にご興味のある方は、お気軽にお問合せください!
★サセックス大学の日本語ホームページはこちら

どうなる!?2012年ロンドンオリンピック!

「4年後にロンドンで会いましょう」
wedgewood.jpg
こんなセリフを聞いたのもつい最近2008年の夏、北京オリンピックでのことです。しかし、アメリカ発の世界金融危機によって、次回のロンドンオリンピックの開催が危ぶまれています。ウェッジウッドをはじめとする数々の有名企業の倒産に直面してきたイギリスですが、全世界が注目する国際的イベントまでもが、水に流れてしまうのでしょうか。  
250年の歴史にピリオドを打ったウェッジウ ッド
woolworths pic.jpg
zavvi2.jpg
お菓子のつかみ取りで有名だったwoolworths。最後の1袋はオークションで£14,500に!



日本で言うタワレコ的存在
のZavviも姿を消した →





ただのブロックと酷評された国際放送センターとプレスセンター
olympics.jpg
その上、やっとの思いで建設に着手した選手村も全く人気がなく、今後の経済効果も見込めない様子です。

そんな悪循環をあなたの手でとめてみませんか?ロンドンから1時間弱と程近いオックスフォードに立地するオックスフォード・ブルックス大学でプロジェクト・マネジメントのコースが2009年9月より開講されることになりました。しかもなんと、建造環境に特化した2年間の修士課程なので、従来のプロジェクト・マネージメントより実践的で、現場に強いため、卒業後にスキルをすぐ応用することができます。ロンドンからも非常に近く、12世紀からの古い建築物の集うオックスフォードは、デザインの目を養いつつ、オリンピックというタイムリーな問題を取り扱える、建造環境を学ぶには最適な場所です!コース旅行として2年次の終わりにはオリンピックのプロジェクトの一部をいち早く見られますよ!ロンドン-オックスフォード間は24時間バスが走っているので、思いっきり遊ぶこともできます★
イギリスはあなたを待っています!

留学無料サポートご希望の方はこちらから。

オックスフォード・ブルックス大学の紹介はこちらから。
留学準備ご相談はこちらから。

▼▼MSc Project Management in the Built Environment  コース概要-------------------------++
不景気とオリンピックがどう結びつくの?
そう思われる方も少なくないと思います。もともとイギリスの不動産に投資された資金のうち、1/3ほどは海外に依存しているといわれています。世界金融危機が深刻化するにつれ、世界中からイギリスに入ってくる資金が枯渇する一方、赤字国債の発行もできず、資金調達もできないため、公的資金の投入も不可能という袋小路にはまってしまってしまいました。その結果、ロイヤル・スコットランド銀行までもがイギリス経済規模の2倍にも及ぶ債権を有し、実質的には国家の財政破綻目前という事態を引き起こしてしまいました。つまりイギリスの不動産市場はオリンピックどころではなくなってしまっているのです。
そんなバブル化、そしてポンド暴落を食い止める救いの手となるのがこちら、オックスフォード・ブルックス大学での新規開講Project Management in the Built Environment修士課程。建造環境において経済的・法学的・技術的・デザイン的側面から、プロジェクトを企画し、マネージメントする最適な方法について学びます。様々な観点からのアプローチによって、リスクを最小限に抑えつつも、大胆にプラニング・マネージメントのいろはを身につけられるところが魅力です。
イギリスの史上最悪な経済状況を救済し、オリンピックを平和に迎えられる、絶好のチャンスを是非手にしてください。IELTSのスコアアップなど留学準備から留学終了後のご就職までbeoはあなたのプロジェクト・マネージメントをフルサポートいたします。
オックスフォード・ブルックス大学プロジェクトマネージメントコースについてのお問い合わせはこちらから。
++--------------------------------------------------------------------------------------++

大学院留学準備コース(Graduate Diploma)のオフショット

大学院留学準備コース(Graduate Diploma)の担当講師は授業中は真剣そのものでスキもありませんが、
普段はとっても気さくで話しやすい人ばかりです。

大学院留学準備コース
笑顔が素敵なスチュアート  常に温かいオーラがでているマーク

コースの途中途中で講師も参加するGDパーティを開催していますので、
授業外では見られない彼らの様子が見らるかも!?

★大学院留学準備(GD)コースの詳細はこちら

語学学校のスタッフが来日しました

連日、来日イベントが続いているbeoですが、
今日は語学学校のサウスボーン・スクール・オブ・イングリッシュのスタッフがbeoに来てくれました。

サウスボーン・スクール・オブ・イングリッシュ
とにかく大きい!Mr.Shaun Durkin(Marketing Assistant/Summer Schools Manager)

温暖な気候で知られるボーンマスの郊外に校舎を構えるサウスボーン・スクール・オブ・イングリッシュ。
建物の周りは美しい緑で囲まれ、ほんの数分足を伸ばせば美しいビーチが広がります。
日中は多くの人で賑わう砂浜も、夜になると砂浜沿いにそって美しい夜景が臨めます。

そんなサウスボーン・スクール・オブ・イングリッシュのおすすめコースはなんといってもサマースクール!
ロンドンやオックスフォード、バースへの小旅行。サッカーやバレーボール、クリケット体験。ディスコやボーリング、パブでの語らい。アクティビティはあげればきりがありません。

ネイティブスピーカーから本場の英語を学ぶとともに、旅行では得ることができない濃密な人との交わり、イギリス文化の奥深さを体感してみてはいかがでしょう??

夏はイギリスが最も輝く季節!その他の学校でも魅力的なサマースクールが開講されていますので、是非チェックしてみてくださいね!

★やっぱりイングリッシュ・プラスが人気!?サマースクール2009の詳細はこちら
★サウスボーン・スクール・オブ・イングリッシュの詳細はこちら

世界初!ブランド・リーダーシップをイーストアングリアで学ぶ!

みなさんはイングリッシュ・マスタードを食べたことがありますか?

未だに瓶詰めが主流です 
colmans3.jpg一般的にマスタードはブラック・ブラウン・ホワイトの3種類があるといわれ、和ガラシはブラウンなんですが、イングリッシュマスタードはブラウンとホワイトのミックスで、つぶつぶ感と酸味がたまりません。そんなイングリッシュ・マスタードといえば、誰がなんと言っても「Colman's」!イギリス料理以外にも意外と和食にも合います!



この「Colman's」、100年以上の歴史を持つイギリスでは超有名ブランドですが、ロンドンから2時間ほど離れたNorwichという街で生まれました。いち家族経営であったビジネスが、今や親会社であるユニリーバを通じて世界中に輸出するほど大きく成長した、ブランディングに昨今、注目が集まっています。そんなNorwichに立地するイースト・アングリア大学で、2009年9月より、修士課程では世界初となる「ブランド・リーダシップ」の開講が決定しました!ヨーロッパのビジネス中心地ロンドンからわずか2時間の好ロケーション、かのユニリーバ等のコンサルタントを教授に迎えての講義や、トップブランドでのコンサルティング等、実践的な授業内容などに今後も注目が集まりそうです。

留学無料サポートご希望の方はこちらから。
colmans2.jpg イーストアングリア大学の紹介はこちらから。
留学準備ご相談はこちらから。

かわいいマスタード・ポットも
売られています★




▼▼MSc Brand Leadership course コース概要-----------------------------------------------++
グローバル化の押し寄せる波の中で、ブランド・マーケティングにおいて昨今、ブランドの差別化やブランドの体系化が叫ばれてきました。しかし、地域や顧客層の異なる市場で今まで成功例は非常に稀で、市場間のシナジー効果を得られず、ローカルブランドに徹せざるを得なかった企業がほとんどです。戦術的なマネジメント下で、思うように伸び悩んでいた皆さんにオススメなのがこちら、MSc Brand Leadership course。戦略やビジョンを備えたブランド構築概念について、修士課程にて学ぶことができます。世界トップブランドのコンサルタントも務める教授陣による講義や、トップブランドでのコンサルティング経験など、グローバルブランドの構築への要素がたくさん詰まった1年間のコースです。
高付加価値を生み出す戦略的なマネジメントであなたのブランド・エクイティを高めてみませんか。あなたなりのブランド・アイデンティティを再構築してみませんか。
IELTSのスコアアップなど留学準備から留学終了後のご就職までbeoはあなたのブランド・リーダーシップをフルサポートいたします。
イーストアングリア大学ブランドリーダーシップコースについてのお問い合わせはこちらから。
++--------------------------------------------------------------------------------------++

Cheese Rolling festival

5月のイギリス注目のフェスティバルといえばCheese Rolling festival

丘の急斜面をコロコロ転がるチーズ!
大の大人が滑ったり転んだりしながら待て待てと追いかけます。
童話のようなお話しですが、 これ、200年の歴史を持つグロスターシャー州の伝統行事なんです!

 転がる転がる、、、

下では救急隊員やラグビー選手(!)が待機してくれています。

実は昨年、お笑いの宮川大輔さんが第2位に輝いているんです!
オフィシャル・サイトにでかでかと写真とともに掲載されていましたよ↓
★Daisuke Miyagawa - Japan (Japanese comedian)  Cheese Rolling festivalオフィシャルサイト

オックスフォードの伝統行事 ~May Day

初夏の訪れを感じる今日この頃ですが、
ロンドンでは既にサマータイムが始まっています。

5月1日はメーデー(May Day)の日ですが、
イギリス、オックスフォードでこの日を祝う伝統行事があるんです。

この伝統行事のハイライトはなんといってもモードリンカレッジで行われる早朝賛美歌(なんと朝5時から!)
美しい聖歌隊の声が人々の心を洗います。
早朝にも関わらず、イギリス各地から来た大勢の人で道は埋め尽くされるんですねぇ。

パブもこの日ばかりは早朝から店を開けて朝ビールをだしますし、
ストリートにはカラフルな衣装をまとったダンサーが!モーリスダンスにうかれ気分は最高潮に。

日本でメーデーと言えば「労働者の日」の色が強いですが、
本来は春の訪れを祝い、豊穣を願う古代からイギリスで受け継がれている春の祭典なのです。

イギリスにいるなら見ないと絶対に損!機会があったら是非行ってみてくださいね。

0501_01.jpg
オックスフォードの街の中には花がいっぱい

0501_02.jpg
こんなお店、素敵ですよね