イギリス留学トップ > 留学サポートサービス > イギリスビザ(VISA)申請サポート
留学サポートサービス

イギリスVISA(ビザ)申請サポート

ビザ(入国査証)とは、渡航する先の国が発行するもので、入国しようとする外国人が自国に入国するにふさわしいかを判断する身元審査を主な目的としています。

イギリス学生ビザ申請サポートのお申込み方法

イギリス学生ビザ最新情報

イギリスにおいては、おおまかに言って6ヵ月以上留学する場合に、学生ビザが必要です。

6ヶ月以内の短期語学留学の場合でも・・・
6ヶ月以内の短期語学留学の場合でも一定の英語力があることが求められる流れになっています。入国審査の際に、最低限、滞在先や学校名などが伝えられないと、英語力が理由で入国を拒否されてしまう場合があります。


頻繁に変更が繰り返されるイギリスのビザ申請のシステムですが、2015年は下記の通り大きな変更がありました。

イギリスのビザセンターは、細かな個別のケースについての問い合わせに応じることができません。あくまで一般的な回答となります。

当社では、各方面からいち早く情報を入手し、ビザ申請サポートをご利用いただく皆様に情報提供しています。

beoのイギリスビザ申請サポートについて

イギリス学生ビザ申請サポートのお申込み方法


生体認証付き許可書(Biometric Residence Permit - BRP)の導入(2015年5月)

日本では2015年5月31日より適用される大きなシステム変更です。イギリスに6ヶ月以上滞在する非ヨーロッパ国籍者のビザ申請に対して、生体認証情報を含む滞在許可証「バイオメトリックレジデンスパーミット(BRPs)」が発行されます。

BRPは、イギリスに到着後、10日以内に指定された郵便局(ビザ申請時に申告した渡航直後の滞在先の最寄郵便局)に、原則本人が受け取りに行く必要がります。

>英国大使館からの発表(日本語):英国に6ヶ月以上滞在する方へのビザプロセスの変更

NHS(イギリスの健康保険)の保険料支払い義務が発生(2015年4月)

2015年4月6日より、イギリスに6ヶ月以上滞在する非ヨーロッパ国籍者は、NHS加入対象者となり、保険料の支払い義務が生じます。

年間200ポンド(学生は年間150ポンド)で、ビザの合計期間に対して、前払いが必要です。

>英国大使館からの発表(日本語):英国による健康保険付加料の導入

SELT(ビザ申請時に認められる英語能力証明テスト)のリスト変更(2015年4月)

2015年4月6日以降、英国政府が認めた英語能力証明テスト(SELT)のリストが、次の点で変更になる旨、発表されました。

  1. PTE Academic とケンブリッジ英検が除外される
    (4月5日以前の受験で得たスコアは11月5日までのビザ申請に利用可)
  2. SELTとして認められるIELTSとして、新しく「IELTS for UKVI」が導入される
    「IELTS for UKVI」の受験会場は、日本では東京・大阪に限定される

最新情報は下記でご確認ください。
>SELT(ビザ申請時に認められる英語能力証明テスト)のリスト変更について

ビザ申請における TOEFL/TOEIC の非承認(2014年4月)

イギリス内務省は2014年4月、ETSが運営する英語能力テスト(TOEFL®/TOEIC®)を、ビザ申請時に提出する英語力の証明として承認しないことを発表しました。

最新情報は下記でご確認ください。
>ビザ申請におけるTOEIC® / TOEFL®の非承認について

beoのイギリスビザ申請サポートについて

イギリス学生ビザ申請サポートのお申込み方法

イギリス学生ビザ基本情報

● ビザの取得が必要な方
以下に該当する方はビザを事前に取得する必要があります。

  • 6ヶ月以上留学される方
  • 6ヶ月未満の留学の予定だが、現地でコースを延長する可能性がある方

● ビザの種類
学生ビザには下記の3種類があります。どのVisaを取得するかは、学ぼうとするコースのレベル、英国での滞在期間、英国滞在中に働いたり、コースに関連した仕事に就く計画があるかどうかによって異なります。

  1. Tier 4 General Students Visa
    • 6ヶ月以上留学する場合
    • 6ヶ月未満留学するが、現地でコースを延長する可能性がある場合
  2. 11 Month Short-term Study Visa
    • 6ヶ月以上11ヶ月未満の語学留学者
      ※Tier 4 General Students Visa の取得に代えることもできます
  3. 6 Month Short-term Study Visa
    • 6ヶ月未満の留学者
      ※日本国籍の方の場合、事前の申請は原則不要です

● ビザ申請に必要な書類

Tier 4 General Students Visa 11 Month Short-term Study Visa
  • CAS(Confirmation of Acceptance for Studies) Statement
    CAS番号は教育機関から発行されます。
  • 財政能力証明書(詳細はVISA申請センターのホームページをご確認ください。なお、ビザ申請サポートに申し込まれている方は当社までお問い合わせください。)
  • 有効なパスポート(残存期間6ヶ月以上、かつ空白ページが2枚以上あるもの)、お持ちの場合は古いパスポート
  • 証明写真
  • ビザ申請用紙(オンライン申請書/VAF9)
  • その他(申請人の状況により異なります)
  • 入学許可書 / ビザレター
  • 財政能力証明書(詳細はVISA申請センターのホームページホームページをご確認ください。なお、ビザ申請サポートに申し込まれている方は当社までお問い合わせください。)
  • 有効なパスポート(残存期間6ヶ月以上、かつ空白ページが2枚以上あるもの)、お持ちの場合は古いパスポート
  • 証明写真
  • ビザ申請用紙(オンライン申請書/VAF9)
  • その他(申請人の状況により異なります)

● ビザのルール

Tier 4 General Students Visa 11 Month Short-term Study Visa
  1. 就労時間
    学位習得レベル(学位取得コースまたはファンデーション・ディグリー)の方:週20時間まで
  2. 扶養家族の就労
    Tier4 Dependantビザを所持している留学生の配偶者は、就労が可能です。この場合、主たる申請者のCAS(Confirmation of Acceptance of Studies)がPost Graduateレベル(NQF level 7)以上で12ヶ月以上のコースの場合に限ります。
  3. 親子留学
    6か月以内のコース受講の場合、お子様(扶養家族)を連れての留学はできません。
  4. 最低英語レベル
    CEFR B1(IELTS 4.0相当)以上 *1
    CEFR B2以上(IELTS5.5相当)以上 *2

    注)CEFR: Common European Framework

    *1, *2: 留学される教育機関の種類、コースレベルによって、必要な英語力が異なります。詳しくはご相談下さい。

    2015年4月6日以降、英国政府が認めた英語能力証明テスト(SELT)で、日本で受験可能なのは IELTS のみです。

    ※学位レベル未満のコース(大学準備コース、英語コースからの学部短期留学、英語コース等)への留学の場合は、従来のIELTSとは異なる「IELTS for UKVI」のスコアが必要です。

    ※ 語学留学のみを希望される方は Short-term study visa で渡英する方法があります。

  5. 学位レベル未満のコースでのインターンシップ
    就労実習(インターンシップ)が含まれているコースは受講できません。但し、大学、カレッジ、"highly trusted sponsor"が提供するコースはこの限りではありません。
  6. ビザ延長
    英国内、海外のいずれでも手続き可能です。
    ※延長できないケースもあります
  1. 取得
    英国内での取得はできません。留学前に日本で取得する必要があります。
  2. 就労
    Work placement やアルバイトを含む現地での労働は一切できません。
  3. 家族同伴
    ご家族を連れての留学はできません
  4. ビザ延長、ビザ切り替え
    コース終了後の現地ビザ延長、Tier 4 General Students Visa への切り替えはできません。
  5. コースの変更
    現地到着後のコース変更は、同じカテゴリ内での変更のみ可能です。
    ※変更前のコースと変更を希望するコースが同じカテゴリかどうかは確認が必要です。途中でコース変更の可能性がある場合は必ず事前に確認しましょう。
6 Month Short-term Study Visa
  1. 取得
    日本国籍の方の場合、事前の申請は原則不要です。 入国審査時に発行されます。
  2. 就労
    Work placement やアルバイトを含む現地での労働は一切できません。
  3. 家族同伴
    ご家族を連れての留学はできません
  4. ビザ延長、ビザ切り替え
    コース終了後の現地ビザ延長、他の学生ビザへの切り替えはできません。

● 申請から発給までにかかる期間

  • 通常3週間以内 (過去には最大8週間かかったケースもあり、申請時期や申請人の状況によって変わる可能性があります。)

● 注意事項

  • 通帳を含む全ての書類は原本の提出が必要
  • 通帳を含む英語以外の全ての書類に英文翻訳と翻訳証明書の添付が必要

イギリス学生ビザ申請サポートのお申込み方法

beoの無料留学サポート(入学・渡英準備)について

「イギリスの大学の正式な出願窓口」であるbeoでは、皆様がスムーズに渡航できるよう、以下を無料でサポートします(ご自身で出願されている方でもご利用いただけます)。

  • 出願した学校への合否通知のプッシュ
  • Pre-sessional コースの申込みサポート
    (参加を希望する場合は、早急にPre-sessionalコースの申込み手続きを行う必要があります)
  • 進学先となる学校への「CAS Statement」発行プッシュ
  • 発行された「CAS Statement」の内容チェック

その他の書類準備でお困りの方や、お一人での申請に不安のある方は、ぜひbeoのビザ申請サポートをご利用ください。
beoのイギリス学生ビザ(VISA)申請サポート

学校・コース選びや出願などを含む無料留学サポート全般については、サポートの流れをご覧下さい。
イギリス無料留学サポートの流れ

イギリス学生ビザ申請サポートのお申込み方法

beoのイギリス学生ビザ(VISA)申請サポートの特徴

● イギリスへ大学院留学する日本人の2人に1人が利用するbeoならではの経験と、教育機関との強いつながりに基づくサポート

● 留学サポートも合わせてご利用いただいた場合は、教育機関との連携を行なうなど、よりスムーズなサポートが実現

● 教育機関に働きかけ、ビザ申請に必要な書類になるよう交渉し、実現した実績のあるケースも多数

イギリス学生ビザ申請サポートのお申込み方法

ビザ申請の流れとbeoのビザ申請サポート

ビザ申請に必要な書類の準備
・お支払い

1. CAS Statement (注1)

CAS Statementは完璧でないことが多い。
→ beoが確認。誤りがあれば、再発行を依頼します。

2. 財政能力証明書
(財政証明を求められた場合のみ適用)

60%以上の方が、審査基準を満たしていない財政能力証明書を提出しています。
→ beoが提出前に誤りを指摘し、申請却下を防ぎます。

3. パスポート

 

4. 証明写真

 

5. ビザ申請用紙
(Tier4)

公に記入例は公開されていません。30%以上の方が、記入サンプルを頼りにしてもビザ申請書に誤りを記入しています。
→ beoは、記入サンプルを配布しています。 提出前に誤りを指摘し、申請却下を防ぎます。

6. その他(申請人の状況 により異なります)

7. ビザ申請料をオンラインで支払い

間もなく授業料の支払い期限がきてしまう。どうすればよい?
→ ビザ申請前の方も、申請中の方も、まずは早急にbeoにご連絡ください。学校側と交渉をします。

UKビザセンターへ本人出頭

1. ビザ申請書類の提出
2. BRP-バイオメトリック情報(指紋・顔写真)の登録
※ビザ申請センターの有料サービス(優先サービス、時間外受付など)利用料は当日の支払いも可

マニラ英国大使館で書類審査

ビザが却下された場合、すぐにbeoにご連絡ください。

BRPのレター(6か月以上のコースの場合)と、パスポートのビザが貼られたページのコピーをbeoにお送り下さい。内容を確認します。

 

 beoのビザ申請サポート終了

(注1) 「28日間ルール」 「CAS Statement」は Tier 4 General Students Visa だけが対象です。

イギリス学生ビザ申請サポートのお申込み方法

プロのサポートなしでは難しいビザ申請

CAS statementは完璧でないことが多い

.学校が発行するものなので誤りはないと思われるかもしれません。しかし残念ながら、CAS statementに誤りがないとは断言できません。実際、複数の学校のCAS statementで誤りが発見されており、beoから再発行を依頼しています。誤りを発見し、学校側に早急に連絡を取って交渉をするのは、個人で申請を行うより安心です。

30%以上の方が、記入サンプルを頼りにしてもビザ申請書に誤りを記入しています。

英語力があるから大丈夫と思われている方が多いですが、ビザ申請書は専門的な書類ですので、英語力で解決することはできません。また、公に記入例などは公開されていないため、beoで配布している記入サンプルを活用して、誤りのない申請書を作成してください。

間もなく授業料の支払い期限がきてしまう。どうすればよい?

実際、このような事態は多発しています。beoなら、学校側に交渉をしたり、支払いに関するアドバイスを行うことが可能です。個人の独断で支払いをしてしまうと、28日ルールに違反してしまったりと、ビザ申請却下に直接つながる事態を招きかねません。早急にご相談ください。

「28日間ルール」の壁。直前の準備では条件を満たせません。
(財政証明を求められた場合のみ適用)

留学費用の準備は早めにおこなってください。留学に必要な金額が最低28日間継続して預金されていることを証明しなくてはなりません。この28日ルールの下では、ビザ申請をしようと思っても、即日に行うことはできません。28日ルールはご本人でしか条件を満たすことができず、サポートすることもできません。申請日がまだ先でも、準備は必ず早めにおこなってください。

60%以上の方が、審査基準を満たしていない財政能力証明書を提出しています
(財政証明を求められた場合のみ適用)

<主な問題点>

  • 28日間、資金が保持されていない
  • 預金残高が基準を満たしていない
  • 最終記帳日が1ヶ月ルールに反している
  • 定期預金(マニラには定期預金という概念がありません。)

財政能力証明書には英語の翻訳が必要です。ご自身での翻訳は認められません
(財政証明を求められた場合のみ適用)

日本語の財政能力証明書は英語への翻訳が必要です。その際、翻訳証明書を同時に提出する必要があるため、ご自身での翻訳は認められません。beoなら、英語への翻訳が可能。翻訳証明書も発行します。

イギリス学生ビザ申請サポートのお申込み方法

beoのイギリス学生ビザ(VISA)申請サポート

beoは、イギリス学生ビザの申請サポートを行なっています。
提出書類の準備や複雑な申込書の記入などの申請手続きをしっかりサポート。

イギリス学生ビザ申請サポート料金

beo留学サポートをお申込み済みで、ビザ申請サポートもご利用される方
(または同時にお申込みされる方)
32,400円
beo留学サポートを利用せず、ビザ申請サポートのみご利用される方 54,000円

※ 語学留学の方の学生ビザについては、ビザ審査の規定がございますので、まずお問い合わせください。

※ 当サポートは、ビザの発給を保証するものではありません。申請が却下された場合も返金いたしませんので、ご了承ください。

※ お客様の状況により、サポートができかねる場合がございます。

下記の方法でお申込みいただけます。
●オンラインでのお申込み
- 契約約款をよくお読みの上、お申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。
VISA申請サポート申込みフォーム(Web)
●郵送・FAXでのお申込み
- 申込みフォームをダウンロードし、契約約款をよくお読みの上、 beoまで 申込書を郵送またはFAXにてお送りください。
VISA申請サポート申込みフォーム(PDF)
★お申込みいただいた後、担当者が内容を確認し、お支払い方法などのお手続きについてご案内します。


◆イギリス学生ビザに関するセミナー情報

  • beoの「留学サポート」ご利用者様限定で、ビザ申請の重要ポイントなどを含めた「渡航前準備セミナー」を開催しています。(5月~7月頃に開催)
  • beoの「ビザ申請サポート」ご利用様限定で、「イギリス学生ビザのオンライン申請サポートセミナー」を開催しています。ビザ申請サポートスタッフの説明を受けながら、その場で申請フォームにご自身で入力していただき、オンライン手続きを完了することができます。(5月~7月頃に開催)

セミナーの開催情報は下記でご確認ください。
東京 イベント/セミナー情報
大阪 イベント/セミナー情報

ビザ申請サポートに関するお問合せは、お気軽にbeoまでご連絡ください。
Webフォーム : http://www.beo.jp/form/contact/
電話番号、窓口時間など : http://www.beo.co.jp/aboutbeo/006_001.html
「こんな場合はサポート可能?」「サポート内容は?」などのご質問は上記までご連絡ください。お客様の状況に合わせた具体的な申請のアドバイスや、ご質問への回答はサポートのお申込み後からの対応となります。

教育機関に提出する財政能力証明書の通帳翻訳についても、上記からお問い合わせ下さい。

ビザの情報は予告なく変更されることも多いため、申請の際は UKVI または GOV.UK にて最新の情報をご確認ください。

大阪 06-6371-1116
東京 03-5367-3315
プロに直接相談!無料カウンセリングまずは情報収集 資料請求
  • beoを選ぶ理由
  • サポートの流れ
  • よくあるご質問
  • イベント/セミナー情報
大学・大学院留学フェア
はじめての留学
  • 留学資料請求
  • お問い合わせ
  • カウンセリング予約
  • 願書一括請求

イギリス留学のご相談はbeoへ

「イギリス留学にかかる費用はいくらぐらい?」「どんな大学があるの?」人によって疑問は様々。beoの無料留学相談で、経験豊富な留学カウンセラーにぜひご相談ください。小学生・中学生の留学から、高校留学、大学留学、大学院留学、語学留学もご相談いただけます。

ページ先頭へ