イギリス留学トップ大学一覧マンチェスター・カレッジの体験談 > イギリスのチャイルドケア ~Nursery Assistantへのキャリアチェンジ【中編】
木村 ゆき子さん

木村 ゆき子さん

留学先:マンチェスター・カレッジ Manchester College
留学分類:専門留学
専攻名:チャイルドケア Certificate in Child Care & Education L2 CACHE
留学期間:2008年9月~2009年6月
beoの留学サポートを利用して留学

イギリスのチャイルドケア ~Nursery Assistantへのキャリアチェンジ【後編】

イギリスのチャイルドケア ~Nursery Assistantへのキャリアチェンジ【中編】

Categories: チャイルドケア / マンチェスター・カレッジ / 専門留学
マンチェスター・カレッジ Manchester Collegeでチャイルド・ケア Certificate in Child Care & Educationを学ばれている木村さん。Nursery Assistantへのキャリアチャンジのため日々忙しく勉強されているようです。今回はそんな木村さんに、留学を決意したきっかけを振り返っていただきつつ、イギリスでの学生生活の様子、今後の目標について詳しくお話をお聞きしました。


授業の様子を教えてください

Campusによりますが、私の通っているNorthenden CampusにはVocational Courseがあり、チャイルドケアの他にBeauty、Art Designなどもあります。British StudentsとInternational Studentsが一緒に生活しているので、本当に様々なBackgroundの生徒達で賑わっています。生徒に対する学校側のサポートも充実していて、アポイントをとればマンツーマンで色々な分野のカウンセリングを受けることができます。環境がきちんと整備されており、校風も良いので勉強するには最適な場所だと思います。

ロジカル・シンキングが求められる授業
チャイルドケアのクラスは全員イギリス人の女の子(16-18歳)でとても元気です。教科書をベースとした解説というよりは、Pair/Group Work, DiscussionやPresentationといった色々な方法で授業が進んでいきます。Lectureに慣れていたこともあり、最初はとても戸惑いました。

また、単語の内容理解というよりは"Why"安全性が大切なのか、"Why"子供のObservationが大切なのか、"Why"段階にそった Milestoneを理解することが大事なのか、といったようなロジック形式が多いこと。常に自分の意見・理由・根拠を持つことが重要だと思いました。とにかくWhyの毎日です。定義されているから""既に決まっている事項だから"というのは説明にならず(当たり前ですが)、Casestudyを考えて結論づけることに苦戦しています。

International StudentsにはEnglish Support Lessonがあります。一緒のクラスメイトは大学を目指すA-Levelの生徒達なので、通常はIELTSの勉強をしていますが時々Word Quizなどのゲームもします。

Induction Week(新入生歓迎会!?のようなもの)の作品
Induction Week(新入生歓迎会!?のようなもの)の作品

実習 ~留学生活で最も楽しいこと~
授業では、"幼稚園に通う子供に供給する食事の大切さ"や、"transitionsによる子供のbehaviourに関する変化/リスク"をプレゼンテーションのテーマとして取り上げました。週2日ある実習は留学生活で最も楽しいことでもあります。子供たちが本当に可愛くて無邪気に遊ぶ姿は幸せな光景です。

Donationのイベントの様子
Donationのイベントの様子

みんなでカップケーキなどを持ち寄って、パジャマに着替えFace Paintをしてお昼休みに販売しました。イギリスでは大々的に11月にChildren in NeedというタイトルでPudsyというクマをマスコットにして子供たちのために募金活動をしています。

★留学に関するご相談はこちらから【無料】