カウンセラーブログについて

ベテランカウンセラーが留学についてアドバイス。イギリス留学についての情報満載です。特ににイギリス大学・大学院正規留学希望者必読!

beoのイギリス留学

  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • イベント情報
  • イギリス留学体験談ブログ
  • beo 10周年記念スペシャルコンテンツ

Category

▼2008年02月の記事

Are you ready?~渡英の準備のお話~

約半年間ブログを書かせて頂きましたが、ついにこのトピックに触れる時期になってきたなぁ、と
しみじみしてしまいます。

と、いうわけで今回は渡英準備について少しお話をします。
皆さんの中には4月に渡英が決まっている方もいらっしゃるかと思います。
すでに2月の中旬に差し掛かっていますが、準備は万端ですか?
「まだあと1ヶ月以上あるし・・・」
と思っている方、「もう」1ヶ月しかありません!
ここは強調させてください。
何故かというと、私自身留学の際に準備をきちんとせず後悔をしたからです。
無謀なことに、出発の2週間前にビザの申請と航空券の準備をし始め、
ようやく両方が手元に来たのは出発の2日前でした。
(「2週間で間に合うんだ」と感心しないでくださいね!
私の友人の中には、ビザの申請が結局間に合わないまま飛行機に乗り、
入国審査で日本に返された人も居ます。)
そしてスーツケースの重量制限を知らず、35キロも詰めていった私・・・
こういったことの無いよう、忘れてはならない3か条をお伝えします。


まず、VISAの申請です。すぐに取得出来る、と思われるかもしれませんが
、一つでも書類に不備があれば査証は発行出来ません。
また、いざ書類を揃えてみると「ここはどう書いたらいいのだろう」「これで合っているのかな」など不安になってくるはずです。
実際に私も心配で、尚且つ時間も無かった為申請までの時間が本当に長く感じられたのを覚えています。
当オフィスではこの査証手続きのサポートも行っておりますので、是非こちらも利用してくださいね。
(*2007年11月より、ご自身が直接出頭することが義務付けられました。時間に余裕を持って申請に行くことを強くお勧めします)。


次に航空券の手配です。格安航空券も多く出ていますが、やはりロンドン着でしたら直行便、
それ以外都市でしたらヨーロッパの都市(例えばリーズであればオランダのアムステルダムなど)でトランジットすることが理想かと思います。
自宅からイギリスに着くまで本当に長旅になりますし、知らない土地に着くとやはり疲れがどっと出るはずです。
ちなみに私は直行便の往復券を購入しました。
帰国の日は変更可能ですし、帰国の前は課題の提出やパッキングで忙しかったので往復で買っておいて良かったと思います。
(そして、各航空会社のスーツケースの重量規定をきちんと確認しておきましょう。超過すると追加料金を払うか、もしくはその場に捨てていくことになるかもしれません。)
航空券についてはこちら

そして最後に忘れてはいけないのが「保険」です。期待いっぱいの留学でケガや病気・・・なんて想像したくありませんが、やはり入っているのといないのでは安心感が違います。
万が一デジタルカメラや電子辞書を盗まれてしまった、という場合でも盗難保障もカバーされています。
私はまだ盲腸になったことが無く、留学中も「いつ盲腸になるんだろう」と心配していましたが(心配しすぎ?)、保険に入っていたため「手術になっても大丈夫」と前向きに日々勉強に励むことが出来ました。
というと少し大げさかもしれませんが、異国の地で緊急事態が起きた時、頼りになるものがあるだけで
大きな安心に繋がります。


当オフィスでも定期的に渡英準備説明会を行っています。今回挙げた3つのことだけでなく、意外と見落としがちな点など参考にして頂ければと思います。出発前に是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?


→お問い合わせはこちら

BEOニュースをお届け!~イギリス教育機関来日情報&カレッジ速報~

"It's freezing!"な毎日が続きますが、皆様留学の準備がいかがですか?
前回までの大学レポートが皆様の大学選びの参考になっていれば嬉しいです。
さて、今回は臨時BEOニュースをお送りします。

早速最初のニュースです。
「イギリス教育機関続々来日決定!」

2,3月にかけて、当オフィスではイギリスの教育機関によるイベントを数多く予定しています。
少しだけラインナップをご紹介↓
2月12日(火)ハダースフィールド大学ポートフォリオ審査会
インテリア、テキスタイル、ファッション・デザインをはじめ、建築、マルチメディアなどアートコースを幅広く開講しているハダースフィールドの教授によるポートフォリオ審査会を開催します。
アート留学をお考えの方は作品を是非お持ちください。その場で審査をしてもらうことが出来ます。

*「審査」というと少し緊張してしまいますが、堅苦しいものではなく「どういったアイディアを持っているのか」「入学にはどういったことが必要か」などお話する時間だと思って参加してみてください。
まだ作品が出来ていない、という方でも作品の構想を描いたスケッチブックなどでも結構です。

2月14日(木)バーミンガム大学セミナー「大学院課程での政治学、国際学について」バーミンガム大学の政治学・国際学はイギリス国内外共に人気が高いコースです。
出願をお考えの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は実際にバーミンガム大学の教授を招いてレクチャーをして頂きます。この分野での留学を決めている方、貴重なお話が聞けるはずです。

どちらのイベントも日にちが迫っていますので、ご予約はお早めに!
こういったイベントの魅力は何より「生の声」を聞けることですよね。
ウェブサイトでチェック出来るとは言え、その学校の雰囲気はパソコンだけでは分からないものです。
来日イベントをチェック

さて次のニュースはカレッジから。
1月より留学準備のための英語コースが開講されましたが、どのコースも大盛況で
スタッフ一同とても嬉しく思っています。
中にはクラスの空きを待って頂いている状態のコースもあり、ご迷惑をお掛けしております。
BEOのカレッジの強みは「必要なスキルにフォーカスし、力を伸ばしていけること」です。
海外の大学・大学院で勉強するのには、このブログでも何度も言っている「アカデミック・スキル」が不可欠です。
これを当カレッジでは
"少人数制のクラスで、自分に合ったコースを選び十分な力を付けることが出来る"
と自信を持って言えます。

最初は「ついて行けるか心配だ」という声も聞きましたが、最近カレッジに来てくださる学生さんが
授業後も積極的に英語を話す姿を見て、そんな不安は消えてどんどん自信に変わっている様子が伺えます。
1月コースを申し込むことが出来なかった方、今から申し込みをしたいという方は
一度お問い合わせくださいませ。
そしてもう一つ大きなニュースは、「大阪カレッジ開校!」のお知らせです。
今まで関西の方に多く問い合わせを受けていた大阪のカレッジですが、ついに開校をお知らせすることが出来ます。
お待たせしていた皆様本当に申し訳ありませんでした。
しかしながら、東京カレッジ同様充実したコースになりますので、お申し込みの方お待ちしております。

気付けばすでに2月も2週目。留学の準備もエンジンを掛けていきましょう!

【フロム大阪!】 大学の授業ってどんな感じ?

皆様、こんにちは!
大阪オフィスからのブログです。長い間、アップできなくてごめんなさい。

寒い日が続いていますが、風邪などひかれていませんか?私の周りにも風邪気味さんが結構います。皆様もくれぐれも注意してください。軽い風邪でもひいてしまうと普段難なくできることに時間がかかったり、ちょっとしたミスをしたり。。。たいへんです。


皆さんが留学を考えているイギリスや私が留学していたカナダは空気の乾燥が日本よりひどく、風邪をひきやすい環境といえるかもしれません。

日本で暮らしていても風邪をひくとたいへんですが、留学中に病気をしてしまうと(たとえそれが軽い風邪でも)かなり苦しい思いをすることになります。

なぜなら、海外の大学の特徴として積極的な授業への参加を要求されるからです。

「今日は体調悪いし、授業中ぼーってしてればいいか。。。」

なんてことは無理!です。


大学の先生はいかに生徒達にクラス参加(出席という意味ではなく、積極的な参加)をさせるかを考えてその日の授業内容を決めます。すると、必然的にグループディスカッション、クラス全体でのディスカッションということがメインになってきます。

そこでの積極的な発言は「クラス参加」という成績評価にかかわってきます。


また、私が勉強していたカナダではみんな親切(?)で、ちょっとディスカッションについていけなくなって黙っていると、

「what do you think?」

とすぐふってきてくれます。

ま、ありがた迷惑な感は否めないときもありましたが。。。。


でも、ディスカッションには間違いはないんです。
トピックに沿った自分の考えを述べることが大切だと思います。
たとえ、それが他の学生達の考えていることと違っていても、あなたの意見はあなたの意見ですから。

じゃ、英語が第2外国語の私達がグループディスカッションでじゃんじゃん参加するために重要なことは??


予習です。


まず、今日やるところのテキストは目を通し、
わからなかった箇所はどこなのか。
自分なりの意見は何なのか。

これらをちょっと考えるか、考えないかで、その日の授業から得られるものは大きく違ってくると思います。


また、これは英語プログラムでも同じです。ディスカッションは


英語プログラム


でも頻繁にやります。

つまり、あるテーマに関して自分の意見を適切に説明できる英語力は、やはり渡英前にある程度はつけていくのがいい!というのが私の意見です。

その英語力があるかないかで、現地で得られるものはかなり違ってくると思います。


ちょっと皆様の不安を煽ってしまったでしょうか?

外国で暮らす、学ぶ。

不安はあると思います。

でも、その不安を乗り越えたとき、すばらしい経験が待っています。

長期の海外留学をしてきた私達カウンセラーのもとに質問、不安、期待などを持って、ぜひ一度大阪オフィスに足をお運びください。留学のイメージがもっと現実的となって、漠然としている不安はそのためにすべきことへと変わっていくと思います。

カウンセリング予約はこちらから


また、余談ですが4月から大阪オフィスでも


留学のための英語プログラム

を始めます!!


土曜日や平日の夜など、お仕事をされている方にも通っていただきやすいように考えております。「早く大阪でも!」というお声をたくさんいただいていましたので、とりいそぎブログを読んでくださっている皆様にご報告です!

キャンパスツアーをブログで体験~イギリス大学レポート(3)

今月お送りしてきました大学レポートも今回がついに最後です。
今回特集するのは「リーズ大学」です!

リーズと聞いてもどこだか分からない人も多いのではないでしょうか。しかしLeedsは大きな都市で
ロンドンについでイギリス第2の金融都市でもあります。
リーズ大学は規模の大きな総合大学であり、イギリス留学をしたい!でもどの大学を選べばいいかわからないときなどぜひ検討してみてください。
たくさんのコースがどれも非常に高いレベルで行われています。イギリス国内での評価も人気も高く、それでいて日本人にとって少しなじみの薄いこの地域はとてもお勧めです!
イギリス国内での人気や評価を裏付ける例として数年前、イギリス国内の学部の中で一番多くの出願があったのもリーズであり、イギリス内の企業が学生のリクルートに大学を訪問するほど大学の質、学生の質ともに評価されています。
DSC_0383.JPG

Leedsの中でも日本人にも比較的人気があり、評価が高いコースをいくつか紹介します。
まずは通訳・翻訳です。
ここは設備も非常に充実していて、国際会議などで見かける通訳ブースの施設がキャンパス内にあります。そして非常に実践的な勉強ができるのが魅力です。
DSC_0404.JPG
実際に、卒業後には通訳翻訳の分野で非常にたくさんの就職口があるとのことです。(もちろん求められるレベルも高いのですが。)また、たくさんの言語を扱っているため、一緒に勉強する学生の国籍も様々でとてもインターナショナルな雰囲気があります。
DSC_0411.JPG

次に開発・国際関係です。
開発はイギリスでもっとも規模が大きく、選べるコースも豊富です。途上国から政府の資金で留学している学生もおり、またインターンシップをしている学生も多くそのチャンスがあるのも魅力といえます。

ビジネススクール、MBAにも定評があります。MBAは職務経験3年以上が条件ですが実際には7-8年のキャリアを持つ人が多く、他の留学生から学べることも多いでしょう。また実践的な部分に重きを置かれ、周りに日系企業も多いので、卒業後現地で就職のチャンスもあります。日本人学生にとってはGMATが不要なことも魅力といえます。
DSC_0320.JPG
また学部短期留学先としても非常にお勧めできる大学と言えます。
シティーセンターまで徒歩5分ほどであり、映画館、劇場、ショッピングセンターなど生活環境も整っており、また物価も安めなところはポンド高の現在魅力といえるでしょう。
総合大学だけあって、キャンパスも広く、設備も充実しているので、留学している!という実感も持てる環境ではないかと思います。また留学生の受け入れが歴史的にとてもしっかりしていることもお勧めポイントです。今回留学生ケアを行う部署のマネージャーとも話をしたのですが、非常に熱心な方でした。多くの大学が留学サポートの充実をうたってはいますが、実際にスタッフと会って、本当に万全のケアをしようとしていることがよく分かりました。
DSC_0445.JPG

当オフィスはリーズ大学の日本事務局となっておりますので、ご留学をお考えの方や
ご相談のある方はお気軽にご連絡くださいませ。

→カウンセリングはこちらから