カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

▼2008年05月の記事

【イギリス出張レポート 3/12】1451年創立の威厳に感銘を受ける! グラスゴー大学とグラスゴー・インターナショナル・カレッジ!

皆さん、こんにちは。

これから雨が多くなる時期を迎えますね~。

先週の土曜日、旦那さんの仕事の都合でアメリカに引っ越す友人(イギリス人)のSayonara Partyに、土砂降りの雨の中参加してきました。『日本を離れるのは寂しいけれど、でもこの蒸し暑さには今でも耐えられないわ!』と話していました。日本の桜の美しさに毎年感動していた友人も、この時期特有のジメジメした気候は慣れないのかもしれませんね。。

----------------------------------------------------------------------------------------------

さてさて、これよりイギリス出張レポート第3回目を始めます!

グラスゴー大学のキャンパス訪問はまず、グラスゴー・インターナショナル・カレッジ(GIC)の見学から始まりました。私たちメンバーを連れたバスがAnderson College(GICキャンパス)の前に停車し、バスを降りてみてまずびっくり。

本当にキャンパス内にある!

キャンパス内に位置するというのはProspectus(学校案内)には書いてあっても、実はメインキャンパスから離れていたりして・・・などと若干怪しんでいた私の予想は嬉しいことに裏切られました。DirectorのJackie(学校案内やHPにも出ているあの人だ!←ややミーハー)に出迎えられ、教室などの施設を見学した感想は、歴史ある建造物なのに中の教室はきちんと整備されている、でした。

レポート第1回目でも話しましたが、今回のConferenceは、世界8カ国から留学カウンセラーが集結しました。それぞれ自国の学生の需要、英語力や問合せの多いコースというのは異なるんですね。したがって、日本人学生にとって魅力あるプログラムとは何だろうと常に考えながら、説明に耳を傾ける必要があります。

グラスゴー大学は4年制なので、名門大学だけどファンデーション・コースからだと5年間かかるのかぁと思っていたところ、『おっとこれは!』と驚いたことには、

ビジネス系のファンデーション・コースに5月から入学すると、
入学から3年でグラスゴー大学の学士課程を卒業できてしまうプログラムがある

というのです。
これぞまさに"Fast-Track" Foundation!

留学スタディ・プラン(例)はこちらから。

学士課程で学ぶBA (Hons) Global Businessは2009年開講予定の注目コース。
グローバルなビジネス環境における総合的な知識を身に付けるだけでなく、実践的なケース・スタディやグループ・プロジェクトを通して、社会に出てから必要となる"managerial abilities"も養っていくプログラム。グローバル経済において不可欠なビジネス・スキルを習得するのにもってこいのコースです。将来外資系企業に就職して活躍したい学生に特にお勧めだと、担当者も話していました。

真面目な話を聞いた後は、ランチ(イギリス定番のランチといえばサンドイッチ)を取って、キャンパス見学。キャンパスを歩いているだけで、なんというのかしら、まるで映画のワンシーンを見ているかのよう・・・(大袈裟ではなく)。遠くを見ても近くを見ても、"Stunning Architecture"があちこちに点在し、1451年創立の威厳というものを感じずにはいられないわけです。曇り空の空模様もまたその壮大な建物にマッチする感じ。こんな環境に囲まれて思いっきり学問に打ち込むことができるなんて、学生の皆さんが羨ましいなと思いました。

ぞろぞろと歩きながら、『由緒ある歴史的建造物って本当に素敵よね!』と惚れ惚れした表情で、隣を歩くナイジェリア人のSegunに話しかけると、『ナイジェリアでは1451年創立だって紹介したら、そんなOld Buildingで勉強するの?って返されるのがオチ』だそうです。『Old Building、、、されど"Cutting-edge facility(最先端の設備)!!!"』のうたい文句で紹介するんだと話してくれました。国が違うと学生の求めるニーズも違うのか・・・。東アジア人同士なら相通ずるニーズがあるはずと、今度は香港人のLaurenceにも印象を聞くと、『グラスゴーって言うとあんな寒いところで勉強するの?って言われるんだけど、実際そんなに寒くないよな。』ということです。。。ハリー・ポッターを思い描いて空想にふける私の周りでは、それぞれのメンバーが個々にさまざまな印象を持っていた、、、そんなグラスゴー大学見学でした。

今回のグラスゴー訪問で唯一心残りなのは、
"Deep-fried Mars Bar"を食することができなかったこと、、、
これからグラスゴー留学予定の方、ぜひ感想のお便りをお待ち申し上げます。。。

来週は・・・
2007/08年度の日本人学生はたったの1名!
- リバプール大学とリバプール・インターナショナル・カレッジ!』編です。

クレイジーな日本人学生ならきっとリバプールで成功すると思うわ・・・!
ビートルズ好き?サッカーファン?
現地担当者が待ち望む日本人留学生像とは???

お楽しみに♪

★無料カウンセリングのご予約はこちらから!

★個別相談会、イベント情報はこちらから!

【イギリス出張レポート 2/12】成田~グラスゴーに降り立つ!

皆さん、こんにちは。

先週、初めてのカウンセラーブログが掲載された後ドキドキしていましたが、
お読みになられた方から、これから楽しみにしています!と嬉しい励ましの言葉を頂戴し、すっかり浮かれております。

週末はJamaica Festivalに行ってきました。
ポカポカ天気も良く、公園でレゲエ音楽を聴きながらJerk ChickenとRed Stripeを楽しみました。


さてさて、これよりイギリス出張レポート第2回目を始めます!


今回グラスゴーへは、ブリティッシュエアウェイズを利用し、ロンドン(ヒースロー)経由で18:55に到着しました。飛行機の外に出ると、思ったより外が明るいのにびっくり。サマータイムのおかげでしょうか。グラスゴー空港はこぢんまりとしていて、荷物を受け取るとすぐに到着ゲートに着きました。

滞在ホテルまではタクシーの移動で、というわけで、タクシー乗り場に行くと、ちゃんとセキュリティの人がいて、『あなたは、はい、次のこのタクシーに乗って。』と誘導してくれる。私の後に来た人が横入りしようとしたら、制止して私を先に通してくれました!安心、それも親切!な対応に、すっかり感動してしまいました。
タクシー・ドライバーの女性(グラスゴー出身でした)も、ホテルまでの道中ひっきりなしに話しかけてくれて、

『あれは有名なArchitectureの作品よ。』、

『このあたりは最近ずいぶん開発が進んでいるエリアね。』

などとグラスゴーの名所案内をしてくれました。彼女いわく、何年か仕事でロンドンに住んでいたこともあるけれど、やっぱりグラスゴーが1番、と故郷に戻ってきて、今の仕事に就いているとのこと。時差ぼけで眠たいはずでしたが、心温まるグラスゴー・アクセントの洗礼(?)を受け、眠気も疲れも吹っ飛ぶ思いでした。

日曜日は、土曜日にそれぞれ到着したConferenceに参加する私たちメンバーの顔合わせをかねて、グラスゴー郊外のLoch Lomondへ日帰り旅行に参加しました。Loch Lomond、、、初めて聞く地名だったのですが、自然が豊かで時差ぼけ解消にはぴったり。ここは泳げないよなぁなどと思いながら波打ち際を散歩して、すっかりメンバーとも打ち解けました。

『グラスゴー、思ったより寒くないよね。』とインド出身のNanhiに話しかけると、『インドは今40℃よ。セーターなんてイギリスに来るときくらいしか着ないわ。』だって。リビア出身のMohammedに『日本って行ったことないんだけどどんな国?』と聞かれ、『・・・リビアって世界地図で指差せる自信ないんだけどどこにある国?』ととりあえず聞き返してみました。私たちがその後1週間のプログラム中に、各参加メンバーの出身国の特色、文化などについて、活発な異文化交流を持ったことはいうまでもありません。

私も含めグラスゴーは初めて!という私たちのために、この小旅行には、Student AmbassadorのDebbie(グラスゴー出身の3年生)とSherry(中国人留学生、昨年修士コース(Law)を修了、現在は大学図書館に勤務)が、Student Ambassadorの活動の一環として私たちのツアーに参加してくれました。グラスゴー出身のDebbieは生活費や住みやすさ、大学の教育の質の高さなどから、グラスゴー大学に進学を決めたとのこと。地元学生もその良さを認める大学なのだな、と思うとなんだかグラスゴー大学の印象が一気に良くなりました。Sherryは今年の9月からロンドンに引っ越して、Banking業界で就職が内定しているとのこと。秋からのロンドンでの生活は楽しみ、でも住居費含めてすべてのコストは高くなるし、都会だからグラスゴーほど人もフレンドリーじゃないかも、、、なんて期待と不安が入り混じっている様子がまた微笑ましかったです。

夕食は、Conference opening dinnerとして、Scottish cuisineのThe Bothy restaurantに行きました。Kaplan International CollegeやGlasgow International Collegeスタッフも同席し、いよいよ翌日からは勉強の1週間が始まる、、、期待に胸を膨らませ、赤ワインを傾けながら、日本はところで今、夜中の何時かしら?と自問自答するのを止められない眠さと葛藤しながらも、翌日からのキャンパス訪問を前に、改めて気持ちが引き締まったディナーでした。

ホテルに戻り、やっと眠れる。。。!

ベッドに横になり3秒で深い眠りに落ちていったことはいうまでもありません。。。

来週は・・・

『1451年創立の威厳に感銘を受ける! - グラスゴー大学とグラスゴー・インターナショナル・カレッジ』編です。

Stunning Architectureに囲まれたキャンパスライフ、ファンデーション・コースから進学しても5年かからないで学士課程を卒業できちゃう進学ルートとは???

お楽しみに♪


★無料カウンセリングのご予約はこちらから!

★個別相談会、イベント情報はこちらから!

【イギリス出張レポート 1/12】留学カウンセラー、イギリスへ!

イギリス大学の担当者と電話やメールでやり取りしていると、
ここ最近、『週末の気温は20℃を越えた!』とか、『太陽がまぶしくて、夏が来たみたい!』などという声が聞こえてきます。東京は最近涼しい日が続いていて、もしかしたらイギリスのほうが、天気が良いのかも、などと思ってしまいます。

そういえば私が留学していたころも、5月になると急に天気が良い日が何日か続いて、
コースメートとこぞって外に繰り出して、芝生の上で一緒に文献のリーディングや宿題をしたことを思い出します。

懐かしいな・・・

(思わず回想中)。



さて、当オフィスでは毎日のように海外からスタッフが来日し、
個別相談会BEOミニフェアなどのイベントを開催していますが、
我々カウンセラーも定期的にイギリスに出張し、
さまざまな教育機関を訪問して情報収集をしています。

私は、このたび1週間の日程で、
Kaplan International Collegeのパートナー大学内で開講されている
大学・大学院進学準備カレッジ、そして進学先である、
グラスゴー大学リバプール大学シェフィールド大学(7年ぶりの母校訪問!)、
ノッティンガム・トレント大学などをまわってきました。

日本からの参加者は私1人でしたが、
その他、香港、インド、パキスタン、リビア、ナイジェリア、ガンビア、オーストラリアから集まった留学カウンセラーとともに各大学を訪問し、各国の留学生の状況や人気のコースなどについても意見交換してきました。

国際色豊かな環境での研修で、
気分は留学生に戻ったかのようでした・・・

(思わず回想中)。

というわけで、
学校について知識を得るだけでなく、
異文化体験もでき、満喫した1週間でした。

今回、私がイギリスで見てきた各大学の様子をぜひ皆さんとシェアしたい!

というわけで、

計10回のシリーズで私が見てきた各教育機関の様子、特にこれはお勧め!というコースの紹介や気づいたこと、現役留学生にインタビューして得た情報など、キャンパスを歩いて撮ってきた写真も交えながらレポートしていきたいと思います。

また、1週間の日程で1日1都市をまわる強行スケジュールの後は、
少し休暇を取ってイギリスを楽しみたい・・・
というわけで、友達を訪ねマンチェスターに行ってきましたので、
マンチェスター滞在体験記や、今回初めて体験したヒースロー空港ターミナル5の様子について、
"T5 Survivor"の私からお伝えしていく予定です。

初めてのカウンセラーブログ執筆に少々緊張していますが、
どうぞお付き合いください。

来週は・・・『成田~グラスゴーに降り立つ!』編です。

時差ボケでフラフラの状態で到着した空港で感動した、
Glaswegianのフレンドリーなおもてなしとは???

お楽しみに♪

★無料カウンセリングのご予約はこちらから!

★個別相談会、イベント情報はこちらから!

イギリスで夏を満喫!サマーコースの魅力

更新が滞ってしまい、申し訳ありません。
ゴールデン・ウィークは皆様どのように過ごされましたか?
当オフィスでは、カウンセラーがイギリスへ出張に行っておりましたので、昨日よりようやく賑やかな雰囲気が戻ってきました。
様々な教育機関を見てリサーチしてきましたので、近いうちにブログに特集をしようと思います。

また、イベントもまだまだ沢山予定しています!
来週はBEOミニフェアがあります。既に沢山のご予約を頂きありがとうございました。
是非沢山お話を聞いて、大学選びの参考にしてくださいね。
そして英語の準備セミナーも5月24日(土)にあります。大学院の進学準備を考えている方には本当にお勧めのイベントです。


最近当オフィスへのお問い合わせで多いのが「夏の短期留学」です。夏のイギリスはとても過ごしやすいんですよ!
日本のように蒸し暑くないですし、夜も9時くらいまで明るいので色々な国の友人と長い時間お喋りをしても大丈夫です。
コースによっては、英語だけではなくプラスアルファでビジネスや、アート&デザインも学べますから短い期間でも充実した留学になるはずです。

少しだけお勧めの学校をラインナップすると
オックスフォード・ブルックス大学

ロンドン・メトロポリタン大学

エジンバラ大学などなど・・・
大学付属の場合は、値段がリーズナブルで高い質の授業を受けられるのも魅力の一つですよね。
一言に「夏の短期留学」と言っても、一人一人に合ったプランがありますから、一緒に準備を進めていきましょう!

カウンセリング予約はこちら