カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

▼2009年03月の記事

無料体験レッスン「アカデミック・ライティングとは?」レビュー

2009年3月27日(金)、beoカレッジのアカデミック・ライティング無料体験レッスンには、今年から来年にかけて、大学留学、学部短期留学、大学院留学などを予定されている方が参加されました。

20090327_2.jpg講師から出された課題に、みなさん積極的に取り組んでいました。

詳しくは
「アカデミック・ライティングとは?」イベントレビュー をご覧ください。

講師からの「アカデミック英語の特徴」「日本人留学生が弱いスキル」などの話や、カウンセラーからの体験談に基づく「留学先で必要なアカデミック・スキル」などの話を聞いて、一口に「アカデミック・スキル」といっても様々なテクニックがあり、思っていた以上に事前の準備が必要と感じたのではないでしょうか。

beoでは、みなさんの留学が成功するよう、留学カウンセラー、カレッジの英語コース担当、英語講師がタッグを組んでサポートします。
まずはお気軽に無料カウンセリングを受けてみてください。

★留学準備英語コースの一覧はこちら (beoカレッジ)
★イギリス留学の無料カウンセリング予約はこちらから

今期の大学院留学準備コース(Graduate Diploma)ルートBが開講!

いよいよ大学院留学準備コース(Graduate Diploma)が開講!

初日の今日はオリエンテーションを開催しました。
皆さんこれから始まる厳しく長いGDコースに不安と期待の面持ちです。

大学院留学準備コース(Graduate Diploma)
講師によるプレゼンテーション ~モジュールやアセスメントについて説明

大学院留学準備コース(Graduate Diploma)
聞き漏らさないよう、ひとつひとつ真剣にメモを取ります。

最初は若干緊張した様子だったものの、受講生同士の自己紹介を終えるとだいぶリラックスして打ち解けた雰囲気に。

大学院留学準備コース(Graduate Diploma)
モジュールはぎっしり

この厳しいコースは8月まで続きます。
同じ目標を持った受講生同士でモチベーションを高め合い、刺激を与え合える関係をつくることはとても大切です。

明日からは本格的に大学院留学準備コース(Graduate Diploma)がスタート。
コース修了の8月に、どのような気持ちでこの日を振り返られるのかが楽しみです。

★beoだけが開講!英国大学連盟(NCUK)の進学保障付きプログラム:大学院留学準備コース(Graduate Diploma)の詳細はこちら

男性の留学カウンセラーが加わりました!

beoのカウンセラーは女性が多いです。
ですから、もちろんオフィスにはお菓子コーナーがあります。
加湿器もあります。(乾燥は女性の大敵ですので...)

いつも和気あいあいとしていてとても楽しいのですが、
イベントや留学フェアの準備となると本当に困るのです。

来月beoで開かれるイギリス大学留学フェア。
特にこの年2回のイベントでは、男性スタッフが少ないことを思い知らされます。

イギリスの大学から連日のようにブローシャー。(本当に重いんです!)
会場設営のための机や棚の移動。
東京から大阪への会場移動のための物の運び出し。

などなど、
スタッフ総出でおこなうのですが、やはり女性、力に限界があります。
へたをすると腰を痛めそうになります...

そんなところへ男性カウンセラーが新たに加わったのですから、私たちの期待は大です。

留学カウンセラー
スタッフ紹介ページの撮影中。実は、カメラを向けた反対側には他のスタッフが沢山います。
採用された写真はこちら!スタッフ紹介ページへ

彼は、ロンドン大学クイーン・メアリーの大学院留学準備コースを経てキングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)を入学・卒業。現在は留学カウンセラーとして、これから留学される方のお悩みにおこたえしています。

beoには、毎日のように海外の大学スタッフが訪れています。beoのカウンセラーは全員留学経験者ですので、そこで昔の恩師に再会するということも少なくありません。彼もつい先日、ロンドン大学クイーン・メアリー在学時TutorだったSiomn氏と久しぶりの再会を果たしていました。

イギリス生活も長く、力こぶ!な彼の活躍が楽しみです。

★留学カウンセラーは全員留学経験者!beoのスタッフ紹介をはこちら

スコットランド出身の奇才★ジム・ランビー

近年目覚しい活躍を続けるジム・ランビーの個展が日本で初めて開催されています。
随分と好評なようで、会期の延長が決まったようです。(2009年5月10日まで)

彼の作品の特徴は、そのビニール・テープによる幾何学パターンと身近な日用品との何ともいえないコラボレーション。

日常からかけ離れた空間と化した展示会場には、一瞬足を踏み入れることを躊躇させられます。

スコットランドのグラスゴー出身の彼は、この土地をこよなく愛しているようで、今後も創作活動はグラスゴーで続けていくつもりだそう。

★ジム・ランビー「アンノウン プレジャース」(原美術館のサイトへ)

そのためのスプーン!?

今日、日頃から常々疑問に思っていた謎がひとつ解けたんです。

beoには、スタッフがコーヒーや紅茶を飲むためのポットがあるのですが、その隣にいつもちょこんとスプーンがカップに入って置いてあるんです。私、入社以来これは何のためにあるんだろう??と常々疑問だったのですが、
今日その謎が全て解けたんです!

日本人って、お茶・紅茶を飲むときはきちんとティーバッグをお湯に浸して、
自然に色が出てくるのを待ちますよね。

本式の飲み方だと、まずは容器をお湯で温めて、その後で紅茶やお茶の葉を入れて何分が浸して(この時沸騰したてのお湯を注ぐのは厳禁!)...と1杯のお茶にかなりの時間をかけるじゃないですか。

けれども紅茶の本場、イギリスではどうも様子が違うようなんです。
イギリス人は、紅茶を飲むとき、ティーバッグを入れたコップにお湯を注いだら、
次の瞬間、ティーパックをスプーンで押しまくるんです!無残、ティーバッグ。押しまくられてしまっているんですよ!

今日その瞬間をまさに目撃してしまいました。
何人かのイギリス人に聞いたところ、それはイギリスでは普通なことなのだそう...

もっと優雅にアフタヌーンティーをしている姿を想像していませんでしたか!?

ティーパック押し専用スプーン
ポットの横が指定席のbeoのティーバッグ押し専用スプーン

もしかしたら、beoにいるイギリス人スタッフ特有なのかもしれませんが...
それにしてもやっと謎が解けてすっきりしました★

IELTSのスコアがあがる秘密!?

3月ももう終わり、今月もあっという間でした。。。

さて、この時期、2009年留学を目指される方のなかには、
条件付入学許可はすでに出ていているけれど、
合格するためにIELTSのスコアを満たさなくてはならない方がかなりいらっしゃるようです。

beoカレッジではIELTS対策を開講していますが、
このコース、もちろんどこよりもお勧めできるコースとして自信を持っています!

といっても手前味噌になってしまいますので、ここで受講された方の声を少しご紹介しますね★
------------------------------------------------------------------------------------------
2009年1月受験(IELTS対策受講前)L6.5, R4.5, S6.5 Overall 5.5

2009年2月受験(IELTS対策受講中)L6.5, R6.5, S7.0 Overall 6.5
------------------------------------------------------------------------------------------
IELTS対策コースを受講してOverallスコア1.0アップ、特にReadingで1.0、Speakingで0.5アップ!

昨年は他のスクールでIELTS対策(受講対象者レベル:高)を10週間受講していたそうですが、IELTSとは何かの概念を学ぶ授業が中心で、習熟度、満足度が低かったそう(概要を知ったけど、その先それで?だから?というモヤモヤ)。

beoカレッジでは概要だけでなく各セクションの解き方のコツを学べたのでスコアアップが必要なこの方にとって結果も伴う満足なクラスだったといっていただけました!

このスコアアップの理由を一緒に検証してみたところ...
★ IELTSに精通した担当の熟練講師は問題の傾向やスコアアップを目指した指導が得意!
一見、独学で克服できると思われがちなReading。SkimmingやScanning、Predictのスキルを身に付けたことで、飛躍的にスコアアップができた!(このような技術はテスト対策だけでなく、海外の大学でとても重要になります)
★ 独学では学びにくいSpeakingを授業の中で繰り返し積極的に練習した!


やはりこのような声をいただけることが何よりも嬉しいです。

beoカレッジの留学準備英語コースは来月からスタートします!
この機会を逃すと次は7月まで待たなくてはいけません!

2009年・2010年の留学は今が頑張りどころ。
英語学習の悩みもお気軽にカウンセラーにご相談下さいね!

▼▼無料体験レッスン▼▼--------------------------------------------++

【無料体験レッスン】アカデミック・ライティングとは?(東京)
日時:3月27日(金) 19:00-20:30

対象者:
2009年留学予定者で渡航前のアカデミックスキル総仕上げを希望される方
2010年留学に向けてアカデミック英語の習得が必要な方
アカデミック英語を学ぶことにご興味をお持ちの方

★大人気!【無料体験レッスン】アカデミック・ライティングに今すぐ予約

++-----------------------------------------------------------------------++

★留学準備英語コースの詳細はこちらから

ロンドン大学クイーンメアリーのスタッフがbeoを訪問!

先日、ロンドン大学クイーンメアリーから、大学院進学準備コースのディレクターのSimon Pate氏がbeoを訪問されたので、お話を伺ってきました。

長い伝統を誇るロンドン大学クイーン・メアリー (Queen Mary University of London)は、ロンドン市内で唯一のキャンパス大学です。特に強い分野としては、Modern Languages, English Drama, Linguistics,  特にRAEで高い評価を得たEconomicsなどがあります。

ロンドンの中心部から地下鉄で10分ほどのMiles Endにあるキャンパスは、世界的に有名な金融の中心地'シティ'や新たな金融街として注目されている'カナリーワーフ'の近くにあるため、ビジネス・金融を学ぶには絶好のロケーションです。

ロンドン大学クイーン・メアリーは、なんといっても、生徒へのサポートが充実しており、空港送迎サービスや、オリエンテーション、カウンセリング、キャリアサービスなどが揃っています。特に、勉強面では、Tutorial制(個人指導)を導入しており、生徒とTutorの1対1で話し合う事の出来る時間を1週間に1~2回ほど設けていて、Tutorと親しくなることも可能です。実際に、ロンドン大学クイーン・メアリー出身のbeoのカウンセラーは、beoを訪問なさったSimon Pate氏と、生徒とTutorの関係でした!卒業後も、進路などを相談したり、よい関係を築いているようです。

18th-March-B.jpg
ロンドン大学クイーン・メアリーのSimon Pate氏とbeo留学カウンセラー

beoでは、海外教育機関を卒業したカウンセラーが、みなさまの留学をサポートいたします。

★イギリス留学無料カウンセリング予約はこちらから
★ロンドン大学クイーン・メアリーの日本語ウェブサイトはこちらから


東京マラソンに行って来ました!

「今年は東京マラソンに出場するの?」
先週までの間に、様々な方に聞かれた質問です。昨年の東京マラソンで、感動の初フルマラソン完走を果たした私ですが、今年は抽選で外れてしまい、でも仲間が出場するので11キロ地点(新橋)と38キロ地点(豊洲)で応援していました。

マラソン本番3日前にカウンセリングにお越し下さったN.Hさん、11キロ地点で奇跡的にお見かけしました。プライベートレッスンで来月からIELTS対策予定のY.Hさん、先日のカウンセリングでおすすめした、走りながら補給できるパワージェルが、20キロ以降に効いたようで、良かったです!

走るだけでなく応援も楽しいのが東京マラソンの良さです。仲間が我ら応援団に気づくように応援プレートを作成して通過を待つのは勿論のこと、芸能人や仮装ランナーもチェックしながらわいわい応援を楽しみました。

自己新記録をマークした仲間の話を聞くと、決してたまたま出せた記録ということでなく、やはり努力の賜物なのだなと感じます。月間200-300キロこなしていたり、レース前1週間は完全禁酒していたりと(私も見習わないと)。私が所属するランニングクラブのコーチが以前、「記録はスタート地点に立った時すでに決まっている。それまでにどれだけ努力したかで決まる。まぐれなんてない。」と話していましたが、英語学習のカウンセリングをしていて思うのは、英語力アップも同じだなということです。

IELTSやTOEFL試験には、問題との相性、その日の体調、IELTSならスピーキングで面接官との相性、TOEFLなら受験会場の環境なども関係してくるかもしれません。でも、こういった条件に左右されず、目標のスコアを計画的に取得することが合格通知獲得には肝要です。

仲間が打ち上げで話してくれて感動したのは、「仲間に恵まれて走り続けることができた」ということ。そして私たち仲間がランニングを通して出会い、集まることができたのが「皇居」、そしてランニングクラブが発足した「ランニングストア」のおかげだと聞いて、つくづく感じたこと。・・・「beoカレッジ」を、留学を予定する、英語を習得することの目的が明確で英語習得が必須の皆さんにとって、モチベーションを高く保ち、互いを刺激し合い、良い相乗効果を作ることができる環境にしたいなと強く思いました。

現在beoカレッジでは、4月コース開講を控え、申込み受付け中です。

▼▼無料体験レッスン▼▼--------------------------------------------++

対象者:
2009年留学予定者で渡航前のアカデミックスキル総仕上げを希望される方
2010年留学に向けてアカデミック英語の習得が必要な方
アカデミック英語を学ぶことにご興味をお持ちの方

【無料体験レッスン】アカデミック・ライティングとは?(東京)
日時:3月27日(金) 19:00-20:30

★大人気!【無料体験レッスン】アカデミック・ライティングに今すぐ予約

【無料体験レッスン】クリティカルシンキングとは?(大阪)
日時:3月29日(日) 10:00-12:00

★大人気!【無料体験レッスン】クリティカルシンキングとは?に今すぐ予約

++-----------------------------------------------------------------------++


サンダーランド大学看護学科未開講に関するお知らせ

サンダーランド大学の、2009年9月開始の看護学科は開講されません。

大学によっては上記のように開講コースが変動する場合があります。学校選びの際には十分にご注意下さい。

最新のコース情報についてはカウンセラーがご案内できます。
カウンセリングの際、お気軽にお問合せください。

★イギリス留学無料カウンセリング予約はこちらから

今度は広告の体験レクチャー!MA Advertising and Designのプログラム担当者がやって来る♪

みなさんは、テレビのCMを気にして見ることありますか? 
テレビのCMや雑誌の広告など、インパクトのあるものって頭に残りますよね。
 
CMに限らず、雑誌や新聞のプリント広告や、街中の看板やネオンサインなど、
広告って実は私たちの生活にあふれているものです。
広告業界は常に人気職ですが、就職が困難な分野とも言われています。

今回はそんな広告に関わる仕事をしたい方や、広告を愛してやまない方に、
お勧めのコースをご紹介します! 

リーズ大学のMA Advertising and Design

デザインスクールでデザインを学び、ビジネススクールでビジネスを学ぶという、
おもしろいコースです。実際に授業で広告を作ったりもするので、広告のノウハウを学ぶことができます。

2008年からスタートしたこのコースには、デザイン経験のある人はもちろん、
コピーライティングに興味のある「言葉」に強い人、
趣味でウェブやフライヤーを作っている人など、様々な人が集まっています。

現在このコースで勉強中のAYAKOさんの現地レポートは、
広告やマーケティングを勉強しているだけあって、ブログの書き方もおもしろいですよ!

★リーズ大学のMA Advertising and Designに在籍中のAyakoさんの現地レポートはこちら

そして、来月このコースの担当者が東京オフィスにて体験レクチャーを行います!

▼▼リーズ大学体験レクチャー▼▼--------------------------------------------++
「メディアと消費者の嗜好の多様化 ~ 広告デザインの今後の課題」

日時:4月9日(木) 19:00-20:30
対象者:全ての留学希望者(高校卒業程度の英語力)
担当官:Mr. Mike Sheedy

★大人気!リーズ大学体験レクチャーに今すぐ参加予約
>Mr. Mike sheedyの昨年来日時のレクチャーリポートはこちら
++-----------------------------------------------------------------------++

世界的に有名な広告を例に話を進めていくので、広告好きにはたまらない内容です!
昨日申込受付を開始したばかりですが、すでに多くの方にご予約いただいています。お申込はお早めに★
多くの方のご参加をお待ちしています!

リーズ大学日本語サイトはこちらから

リーズ大学 体験レクチャーレビュー 「国際テロとオバマ政権にとっての世界的な課題」

去年のアメリカ大統領選挙の規模の大きさと興奮も記憶に新しいところですが、オバマ政権が発足してもうすぐ2ヶ月が過ぎようとしています。先の選挙ではブッシュ大統領で失墜したアメリカ像を、オバマ大統領が復活させてくれるのではないか、と人々は期待しました。「自由の国、アメリカ」そんな理想を、有色人種であるオバマ大統領が復活させてくれるかもしれない、という夢は、まるで、故マーティン・ルーサー・キング牧師の説教のように、アメリカンドリームの象徴として人々の心に響いたのかもしれません。

さて、そんなオバマ大統領、就任後は、やはりシビアに、アメリカ国民の関心は政策方針です。

サブプライムローンの破綻に始まった、金融危機をどうするのか?
失業率の低下、中東問題・・・などなど、問題は山積みです。

先日、beoではリーズ大学のクリストフ・ブルース教授(Professor Christoph Bluth)による
国際テロとオバマ政権にとっての世界的な課題 : International terrorism and the global challenges of the Obama administrationというレクチャーが行われました。

発足したばかりのオバマ政権と、世界情勢に関する貴重な講義を伺うことができました。
レクチャーはとても難易度の高いものでしたが、ご来場の方々は英語力と志がとても高く、
ディスカッションも活発に行われ、とても盛り上がりました。

イベントレビュー「国際テロとオバマ政権にとっての世界的な課題」はこちら

IMG_4589.jpg留学を予定されてる方は、ある程度の世界情勢を知っておいたほうがいいかもしれません。たとえばアメリカでは大統領が変われば、政策方針がかわるのでビザ申請の方法や、有効期間、発行の難易度まで変わってしまうのです。

beoでは、留学最新情報で、皆様のサポートをいたします。また、海外教育機関の教授をお招きして、日本では聴講できないようなすばらしいレクチャーを数多く開催していますので、ぜひお越しください!スタッフ一同心よりお待ちしております。

イギリス留学無料留学カウンセリングはこちら
リーズ大学日本語サイトはこちらから

St. Patrick's Day!

3月17日はアイルランド最大のお祭り"St. Patrick's Day"(アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックの命日でカトリックの方々にとっての祝日)

アイルランドはもちろん、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアで盛大なパレードがおこなわれています。

St. Patrick's Dayを祝う催しものは日本ではあまりみられませんが、これに乗じて!?日本のアイリッシュパブでは特別なプロモーションを行うところが多いんです。アイルランドのギネスなどが特価販売されていることもあるので、是非この機会にのぞいてみてはいかがでしょうか。

St. Patrick's Day!
このような祝日には、beoでは食べ物や飲み物を用意して学生と講師、スタッフが交流を深めたりしています♪
是非お気軽にご参加ください!

★もっとSt. Patrick's Dayについて知りたい!アイルランド政府観光庁のホームページはこちら

もうすぐゴールデンウィーク!

皆さんは今年のGWのご予定はすでにお決まりですか?
(もちろんGWは海外にはありません。純粋なる和製英語です。)

ところでこのありがた~いGW。それぞれ何の祝日かご存知ですか?
カレンダーを片手に確認してみますと...

4/29 昭和の日
5/3 憲法記念日
5/4 みどりの日
5/5 こどもの日

いつの間に4/29が昭和の日に!?毎年4/29はGreen Dayのイベントが各地でおこなわれていたような...と思っていたのですが、2005年の祝日法改正により2007年から4/29は昭和の日に変わっていたんですね!(それでもイベントによっては、今年も変わらず4/29にGreen Dayのイベントをおこなうところがあるようです)

Green Dayにちなんでイギリス出身の方でみどりに関わる活動をされている方のご紹介を★
C・W・ニコルさん。この方をご存知ですか?

もともとはイギリス・サウスウェールズのご出身なのですが、現在は長野県に住まわれ、執筆活動を行いつつ森の再生活動に携わられているのです。ニコルさんは荒れ果てた里山を購入し、その里山を『アファンの森』と名付け、森の再生維持管理はもちろん、森を通した国際交流、人材育成、情報発信などをおこなわれています。

さらに詳しいニコルさんの活動については、財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団でご確認いただけます。

実はこのホームページには、サンダーランド大学のイラストレーション&デザインコースへ留学された神戸さんのイラストエッセイが掲載されているんです!!(ペンネームはヒヨ吉さんです★)

とってもかわいらしい森の生き物のイラストが掲載されていますので、是非のぞいてみて下さい!

★サンダーランド大学に留学されていた神戸さんの留学体験談はこちら

東京は最も物価の高い街! ~ ロンドンは27番目

先日発表された消費者物価指数調査で、
なんと東京が最も物価の高い街に選ばれました(昨年は7位)!しかも2位は大阪・神戸!日本勢が首位独占です。
ちなみにパリは3位、シンガポールは10位でした。

統計では世界140都市の160以上のアイテム(パンから高級車まで)の値段が比較されており、
データ集計結果には最近の急激な為替レートの変動が反映されています。
ロンドンはポンドの下落で27番目に物価の高い年にランクダウン。2002年以来初めてニューヨークより物価が安いという結果になりました。

これを見るとイギリスが安く見えるのではないでしょうか??

やっぱりイギリス留学!?
どっちが日本?イギリス??

留学にはそれなりの費用がかかりますが、東京で一人暮らし&学生生活もかなりお金がかかるんですね...

★イギリスより日本の方が住みにくい!?(記事詳細:the Economist Intelligence Unit のサイトへ)

2009年のGMAT対策★嬉しい!?情報が届きました

MBAを含むビジネススクールを志す方に必要不可欠なテストがGMATですが、
このテスト、日本人にとっては特に対策が難しいテストのひとつです。

テストはライティング(AWA)・数学能力テスト(Quantitative/Math)・言語能力テスト(Verbal)の3セクションで構成されているのですが、Verbalセクションは特に難所!一筋縄ではいきません。

しかも、過去5年間の全取得スコアは出願する大学院に提示されてしまいますので、十分な対策をした上での受験が必要です。

誰もが頭を悩ませるGMAT。
beoカレッジでは最強の講師がGMAT対策を担当しているから安心!

担当講師Paulのことを少しご紹介させていただきますと、、、
CELTA の資格をもち講師としてのバックグラウンドは計8年。ブリティッシュ・カウンシル公認の語学学校で講師をしていた時には、カリキュラムやテスト作成のほか、経験の浅い講師のトレーニングにも携わっていました。自らもMBAを有するため、出願者へのアドバイスにが特に定評があるんです。

しかも、彼は何と母国語の英語ほか、フランス語、ドイツ語、タイ語など全5カ国語を自由に操る語学マルチスピーカーでもあるんです!!

一体何者なのか気になりませんか!?どんな授業をするのか気になりませんか!?
でしたら迷わず今週末に行われる無料GMAT体験レッスンにいらしてください★
こんなチャンスは本当にありません!(くれぐれも、誇張ではありません 笑)

★MBA留学希望者にオススメ!GMAT対策無料体験レッスン

出願時にGMATを要求するビジネススクールは年々増え続けています。この機会を有効に活用してGMATの傾向と対策について考えてみませんか??

その一方で、嬉しい情報も届いています。
なんとリーズビジネススクールは今年はGMATが必要ないんです!
GMAT対策にエネルギーを費やす必要がないので、その分専攻を深めるのに必要な英語や知識を身につけておくことができますよ!

Leeds University Business School
リーズMBAの強みは世界各国から集まる教授陣の豊富な専門知識とビジネス界とのネットワークの強さ

beoにはリーズ大学の日本担当が常駐していますので、ご興味がある方は是非お問合せください!

★リーズ日本担当に直接相談できる!無料留学カウンセリングはこちら

UEFAチャンピオンズリーズ決勝トーナメント!

いよいよ決勝トーナメントが始まったUEFAチャンピオンズリーズ!
ヨーロッパ最強の座を巡るこの戦いは、その予算・規模・注目度の高さから、この大会で優勝したチームこそが世界一と称されることも多いんです!

そんな世界中(日本は別??でしょうか?)が熱狂する戦いを生で見ることができる人がいるなんてうらやましい!!と思っていたら、beoカレッジに通われている方でイギリスまで観戦に行かれている方がいらっしゃるんです。本当にうらやましいです!!

日本ではヨーロッパほど多くのファンを獲得していないフットボールですが、本家イギリスとなると事情が違います。
なんといっても有数の名門大学でフットボールMBAが開講されているくらいなのですから!

beoには、留学サポート・英語コースを利用してフットボールMBAを学ばれた方がいらっしゃいます。
体験談や現地レポートにもご協力いただいていますので、フットボールMBAにご興味のある方は是非ご覧下さい!

★フットボールMBAを学ばれた矢島さんの体験談はこちら
★英語で読んでみよう!UEFA Champions League公式サイトはこちら

イギリス大学留学フェア一般予約の受付スタート!

ついに本日から一般予約の受付が始まりました!beoの春のイギリス大学留学フェア★
開催まで約1ヶ月ですが、先行予約を含めすでに多くの方にご予約いただいています。

参加大学との打合せ、フライヤー&ポスターづくり、会場設営準備などなど、
オフィス内にはほどよい緊張が走っています!

そして今日は特別に、明日納品予定のポスターをチラっとお見せします↓↓

イギリス大学留学フェア
実際のサイズはB2なのでとっても大きいんです!

明日からいろいろなところに貼りだされる予定ですので、是非見つけてみて下さいね!

★イギリス大学スタッフが集結!イギリス大学留学フェア(無料)の詳細はこちら

完全集中レッスン!Survival Englishのご報告!

皆さん、こんにちは。

カウンセラーブログは毎日更新中ですが、私自身は久しぶりのブログ執筆です★

先月休暇を取り、約10年ぶりにスペインに行ってきました。私が住んでいたころ貨幣はペセタだったのに、今はユーロになっている。昔は日常生活に困らない程度にスペイン語が話せたのに、久しぶりに話そうと思っても、思うようにスペイン語が出てこない・・・。でも持ち前の、知っている単語と身振りで相手に伝える方式(これも一種のスキルだ)を使って、時には相手が英語で喋ってくれて助けられ、スリなどの被害に遭うこともなく無事に帰国してまいりました。(しかし移動中にスーツケースが故障。お守りとして旅行保険に加入しておいたので、現在無料で修理依頼中。皆さんも必ず留学保険に加入しましょうね!!!)

さてさて、これより昨日行われた日曜セミナーの報告を。

第1部
ディレクターのポールから挨拶と、彼が初めて来日したときの貴重な体験談(オバマ情報はスタッフでも初耳の情報でした)から始まり、イギリス人講師のトムからは、イギリスの文化(人々・気候・地理など)について説明がありました。

survival.jpg

第2部
トムと日本人スタッフによるロールプレイ付きのシーン別英語のレッスン。留学して戸惑う日本人留学生VSローカル学生、日本人留学生バスでオロオロVSローカルドライバー、日本人留学生勇気を出して初めての電話VS優しいホストファミリー、と、2人で何役もこなし、特に学生寮での共同生活では、単に英語のフレーズ指導に終わらない、文化の違いやコミュニケーションを諦めないで話し合いを持とう!のノウハウなども伝授しました。

第3部
実際にはなかなか難しいノートテイキングのレクチャーをおこないました。また、質疑応答の時間を設けて、チップの習慣 ─スマートにチップを渡すときのフレーズ(チップを渡すときに英語が通じないとなんだか格好悪いんですもの)、気になるイギリスの花粉症事情、日本では常識のマスク姿は外国人にどう映る?!についても話をしました。

積極的に授業に参加し、発言してくれた参加者にも恵まれ、和気藹々とした雰囲気で終了することができました。アンケートも全員にご協力頂き、ポジティブな内容を多く寄せて頂きました。♪参加者の皆様、ありがとうございました♪

参加された方々の声
・日常のことや、困ったときはどうすれば良いのかを教えて頂きためになりました。後半のNote Takingは難しかったですが、参考になりました。('09年9月からファンデーション・コース入学予定)
・とても役に立つことをたくさん知ることができました。内容が本当に起こりそうな場面だったので、表現など使いたいと思います。('09年4月から学部短期留学予定)
・渡英直前だったのでとても役に立ちました。('09年から語学留学予定)
・是非このイベントをまた開いて下さい。とても役立つし楽しかったです。('09年4月から学部短期留学予定)

beoでは、平日から土・日まで随時イベントが開催されています。是非お気軽にご参加ください!

★留学英語に関するイベント情報はこちらから

ビデオコンファレンスシステムを導入しました!

beoに新しく入ったもの...これです!
遠隔地にいる者同士がお互いに顔を見ながら話しをすることができるビデオコンファレンスシステム★

ビデオコンファレンスシステム
画面のサイズは52インチ!

海外の大学の面接を受けたり、教授にコース詳細について質問をしたり、ポートフォリオのアドバイスをもらったり...

日本にいながらにして海外と直でつながることができるのです!

このビデオコンファレンスシステム、画質はもちろんのこと音質もすばらしいのです。(ノートをめくる音まで拾ってしまうほどなんです)

気になる大学や面接を受けたい大学がありましたら、お気軽にカウンセラーにご相談ください!

★カウンセリング予約はこちら

新入り!?

beoの教室にとっても大きくて、とっても便利なものが設置されました!
これでいつでも世界とつながれる...!?

詳細は明日お知らせいたします。
お楽しみに★

英語の9月は7月だった?~言葉の由来

先日、7月から8月にかけて開講されるサマースクールの申込を開始しましたが、
すでに多くの方から問合せをいただいています。

サマースクールのコースはバラエティに富んでいるので、何かをはじめたい!という方には本当に最適です。

ところでこのサマースクールが開講される7月。実は9月が7月だったという話しがあるのです。

英語の月名の多くはローマ神話やラテン語に由来しているのですが、9月は英語でSeptember。つまり 「7*番目の月」 です。*英語のsevenはラテン語で「7」を意味するseptemに由来しています。

本来7月になるはずであったSeptemberが9月になってしまった背景には、
ローマ最大の英雄ジュリアス=シーザー(Julius Caesar)の存在がありました。
そう、名前をご覧にいただいてお分かりの通り、彼が7月の名称を自分の家紋名に変えてしまったのです。

漢字に成り立ちがあるように、英語にもまだまだこのようなおもしろい歴史の逸話があります。
語学を継続して学ぶには、言語自体に興味を持ってみると長続きしますよ!

★サマースクールのサイトはこちら
★留学準備英語コースのサイトはこちら

もう一度、学校へ行こう!

最近、益々学び欲が高まっているのを感じます。

シブヤ大学は開校依頼、今だに申込者多数のためにコースの受講が難しい状況ですし、
BRUTUSやEsquireといった有名雑誌では学びに関する特集が組まれ続けています。

beoにいらっしゃる方はそれこそ学び欲が大変高い方ばかりですが、
新しいことにチャレンジする勇気と、それを全うするための強い意志を持った方ばかりな気がします。。。

決意を新たにするこの時期、
sakura.jpg留学したいと思っていらっしゃる方がいましたら、今ならまだ2009年度の留学に間に合います。
正確な段取りを踏めば、今年の秋に留学に向けて渡航することができます。

何かを学びたいという気持ちがあるのであれば、是非その一歩を踏み出して下さい。
beoスタッフが全力で応援します!

★2009年度の留学を目指す方はこちら


エジンバラ大学の梶圭介グループリーダーらがヒト細胞から「安全iPS」を作製

体のどの組織にもなれる万能細胞で、再生医療や新薬研究の切り札としてその役割が期待される「iPS細胞」─

世界各国で研究が進むなか、エジンバラ大学の日本人グループリーダーが癌化の恐れのあるウィルスを使わずに胎児の細胞からiPS細胞を作ることに成功しました。京都大学が昨年10月、マウスの細胞でウイルスを使わずにiPS細胞を作りましたが、ヒトでは今回が初めてです。
>記事全文へ(nature.com)

エジンバラ大学はイギリス屈指の名門大学。
たくさんの研究分野で高評価を得ていますが、そのうちのひとつとして理系や医学系もとても強い分野といえます。

University of Edinburgh
イギリス屈指の名門エジンバラ大学


edinburgh
"北のアテネ"の異名を持つエジンバラ。中世の古い石畳が残る歴史ある旧市街と優美なネオクラシック様式が建ち並ぶ新市街という2つの対照的な街並みが印象的です。

そして、エジンバラ大学のアジアオフィスはbeo(ビーイーオー)にあります!
日本担当スタッフがbeoに常駐*しているのです。
>Mr. Matthew Wortley(日本担当官)

*大学スタッフが常駐しているのはbeoが日本で唯一。世界的にみても大変珍しいことです。

当大学へのコース、出願に関するお問い合わせはお気軽にbeoまで。
※エジンバラ大学の日本担当スタッフへ留学相談のご予約も可能です。

★留学の無料カウンセリング予約はこちら
★エジンバラ大学日本語ホームページ